最終更新日:

新卒から海外へ就職はできる?海外就職を目指す方法や必要なスキルを解説

新卒から海外へ就職はできる?海外就職を目指す方法や必要なスキルを解説

「新卒から海外就職は実現可能?」
「海外の企業を目指して就活するか迷っている」

海外勤務で新しいライフスタイルやスキルを得たいと考える新卒の方は多くいます。

日本人の新卒が海外で就活をするのは簡単な道ではありませんが、入念な準備をすれば不可能ではありません。

本記事では、新卒が海外就職をするメリットや海外就職を実現させる方法、注意点などについて解説します。

海外で就職をしたい新卒の方は要チェックの一記事です!

新卒が海外就職を目指すメリット

独自のキャリアを形成できる

国内で就職する場合でも、就職する業界や企業によって築き上げられるキャリアは多少異なりますが、業界・企業を問わず共通する部分も多いです。

海外就職では、日本にない仕事・キャリアを形成できる企業も少なくありません。

今後日本へ帰国して働く場合でも、海外で培ったキャリアは役立つ機会が多く、仕事の幅も広がるでしょう。

新しい環境で働ける

誰も知らない場所でゼロから人間関係を作って仕事に取り組めるのが海外就職のメリットです。

過去や周囲に縛られず自己実現しながら働けるので、人生の再スタートを切りたい人にもおすすめ。

働く国や地域によって差はありますが、海外は自身の意見をはっきり述べ、多様性を受け入れる風土の企業が多いです。

実力主義で積極的に意見を言うのが当たり前の環境で、遠慮せず自分の意思を出したい方に向いているでしょう。

環境が大きく変化する

ライフスタイルの変化を求め、海外就職を目指す人も少なくありません。

仕事は業務内容だけでなく、立地や職場環境も重要です。環境が変われば、得られる経験も大きく変わるでしょう。

日本の中でも都市部、山間部、雪が多い地域、気温が高い地域などでライフスタイルは変わります。

海外に移住すれば、ライフスタイルの変化はより顕著になり、日本にはない刺激を得られるはずです。

日本と海外の就活の違い

即戦力が求められる

例えばアメリカでは、大学などで専攻した分野を活かせる仕事を探すのが一般的です。

新卒でも専門知識を身につけているのが当たり前なので、日本の企業のように新卒に0から仕事を教える文化はありません。

人材育成の制度があっても、日本のような「新入社員研修」はないと思った方がいいでしょう。

企業側は新卒にも実力を求め、働く側も自分の実力に合った企業を選んでどんどん転職していく前提で働いています。

求められる水準の仕事ができなければ、簡単に解雇されるのも珍しくはないでしょう。

就活時期が決まっていない国も多い

海外では、新卒採用の時期に決まりがない国も多いです。

学生は自由なタイミングで就活を始め、企業側も各々必要なタイミングで必要な人数を募集します。

日本のように同じ時期で就活をするわけではないので、応募者には新卒も中途採用者もいるでしょう。

経験者と新卒が同じ土俵に立つ都合上、新卒が内定を得るための競争率は高くなるかもしれません。

新卒が海外で就職するルート

現地企業に採用される

海外就職でもっとも一般的なのは、新卒として海外で就活(インターンも含む)をして現地企業に採用される方法です。

国によって異なる部分もありますが、就活の基本的な流れは万国共通で、志望先の選定→選考→合格→就職と進みます。

ただし、就職活動を行なうハードルは日本よりも高くなるでしょう。

志望先の企業について情報を集めるだけも一苦労で、選考を一度受けるだけでも時間やお金が国内以上にかかります。

新卒から現地企業での採用を目指す際は、一定の資金や時間、事前の準備が必要です。

国内企業から海外赴任

「海外で働きたい」のが主な希望なら、国内企業に就職してから海外赴任枠を狙う方法もあります。

海外赴任の可能性が高い企業の例

  • 総合商社
  • 大手メーカー
  • 海運、貿易業界の企業

海外に支部のある企業では、日本からの駐在員として長期間赴任できるケースも少なくありません。

国内企業なら就活のコストも比較的抑えられるため、無理なく就職活動を続けやすいです。

とはいえ、大きな企業ほど知名度が高く、選考の倍率も高い傾向にあるので、狭き門となるのは変わらないでしょう。

就職後に海外赴任を100%任されるとも言えないため、仕事への高い意欲と海外赴任を勝ち取れるだけの能力を提示し続ける必要があります。

海外の大学に通う/専門留学

就職を希望する国の大学に通うと、英語やその国の言語を学べて語学面のハンデが軽減されます。

現地で住んでいると、日本から情報収集をするより幅広く情報を獲得しやすいのもメリットでしょう。

また、語学以外の専門のスキルを身につけるための「専門留学」をも手段の一つです。

海外では英語が話せるのは前提条件で、そこにプラスして仕事に直結するスキルを持っているのが重要になります。

就労VISAも取りやすくなるので、働きたい分野・国が決まっている方には専門留学がおすすめです。

ワーキングホリデーを活用

ワーキングホリデー(ワーホリ)は、1年間海外で「観光」「就労」「就学」を自由に経験できる制度です。

基本的に18歳〜30歳以下が対象になる制度なので、新卒の内に活用するのをおすすめします。

ワーキングホリデーで海外の企業に就労し、就労VISAの手続きを受けられるスポンサー(雇用主)を見つけましょう。

ノマドワーカーになる

ノマドワーカーとは、ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末を用いてオフィス以外の場所で働く「ノマドワーク」をする人を指します。

ノマドワーカーになるメリットは、自分のペースで仕事が出来る点です。

日本の企業や個人を相手に働く場合、ビジネスレベルの語学力がなくても問題ありません。

クラウドソーシング等で仕事を受注できれば、新卒でも海外に滞在して働けるようになるでしょう。

新卒が海外就職を実現する手順

新卒が海外を拠点に就職活動をする場合、多くの場合下記の流れを経験するでしょう。

インターンの有無や採用までのステップは各企業ごとに異なるので、確認は怠らないようにしてください。

(1)現地企業とコンタクトを取る
国内企業ではホームページ等からエントリーが可能ですが、海外では現地企業に直接アポを取って、採用の話を持ちかけるのが一般的です。
(2)インターンに参加する
海外では、インターンで実際の働きぶりを見て採用を考える企業も多いでしょう。「働く能力があるか」を見る試用期間なので、気を抜かず挑んでください。
(3)就労ビザを取得
内定を獲得した後は、「就労ビザ」を取得して就職の準備を進めます。選考中は「観光ビザ」を使用するため、滞在日数には注意しましょう。
就労ビザを取得する際は、内定先の企業から就職を証明する書類を受け取る必要があります。不備があると申請が通らないので、注意してください。

新卒で海外就職をする際の注意点

好条件ではない求人も多い

海外就職の場合は仕事の前提条件や物価も国内とは異なり、好条件ではない求人が多いです。

基本的には意思の疎通に問題がない現地の人間が優先的に採用されるため、外国人の採用枠は狭き門。

現地企業での直接採用では、劣悪な条件を提示する企業も少なくありません。

日本以外の国では「他国の人間」として扱われ、保証を受けにくい立場なのは事実でしょう。

国によって文化は違う

海外就職の選択肢は非常に広く、国や地域によってライフスタイルが大幅に変化します。

文化の違いはメリットになる反面、違いが大きすぎてやりづらい場面もあるので、注意が必要です。

文化についての理解が追い付いていないと、日常生活だけでなく仕事上でのトラブルに繋がる可能性もあるでしょう。

国ごとの文化を理解し、本当に生活できるか、仕事で活躍できるかを考えて国を選ぶのが大切です。

海外就職したい新卒におすすめのサービス

1人の力で海外企業や駐在員を目指せる日本の企業に絞った求人を探すのは難しいですよね。

初めての就職活動をする新卒は、企業の紹介や書類添削、面接対策などのサポートをしてくれる就活・転職エージェントを活用しましょう。

まずは新卒に強いエージェントを複数社チェックし、求人数が多い大手エージェントも併用するのがおすすめです。

どのエージェントも利用料は無料なので、自分に合ったエージェントを複数社利用すると良いでしょう。

新卒特化の就活エージェント

Meets Company
就活エージェント
主なサポート対象 23卒、24卒
主なサポート地域 東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡(オンラインは全国可)
支援実績 イベント開催数1000回以上
特徴 2~8社と話せる合同説明会
即日内定の可能性あり
簡単登録
(無料)
キャリアパーク(新卒) キャリアチケット
就活エージェント
主なサポート対象 23卒 まだ卒業していない全ての卒業年度の学生
主なサポート地域 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪 東京、神奈川、名古屋、大阪、福岡
支援実績 年間1000名以上に面談実施 就活相談実績13,000人以上
特徴 最短2週間での内定が可能
就活ノウハウメディアを提供
最短3日内定が可能
企業からのスカウト制度あり
簡単登録
(無料)
キャリアスタート キャリセン就活エージェント
就活エージェント
主なサポート対象 23卒、20代、未経験、フリーター、第二新卒 23卒
主なサポート地域 関東(オンライン面談は全国対応) 首都圏、関西圏
支援実績 1万人の就職・転職を支援 紹介社数1000社
特徴 新型コロナ就職支援サービスを提供中 AI面接対策サービス「RECOMEN」を提供
簡単登録
(無料)

求人数の多い大手転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)


新卒の海外就職には入念な準備が大事

海外就職には多くの魅力がありますが、日本で就職するよりも内定のハードルは高く、単に海外で働けば良い方向に転ぶとも限りません。

国内では珍しい仕事や働き方を探すのが、海外就職のメリットを活かす近道です。

「本当に海外就職をしなければ実現しない希望か?」を入念に調べ、自己分析もしておきましょう。

狭き門を勝ち抜いて海外就職をしたい新卒の方は、自分に合ったサービスを活用して就活を成功させてくださいね!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事