最終更新日:

【第二新卒】スキルなしでもOK!第二新卒が転職を成功させる方法

スキルなしの第二新卒は転職可能?スキルなしで志望企業から内定を得る方法

社会人経験が少ない第二新卒では、仕事のスキル不足が転職に悪影響を及ぼすのではないかと不安を感じている方も多いです。

しかし、結論から言うと第二新卒はスキルなしでもやり方次第で転職に成功できる可能性が十分あります。

この記事では第二新卒がスキルなしでも転職できる理由や転職時の注意点、転職活動の進め方などを解説。

より条件の良い企業や希望している職種で働きたいと思っている第二新卒の方は必見です!

第二新卒の転職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

第二新卒はスキルなしでも転職できる

そもそも第二新卒は一般的に「新卒で就職してから3年以内の転職者」を指します。

通常の中途採用者より社会人経験が浅いのは当然なので、第二新卒の転職では仕事のスキルを主なアピールポイントにするのは難しいです。

また、第二新卒を採用したいと思っている企業側も、求職者に専門スキルを求めているわけではありません。

スキルだけに囚われず、自分の長所や転職への熱意を的確に面接担当者に伝えられれば、採用を得られる可能性は高いでしょう。

大切なのは熱意や将来性、自分のやりたい仕事のアピールなんだね!

何をアピールしていいか分からない子には、長所を見つけてくれる診断がおすすめよ♡

スキルなしでも第二新卒が採用される理由

  1. 社会人として必要な最低限のスキルがある
  2. 仕事に対して熱意を持っている
  3. 会社の方針に従う意思がある

社会人として必要な最低限のスキルがある

社会人経験が短くても、第二新卒は新卒と比べれば社会人が持つ最低限のスキル・マナーが身についています。

仕事上でのスキルとは違い、電話対応やビジネスメール、名刺交換などの教育を中途採用者にしたいと考えている企業は少ないです。

採用までのやり取りで基本的なビジネスマナーが身についていないと判断されると、採用が遠のいてしまうかもしれません。

電話連絡や面接の受け答えも気を抜いちゃダメよ!

仕事に対して熱意を持っている

採用担当者は第二新卒に対して、仕事の専門的なスキルを強く求めているわけではありません。

今のスキルよりも、今後しっかりとスキルを習得していく熱意や姿勢を見せましょう。

年齢が若ければ、将来の成長を見越したポテンシャル採用を受けやすいです。

また、継続して勤務しない求職者を採用したいと思う企業は多くありません

将来に対しての見通しが薄い場合、成長するポテンシャルが低いと判断されてしまいます。

大事なのは「将来この企業でどんな成長をしたいか」。キャリア設計は事前にしっかりやるのよ!

会社の方針に従う意思がある

第二新卒は未経験から仕事を始める場合が多いため、採用後は教育期間が必要です。

教育をするにも人件費がかかるため、長期の勤務が見込めない、労働意欲が低い人材は敬遠されやすいでしょう。

また、社会人経験が豊富な人材は、新しい会社での仕事のやり方に適応するのが難しいケースもあります。

経験やスキルのない第二新卒に期待されるのは会社のやり方に従える柔軟性です。

将来への展望やこの会社で得たいスキルの話は、労働意欲や柔軟性をアピールする面からも重要になるわ☆

スキルなしの第二新卒が転職でアピールしたいポイント

ポジティブな転職理由と熱意

転職時に必ず聞かれる質問の一つが、転職理由です。

不満を持って前の職場から転職した場合、転職理由の話題では後ろ向きな言葉が出やすいでしょう。

しかし、採用担当者が前職の悪口を知りたくて転職理由を質問しているケースはほとんどありません

特に人間関係の愚痴を言ってしまうと、転職しても問題を起こす可能性があると判断されやすいです。

前向きな転職をしていると受け取ってもらえるよう、事前に転職理由や今後の意気込みについて考えておきましょう。

前職で身に付けた経験

前職で経験した仕事の内容や、そこで身に着けた業務やスキルについても、必ず伝えるようにしましょう。

第二新卒の転職では、勤務期間が短すぎてなにも身に付かなかったと思う場合もあるかもしれません。

しかし、具体的な仕事内容やそこで得た経験をきちんと説明できないと、前職での学びが一切無かったと取られてしまいます。

ほんの少しの経験でも大丈夫だから、ポジティブさや熱意のアピールに上手く使うのよ!

第二新卒がスキルなしで転職する時はブランクに注意

定職についていない期間があると、転職中であっても書類上では無職として扱われます。

履歴書などで職歴として書けない空白期間(ブランク)が増えると、内定を受けられる可能性が低くなりやすいです。

転職先を悩み続けたり、無職の状態でスキルがないからと躊躇するのはおすすめしません。

退職後はなるべく早く転職活動を始めるのが今後のキャリアに傷をつけないコツです。

スキルなしの第二新卒におすすめな転職エージェント

第二新卒の転職では、全ての社会人が利用する大手転職サービスよりも、第二新卒や若手に強いサービスの利用がおすすめです。

転職サイトでは書類添削や面接指導などを受けられないため、絶対に転職エージェントを利用したくない場合以外は転職エージェントを活用しましょう。

若手をポテンシャルまたは人柄で採用したい企業の情報を多く持っているエージェントを頼れば、スキルがなくても転職は可能です。

未経験の仕事だと、年齢制限があるケースも少なくないから注意してちょうだい。

【第二新卒に特化した転職エージェント】

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

スキルなしでも第二新卒は転職可能!熱意を持てる仕事を探そう

第二新卒の場合、採用する企業側もスキル面を重視しているケースは多くありません。

もちろん、通常の中途採用者を対象にした転職ではスキルや経験が大きな採用理由になるでしょう。

しかし、第二新卒を採用したいと考えている企業を選べば、熱意や将来性、会社の理念に合う人材かどうかで判断してもらえます。

スキルに自信のない第二新卒の方は、若手に強い転職エージェントを活用して希望条件に近い求人を探しましょう。

ミイダスやリクナビNEXTなどの長所・アピールポイントが分かる診断を活用するのもおすすめです。

未経験の職種に転職する時でも、若さや熱意があれば転職はできそうだね!

そうね、スキルがなくても諦める必要はないわ。第二新卒に役立つ転職サービスを使って、いい求人をゲットするのよ♡

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事