最終更新日:

リクルートエージェント大阪支社(梅田)の口コミ・評判を徹底検証!

大阪でリクルートエージェント転職!求人数や業界・職種を紹介

「大阪のリクルートエージェントって実際使えるの?」大阪での評判がどうなのか気になっている方もいるかもしれませんね。

リクルートエージェントは転職エージェントサイトのなかでも有名で実績のあるサービスですが、大阪でも便利なサービスなのでしょうか。

大阪での求人数やその特徴、口コミなどを網羅的に解説していきます。大阪で実際リクルートエージェントが使えるのかどうか解明していきますので、大阪で転職を考えている方は、ぜひご参考ください。

リクルートエージェント大阪(梅田)支社

業界最大手リクルートエージェントの大阪オフィスは下記になります。
大阪在住や大阪で転職を考えている方はこちらをご利用下さい。

大阪支社
〒530-8240 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
アクセス
阪急梅田駅より徒歩約3分
JR大阪駅より徒歩約4分
阪神梅田駅より徒歩約3分
地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約2分
地下鉄谷町線東梅田駅より徒歩約2分
TEL
0120-050-454

地図

※1

大阪の地域性

大阪の業界・産業などの地域性

大阪で有名な産業と言われて思い浮かぶのはどのような産業でしょうか?また、どのような業界、企業が有名でしょうか?大阪と言えば、商人の街、金融の街として古くから栄えています。

大阪人は商売上手と言われますが、その理由は江戸時代から水運の要所だった説や、戦国時代に秀吉が城下町を作ったからといった説があります。いずれにしても、大阪は古くから商人の街です。

商人が多いということはお金の流通が活発になるので、金融業も発達します。同時に物流も増えるので、運送業も発展します。

大阪で盛んな業界・産業

上記の通り、大阪では金融・保険といったサービス業、運輸業、電子部品等の製造業が盛んです。これはイメージの問題だけではなく、経済産業省の統計データでも明白になっています。

大阪で盛んな産業は歴史を遡っても盛んなので、商売上手な大阪人の血は今も途絶えていないのでしょう。ちなみに、製造業は大阪の中でも東大阪に集中しています。ねじの製造が特に有名なのではないでしょうか。大阪府のねじのシェアは全国一位です。

このねじの製造に掛ける思いなんかは、度々ドラマなどでも題材にされています。大阪で製造業が盛んであったことは江戸時代のかんざし作りから始まっており、製品が変わっても物作りの歴史は続いています。

大阪は商人の街である一方で、物作りの街でもあるのです。

大阪の経済動向

大阪の基幹産業は上記の通り商業系、工業系、サービス業です。では、それぞれの動向はどのようになっているのでしょうか。まず商業系に関しては、小売や空港の輸出入額は高水準を維持しています。

近年存在価値が縮小傾向にある卸売業に関しても、横ばいを維持しています。商業系は小売や運輸は今後の伸びが期待できますが、卸売業は下降していく可能性が高いでしょう。ただし、卸売業の衰退はネットでの取引の簡易化等によるものなので、大阪だけでなく全国的に衰退する可能性の高いビジネスモデルと言えます。

工業系は高水準ながら下降傾向にあります。理由としては、海外からの安価な製品が増え、また効率的な機会を使っての大規模生産が増えているからです。東大阪の昔ながらの職人技に需要がないわけではありませんが、大企業の大量生産に追い付けていない面があることは事実でしょう。

ただし東大阪の中小企業が完全に後れを取っているわけではなく、また東大阪には大企業もあります。そのため、急激に東大阪の産業が落ち込むことはないと考えられます。最後に運送業はやや右肩上がりの傾向にあります。

空港からの空輸も、陸路の物流も盛況です。またサカイ引越センターのように大阪は引越し業者も盛んなので、私たちに身近な企業もにぎわっています。

※2

大阪の求人動向などの地域性

大阪で盛況な産業を大まかに見てきましたが、求人動向はどうなっているのでしょうか。

大阪の有効求人倍率の動向や傾向

大阪全体の有効求人倍率は以下のように推移しています。直近のデータはまだ発表されていないのですが、過去数年分のデータが大阪労働局から公表されています。それによると以下のようになっています。

年月 有効求人倍率
24年度 0.81
25年度 1.01
26年度 1.12
27年度4月 1.17
27年度5月 1.20
27年度6月 1.19
27年度7月 1.20
27年度8月 1.22
27年度9月 1.22
27年度10月 1.23
27年度11月 1.26
27年度12月 1.12

※3

大阪の求人動向など

上記のデータからわかる通り、有効求人倍率は1を上回っています。つまり、求職者の数よりも求人数の方が多いのです。仕事を選ばなければ基本的に職が見つかるでしょう。

とは言っても職を選ばない人はあまりいないでしょう。おすすめの業種としては、金融業界や運輸になります。製造業は上流工程の場合特殊な勉強をしている必要があるので、スキルが特にない場合は金融系や運輸系なら平均収入の水準が高く、大阪で求人が多いです。

大阪のリクルートエージェントの求人数

大阪のリクルートエージェントの求人数は、公開求人3,505件、非公開求人 28,233(2019/03/06現在)となっています。非公開求人が多いですが、この求人数の多さはさすがリクルートエージェントといった印象です。他の大手転職エージェントサイトをリサーチしても、ここまで求人数の多いサイトはわずかです。

次に業種、職種ごとの求人数は以下のようになっています。

    業種別求人数

  • 人材業界 公開求人数1,183件 非公開求人数3,983件
  • コンサルティング業界 公開求人数 798件 非公開求人数2,473件
  • 小売、サービス業 公開求人528件 非公開求人2,809件
  • web、インターネット 公開求人数419件 非公開求人数1,657件
  • 医療、医薬業界 公開求人数364件 非公開求人数1,539件
  • 機械、電気 公開求人数247件 非公開求人数3,626件
  • 不動産、建設業界 公開求人数230件 非公開求人数3,034件
  • マスコミ、広告業界 公開求人150件 非公開求人706件
  • インフラ、官公庁 公開求人数134件 非公開求人数1,045件
  • 商社 公開求人110件 非公開求人数956件
  • 旅行、エンタメ業界 公開求人数89件 非公開求人数597件
    職種別求人数

  • 営業、販売、サービス 公開求人数1,959件 非公開求人数5,228件
  • SE、ITエンジニア 公開求人数1,007件 非公開求人数5,223件
  • コンサルタント 公開求人数546件 非公開求人数1,653件
  • 建設、土木、設備 公開求人数99件 非公開求人数2,296件
  • 物流、購買、貿易、店舗開発 公開求人数76件 非公開求人数433件
  • 企画、マーケティング、経営 公開求人数72件 非公開求人数598件
  • 管理、事務職 公開求人数54件 非公開求人数1,068件

業界別、職種別の求人数は以上のようになります。営業やIT職が多いことはもちろん、取り立てて挙げるべきポイントとしてはコンサル職が多いことでしょう。コンサルタントは高収入の傾向にあるので、リクルートエージェントでは高い年収を狙うことも可能です。いずれにしても求人数が多く幅広い需要を満たしています。

リクルートエージェント大阪(梅田)の口コミ・評判

上記の求人数からもわかる通り、大阪で転職をするならリクルートエージェントは利用価値が高いでしょう。求人数的にもそのことは明白なのですが、さらに確証を深めるために実際に大阪(梅田)のリクルートエージェントを使った人の口コミを見てみましょう。

総合満足度:4.5
有効口コミ件数:5
求人量・サポート力・エージェントの質ともに満足です

求人が多いことはもちろんのこと、提案力、サポートの手厚さ、といった点でも魅力を感じました。梅田のキャリアアドバイザーは優秀で、私の立場に寄り添ってサポートしていただけたと思います。また面接対策も充実しており、実戦形式で模擬面接を行いました。その結果本番では緊張もせず、必要な情報をすべて伝えることができたかと思います。

要望をしっかり伝えておくことが大事

希望通りの求人を紹介してもらえました。あらかじめこちらの要望をしっかりと伝えておけば、それとずれた求人を紹介されることはまずないかと思います。しかし、ネット上の口コミでは希望と異なる求人を紹介された書き込みも見つかりました。もしかすると、担当するエージェントによっても満足度が変わってくるのかもしれません。私の場合は運が良かったですね。

求人の質はいいのに、電話営業がしつこい

電話での営業がかなりしつこかったです。特に私は他のエージェントも使用していることを伝えていたので、「ぜひ転職はリクルートエージェントで」といった感じの営業がきつかったです。結局は他のエージェントサイトで転職したのですが、紹介された求人自体は悪くなかったと思います。

希望条件を高め設定しすぎると求人紹介があまり貰えなくなる

リクルートエージェントは会員数が多いため、市場価値の低い人には冷たいように感じました。実際私は自分でそれほど市場価値は高くないと思っていますが、希望する条件はそれなりに高めに設定しました。その結果、「希望に合った条件の求人を探してみる」と言ったっきりなかなか連絡がありませんでした。連絡があっても微妙な求人ばかりで、納得のいく形とは言えない状況です。会員数が多い分、市場価値の低い転職希望者には適当な求人を紹介してあしらう、といったイメージがあります。

リクルートエージェントは面談から親身な対応でした

リクルートエージェント大阪支店で面談を受けました。阪急梅田駅から近く綺麗なオフィスでした。担当してくれたエージェントさんは知識も豊富で、面接の受け方などの指導も的確でした。いくつかエントリーした中で、一番最後にエントリーした企業で無事転職が決まりました。決まるまで諦めずに済んだのはエージェントさんがアドバイスを続けてくれたお陰だと思います。感謝しています。

リクルートエージェントの口コミや評判は基本的には良いのですが、なかには悪い口コミもあるようです。特に大阪の人は商売人気質で営業トークがきつめのようです。おそらく内部でもノルマがあるので、ノルマ達成に対して躍起になってしまっている面もあるのでしょう。

ただし、もちろんエージェントによるところや相性もありますので、話す中で会わないと感じたのなら別の担当者に変更してもらうことも考えてみても良いでしょう。求人自体は優良なので、うまく使えば転職成功率がアップするでしょう。

大阪での転職にリクルートエージェントは使える

大阪(梅田)の転職でリクルートエージェントは求人数が多く、エージェントも積極的に後押ししてくれるため「転職活動に力を入れたい」「なるべく早く転職先を決めたい」方にとっては頼りになる存在なのではないでしょうか。

リクルートエージェントに面談に行く際は、下記記事を読んで対策しておきましょう。

↓実際にリクルートエージェントでの面談を受けてきた方の面談内容はこちら↓

(※1 出典:リクルートエージェント大阪支社/リクルートエージェント
(※2 参照:地域経済分析/経済産業省
(※3 参照:地域経済分析/経済産業省


RECOMMEND

関連記事