最終更新日:

20代が転職活動に疲れたと感じた時の3つの対処法!スムーズに転職する方法とは

20代が転職活動に疲れたと感じた時の3つの対処法!スムーズに転職する方法とは

「転職がなかなか決まらない…」
「長期間の転職活動にもう疲れた…」

20代で転職活動を長期間しているものの、内定が全然もらえず転職活動そのものに疲れていませんか

特に、転職経験の浅い20代は、思っている以上に転職活動がうまくいかない場合も多いでしょう。

転職活動で「疲れた」と感じたことはあるかどうか

大手転職・求人サイト「リクナビNEXT」が行った調査によると、4人中3人が転職活動に疲れた経験があるのが分かりました。

参考:転職活動、どんなときに疲れた?やる気が出ない時の進め方をプロがアドバイス|リクナビNEXT

つまり、20代を含めほとんどの転職経験者が、転職活動に疲れを感じています。では、転職活動に疲れた時はどうすればいいのか。

そこで今回は、転職活動に疲れを感じている20代へ向けて、転職活動に疲れる原因とその対処法、そして疲れを感じた時の注意点まで紹介していきます。

20代は転職活動に疲れを感じやすい

20代は転職活動に疲れを感じやすい傾向にあり、その理由は以下2点です。

  • 情報収集をしない
  • 不採用を重く考えてしまう

特に転職が初めての人は情報量が少ないため、思った以上に転職活動がうまくいかない場合はよくあります。

たとえば、現在は転職エージェントや転職サイトが普及しているのにも関わらず、そのことを知らない人はハローワークや求人誌などで求人を探すでしょう。

また、転職初心者は特に不採用を重く考えやすく、精神的なダメージが大きいです。

このことから、20代は転職活動に疲れを感じやすいと考えられます。

全国の優良求人を見つけるなら転職エージェントや転職サイトの利用が効率的。さらに、転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーが転職サポートをしてくれるため、ハローワークよりも転職が成功する確率は上がります。

転職活動で疲れるのは長期化が原因

転職活動で疲れる根本的な原因は、転職活動の長期化です。どこの企業からも採用がもらえず、転職活動が長引いて自信を失い、精神的にも肉体的にも疲労してしまいます。

転職活動による疲労を防ぐためには、短期的に終わらせるのが重要。

内定が一度に出やすくなるようにスケジュールを調整したり、面接の日程を詰めこむなど、精神的・肉体的な負担を受ける期間を短くするのがコツです。

転職活動で疲れたと感じる場合は、転職活動を短期的に終わらせる努力をしましょう。

20代で転職活動に疲れを感じた時の対処法

転職活動に疲れた時の対処法

転職活動に疲れたと感じた時は、以下3つの対処法があります。

  • 数日転職活動を休む
  • 転職以外の道も考える
  • 転職エージェントを利用する

ここからは、それぞれの対処法についてくわしく解説していきます。

数日転職活動を休む

転職活動に疲れたら、一度転職活動を休んで、改めて転職の目的を再確認し、計画を立て直しましょう。

転職先が決まらないのには何か原因があるはずで、そのまま同じように転職活動を繰り返しても結果は変わりません

一旦休憩して考え直し、自分の転職活動のどこに問題があるのか、またこれからどのように転職活動を進めていくのか計画を立て直すのが大切です。

ただし、計画立てのために1週間以上休み続けるのはあまりオススメできません。転職活動が長期化し、逆効果につながるからです。

転職活動中の休憩は2〜3日ほどにし、短期的に転職活動を行いましょう。

転職エージェントを利用する

現在、ハローワークや求人誌、あるいは転職・求人サイトなどを利用して転職活動をしている人は、特に転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーが利用者に求人を紹介したり、面接対策や書類の添削をしたりなど、直接転職支援を行うサービス。

一般公開されている求人のほか、紹介でのみ見つかる優良な非公開求人も多数取り扱っている上に、無料で利用できる強みがあります。

一人で転職活動するよりも、プロの力を借りながら二人三脚で転職活動を進められるため、その他の転職支援サービスよりも転職に成功する可能性が非常に高いです。

まだ転職エージェントを利用したことはない人は、一度登録・利用してみましょう。

転職以外の道も考える

転職活動に疲れたら、転職以外の道も考えましょう。

特に、今の仕事で精神的に追い詰められている人は、転職先が決まるのを待たずに、とりあえず今の仕事から逃げるのも選択肢の一つ。

極端にいえば、一度無職状態になるのもありです。

無職期間の生活費は、退職金や失業手当でまかなったり、またアルバイトや派遣で転職活動中の生活費をまかなったりできます。

また、「無職期間は経歴に残るから転職に影響する」と考える人は多いでしょうが、20代は人材価値が高いため、少しの期間であれば大きな影響はありません。

「転職先が決まらなければ退職できない」「早く転職しなくちゃ」などの考え方に固執をせず、「転職はあくまでも選択肢の一つ」だと柔軟な考え方を持つのが大切です。

ただし、無職期間を設けたのなら、採用担当者が納得できるような理由を用意しておく必要があります。

20代の転職活動で疲れを感じた時の注意点

転職活動で疲れた時の注意点

転職活動で疲れを感じたら以下2点に注意しなければいけません。

  • 雑な転職活動はしない
  • 自分を責めない

ここからは、それぞれの注意点について深掘りして解説していきます。

雑な転職活動はしない

転職先が決まらないからと、雑な転職活動をしないように心がけてください。目的や目標を持たずに会社を選び、内定を獲得してもあとで後悔する場合があります

転職後すぐに「本当にこれで良かったのか?」と考え始め、また転職活動をする可能性は高まるでしょう。

一向に内定がもらえず「もう転職できればどこでもいいや」などと、投げやりな気持ちが出てきたら危険信号です。

今一度転職について目的や目標を決めて、転職活動しましょう。

自分を責めない

転職先が決まらなくても自分を責めてはいけません。

どこからも内定が得られないと、自分が誰にも必要とされていないような、周りから否定された気持ちになります。

すると、どんどん自信をなくし、自分を責めてしまうかもしれません。しかし自分を責めても、自己評価が低くなり企業からの好感度が下がりやすくなるので、転職活動は良い方向に進みません。

そのため、転職先が決まらなくてもできるだけプラスに考えるのが大切です。

「この会社は合わなかったんだ」「もっと自分が輝ける会社に今後出会えるはず」と、前向きに考えれば、自己評価を下げることなく、いつか優良企業に就職できるでしょう。

もちろんプラスに考える”だけ”では理想と現実のギャップに悩まされます。上手くいかなかった場合は次に備えて対策をしましょう。

20代の転職活動は難しくない

転職において「資格やスキルがないから転職が難しい」「新卒ですぐに辞めたら転職が難しい」と考え、転職を諦めている20代は多いでしょう。

しかしながら、20代の転職活動は決して難しくはありません。

転職市場において20代は人材価値が高いため、未経験の業種でも採用してくれる企業は多数存在します。

若い人材はこれから育てる価値があり、企業としても柔軟でパワフルに働ける人材を必要としているのです。

企業が20代に求めるものはスキルではなく、コミュニケーション能力や仕事への意欲。転職が決まらないのはきっと何か問題があるはずです。

コミュニケーション能力や仕事への意気込みなど、企業が20代に求めている能力を求人ごとに見極め、相手のニーズに応えられるアピールをしましょう。

20代が正社員になる転職活動法はいくつかある

初めから正社員として採用されるだけが転職活動ではありません。

最初に入社した時は非正規雇用でも、あとから正社員に昇進する方法もあります。

    正社員へ転職する方法例

  • 契約社員から正社員へ
  • 派遣社員から正社員へ
  • アルバイトから正社員へなど

派遣社員には「紹介予定派遣」と呼ばれる、正社員登用を前提として雇う派遣があります。

未経験の業界で初めから正社員になるハードルが高ければ、非正規雇用から正社員を目指すのも手段の一つ。

ただし、正社員になれる保証がない点に注意しなければいけません。

正社員登用を前提として非正規雇用で働き始める場合は、あらかじめ企業へ念押ししておきましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事