最終更新日:

人事担当者が明かす!20代スキルなしでも転職で不利にならないコツ

人事担当者が明かす!20代スキルなしでも転職で不利にならないコツ

「入社して3年が経つけど全然給料が上がらない」
「スキルなしだけど20代のうちに転職しようかな」

20代の会社員の中には、給料や仕事内容に対して不満を持っている人も多いのではないでしょうか。

20代の転職に関しては以下のようなことが分かっています。

  • 20代ならスキルなしでもポテンシャルやコミュニケーション能力の高さで採用される
  • 30代になると苦戦することもある
  • 20代スキルなし転職者におすすめの転職エージェントがある

人材コンサル会社にて人事担当として年間500人の採用に関わってきた私がスキルなしでも今より良い会社に転職する方法について解説します。

スキルがあれば転職が有利になる?

転職では採用選考でスキル・経験・人柄などが審査されます。特に転職者が意識するのが、スキルなのではないでしょうか。スキルがないと採用してもらえないと思っている人も少なくありません。

ただし、20代の転職であればスキルがなくてもポテンシャルやコミュニケーション能力の高さ、期待値などを考慮して採用される可能性は大いにあります。

判断材料の一つに過ぎないのでスキルなしでも大丈夫

採用選考時のアピールとして「前職でのスキルや経験があります」と答える人がいます。しかし、具体的にどのようなスキルや経験なのか尋ねるとはっきり答えられず情報が整理されていない様子が伺えます。

このようなタイプの転職者は同業種に転職するにあたってスキルや経験に頼ってしまっているといえるでしょう。

実際のところは、異なる会社で異なる業務を遂行するのですから柔軟に適応できる対応力やタフさなどが求められます。

スキルや経験は武器にはなりますが、採用する上での判断材料の一つにしか過ぎません。とりわけ20代においてはスキルや経験の有無のみで採用可否を決めることは少なく、スキルなしでも採用選考をパスすることは大いに考えられます。

20代での転職は有利になる?

人材業界内では当たり前のように『転職するなら20代のうちに』というのを推奨しています。人材コンサル会社に長年勤めている敏腕コンサルタントも転職エージェントで働くキャリアコーディネーターも20代での転職の方がしやすいと当然のように言います。

あなたが20代なら今がチャンスだと思いましょう。私は人事担当者としてスキルなしでも内定をもらった転職者を多く見てきました。若さは大きな武器になります。

30代での転職は苦労することが多い

30代の転職では苦労することがいくつかあり、20代の転職の方が有利だと感じるケースがあります。

例えば、30代のスキルなし人材が転職すると三つの壁に阻まれます。

  1. 書類審査が通りにくくなる
  2. 面接で年齢について触れられる
  3. 一から育ててもらう受け身の姿勢はNGになる

いまやタブーになっていますが、実際のところは30代の女性だと結婚や出産を機にすぐに退職するのではないかと懸念して採用を控える人事担当者もいます。

また、20代後半で活躍してリーダーになっている現職社員が働きやすいように、年上の部下の採用に躊躇するケースもあります。

あまり公にはできませんが、人事担当者と転職エージェントの間では30代以上の転職は難しいこともある旨の会話が交わされていることも多いです。

スキルや経験が浅い30代の転職は苦労することが多いでしょう。特に30代になるまで正社員として働いた経験がないと、転職するのが大変な傾向があります。

とはいえ、30代の全ての人が転職できないわけではありません。できるだけ20代のうちに転職するチャンスがあるなら頑張ってみる価値があるということです。

より理想に近い職場で働くために早めの行動がおすすめです。

年齢制限に引っかかることが少ない

また、20代のみを希望している会社も多いため、年齢でソートをかけて仕事紹介の順番を決めることもあります。

その他、最終学歴でもソートをかけられることがあり、スキルや経験といった自己PRはその後に目を通されることになります。

その方法をとった方が効率良く人事担当者の希望に沿った人材を紹介できると考えられています。少し不条理のようにも思えますが、人材業界内では実際行われていることです。

つまり、20代であればスキルなしでも優先的に仕事を紹介されて少し優位になるでしょう。機会はいくつかもらえるので逃さないようにしたいところです。

20代なら年齢ソートで省かれづらく、スキルなしでも他の年代と比べ優位になる。

未経験可の仕事に挑戦できるチャンスが多い

20代であれば未経験の仕事に挑戦できるチャンスが多い傾向があります。『30代よりは20代』『20代後半よりは20代前半』と、年齢が若ければ若いほどポテンシャル採用の可能性が高く未経験でも転職先の選択肢は広いでしょう。

また、多くのチャンスを掴んでスムーズに転職先を見つけるなら転職エージェントが有効なサービスだといえます。

転職エージェントは転職者を紹介して欲しい会社から料金を受け取るので、転職者が負担する費用はありません。

特定の転職エージェントしか持っていない「未経験者でもOKとしている会社」の情報を得られるチャンスでもあります。

もし、転職エージェントのキャリアコーディネーターと合わなければすぐに辞めることもできるので登録しない理由がありません。

20代ならスキルがなくても転職できる三つの理由

スキルがないなら20代の転職が推奨される理由として三つ挙げられます。

  1. ポテンシャルとコミュニケーション能力が重要視される
  2. これからスキルを身につけられるという期待感がある
  3. 転職エージェントを利用すれば成功のコツが分かる

人事担当者や配属予定の部課長などは、求職者の潜在的能力を見抜こうと思っています。入社して3年ほどでしたら、経験があるからといってさほどスキルが身についていないことも考えられるのでそこまで重要視していない採用担当者もいます。

そのため、スキルがなかったとしてもポテンシャルやコミュニケーション能力が高くて期待が持てる人材が採用されるのです。

また、転職エージェントを活用すれば書類選考の添削や面接対策をしてくれるだけではなく、過去に採用された人材の傾向や面接で質問されることなどを教えてもらえます。書籍やネットには書かれていないリアリティある率直な意見を聞くことができるでしょう。

多くの転職者を紹介してきた転職のプロのアドバイスですので、参考にしてみると良いでしょう。

転職エージェントの利用は、転職に不慣れな20代なら特に参考になるでしょう◎

20代スキルなし転職者におすすめの転職エージェント

それでは、20代スキルなし転職者におすすめの転職エージェントを三つ紹介します。転職エージェント会社は増加傾向にありますが、その中でも特色を持った優良転職エージェントをお伝えします。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです。ITとメーカーに強みを持っているのですが、総合型ですので転職希望先が漠然としている転職者におすすめです。
職種別でいうと、IT系・機械や電気系・営業が多い傾向があります。大手ですのでそもそもの求人数が多いのも魅力です。

>>マイナビエージェント詳細はコチラ

マイナビジョブズ20‘s


マイナビジョブ20's

「マイナビジョブズ20‘s」は株式会社マイナビが運営する20代専門の転職エージェントです。20代・第二新卒・既卒向けですので、スキルなしでも受け入れ体制は整っています。全求人が20代対象というのがおすすめポイントで、特に20代の第二新卒の転職に強みを持っています。

>>マイナビジョブ20’s詳細はコチラ

「マイナビエージェント」と「マイナビジョブズ20‘s」の違いについてですが、「マイナビエージェント」は20代後半~40代メインでITとメーカーへのキャリアアップ転職を考えている転職者との相性が良いです。

一方、「マイナビジョブズ20‘s」は20代の第二新卒メインで未経験職種への初めての転職を考えている転職者向けです。

ハタラクティブ


ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの就職サポート会社です。内定率は80.4%という高さを誇っています。ただし、カウンセリングを行っている支店は首都圏および都市部と限定的ですので、住んでいる近くにあるか確認してみると良いでしょう。

カウンセリングを受けられる支店は首都圏や都市部と限定的なので注意。

>>ハタラクティブ詳細はコチラ

まとめ

スキルや経験は武器になりますが、採用する上での判断材料の一つにしか過ぎません。20代ならスキルなしでも転職することはできます。ただし、30代になると障壁が出てくる場合もあるので早めに人生プランを立てることをおすすめします。

転職に成功するためのコツは転職エージェントを利用することです。転職者は無料で利用できるのでまずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。


RECOMMEND

関連記事