最終更新日:

第二新卒の転職で多い失敗の法則とは?失敗を防いで転職を実現させるコツ

第二新卒の転職で多い失敗の法則とは?失敗を防いで転職を実現させるコツ

第二新卒で「転職を考えているけど失敗が怖い」と躊躇している方は少なくありません。

第二新卒の転職を失敗させないためには、陥りがちな失敗例を知り、同じ轍を踏まないのが大切です。

本記事では第二新卒が転職で失敗する要因や失敗の具体例、対策方法などを解説。

絶対に転職を成功させたい第二新卒の方は必読の一記事です!

第二新卒の転職が失敗する要因は大きく分けて3つ

  1. 自身の強み・弱みを把握していない
  2. 業界研究が不足している
  3. 仕事に求める条件が定まっていない

自身の強み・弱みを把握していない

書類選考を受ける際、履歴書や職務経歴書の充実度は選考通過率に関わります。

空欄が多い、または最低限の情報しか書いていない場合、第二新卒でも選考で失敗しやすくなるでしょう。

第二新卒は経験が少なく、短期離職をした人材のため、これからの仕事への関心や熱意が求められます。

企業側も第二新卒に高い業務能力は求めていませんが、以前の仕事で得た学びや今後の展望などは面接でも聞かれる可能性があるでしょう。

事前に自分がもつスキルや強みを把握し、選考で失敗なくアピールできるよう整理しておく必要があります。

業界研究が不足している

学歴やスキルなどが条件を満たしていても、業界研究や企業研究がおろそかだと熱意に欠けると判断されるおそれがあります。

あらためて業界研究や企業研究を行ない、応募先での仕事に対して知識や意見を持っておきましょう。

仕事に求める条件が定まっていない

第二新卒を受け入れている企業を探すうちに焦って希望に合わない会社に入社してしまう方も少なくありません。

自分が仕事に求める条件がぶれてしまうと転職後に後悔する可能性が高くなります。

転職に失敗して後悔しないためには、事前に譲れない条件を固めてその通りに転職活動を行ないましょう。

第二新卒が転職で陥りがちな失敗例

不満から逃れるために転職

人間関係や労働環境に不満を抱き、状況から脱するためだけに転職をするのはおすすめできません

自分が仕事で何を大切にしたいのか明確にして転職しないと、同じ理由でまた転職を考えてしまうケースがあります。

もちろん、パワハラや心身への健康被害などがある場合、転職をするのは正しい選択です。

これから何をしたいのか、仕事で重視したいポイントなどを考え、慎重に応募先を選びましょう。

第二新卒が求められる理由を知り失敗を防ごう

採用予定数に空きがある

採用競争が激化している中、新卒採用だけでは採用予定数を満たせない企業もあります。

新卒採用が足りない分を第二新卒で採用する場合や、新卒社員の早期退職を第二新卒で補う企業もあるようです。

また、新卒採用がある4月以外のタイミングで、事業の拡大に向けた大量募集を行なうケースもあるでしょう。

大量募集の場合はあまり経験を重視していない場合が多いため、第二新卒にとってはチャンスと言えます。

基礎的な教養

1年未満~3年程度の短期間でも、社会人経験を積んだ第二新卒はビジネス知識やマナーがある程度身に付いています。

基礎研修が必要ないため、新卒よりも第二新卒を採用したいと考える企業も少なくありません

また、実際に社会に出て仕事を経験しているので新卒より将来を真剣に考えている人物だと捉える企業もあります。

第二新卒の転職を失敗ではなく成功させる方法

転職理由はポジティブに転換

人間関係や仕事内容、給与面での不満など、そのまま伝えるとネガティブな印象になる転職理由はポジティブな印象になるように言い換えましょう。

また、転職理由と志望動機は一貫性のある内容にするのも大切です。

転職理由にある不満や今の会社で実現できなかったことを、転職先でどのように実現したいと考えているかを関連付けて伝えると説得力のある志望動機になるでしょう。

キャリアプランを立てる

今の会社で社会人として働いた経験を踏まえ、改めて将来どうなりたいかのキャリアプランを考えてみましょう。

実際に何がやりたいかだけでなく、どうなりたいかまで具体的に考えてみるのが大切です。

具体的に思いつかない場合は数年刻みで考え、必要な経験や身に付けたいスキルなどの目標を立ててください。

その上で、転職先の会社で自分のキャリアプランが実現できそうかを照らし合わせ、自分のやりたい仕事や将来像がかなえられる会社かどうかを判断してみるといいでしょう。

自分のアピールポイントを整理

企業は第二新卒者に対して、実績よりも仕事に向き合う姿勢や行動に注目しています。

経験・資格・スキルを棚卸しし、アピールポイントを洗い出してみましょう。

応募職種に直結する経験・資格やスキルのほかにも、情報収集能力や分析力、対応力、コミュニケーション能力など、業界や職種にかかわらず強みとなる汎用的なスキルは大切です。

全てのスキルを整理し、応募先企業でどのように活かせるかを考えてみましょう。

転職先を決めてから退職する

転職活動をする際に、すぐ今の会社を辞めてしまうと収入が途絶えてしまい、じっくり転職活動ができなくなる場合もあります。

早く転職したいと焦る気持ちがあったとしても、働きながらじっくり時間をかけて探す方が経済的な心配がありません。

失敗したくない第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒は、通常の転職サイト・エージェントでる求人を探していると転職が失敗しやすくなります。

経験が浅く短期離職を経験した第二新卒は、応募出来る求人の幅が狭くなりがち。

失敗したくない方には、第二新卒を採用したい企業の求人を多く取り扱っている転職エージェントがおすすめです。

様々な求人から自分に合う仕事を選ぶなら、複数の転職エージェントを活用しましょう。

第二新卒に特化した転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒の転職で失敗を防ぎたいなら転職エージェントを活用しよう

第二新卒は転職経験がなく業務の経験も浅いため、注意して動かなければ転職に失敗しやすい立場です。

自分の強みや選考時の振る舞いなどが分からない方は、第二新卒をサポートしている転職エージェントを利用しましょう。

第二新卒が応募できる求人を数多く保有している上、サポート面も充実しているので転職成功には欠かせないサービスです。

自分に合った転職活動を行ない、後悔のない転職活動を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事