最終更新日:

30代から役職を狙う!エグゼクティブ転職のメリット・デメリットと成功のカギ

何も肩書がない30代と役職の肩書がついた30代。同じ年代でも両者には収入や裁量等大きな差が生じます。若いうちから役職に就けるに越したことはないですが、転職したところで必ず役職に就けるとも限りません。30代は役職を狙う気持ちがありながらもなかなか身動きがとれない状況に陥りがちです。

今回は「30代でのエグゼクティブ転職」にスポットを当て、30代のうちにエグゼクティブ転職するメリット転職成功のためにすべきことをお伝えしていきます。特にこれから役職に就きたい方は必見です。

30代のエグゼクティブ転職事情

「エグゼクティブ」とは、企業で運営・管理などにあたる上級管理職を指します。そして「エグゼクティブ転職」とは、組織のリーダーや企業の幹部・重役に就くことが目的の転職活動です。最近ではキャリアカーバーJAC RecruitmentBIZREACHなど、エグゼクティブ求人に強い転職サイト・エージェントも増加しています。

30代でも30%以上が役職に就いている

日本労働組合総連合会によると30代でも30%以上の人が役職に就いています。およそ3人に1人が主任や課長などの肩書を持っているということですから、30代から役職を求めることは決して間違っていません。

出典:連合・賃金レポート2016/日本労働組合総連合会

終身雇用の時代が終わり、エグゼクティブ転職は活発に

少し前までは終身雇用が当たり前でしたが、今ではむしろ転職をしてより良い環境に身を置くことが当たり前です。団塊の世代の退職、少子高齢化の進行もあり、企業は慢性的な人材不足に陥っています。

今の転職市場で重宝されるのは、経験のある若手。ベンチャー企業の増加などもあり、30代のニーズは極めて高いです。今後もエグゼクティブ転職は益々活発となっていくでしょう。

企業側からしたら人手は欲しいけど、なかなか人材を確保出来ていないのが現状なんだね。今なら30代でも転職して役職に就ける可能性は高そう。

経験をしっかりと積んで、まだフレッシュさも残ってる。そんな子が自分の会社に大勢いたら心強いでしょ?これからは30代の時代って言っても過言じゃないわね♡30代から部長クラスだって決して夢じゃないのよ♪

ミドル層の転職者の約2割が転職先で課長クラス以上の管理職に就いているというデータもあります。こちらの記事も参考にしてください。

エグゼクティブ転職のメリットとデメリット

役職に就けたり条件や待遇が良くなる以外にも、エグゼクティブ転職の利点は多くあります。対して、それに伴うリスクも少なからず存在するため、事前の心構えが必要です。

確かなキャリアを培える

役職に就けばこれまでの給与に加えて役職手当がつきます。企業によって差は出るものの、役職に就くだけで収入が増えるのは非常に魅力的です。

また、仕事の裁量範囲が広がり、30代のうちから幅広い経験を積めることもメリットです。役職の有無で任される仕事のレベルも上がり、40代以降のキャリア形成にもプラスに働きます。

さらに、目に見えて肩書がつくことで職場からの信頼度が増し、何かと頼られやすい存在となるでしょう。名刺交換の際にも名刺に肩書が入っているとより信用を得やすいです。

信頼を積み重ねることにより高年齢層が退職した際、空いた役職ポストに入りやすい立ち位置にもなれます。30代からスピード昇格が現実になる可能性が高まります。

    エグゼクティブ転職のメリット

  • 役職手当がついて年収アップ
  • 裁量が広がり経験が積めてスキルアップ
  • 今後のキャリア形成にもプラス
  • 信頼と信用が得られる
  • 空いた役職ポストに入りやすい

期待と責任のプレッシャー

30代の若さで役職に就けば、当然責任が重くなります。自分のことだけじゃなくその仕事に関わる人全員を把握し管理しなければなりません。

しかも30代であれば自ずと年下だけではなく年上の管理も任され、職場の先輩や年長者から疎まれる可能性もあります。仕事のプレッシャーは役職なしの時とは比べ物にならないでしょう。

任せられる仕事が多くなると、企業からはその分の成果を期待されます。転職前と同じ成果を出せたとしても評価されないことも大いにあり得るため、より結果に拘らなければなりません。

    エグゼクティブ転職のデメリット

  • 責任が増す
  • 年上の管理も必要
  • より結果を求められる
  • これまでと同じ成果では評価されにくい

やっぱり良いことばかりってわけじゃないんだね…。役職で責任が重くなるのはなんとなくイメージできてたけど、それ以外のプレッシャーもあるのか。

確かに大変よ。人の上に立つっていうのはそういうことだもの。だからこそ、頑張れば見返りが大きいの☆多少のリスクはあっても魅力的な条件がいっぱいだから挑戦しがいがあるじゃない☆

役職なしからでも成功させるために

マネジメント能力と即戦力性でカバー

企業はエグゼクティブ転職にマネジメント能力を求めます。リーダーシップを発揮できて企業を引っ張っていける存在になり得るか、がポイントです。プロジェクトの進行管理や新人教育、後輩のサポートをしていたなど、30代まで働いてきた経験があれば何かしらのマネジメント能力は培われているはず。その点をしっかりアピールすれば役職に就いた経験がなくても必ず評価されます。

また、30代は何よりも即戦力性が重要視されるため、転職したい分野についての知識を深めスキルを磨くことは常に心掛けましょう。

企業全体の成長に関与、管理職の考えを知る

携わっている作業のマニュアル作成や、新規プロジェクトの立ち上げに関わった経験なども役職なしのカバーに効果的です。企業全体の成長に関与していたという点が企業にエグゼクティブとしてのポテンシャルを期待させ、採用視野に入ります。

今現在勤めている企業の管理職、リーダーポジションの方と積極的に話すことも大切です。その行動自体がエグゼクティブを目指す準備となり、管理職の視点を熟知していることは後に必ず生きてきます。

役職なしの30代でもエグゼクティブ転職は可能

30代で役職に就くってすごく大変だと思ってたけど、30代ならではのニーズと活かせる経験があるからむしろ積極的に挑戦するべきなんだ!

今企業が欲しているのはこれからの将来性に期待できる30代、そしてリーダーになってくれる能力!時代が30代を求めているのよ♡

役職なしでも成功のポイントを押さえれば決してハードルは高くないよね。30代はエグゼクティブ転職を検討しなきゃ絶対に損だよ。

常に人の上に立つ意識を持っておくの。そうすれば自然と自分の中からエグゼクティブへの強みが見えてくるし、転職に動くまでにも戦える武器が増えていくはず♪成功の道は必ず開かれるわ☆


RECOMMEND

関連記事