最終更新日:

どうせならベストタイミングを狙いたい!ハローワークで求人が増える時期や更新のタイミングをご紹介!

どうせならベストタイミングを狙いたい!ハローワークで求人が増える時期や更新のタイミングをご紹介!

ハローワークで求職活動を行っていると、いつ訪れても、あまり変わり映えしない求人が多いと感じることがあるはずです。ですが、それはもしかすると、あなたが求人情報を閲覧したタイミングが悪かったのかもしれません。

では、求職するに当たってベストなタイミングはあるのでしょうか?

ご存知でしたか?ハローワークの求人情報は毎日更新されています


ハローワークがある地域にもよりますが、ハローワークの求人情報は土日祝を除くほぼ毎日更新されています。といっても、全職種の求人情報がすべて更新されているわけではなく、求人情報がハローワークに届き次第の更新となります。

つまり、あなたがお探しの企業の地域や、ご希望の職種に関する新着の求人情報がハローワークに届いていなければ、古い求人情報もそのまま求人情報としてハローワークに提示され続けることになるということです。

これが、「ハローワークの求人情報は、いつ確認してもあまり変わり映えがしない」と感じてしまう理由です。

では、良い求人情報と出会うためには、毎日足しげくハローワークに通わなくてはならないのでしょうか?

いいえ、その必要はありません。

ハローワークには、実際にハローワークを訪れて求人情報を閲覧する求職方法だけではなく、ハローワークインターネットサービスの利用で求人情報を閲覧する求職方法が用意されています。

ハローワークインターネットを利用して応募したい求人情報を見つけ出した場合でも、最終的な求人申込みをするためには管轄のハローワークを訪れなければなりません。

ですが、ハローワークインターネットサービスは無料で利用でき、おまけに24時間求人情報の閲覧が可能ですので、ご自身の生活スタイルあわせた時間帯に、ゆっくりと求人情報を閲覧できるというメリットがあります。

なお、ハローワークインターネットサービスの求人情報は一般のハローワークの求人情報とは異なり、毎日21時30分時点での最新求人情報を、翌朝6時を目安として更新されます。
誰よりも早く新着の求人情報を確認したい方は、朝早くて少し辛いかもしれませんが、午前6時を過ぎたあたりで求人情報を確認してみると良いでしょう。

求職にベストなタイミングはいつ?


実は、ハローワークの求人情報は1年の中で圧倒的に増える時期があります。

では、それはいったいどのような時期なのでしょうか?

求人情報が増える時期はいつ?

毎年新卒を採用している企業の場合では、実際に新卒を採用する前に、年度の事業計画を立てており、その中には新卒や中途採用、パート、アルバイトなどの採用人員の計画も含まれます。

そして、採用者がそのまま定着すれば求人募集を行う必要はありません。

一方、なんらかの事情によって急な欠員が出てしまった場合では、企業としては欠員補充をしなければならず、求人募集を行うことになります。

では、急な欠員が出やすいというのはどのようなときなのでしょうか?

それは、6~7月、11~12月のボーナス支給後です。

会社を退職する理由は人それぞれですが、ボーナスの支給がある会社の場合では、とりあえずボーナスを受け取るまで我慢して、ボーナス支給後に退職するパターンが多いと考えられます。

つまり、これらの時期の少しあとの8月~9月、1~2月が、1年間を通じて求人募集の数が増える時期だと考えることができるということです。

ただし、求人数が増えるということはその分だけ求職者も増えるということですので、この時期に求職活動を開始する方は、ライバルも増えるということを知っておく必要があります。

ハローワークを訪れるなら何曜日?

ハローワークの求人情報は随時更新されていますので、訪れるベストなタイミングというのはありません。

ですが、求職活動を行いやすい日時はあります。

それは、週初めではなく週の半ばから後半にかけての夕方です。

月曜日の午前中のハローワークは非常に混雑することが多く、これは、新鮮な情報を求める求職者たちが、殺到する確率が高いからです。
そして、この混雑はほぼ週半ばまで続きます。

このような理由から、月曜から週半ばのハローワークは終日混雑していることが考えられ、できれば外すことが賢明でしょう。

じっくりと求人情報を閲覧したり、ハローワークの担当者に求職相談をしたりしたいという方は、できるだけ週後半の夕方の時間を狙ってハローワークを訪れてみてはいかがでしょうか。

また、週後半や夕方にハローワークを訪れるのが難しい方は、ひとまずハローワークインターネットサービスで仮登録を済ませ、ご希望の求人情報を探し出しておきましょう。

実際の求人応募はハローワークでの手続きとなりますが、事前に気になる求人情報を入手しておくことにより、ハローワークを訪れた際にはスムーズに求人紹介を受けることができるでしょう。

ただし、ハローワークを訪れた当日にその求人が締め切られていた場合では、残念ながら応募は見送らなければなりません。

この部分についても計算に入れておき、ハローワークインターネットで求人検索を行う際には、複数の求人情報を入手しておくことをおすすめします。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事