最終更新日:

【40代】未経験から電気工事士へ転職する方法とは?転職で後悔しないコツ

【40代転職】未経験から電気工事士へ転職する方法

「電気工事士は40代でも転職できる?」
「40代が転職に成功するポイントは?」

40代で電気工事士の仕事に興味がある方の中には、この年齢でも転職できるか不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

電気工事士は20代、30代の方が有利とは言われますが、40代の未経験者でも採用される可能性は0ではありません

本記事では40代向けの電気工事士に関する求人数や企業が求めるポイントを解説していきます。

転職を考えている40代の方は要チェックの一記事です。

40代電気工事士の現在

【40代】電気工事士の求人状況

電気工事士は全国的に多数の求人があり、下記のように記載されている職場も一定数存在します。

  • 40代活躍中
  • 未経験歓迎
  • 初心者歓迎
  • 人柄重視

全ての求人に40代を歓迎する文言があるわけではないため、よく求人情報をチェックしましょう。

電気工事士の公開求人数

転職サービス 公開求人数
リクルートエージェント 1,709件
doda 2,533件
リクナビNEXT 296件

(2022年4月時点のデータ)

【40代】電気工事士の仕事内容

40代の募集で多い仕事内容

電気設備工事 IH交換 家庭用エアコン設置
空調換気設備 防犯設備 介護機器設備

他にも高速道路の定期点検、イルミネーションの設置工事などが見られました。

就業場所として多いのはオフィスビル、マンション、集合住宅、店舗などです。

【40代】電気工事士のメリット・デメリット

電気工事士の仕事は体力勝負なので、20代、30代に比べて年齢がネックとして見られやすいのはデメリットと言えます。

しかし、40代であっても体力に自信があれば充分転職は可能です。履歴書で体力や健康状態の良さをアピールするとよいでしょう。

それに対して40代のメリットは、やはり今までの人生経験です。

特にマネジメント職の経験があれば評価されやすいでしょう。コミュニケーション力・協調性もアピールポイントになります。

40代は電気工事士の資格があると有利

40代未経験から転職を目指すなら、『第二種電気工事士』の資格を取得するのがおすすめです。

第二種電気工事士は実務経験なしでも取得でき、『第一種電気工事士』を目指す場合はまず第二種を取得して実務経験を積む必要があります。

企業としても、同じ未経験なら資格がある人材を評価するケースが多いです。

ただし筆記試験の実施日が年2回(毎年6月初旬と10月初旬頃)なので、タイミング的にすぐに受けられないケースもあるでしょう。

その場合は転職活動を行ないながら資格の勉強をして、履歴書で『第二種電気工事士の資格学習中』とアピールするのがおすすめ。

入社後に資格取得支援を行なう会社もあるので、40代未経験・資格なしでも転職できる可能性は0ではありません。

電気技術者試験センター

40代で電気工事士に転職できる人材

40代の電気工事士を積極的に採用する企業が好む条件は以下です。

  1. 業務の習得に意欲的
  2. コミュニケーションに問題がない

上記を満たす志願者なら、「40代でも採用したい」と考える企業がありますし、実際に未経験から転職した方もいます。

業務の習得に意欲的な人材

電気工事士に限りませんが、業務の習得に意欲的な人材は好まれます。

向上心を持って仕事に取り組むことで、いち早く仕事に慣れますし、戦力として会社に認められやすくなるでしょう。

40代にとって「自分が職場内で欠かせない存在になること」は大きいです。

20代~30代の転職と異なり、40代は常に危機感を覚えるものではないでしょうか?

しかし自分から積極的に馴染む努力をすれば、自然と周囲に溶け込めるものですし、そのような向上心の高さを履歴書や面接の場でアピールして下さい。

どのような業界でも、基本的に未経験者よりも経験者が求められますが、向上心がある人材は評価されやすいです。

コミュニケーションに問題がない

「人と話したくないから電気工事士を目指す」という方もいますが、実際はコミュニケーションが必要な仕事です。

営業職のようなコミュニケーション力は不要ですが、社内外の相手との会話が求められますし、挨拶、指示の理解力、業務報告も重要です。

チームワークが必要な職場での経験があれば、履歴書や面接で積極的にアピールできるでしょう。

なお、40代で電気工事士に転職する場合、自分より若い人から指導を受ける機会もあります。

その際は謙虚な気持ちで指導を受けるように気を付けましょう。

40代が電気工事士に転職する際の注意点

電気工事士の求人を探す方法

電気工事士の求人を探す方法として以下3つがあります。

  1. ハローワーク
  2. 転職サイト
  3. 転職エージェント

上記のうち、しっかりとしたサポートを受けられるのは転職エージェントですね。

転職エージェントの特徴
経験豊富な担当者が在籍
「40代歓迎の電気工事士求人」を重点的に紹介してもらえる
転職サイトの特徴
気軽に利用できる
ハローワークの特徴
求人数が多い

40代電気工事士の転職におすすめのエージェント

若手向けの転職サービスでは、40代がサービス対象に含まれないケースがあります。

そのため、40代の方は転職サービスの主なターゲット層をチェックしてから利用するのがおすすめです。

自分に合った転職サービスを使うと、より適切なサポートを受けられるようになるでしょう。

40代におすすめの転職サービス

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~40代 20~40代
主なサポート対象者 高卒を含む全転職者に対応 高卒を含む全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
特徴 業界最大手
支援実績No.1
求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
IT/外資系に強い
東名阪に強い
簡単登録
(無料)


40代未経験でも電気工事士への転職は可能

電気工事士は未経験であっても転職できる職業で、40代であっても体力さえあれば採用される可能性があります。

身体面以外だと、向上心・コミュニケーション能力、第二種電気工事士の資格などをアピールできると有利です。

転職までに資格が取得できるかどうかはタイミングもあるので、転職を急ぐ方は「資格勉強中」とするのも手。

まずは様々な電気工事士の求人を見るために、40代向けの転職サービスに登録してみましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事