最終更新日:

転職エージェントは電話面談のみでもOK?転職が成功する電話面談活用法

転職エージェントは電話面談のみでもOK

「転職エージェントは電話面談のみでも使える?」「転職エージェントとの面談は電話の方が効率的?」

転職エージェントとの面談は直接でなければ熱意や意欲が伝わりづらいため、電話面談の利用を迷う求職者も少なくありません。

転職エージェントは電話面談のみでも利用可能、顔が見えない分しっかりとコミュニケーションを取れば、効率よく転職が成功します

本記事では転職エージェントとの電話面談の流れや電話面談のみのメリット・デメリット、転職エージェントと電話面談のみでも不利にしない方法まで詳しく解説していきましょう。

転職エージェントの電話面談をうまく活用して、効率的に転職成功させたい方は必見です。

転職エージェントで電話面談のみになるケース

転職エージェントを利用するには、初回にキャリアアドバイザーとの面談が必須です。

エージェントor求職者の都合によって電話面談になるケースがありますが、電話面談のみでもサポートは問題なく利用できます

転職エージェントと電話面談になるケースは下記の通りです。

  1. 転職エージェント側から提案される
  2. 求職者側から依頼する

転職エージェントから電話面談の提案

転職エージェントによっては、紹介できる求人はあっても支社がなく、キャリアアドバイザーがいない地域があります。

最寄りの支社が遠方の地域で直接の面談が難しい場合は、転職エージェントから電話面談を提案される可能性が高いです。

支社があるor支社から近い地域にも関わらずエージェント側から電話面談を提案されるなら、優先順位が低い人材だと判断されているかもしれません。

サポートを後回しにされる場合もあるので、自分のキャリアや年齢、年収がその転職エージェントのサポート対象か希望業界や職種が得意なエージェントかを確認しましょう。

転職しやすい医療・看護の分野や、人手不足で採用されやすい介護・薬剤師などは電話面談で効率化を図る場合も。

求職者から転職エージェントに電話面談を依頼

転職エージェントのオフィスが近くにあっても、在職中なら忙しくて時間が作れない・休みが取りづらい求職者も多いでしょう。

居住地が遠い求職者は面談場所までの交通費もかかります。

多忙・遠方で都合がつかない場合は、その旨を転職エージェントに伝えれば電話面談が可能。

転職エージェントのオフィスに出向く時間と手間が省けて効率的です。

転職エージェントとの電話面談の内容と流れ

転職エージェントとの電話面談は普通の面談と違いはあるのかな?顔が見れないから不安な人もいるよね…。

基本的に流れは一緒だけど、ちゃんと準備して臨まないとミスマッチが起こるわ。電話面談の流れと内容を詳しく見ていきましょ★

転職エージェントとの電話面談の流れ

転職エージェントによって多少の違いはありますが、電話面談の流れは対面での面談と同じように進んでいきます。

一般的に電話面談は30分~1時間程度です。

    <電話面談の流れ>

  1. 自己紹介・キャリアを伝える
  2. 転職理由・希望条件・希望業界、職種を伝える
  3. 転職活動の方針を決定する
  4. マッチする求人があれば紹介してもらう

転職エージェントとの電話面談の内容

転職エージェントとの電話面談は、お互いの自己紹介からスタートします。

自分のキャリアを伝える前に、転職エージェントの支援実績や得意な業界・職種を改めて確認しておくとミスマッチが防ぎやすいです。

転職の理由やきっかけを聞かれた後に、転職の希望条件を細かく伝えます。

★転職エージェントに伝える希望条件★
・転職時期
・年収
・福利厚生
・業界・職種
・会社の規模(大企業、中小企業、ベンチャー)
・身につけたいスキル

転職エージェントは求職者の希望条件に沿って求人を紹介してくれます。

電話面談だと顔を見て話せない分、希望条件の温度感が伝わりにくいため、事前に条件の優先順位を決めて絶対に譲れない条件・妥協できる条件を明確に伝えましょう

希望条件をすり合わせた後は、転職後に思い描いているキャリアプランを共有して今後の方針を固めていきます。

面談でのヒアリングの段階で求職者のキャリアや条件にマッチする求人があれば、その場での求人紹介も可能です。

転職エージェントと電話面談のみのメリット

転職エージェントとの電話面談は通常と内容は変わらないんだね。電話面談だからこそのメリットもあるのかな?

時間の融通が利くのと手軽に相性を見極められるのが対面での面談にはない大きなメリットよ♪

転職エージェントの電話面談なら融通が利く

転職エージェントとの電話面談は、対面での面談より時間に融通が利くのがメリットです。

夜遅い時間や休日に電話面談に対応できるキャリアアドバイザーもいるため、在職中の転職活動でも空いた時間に気軽に電話面談できます。

電話面談ならオフィスに訪問する往復費用や時間もかかりません。

転職希望の業界や職種が明確に定まっている求職者は担当者との齟齬が生まれにくいので、電話面談でもスピーディーで円滑な転職活動が可能です。

転職エージェントの電話面談で相性を見極められる

キャリアアドバイザーとの相性が良ければ、今後の転職活動がよりスムーズに進みます。

時間を割いて転職エージェントのオフィスまで出向いても、キャリアアドバイザーと相性が良いとは限りません。

電話面談ならオフィスに出向かずに、キャリアアドバイザーとの相性を家で手軽に見極められます

転職エージェントと電話面談のみのデメリット

転職エージェントとの電話面談は時間が節約できて効率的だね。これなら電話面談のみでも転職成功しそう!

確かに効率はいいけど、直接顔を突き合せないからこそのデメリットが電話面談にはあるわ。

転職エージェントの電話面談では伝わりづらい内容がある

転職エージェントと電話面談だと相手の顔が見えないため、声のトーンや話し方のみでしかお互いを判断できません。

希望を詳細まで伝えたつもりでも、担当者は求職者の思いとは違う意図を汲み取っていたり。

今後のキャリアプランを明確に伝えたつもりでも、担当者にはうまく伝わっていなかったり。

対面での面談と比べるとコミュニケーションが不足しやすく、食い違いや誤解でミスマッチが起こる可能性が高いです。

    電話面談では伝わりづらい内容

  1. 転職意欲や熱意
  2. 求職者の雰囲気や人柄
  3. 細かな希望条件
  4. 重視する条件・妥協できる条件の温度感

転職エージェントの電話面談で転職活動が停滞

転職エージェントと電話面談の場合は、履歴書や職務経歴書などの提出書類の添削が後日メールでのやりとりになります。

添削には数日時間を要しますが、大手転職エージェントほど多くの求職者を同時にサポートしているため、こちらから依頼しないと返信がないケースもあるようです。

フィードバックを待っている間は転職活動が停滞します。

転職エージェントと電話面談のみでも不利にしない方法

転職エージェントと電話面談のみとなる場合は、対面での面談よりも時間をかけて準備を整えましょう。

スムーズに電話面談が進むよう準備を万端にして臨めば、リスクは最小限に抑えられます。

転職エージェントの電話面談前にキャリアの棚卸し

これまでの経験やスキルをそのまま活かせる企業に転職を希望するなら、あなたのキャリアを詳細まで伝えなければマッチする求人を紹介してもらえません。

キャリアチェンジ希望でも、これまで培った知識やスキルを応用して活かせるケースも多いので、経歴を隅々まで伝えるのが得策です。

転職エージェントとの電話面談前に徹底的にキャリアの棚卸しをしておけば、電話面談でも伝え漏れやアピール不足の回避が可能

電話面談用にメモ書き程度の履歴書や職務経歴書を用意して、話す内容と照らし合わせながら進めるとスムーズです。

転職エージェントの電話面談前に詳細な希望条件を洗い出す

転職エージェントには転職に求める条件をできるだけ細部まで伝えると、より希望に近い求人を紹介されやすいです。

  • アットホームな職場がいい
  • 部署の人数が多すぎるのは嫌
  • 年収は最低でも500万円以上
  • 年間休日は120日以上はほしい
  • 残業は10時間以下が理想

電話面談の前に「これだけは譲れない条件」「多少は妥協できる条件」など転職に求める最低ラインを決めておくと、担当者と希望を擦り合わせやすいです。

転職エージェントの電話面談前に話す内容をリスト化

電話面談の時間は対面での面談よりも若干短く設定されています。

限られた時間内でより多くの情報を伝えより多くの情報を得られなければ、円滑な転職活動はできません。

転職エージェントに何を伝えたいのか、何を聞きたいのか、あらかじめ箇条書きにしてリスト化しておくと伝え漏れや聞き漏れを回避できるでしょう。

転職エージェントとの電話面談ではネガティブな話は避ける

転職エージェントとの電話面談は本心が伝わりづらい環境です。

退職や転職の理由は正直に伝えた方が無難ですが、ネガティブな内容ばかり話すのはNG。

あまりにもネガティブな求職者は転職してもすぐに辞めてしまうと懸念され、求人紹介されづらくなります。

例え転職理由がネガティブな内容でも、今後のキャリアアップやスキルアップのビジョンなどポジティブな話をメインに電話面談を進めると心象は悪くなりません。

電話面談のみでもサポートが手厚い転職エージェント

幅広い求人を取り扱う大手の転職エージェントは電話面談にも柔軟に対応してくれる場合が多いです。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントを選びましょう。

登録・利用はすべて無料です。

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントは電話面談のみでも転職が成功する

転職エージェントと電話面談のみだと、食い違いでのミスマッチや書類添削待ちでの転職活動の停滞などのデメリットも大きいです。

しかし、オフィスに出向かない分時間やお金の節約になり、効率よくスピーディーに転職できます。

転職エージェントの電話面談をうまく活用して納得のいく転職を成功させてくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事