最終更新日:

第二新卒転職の現実は厳しい?第二新卒から後悔のない転職を実現させる方法

第二新卒は経験が浅く即戦力になりづらいため、転職として入社する求職者の中では不利だと思っていますか?

確かに、新卒での就職やキャリア採用同様の待遇をどこでも受けられるほど現実は甘くありません。

しかし、若さとポテンシャルに期待して第二新卒を採用する企業は多いです。

本記事では、第二新卒で転職活動をするときの注意点や、希望通りの転職を成功させる方法を解説します。

第二新卒として転職をして、いい会社で長く働きたいと思っている方は必見です!

第二新卒の転職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

第二新卒の現実が厳しい理由

新卒より求人の選択肢が減る

新卒で就職して3年以内の転職を表す「第二新卒」は、比較的ポピュラーな呼称ですが、日本ではやはり新卒での採用が主流です。

多くの企業は大学卒業見込みの人材に対して新卒採用を行なっています。

企業の方針にもよりますが、中途採用は欠員補充や事業拡大などのタイミングで行なわれる傾向があるでしょう。

また、第二新卒の転職活動はインターンシップなどが出来る新卒に比べると情報量が少なく、求人の選択肢も減りやずいのが現実です。

書類選考に通りにくい

中途採用枠を狙って転職活動をした場合、新卒時の就職活動よりも書類選考で落とされる回数が多くなりがちです。

このような状態になるのは、職歴が短い第二新卒よりもまっさらな新卒を採用したいと考える企業が一定数存在するから。

または、それとは逆に長くキャリアを積み上げた経験者を即戦力として採用したいと考える企業もあります。

第二新卒であまり選考に落ちたくない方は、新卒やキャリアと違う方法で転職活動に挑むのがおすすめです。

実績が少ないので自己PRが難しい

第二新卒は入社後3年以内に転職をしている人を指します。

実際はどうあれ、仕事は3年以上続けてやっと一人前とみなされる傾向があるのも現実です。

第二新卒は経験が浅いと判断され、能力面での自己PRを評価してもらえない可能性があるでしょう。

「忍耐力や社会性がないのでは?」と思われないよう、退職理由の伝え方には細心の注意が必要です。

入社後の研修が用意されていない場合がある

第二新卒の場合、就職ではなく転職による中途採用のため、新卒のような手厚い研修を受けられない可能性があります。

研修無しで入社する場合、最初は知らない仕事だらけで大変でしょう。

まずは新入社員のうちに、なにが分からないのか正直に先輩や上司に伝えてください。

どんな仕事でも覚えるまでにある程度の時間と労力が必要だと覚悟を決めておくと入社後に心が折れにくくなります。

第二新卒の厳しい現実を打破する方法

第二新卒に求められる要素を意識する

第二新卒に求められやすい要素

  1. 社会人としてのマナー
  2. 若さと柔軟性
  3. 熱意

第二新卒に求められる素養として大きいのが、社会人経験で培ったマナーや常識などです。

たとえ入社1年未満でも、新卒よりは社会人としての働き方やビジネスマナーを理解していると考えられます。

基礎的な研修にコストをかけなくてもよい第二新卒は、いち早く戦力に慣れる人材として評価されるでしょう。

また、第二新卒は新卒同様「若さ」がアピールポイントになります。

前職での経験に固執せず、新しい仕事の進め方に適応する柔軟性は年配の社員が実現しにくい点だからです。

経験が浅く仕事の進め方が定まっていない第二新卒は、独自のやり方も教育しやすいのが企業視点ではメリットの一つ。

もちろん、転職における熱意も期待されやすいので、自己アピールでは積極的に述べるようにしましょう。

第二新卒の場合は一度社会人経験があり、挫折を経験しているため、新卒よりも慎重な傾向があります。

きちんと将来を考え、モチベーションをもって仕事に臨みたい旨を伝えてください。

第二新卒の現実を乗り越えて転職活動を成功させるコツ

業界や企業について調べ直す

自己PRが優れていても業界研究や企業研究がおろそかだと、熱意がないと判断されてしまいます。

新卒の就職活動同様、あらためて業界研究や企業研究を行うようにしましょう。

前職の業界・職種に近い仕事に転職する場合は、理解度を示すアピール材料にもなります。

アピールポイントは具体的に話す

第二新卒は一般的な経験者の転職と異なり、前職での実績や経験はアピールしづらいです。

そのため、前職で学んだ仕事や上司から褒められた長所、工夫して取り組んだ業務など、実績以外に重点を置いてアピールするのがおすすめ。

「作業手順の効率化に努め、当初一時間かかっていた作業が20分で作成可能になった」など、なるべく具体的なエピソードを添えましょう。

退職理由をポジティブに話す

退職理由はそのまま伝えず、出来る限りポジティブな内容に言い換えるようにしてください。

前職の愚痴を言うのも、「今度は自社に不満を抱いて辞めるのでは」と思われてしまうのでおすすめしません。

給料や労働条件が悪かったときは、「自分のライフプランに合った企業を選びたかった」などに言い換えましょう。

また、入社出来た後は長く勤めたいとアピールするには、志望動機も重要になります。

応募先の企業の経営方針や事業内容と人生設計を盛り込んだ志望動機があれば、勤続の意思を示しやすいです。

第二新卒の現実的なデメリットを補える転職サービスを利用しよう

一般的な転職エージェントでは、3年以上のキャリアを積んだ求職者向けの求人がメインとなので、第二新卒向けの求人数は少なくなります。

真剣に転職活動を考えている方は、第二新卒や若手に特化した転職エージェントを活用しましょう。

第二新卒を積極的に採用している企業の求人だけを見られるため、選考通過率も上がりやすいです。

また、第二新卒の転職に慣れているため、経験年数やスキル面以外の求職者の魅力を探してカバーしてくれるのも大きなポイント。

独占的に保有している非公開求人はそれぞれ異なる場合があるので、転職エージェントは複数社の利用をおすすめします。

【第二新卒に特化した転職エージェント】

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒の現実は甘くない!転職成功のコツは第二新卒に強いサービスの活用

第二新卒で転職活動をする場合、経験豊富なベテランが競争相手にいない第二新卒向けエージェントを経由するのが良いでしょう。

経験の浅さや短期離職が一般的な転職サービスよりもネックになりにくいので、安心して転職活動ができます。

第二新卒での転職は新卒よりも厳しい場合もありますが、冷静に対策を練れば希望通りの企業への転職も可能です。

後悔しない転職を実現するためにも様々な転職サービスを利用して、最も自分に合う所を探してくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事