最終更新日:

第二新卒は就職できないって本当?第二新卒から正社員への就職をする方法

第二新卒は就職できないって本当?第二新卒から正社員への就職をする方法

「第二新卒から就職は難しい?」と不安を抱えている方は多くいます。

第二新卒の持つ強みを理解し、適切なアプローチを行なえば正社員への就職は可能です。

本記事では就職できない第二新卒の特徴や、第二新卒で就職成功する方法について解説。

正社員に就職してより満足度の高い仕事をしたい第二新卒の方は必見です!

第二新卒は就職できないわけではない

第二新卒とは、新卒で入社後3年以内に離職し、転職・就職を希望している人を指します。

何らかの理由で正社員にならず、フリーターなどの非正規雇用として働いていた場合も同じような扱いです。

第二新卒の就職・転職で重視されるのは熱意や若さによるポテンシャルが主となります。

そのため、応募する企業さえ選べば選考通過自体が難しいわけではありません

まずは積極的に第二新卒を採用している企業を探し、第二新卒の強みを活かした就職活動を行ないましょう。

就職できない第二新卒の特徴

基本的に第二新卒の就職では、経験やスキルよりもポテンシャルや熱意が重視されます。

求められる素養を示していない場合、簡単に就職できる可能性は低いでしょう。

第二新卒の価値を理解していない

就職できる第二新卒の特徴

  1. 社会人経験があるので教育コストが低い
  2. 新しい環境に順応しやすい
  3. 将来性と熱意を持っている

第二新卒が就活をする際、まず第二新卒が持つ強み・価値を理解するのが重要です。

「やる気があれば大丈夫」「スキルがないから就職できない」などの姿勢は要注意。

就職活動では自分の持つ第二新卒としての強みも正しく理解し、アピールしましょう。

高望みし過ぎ

第二新卒には第二新卒の強みや価値がありますが、全ての企業が第二新卒を採用したいと考えるわけではありません。

企業の知名度や給料、将来的な役職などが魅力的な職場は多くありますが、競争率の高い企業を狙い続けると就職が難航しやすいです。

とはいえ、第二新卒の採用に積極的な大企業も存在するため、まったく望みがないわけでもないでしょう。

上手くバランスを取り、実現できる範囲で良い条件を探っていくのが大切です。

短期離職のマイナス印象を払拭できていない

第二新卒の採用を積極的に行なう企業が増えているとはいえ、採用担当者も短期離職には不安を感じています。

転職によって何をしたいのか見えないと、将来設計がなく「また短期離職をするのではないか」と考えられやすいです。

選考通過率を上げるためには、面接でのポジティブな返答を心掛けましょう。

就職できない第二新卒がやりがちな失敗

  • 就職先を決めずに職を手放す
  • 業界研究が甘い
  • 一つの企業だけに応募する

就職先を決めずに職を手放す

第二新卒に限らず、今の仕事に対して強い不満がある方はすぐに辞めて次の仕事を探そうと考えがちです。

しかし、落ち着いて条件の良い仕事を探すには仕事を続けながら転職活動をする方が確実でしょう。

なかなか内定がもらえなかったり、希望に近い求人が見つからず焦り、希望と違う就職をしてしまうのは本末転倒。

心身の健康が阻害されるケースを除けば、一旦は現職を続けながら転職活動するのがおすすめです。

業界研究が甘い

第二新卒はポテンシャルと意欲さえ伝われば内定をもらえると慢心して下調べをしないのはNGです。

応募先の企業や業界について、調べればわかる知識は理解しているほうが優秀な若手だとアピールできます。

まっとうな会社では、若さだけを理由に採用してもらうのはかなり難しいと考えましょう。

第二新卒が就職できるようになるための方法

第二新卒歓迎の求人を探す

一般的な求人は「未経験も応募可」であっても、基本的には通常の経験者向けであるケースも少なくありません。

ハローワークや通常の転職サイトで吟味せずに応募すると他の中途採用者と比べられ、不利になってしまいます。

正社員の内定を得るには、第二新卒の就活に対応したエージェントを利用して第二新卒を歓迎してくれる企業を見つけましょう。

ネガティブな返答を避ける

第二新卒の面接ではなぜ今正社員として就職していないのか、退職を考えたのか、空白期間に何をしていたのかなど、様々な質問が想定されます。

これらの質問にネガティブな回答を続けてしまうと、選考通過は難しくなるでしょう。

「以前の反省を生かして今後はこういった点に気を付ける」など、ポジティブな回答を事前に用意しておくのがおすすめです。

就職できない第二新卒におすすめの転職サービス

一般的な転職エージェントでは、キャリアが3年未満の第二新卒に向けた求人は少数派です。

様々な求人を比較して就職したい方は、第二新卒に強い転職エージェントを活用しましょう。

求人情報以外にも経験の浅さをカバーする面接対策や自己分析などの情報を得られ、採用率が上がりやすくなります

また、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえるので、求人サイトでは見つからない求人情報を見て選択肢を増やせるのもメリットです。

第二新卒に強い転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

「第二新卒=就職できない」は間違い!エージェントを効率的に活用しよう

第二新卒の就職では、採用意欲がある会社に対して将来性をアピールするのが大切です。

第二新卒の強みは、社会人経験から来る教育コストの低さと若さです。

弱みとなる短期離職の経歴をカバーし、就職を成功させるためには第二新卒に強い転職エージェントを利用しましょう。

第二新卒を採用したい会社と採用されたい第二新卒のマッチングを行なってくれるので、効率的に就職活動が進みます。

適切な就職・転職エージェントを活用して、希望通りの仕事を見つけてください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事