最終更新日:

第二新卒の転職に資格は必要?第二新卒に有利な資格の選び方を解説

第二新卒として転職をする際、どのような資格を取得しておくか悩む方は少なくありません。

第二新卒の転職で資格が重要視されるケースは限られているため、自分に必要な資格かを見極めるのが重要です。

本記事では第二新卒に必要な資格の考え方や、おすすめの資格、第二新卒が転職を成功させる方法を解説。

希望通りの転職を実現したい第二新卒の方は必見です!

特別な資格なしでも転職できる
第二新卒におすすめの転職エージェントはコチラ

第二新卒に資格は必須ではない

保育士、弁護士、薬剤師、看護師、建築士など、専門的な知識が必要な職業では求人応募の前に資格取得が必須になるケースが多いです。

一般的な職業に就く場合、第二新卒の転職では熱意や今後のポテンシャルが重視されやすいため、資格の取得は必須ではありません。

ただ、資格がプラスに働くケースもあるので、転職したい業種・職種が決まっている方は希望する職業に合った資格を取得するのもおすすめです。

入社後に働きながら資格取得を目指せる会社もあるため、興味のある方は求人情報の制度面もチェックしましょう。

資格には区分がある

資格には大きく分けて国家資格、公的資格、民間資格の3つが存在します。

資格が必須になる特定の職業を目指す場合は、国家資格が求められるケースがほとんどです。

また、国家試験は公的資格や民間資格に比べて取得が困難な傾向があります。

民間資格は合格が簡単な資格もありますが、非常に種類が多いため、転職に活かしたい方は明確な目標を持ってチャレンジしましょう。

国家資格
国の法律に基づき、国(または国から委託を受けた機関)が実施する試験を受け、合格した人に与えられる資格。
公的資格
民間団体または公益法人が実施する試験を受け、合格後は官庁や大臣から認定が与えられる資格。国家資格と民間資格の中間的な位置。
民間資格
民間団体や企業が行なう試験を受け、合格すると認定される資格。

転職を有利にしたい第二新卒におすすめの資格

営業、事務、総務など一般企業での転職を目指す場合、役立つのは汎用性が高くビジネス全般に役立つ資格です。

  • TOEIC
  • MOS(Microsoft Office Specialist)
  • 日商簿記検定

MOS

「Microsoft Office Specialist」の略で、エクセルやワードなどのマイクロソフト製品に関する習熟を証明する民間資格です。

パソコンを使いこなす能力を明確に提示できるため、転職活動における汎用性は高いでしょう。

企業によってはMOS取得を必須としているところもあるようです。

多くの業界・職種の実務で活用できる資格なので、一般企業で転職したい方全般におすすめできます。

TOEIC

TOEICは英語での実践的なコミュニケーション能力が評価される民間資格で、「Test Of English International Communication」の略です。

昨今、外資系や海外支部のある企業以外でも、仕事で英語を使用する機会は増えています。

英語力を示すTOEICで高スコアを所持していると、客観的に言語能力を評価されやすいです。

一般的に評価されるスコアは600点以上、外資系など高い英語力が求められる場合は800点以上が最低ラインとなります。

日商簿記検定

日本商工会議所が実施する、簿記に関する知識・技能に関わる公的資格です。

3級では簿記の基礎習得、2級では企業の経営状況の理解、1級は経営管理・分析ができるとみなされます。

数字に強く、経営を支えられる資格は経理以外でも求められやすく、習得しておけばアピールポイントになる資格です。

資格の有無に関わらず第二新卒におすすめの転職エージェント

転職エージェントは担当者の力を借りて転職を達成できるため、資格がない方でも活用できるサービスです。

もちろん、資格を持っている第二新卒の後押しもしっかりしてもらえます。

熱意のある第二新卒を採用したい企業の求人を多く持つ転職エージェントを利用すれば、転職を実現しやすくなるでしょう。

様々な求人を見たい方は、保有求人数の多い大手転職エージェントと第二新卒特化の転職エージェントを併用するのがおすすめです。

第二新卒に特化した転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒も利用できる大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人対応地域 全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

第二新卒の転職は資格よりも転職エージェント選びが重要!

第二新卒の転職活動では、さほど実務経験が重視されない傾向にあります。

専門的な知識・経験を要する職業を目指す場合はもちろん資格取得が前提ですが、一般的な職業はそうではありません。

しかし、少しでも転職活動を有利にしたい第二新卒の方は、希望する業種・職種に役立つ資格を取得してもよいでしょう。

第二新卒の転職は知識・経験をあまり問わない若手向けの求人探しが鬼門となりがちです。

資格取得の有無に関わらず、第二新卒に強い転職エージェントを活用して転職活動を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事