最終更新日:

リクルートエージェントの使い方は難しい?上手な使い方と確実な転職成功法

リクルートエージェントの使い方と利用方法

「リクルートエージェントの使い方は?」
「使い方を間違えたら求人を紹介されない?」
「手厚くサポートされる利用方法は?」

リクルートエージェントの利用方法や上手な使い方がわからず、登録を迷っている人は少なくありません。

リクルートエージェントは正しい利用方法・上手な使い方で活用すれば希望通りの転職が成功します

今回はリクルートエージェントの利用方法や上手な使い方・誤った使い方と他社転職支援サービスを解説していきましょう。

リクルートエージェントの使い方①登録

使い方や利用方法って言っても、リクルートエージェントの担当に任せればいいんだよね?転職できないのは個人の能力の差と思うけど…。

リクルートエージェントをなんとなく利用するより使い方のコツを押さえて利用する方が転職は成功するわ。まずは登録時の使い方を見ていきましょ。

「すぐにでも」でスピーディな使い方が可能

リクルートエージェントの登録フォームから必要事項を記載する際、転職希望時期は「すぐにでも」か「3ヶ月以内」を選択しましょう。

リクルートエージェントは転職支援の目安の期間を設けており、転職希望時期を先にするほど求人紹介の優先度が下がってしまいます。

すぐに採用されそうな人材から優先して求人紹介するため、転職希望時期が早い求職者ほどスピーディで手厚いサポートが受けやすいです。

職務経歴の詳細記入で有利な使い方が可能

申し込みを進めていくと職務経歴と伝えておきたい条件の画面に遷移します。

記入は任意ですが、職務経歴が薄い・アピール内容が弱いと「紹介可能な求人がない」と登録してもサービスを利用できません

完成度が高ければ企業に提出するレジュメにも使用され、内容が濃く魅力的であるほど企業の目を惹くので、アピール内容はしっかりと記載しましょう。

職務経歴書のデータがあれば内容を貼り付け、なければ箇条書きで入力します。

ただ文字数を埋めるだけでは有利にはならないので、長くなりすぎず薄くなりすぎず端的に分かりやすく記入できればベターです。

登録や申込ってなんとなくで進めがちだけど、サポートの優先度やサービスの利用可否が変わってくるんだね。

時間に余裕を持って丁寧に記入するとその後の流れがスムーズになるわ。時間がないけど登録だけしておきたい子は、最低限の経歴だけ入力しておけば後で修正・変更も可能よ。

リクルートエージェントの公式サイト【公式】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントの使い方②担当者

次は実際に転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーとの上手な関わり方を見ていきましょ♪

転職意欲をアピールし優先度アップ

リクルートエージェントは多くの利用者がいるため、1人のアドバイザーが複数の求職者を担当し転職をサポートします。

早く転職を決めたいと“転職の意欲の高さ”をアピールしておかないと、優先的に対応してもらえません。

転職活動は早め早めに動いても予想以上に時間がかかるので、スケジュールに余裕を持つ意味でも早期での転職を希望するのが得策です。

リクルートエージェントには何万人も登録者がいるから、より転職意欲が高くて早く転職したいって人を優先するのは合点がいくよ。

担当が同じになった求職者は、同じ担当者から如何に良い企業を優先して紹介してもらえるかが勝負よ。顔や名前は見えなくても、大勢の中から求人を勝ち取らなきゃいけないライバルね。

関係性を深めてマッチ度アップ

担当のキャリアアドバイザーは希望条件にマッチする企業を選定してくれますが、意思疎通ができていない状態ではマッチング精度は低いと考えてください。

何か困った状況があればその都度積極的に相談したり、転職の状況を随時報告したりと、常に密なコミュニケーションに努めましょう

関係性の深さ=マッチング精度の高さです。

リクルートエージェントの使い方③併用

他社で求人の取りこぼしを防ぐ

転職者全体の転職エージェントの利用社数に対して、転職決定者の転職エージェントの利用社数は約2倍です。

リクルートエージェントは最も求人が多い転職エージェントではありますが、全国すべての求人を取り扱ってはいません。

他社も非公開求人や独占求人を保有しているため、複数の転職エージェントを併用すれば希望条件に近い企業が見つかりやすいです。

転職を成功させている人ほど、求人の取りこぼしを未然に防いでいます。

【併用おすすめのサービス一覧】

サービス名 特徴
DYM就職 優良企業を厳選して求人紹介。人物重視の採用
JAIC(ジェイック) 無料就活講座あり。就職成功率は81.1%
doda 業界・職種が幅広く手厚い面接対策も人気
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に強く独占求人多数
ビズリーチ スカウト型。3分の1以上の求人が年収1000万超
リクルートダイレクトスカウト スカウト型。転職決定年収の平均900万円超

登録・利用はすべて無料なので、特徴やサポート内容を比較して自分に合う転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


経験がある20~30代向け

doda マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 業界30年の採用成功実績 20代の信頼No.1を獲得
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


ハイキャリアの30~40代向け

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
スカウト型転職サービス
主な年齢層 30代~40代 30代~40代
主なサポート対象者 現年収500万円以上 現年収600万円以上
支援実績 採用企業数累計17100社 転職決定年収の平均900万円超
特徴 ハイクラス国内最大級。1千万超の求人多数
年収800〜2000万円の求人多数。完全無料
簡単登録
(一部有料)

リクルートエージェントの使い方④診断

リクルートエージェントを利用する前には、徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

事前に仕事の適性を理解していれば、自分に向いている仕事だけを選べるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTの本格診断サービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

リクナビNEXTに会員登録して簡単な質問に答えるだけで、自分の強みと仕事の適性を細かく診断できます

リクルートエージェントの使い方と診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

リクルートエージェントの誤った使い方

職務経歴に嘘をつく

待ち受けているのは厳しいペナルティ

良い企業へと転職するために少しでも自分を良く見せたいと試行錯誤するのは当然です。

しかし経歴に嘘をついて事実とは異なる内容を記載してしまえば信用を失くしてしまいます。

経歴の偽造が明らかになった後に待ち受けているのは、求人紹介が一切なくなる選考中なら取り消し、リクルートエージェントへの出入り禁止など厳しいペナルティです。

ありのまま伝えて相談するのが◎

これまでの経歴を隅々まで振り返れば、必ず転職に活かせる何かしらの武器があるはずです。

まずは嘘偽りなくありのままの経歴をキャリアアドバイザーに伝えるのはマスト。

自分でアピールポイントを見出せない場合は、正直に相談すればキャリアアドバイザーが客観的な視点であなたの魅力を浮き彫りにしてくれるでしょう。

担当に任せっきりにする

リクルートエージェントのアドバイザーがいくら優秀でも、求職者側が消極的では転職活動は円滑に進みません

こちらから連絡を取らず任せっきりにすれば、転職の意欲が低い➔優先度が低い➔サポートが後回し→求人紹介がなくなる事態を招きます。

初回面談で情報を共有して意思疎通ができていても、転職活動を進めていく内に担当とのズレが生じる場合もあるでしょう。

転職の意欲を伝えズレを埋めるためにも、自分から積極的にアプローチして「転職活動を一緒に進めていく」意識を念頭におきましょう。

自分を良く見せようと実績を盛ったり、担当が頼れるから任せればいいって受け身になるのはリクルートエージェントの誤った使い方なんだね。

お互いに敬意を持って二人三脚で転職活動を進めるのが成功の秘訣ね♪どうしてもアドバイザーとのズレが埋まらない時は、担当の変更も可能よ☆

リクルートエージェントを上手に使って転職成功

リクルートエージェントの充実のサポートも、使い方を誤れば十分に活かしきれません。

上手な使い方を押さえてサポートを活用すれば、転職は成功します。

リクルートエージェントの手厚いサポートと上記サービスも併用して、確実に転職を成功させましょう。

リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
転職成功実績No.1!非公開求人10万件以上
あらゆる業界・職種の求人を網羅する業界最大手の転職エージェント。特に20~30代の転職決定者が多く、面接対策も充実!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事