最終更新日:

20代が持つべき転職の考え方とは?転職を成功させるための方法を解説

20代が持つべき転職の考え方とは?転職を成功させるための方法を解説

「20代で転職はするべき?やめるべき?」
「20代はどんな考え方を持って転職しているのか知りたい」

20代で転職の考え方について気になっていませんか?転職経験の浅い20代なら、転職について不安になってしまうでしょう。

結論からいえば、20代であっても問題解決が図れるなら転職をためらう必要はありません

20代は転職市場において人材価値が高く転職先が見つかりやすい上に、転職によるデメリットが少ないからです。

では、具体的に20代はどのような考え方を持って転職をするべきなのか。

そこで今回は、現在転職を考えている20代に向けて、一般的な転職の考え方から転職時の注意点、そして転職に成功するための方法まで紹介していきます。

20代のの持つ転職に対する考え方

    20代の持つ転職に対する考え方

  • 転職が必ずしも成功するとは限らない
  • 自分には転職を有利にする強みがない
  • 転職しても、また転職を繰り返すかもしれない
  • 転職先でパワハラに遭うかもしれない

転職は今までの生活を大きく変えるイベントのため、新しい仕事に就いても働き続けられるか悩んでしまうものです。

不安はなくても「未経験の職種には就けないだろう」「3年未満で転職するのは社会不適合者だ」などと転職についてネガティブに考える人はいるでしょう。一方で、転職を前向きにとらえられる人もいます。

転職をポジティブに考えられるかネガティブに考えてしまうのかは、転職理由や転職に関する知識量によって変わるのです。

以下では、20代の転職理由と転職の知識に関して、前向きに捉える考え方について紹介していきます。

転職を意識しはじめた理由

なぜ転職しようと思い始めたのか考えてみましょう。

20代で転職を考えるのは、今の職場や仕事に問題があるケースがほとんどです。

マイナビワークスが運営する第二新卒向け転職支援サービス「マイナビジョブ20’s」によれば、20代で転職を考える人は、今の仕事に対して以下のような悩みを抱えているといいます。

20代が転職を考えるきっかけ
仕事がつらい、おもしろくない 就職した時と仕事のイメージが違う
休みが取れず、プライベートの時間が取れない 今の仕事を続ける自分の将来が見えない
自分にスキルがついていないような気がする 会社に将来性を感じなくなってきた
人間関係がうまくいかない 同年代と比べて年収が低い

参考:20代の転職を考える|マイナビジョブ20’s

現在の職場に何かしらの不満や悩みを抱え、現状を変えたい思いで転職を考える20代が多く、スキルアップやキャリア形成のために転職する20代は少数派です。

そしてこの中で、転職に対してネガティブな人は、転職が問題解決になるかわからない点に不安を抱いている場合が多いです。

例えば、仕事がキツかったりして転職したいって考えてるけど、「どうせ転職しても何も変わらないわ」って思いこんでる場合ね。

もちろん、転職で必ず問題解決するとは限りませんが、行動しなければ問題を抱えたまま。

そのため、今一度転職をする理由を明確にして、転職で問題解決する可能性が少しでもあるならば、勇気を持って行動すべきです。

転職を繰り返せば徐々に転職できなくなる?

転職を繰り返せば経歴に傷がつくと考え、転職をためらっている人は多いでしょう。しかし、結論をいえば自由に転職できるのは20代のうちだけ。

20代は若さゆえの高い人材価値があるため第二新卒の枠が設けられているので、未経験の業種でも転職しやすいのが特徴です。

一方で、30代ともなればスキルや経験値、仕事の実績が評価の対象。

確かに転職回数が4〜5回を超えるなど、仕事を転々としている人は転職が不利になりますが、それでも20代の方が転職チャンスは豊富です。

スキルや経験がなくても、熱意や堅実性、コミュニケーション能力があれば採用してくれる企業は多数あります。

そのため、「転職の繰り返し=タブー」といった考え方を持つのではなく、まずは20代の転職を前向きに考え、転職への強い意志を持ちましょう。

悪い印象を持ってる経歴でも考え方によってはポジティブにできるの。転職回数が多いのは経験が豊富って考えられるわ★

20代の転職はチャンスが多い

20代の転職はチャンスが豊富です。

高齢化する日本社会において、企業は若くて活気溢れる人材を必要としており、以下のようなメリットがあります。

    20代のメリット

  • スキルよりもやる気や姿勢が重視される
  • 未経験の業種でも転職ができる
  • 20代前半なら第二新卒のチャンスがある

企業側は20代に高い能力を求めていないため、スキルをあまり重要視しません。

採用担当者はそれよりも、自社で働き続けられるのか、どんな志を持っているのかなど、その人の人間性ややる気を主な基準にして採用の可否を決定します。

「スキルがないから」「まだ入社して1年目だから」といった考え方をする必要はありません。

20代は転職のチャンスが多いので積極的になりましょう。

「長続きしない」と思われるのがデメリット

20代の転職はチャンスやメリットばかりではありません。

入社して1年未満の転職や短期間に複数社を転々としている場合は、何かあればすぐに転職する人と思われる可能性が高いです。

企業ごとに採用基準は異なりますが、転職までの勤続期間が短かったり転職回数多い場合は選考を受ける上で不利に働きます。

考え方次第では「早いうちに見切りをつけて行動できた」とも取れるわ。デメリットとして受け取られない工夫を施すとメリットに様変わりするのよ★

20代が転職をするときの注意点

    20代が転職する際の注意点

  • 衝動的な転職は失敗する可能性が高い
  • 未経験業種への転職は下調べをする
  • 将来的なキャリアプランを描く

衝動的な転職は、転職先の企業を見極めるのに失敗する可能性があります。

転職は条件が一致した求人に記載されている情報だけでなく、企業の実態や、職場の雰囲気も慎重に確認する要素。

未経験業種は特に下調べが必要で、転職する前に業種の給与相場や福利厚生、スキルの有無などしっかり自分の中で理解して、その上で求人を選ぶ必要があります。

転職それ自体が目的になってしまっては後悔する羽目になるので、感情的に転職するのはやめましょう。

じゃあどんな転職の仕方がいいのかな?

20代の転職でもキャリアプランを描くのが大事なのよ★

「どんな仕事をするのか」「何歳までにどんな役職に就くのか」「どこに住んでいるのか」など、キャリアプランをあらかじめ作っておきましょう。

事前に計画が整っていれば必要な行動が明確になるので、衝動的な転職を避けられますし、転職成功につながりやすいです。

転職における20代の市場価値

転職市場において20代の人材価値は非常に高いです。なぜなら、20代は柔軟な考え方を持っており、きちんと教育すれば会社の戦力になるため。

とはいえ、一口に20代といえど細かい年齢によって求められるものが異なります。

20代の市場価値表
年齢層 市場価値
20代前半
(20~24歳)
仕事に対する意欲や姿勢が求められる
採用では仕事のこだわりや考え方を重視
第二新卒としての採用が可能
20代半ば
(23~27歳)
仕事に対する意欲・姿勢は20代前半同様に求められる
自分で行動できる能力があるか重視される
第二新卒の採用チャンスもある
20代後半
(26~29歳)
意欲や姿勢と併せて経験や能力も見られる
自分で行動できる能力とその結果が評価対象になる
未経験の業種もチャンスあり
ギリギリ若さを評価してもらえる

20代前半の転職の考え方

20代前半は基本的に専門的なスキルは求められませんが、仕事に対する意欲やコミュニケーション能力が求められます。

能力の高さではなく、会社に馴染みやすいかどうかや教育する価値があるかどうかを主に判断されるためです。

20代半ばの転職の考え方

20代半ばは専門スキルを求められないものの、社会人経験者として仕事をこなす能力も評価対象になります。

また、20代前半〜20代半ばは第二新卒の採用枠があるため、基本的に転職しやすいです。

第二新卒枠で採用してもらえるのは何でだろう?

社会人としてのマナーが備わってて、でも前の会社の考え方に染まってないから育てやすいって考えられるからよ★

20代後半の転職の考え方

20代後半は採用基準に占めるスキルや経験の比重が大きくなりますが、ギリギリ若さも評価対象となり転職のハードルは高くありません。

このように、基本的に20代は人材価値が高く、転職市場において必要とされているため、年齢に関わらず転職しやすいです。

企業によっては20代後半も第二新卒として採用される場合があるけど、能力が問われる場合の方が多いの。でも30代ほど求められないから安心してほしいわ★

20代が転職を成功させる方法

    20代が転職を成功されるための考え方

  1. 転職したい理由を明確にする
  2. キャリアプランを立てる
  3. 企業分析と自己分析を行う
  4. 仕事を続けながら転職活動をする
  5. 転職エージェントを利用する

まずは、転職したい理由を明確にして、キャリアプランを立てましょう。

たとえば「キャリアアップのためにIT系の仕事がしたい」と、具体的な転職理由があり、将来のキャリアプランを立てたら、そのために取るべき行動が明確になります。

そして、求人を選ぶ際は企業分析と自己分析を行えば、自分の属性に対してマッチしている企業を見つけられるのです。

転職活動をするときは今の会社で働きながらの方がいいわ。活動が長引いちゃっても経済面で心配しなくていいし、焦って転職すると後悔しやすいもの。

でも仕事をしながら転職活動なんて体力も時間もないんじゃないかな…。

だからこそ転職エージェントを使えばいいのよ。転職活動をほとんど代理でしてくれるから心強い味方になるわよ★

20代の転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントの中には20代専用のものがあるの。20代の市場や支援方法に秀でたサービスを提供してくれるから心強い味方になるわ☆彡

↓ スマホの方は横にスクロールできます ↓

20代におすすめ転職エージェント4選
転職サイト サポート 求人数
JAIC(ジェイック) 就職率81.1%を誇る
就職カレッジが無料で受講可能
取引企業数:71,000社
※求人数非公開
DYM就職 寄り添うサポートで就職率96%の実績有。
書類選考無しで企業面接に進める
優良企業数:2,000社超
※求人数非公開
就職Shop 最短3日での内定取得実績あり。
すべての求人に書類選考無しで企業面接に行ける
登録企業数:8,500社
※求人数非公開
第二新卒エージェントneo 1人当たり平均8時間の手厚いサポートが魅力。
内定者研修を実施するなど入社後も安心のケア付き
公開求人170件
※東京・大阪の求人を多く保有

※求人は全て2020/1/27調べ




20代は転職を選択肢の一つとして考えておく

転職は今の環境を大きく変えられる手段の一つです。

20代であっても様々な悩みがあるかもしれませんが、転職で解決できるなら積極的になってください

確かに転職をすると新しい職場でのトラブルが発生する可能性も拭いきれません。

とはいえ20代の転職は無限大の可能性に満ちています。何で転職したいのか、どんな働き方がしたいのか、将来どうなっていたいのかをじっくりと考え転職すれば成功確率が上がるでしょう。

転職は選択肢の一つとして考えておき、残留や独立など他の選択肢があることも考慮した上で、柔軟な思考で選択しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事