最終更新日:

第二新卒の転職に学歴は影響する?第二新卒が学歴で不利にならない転職方法

第二新卒の転職に学歴は影響する?第二新卒が学歴で不利にならない転職方法

第二新卒でも転職時には学歴による影響があるのか、気になっている方は多いでしょう。

実際、新卒に比べると軽いとはいえ第二新卒の転職にも学歴による評価は存在します

本記事では第二新卒の転職における学歴の重要度や、学歴以外の強みをアピールする際のコツを解説。

学歴への評価を知りたい、または学歴に自信のない第二新卒の方は必読の一記事です!

第二新卒の転職でも学歴は無関係ではない

企業の採用基準によって異なるものの、学歴は選考者を判断する一つの材料にはなります。

そのため、特に応募者の多い大手企業では第二新卒者も学歴で能力を判断されるケースが多いです。

偏差値の高い大学や有名な大学を卒業していると、選考が有利に進む場合もあるでしょう。

とはいえ、学歴は判断材料のひとつであり、学歴だけで合否が決まるわけではありません。

第二新卒の転職では学歴だけじゃなく、熱意や前職での経験を伝えるのも重要よ。

新卒より第二新卒の方が学歴を重視されにくい

第二新卒の場合、仕事への取り組みや実績にアピールポイントがあれば、実務経験も見てもらえる可能性があります。

経験は浅くとも一度は社会人として働いた経歴があるので、全ての企業が学歴だけで能力を判断するわけではありません

選考する人数が多いと一人一人じっくりと履歴書を見られないのも、大手企業で学歴が重視される一因でしょう。

特に新卒採用は社会人経験のない学生が対象なので、学歴の良い人ほど優秀な人材と判断されやすいです。

学歴以外で勝負したい第二新卒は中小企業への転職がおすすめ

先述した通り、書類選考で学歴が重視される一因には応募者の多さがあります。

応募者がそれほど殺到しない中小企業の場合、大手企業に比べて学歴を重視しないところが多いです。

確実に転職したい子は、中小企業も視野に入れて転職活動をした方がいいわ。

中小企業が重視しやすいポイント

  1. 将来性や熱意
  2. 前職での実績、得た経験
  3. 職場に合致する人間性

大手に比べて知名度の低い中小企業では、選考段階から一人一人に向き合って面接をするところも多いです。

学歴に自信がない人でも比較的スムーズに選考が進みやすいため、面接にたどり着く可能性も高くなるでしょう。

面接で人間性や将来性、仕事への適性が認められれば、学歴に関係なく転職に成功しやすくなります。

第二新卒で学歴を問われにくい職種・業界

大量募集が行なわれる職種・業界や、未経験スタートの転職者を受け入れる企業では学歴不問の求人が多くあります。

もちろん大切なのは仕事への適性やモチベーションなので、学歴を問われないのを理由にして嫌いな職に就くのはおすすめしません。

成果主義のハードな面がある職業は多くの人材を雇う分辞める人も多いのが事実です。

ただし、成果主義の職業であればあるほど努力した分高収入を得られる可能性もあります。

学歴不問の募集が多い職種・業界

営業
プログラマー
インフラエンジニア
運送業
建設業

第二新卒がアピールすべきは学歴以外のスキル

  1. 新しい仕事への熱意
  2. 前職で得たスキル

新しい仕事への熱意

企側側は、基本的に第二新卒に対して専門的な技術や知識の豊富さを求めません。

今後の仕事に対する熱意や、新しい知識・働き方を学んでいく姿勢が重要です。

ただし、実務経験がなくてもできる業界研究・企業研究を怠ってはいけません。

応募した企業で行なう業務でどのような実績を上げたいか、具体的な目標設定など、熱意をアピールするには下調べが必須。

目標や実績について話す時は、数字や期間を挙げて説明すると説得力が増します。

前職で得たスキル

社会人経験が少なくても、一度社会人を経験しているのが新卒と第二新卒の大きな違いです。

ビジネスメールや電話対応など、小さな経験でも社会人として身に付けてきたスキルを伝えましょう。

前職での業務内容や、身に付いたスキルについては面接でも話せるように整理しておくのがおすすめ。

書類選考や面接では、転職先の業務に活かせそうな経験・スキルを選んでアピールしてください。

学歴や職歴を重視されたくない第二新卒におすすめの転職エージェント

一般的な転職エージェントは、一定以上の経験を持つ中途採用者がメインターゲットです。

学歴よりも経験重視ではありますが、例えば30代の経験者と第二新卒ではどうしても業務能力に差が出てしまいます。

第二新卒の転職活動を有利に進めたい方は、第二新卒や若手に強い転職エージェントを活用しましょう。

第二新卒を積極的に採用したい企業の求人だけを多く見られるため、学歴やスキル不足を理由に落とされる可能性が下がります。

保有している求人はそれぞれ違うから、転職エージェントは複数社の利用がおすすめよ!

【第二新卒に特化した転職エージェント】

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

第二新卒の転職は学歴が全てではない

第二新卒の転職でも、学歴による線引きがあったり学歴で能力を判断される機会はなくなりません。

しかし、新卒採用に比べると個人の積んできた経験や人間性、熱意などを見てもらえる機会も増えるでしょう。

特に大企業や人気企業では学歴を重視しやすい傾向があるので、学歴に自信がない方は中小企業への転職がおすすめです。

第二新卒に強い転職エージェントを活用すれば、経験年数や学歴にハンデがある方でも希望に近い条件での転職が実現します。

学歴以外の自分の強みをアピールし、第二新卒での転職を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事