最終更新日:

在職中も面接に行ける?在職中の面接で聞かれる質問と対策で転職を成功させる

在職中 転職 面接

「在職中でも面接に行って転職活動はOK?」
「在職中でも面接時間を確保できる?」
「在職中でもバレずに面接に行きたい」

在職中でも転職活動を始めて面接に行っていいか分からず行動を迷っている人も少なくありません。

面接は在職中も可能で、転職サービスを利用して面接練習や日程調整をサポートしてもらえば在職中でも効率良く転職が成功します。

今回は、在職中に転職活動をする人が多い理由やデメリット、在職中に転職を成功させる方法を解説していきましょう。

転職活動や面接は在職中が効率的

在職中でも転職活動を始めて面接に行っていいのかな?

転職経験者の7割以上が在職中に転職してるのよ。ブランクが短くて済むし、計画性もアピールできちゃうわ♡

在職中の転職活動や面接は一般的

在職中に転職活動をしても良いのか疑問を持つ人も一定数いますが、在職中・離職中どちらでも問題ありません

マイナビエージェント2022年版の転職動向調査によると、在籍中に転職する人の割合は下記の通りでした。(※1)

在職中 転職 面接

2021年には73.1%の人が在職中に転職し前年度比5.6%も上昇。

在職中に転職活動を始める方が効率が良いと判断している人が多いようです。

\*在職中の人にも心強いアドバイザー*/
すぐに利用できる転職エージェントはこちら

在職中に面接に行くと経済的に◎

厚生労働省の令和2年転職者実態調査の概要によると転職活動を始めてから勤め先を離職するまでの期間の平均は下記の通りでした。(※2)

在職中 転職 面接

転職者の47.1%が転職活動を始めてから3カ月以内に離職しています。

転職活動期間は3カ月を目安に、在職中でも積極的に面接に臨むと金銭的な不安や就職への焦りからの妥協を防げるでしょう。

自己都合退職は、失業手当を受給できるまで3カ月~5カ月かかります。

在職中の転職活動・面接は好印象

履歴書は求職者のスキルや性格を知るために細かくチェックされ、ブランクが長ければ理由を求められるでしょう。

在職中に転職活動を始めるとブランクが短くて済み、退職日の伝え方によっては面接で好印象を与えられます。

在職中の面接で与えられる好印象
・仕事を投げ出さない責任感
・先を考えて行動する計画性

引継ぎの計画を踏まえて入社できる日を明確に伝えれば、責任感や計画性を面接官にアピールでき面接で有利です。

在職中に面接時間が取れないなら企業に相談

在職中に面接に行こうとしても遅刻や早退をするのが難しく、時間が取れずに悩む人も少なくありません。

在職中と伝えれば面接時間を柔軟に調整してくれる企業もあります。

どうしても時間が合わなければ、求職者側から面接に行ける時間と入社への熱い意欲を伝えましょう

平日の面接に行けなければ、理由や具体的な候補日を明確に伝えれば検討してもらえる人もゼロではありません。

在職中に面接をして転職するデメリット

在職中に転職活動してる人が多いのは、経済的に負担が少なくて面接官にも良い印象を与えやすいからなんだ!

在職中の転職活動は情報収集・面接練習の不足や日程を調整しづらいデメリットもあるのよ★

在職中に転職活動をし面接に行くデメリットは大きく分けて3つです。

  1. 在職中の転職は情報収集不足の傾向
  2. 在職中の転職活動は面接日程調整が困難
  3. 在職中に転職するなら面接練習は必須

在職中の転職は情報収集不足の傾向

マイナビニュースによると、22〜59歳までの会社員1,000名を対象にした識学の調査では、約6割が転職後に「後悔・失敗した」と感じていました(※3)

【転職先に⼊社して後悔・失敗したこと】

在職中 転職 面接

在職中は求人選定の時間が限られるため、入社後に給与や休日・社風・環境などのミスマッチで後悔しやすいです。

\*求人選定に心強いアドバイザー*/
情報収集力が高い転職エージェントはこちら

在職中の転職活動は面接日調整が困難

近年はオンラインでやり取りをする企業も増えましたが、電話で面接日時を調整する企業も少なくありません。

在職中の転職活動は電話に出れる時間も限られ、面接日時の調整に時間がかかる傾向があります。

面接に進めなければ他の応募者に先を越されてしまい、合格の枠が狭まり落選しやすくなるでしょう。

在職中に転職するなら面接練習は必須

企業の採用担当者は求職者の長所や短所を把握するため、面接では在職中の働き方を含め様々な質問をされます。

在職中は忙しく面接練習が不足しがちで、実際に面接が始まると緊張で上手くアピールできずに短所ばかりが目立ちやすいです。

いくらスキルや能力が高くても面接で失敗すれば採用率は大きく下がるでしょう。

在職中の面接で聞かれること

時間がなくてリサーチや日程調整、面接練習も不足するんだね。在職中の面接で聞かれることってなに?

在職中で聞かれることは色々あるけど、真摯に前向きな姿勢を見せるのが大事よ♪

在職中の面接で聞かれることは入社日

在職中の面接で聞かれることを想定しておけば、面接を通過しやすくなります

在職中に限らず、何日から勤務できるかは聞かれるでしょう。

引継ぎなども考慮しつつ、1.2カ月先を目安に答えるのが最適です

在職中の面接で聞かれる退職理由

人員の採用や教育はコストも時間もかかるため、面接官は長く働ける人を探しています

前職での不満や不安を聞き、会社の労働環境に合うか・会社の一員として相応しいかを判断します。

退職理由を聞かれたら不満だけでなく、改善するためにした努力や転職への前向きな姿勢をアピールしましょう。

在職中でも面接に行き転職成功する方法

在職中にスムーズに転職する方法はないの?

転職のプロの力を借りれば在職中の転職でも成功しやすいの。面接で会社を休む言い方も合わせて教えるわね♪

在職中は転職エージェントの利用で面接通過率アップ

転職エージェントは企業と求職者を仲介して、面倒な転職活動を代行するサービスです。

在職中_転職_面談

多くの求職者を就職させた転職支援のプロから様々なサポートが受けられます

解決できる在職中のデメリット
・情報収集不足
エージェントが求人を選定・職場の内部情報を細かく共有
・面接日程調整が困難
エージェントが代行するのでスムーズ
・面接練習不足
エージェントのサポートで対策が万全

転職エージェントを活用すれば在職中に転職活動をするデメリットをすべて解決可能です

20代の既卒・第二新卒向け

就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代
主なサポート対象者 学歴職歴不問
支援実績 利用者累計10万人超
特徴 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

経験が浅い20~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、既卒、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~40代向け

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

在職中でもバレずに面接に行く方法

転職活動を会社に知られると引き止められたり、関係が悪くなってしまわないか不安な人も多くいます。

会社を休む日数や不在の時間を減らすと在職中の転職活動も気づかれにくいです。

在職中にバレずに面接に行く方法
・半休を利用する
・オンライン面接を依頼
・数社の面接を同じ日に設定

しつこく休みの理由を聞かれるときは、当たり障りない理由を自然に伝えましょう

転職活動がバレない休みの取り方
・生活設備の修理や点検
・役所の手続き
・遠方の親戚が来る

転職活動を在職中の会社に気づかれなければ、今まで通りに働けるので余裕を持った転職活動が可能です。

転職活動をしてみて改めて現在の会社の良さが分かったり、まだ経験やスキルが浅く転職するべきではないと気づいて転職を踏みとどまる選択肢もあります。

在職中でも面接して転職成功

転職活動はいつ始めても問題はありませんが、ブランク期間や面接官への印象、経済的な負荷を考慮すると、在職中の方が効率的です。

転職エージェントを利用すれば求人選定や日程調整、面接練習をサポートしてくれるため、在職中の転職活動でも負担が軽くなります。

転職エージェントを活用して、在職中でもスムーズに希望通りの転職を成功させましょう。

(※1 引用:マイナビ 転職動向調査 2022年版)
(※2 引用:厚生労働省 令和2年転職者実態調査)
(※3 引用:マイナビニュース )

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事