最終更新日:

介護職転職で最適な時期はいつ?転職時期を気にしなくても転職成功する秘訣

介護職転職で最適な時期はいつ?転職時期を気にしなくても転職成功する方法

「介護業界で転職しやすい時期ってある?」
「介護職で転職時期のねらい目は?」

どうせ転職するなら、好条件や迅速に転職できる時期に合わせて転職したいですよね。

介護業界にも求人が増えて転職しやすい時期はありますが、あくまで目安程度で、転職したいタイミングで転職するのが得策です。

今回は、介護業界で転職しやすい時期や介護職が時期に関わらず転職成功する方法、退職を伝えるタイミングなどをご紹介しましょう。

転職しやすい時期も参考しながら転職活動を進めたい介護職の方は必見です!

介護業界で転職しやすい時期はある?

介護業界の求人数は時期による大きな変動なない

介護労働安定センターの調査によると、人手不足を感じている事業所は65.3%で、依然として人手不足が深刻な問題となっています。

そのため、介護職求人は常に募集がある状態となっており、他の業界と比較すると好条件の求人も時期に関わらず通年で多いです。

今回は比較的「求人が多い時期」を転職しやすい時期として取り扱っていますが、あくまでも目安程度に捉えるようにしてください。

介護業界は自分が転職したいって考えたタイミングで転職しやすいから、転職活動がかなり進めやすい業界なの♪

介護施設が外部との接触が多くなる、お盆と年末年始は転職に不向きな時期です。

40代以上の未経験者でも介護業界なら時期に関わらず転職できる

介護業界は他業界と比べて幅広い年齢層の人が働いており、平均年齢も高くなっています

平成25年度の厚生労働省の調査によると、介護業界で働く人は、男性約4割・女性約7割が40代以上との結果になりました。

介護業界の男女別年齢構成※無回答もあるため、合計しても100%にはならない

介護業界は年齢不問の未経験歓迎求人も通年で多いため、年齢に関わらず未経験者でも転職時期を気にせず挑戦しやすくなっています。

介護業界で転職しやすい時期

介護職転職でおすすめの時期は1月・8月

介護職の求人が特に多くなる時期は、ボーナスを貰ってから退職する人の増加に伴う求人の増加がある1月と8月です。

1月・8月の状況とおすすめポイントは以下が挙げられます。

時期
1月 年末年始が終わって落ち着いている時期。入社後3ヶ月程度で新卒社員が入ってくるタイミングになる。
8月 お盆明けが8月で特にねらい目。入社が9月になると、秋入社の新卒と一緒に教育を受ける可能性もある。

どちらの時期にも共通しているのは、求人数が増えると共に教育体制に余裕がある点です。

退職者が出ると分かっている事業所は、事前に求人募集を始める場合もあり、7月・12月頃から求人が増加し始めます。

しかし、この時期は、求人数は増加するのに伴って転職希望者も増加するため、転職活動の準備や対策は十分に必要です。

転職活動の対策は転職支援サービスの利用がおすすめです。
詳しくはコチラ→

介護職経験者におすすめの時期は4月

介護職経験者なら、3月の年度末での退社に伴う求人の増加の時期である、3月・4月のタイミングもおすすめです。

普段求人募集しないような人気の施設事業所の求人も、この時期には応募が多くなります。

3月末退職者の欠員補充が目的のため、即戦力採用の求人が増えるタイミングなので、介護職経験者は3月・4月頃の求人も要チェックです。

ただ、4月は新卒社員の教育の時期のため、手厚い教育・サポートをして欲しいと考える人には不向きです。

介護職未経験者にはGW明けの5月も転職に最適な時期

介護職未経験から転職を考えている人は、5月のGW明けからの時期がおすすめです。

5月中旬以降は新卒社員の早期離職者の欠員補充で、未経験者採用枠が増加。

比較的転職希望者が少ない時期でもあるので、介護職未経験者が採用に繋がりやすい時期と言えるでしょう。

自分の経験値と転職したい時期を掛け合わせて考えてみて!一番お得に転職できるタイミングを狙いましょ♪

時期を気にない転職活動がおすすめなケース

特に転職しやすい時期を気にせず、自分のタイミングで転職活動を始めた方が良いケースもあります。

【転職時期を気にしないでいいケース】
・資格取得をした
・都心での転職を考えている
・心身に不調が出ている

介護業界では資格を取得すると、携われる仕事内容が大きく変わり給与も上がりやすいため、求人が多い時期に関わらず、すぐに転職活動を始めるのがおすすめです。

都心で転職を考えている人は、好条件求人の争奪戦になりやすいので、良い求人が見つかったら、時期などは考えずに応募してみましょう。

また、心身に不調が出ている人はまずはすぐに休養し、体調を考慮しながら転職活動を進めてください。

都心の求人は今日掲載してても、明日は締め切られてるってケースも珍しくないの!時期よりスピード感を意識しましょ★

退職を伝えるタイミングは?

退職の意志は2~3ヶ月前には伝える

法律上、退職の申し入れは最悪2週間前でも問題はありませんが、転職したい時期の2~3ヶ月前に伝えると円満退社しやすいです。

施設・事業所側も余裕を持って次の人員を手配できるので、引継ぎの時間も十分に確保でき、現場に負担をかけずに退職できます。

就業規則に退職の申し入れの期間を明示しているケースもあるので、一度確認してみましょう。

退職を申し出られないなら退職代行サービス

どうしても退職を伝えられない・今の人間関係問題があるなど、簡単に退職できない状況下の人は退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスを利用すれば、スムーズな退職が可能になります。

退職希望者に代わって会社との退職のやり取りをすべて代行してくれるのが「弁護士法人みやびの退職代行サービス」です。

【弁護士法人みやびの特徴】
即日円満退職できる
・弁護士による安心サービス
有給消化、残業代、退職金の請求&交渉可能
LINEで24時間相談OK
・会社とのやり取りは一切不要
・退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK

正社員を辞めたい場合のおすすめサービス「退職代行Jobs」公式サイト

上記以外のサービスであれば「退職代行Jobs」もおすすめです。

【退職代行Jobsの特徴】
・料金は全雇用形態29,800円(期間限定)
顧問弁護士監修の安心サービス
・退職届/業務引継書はテンプレで簡単作成
・24時間365日対応
・退職できなかった場合、全額返金

介護職が転職時期に関わらず転職成功する方法

介護職の転職を時期に関係なく成功させる方法ってあるのかしら?

在職中に転職活動を始める

やむ負えない理由がない限り、転職活動は在職中に始めましょう

在職中と退職後の転職活動、それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
在職中 離職期間がなく転職できる
収入の心配がない
時間がない
体力的にしんどい
退職後 転職活動に専念できる 離職期間ができる
転職先が決まらないと焦って転職してしまう

退職後の転職活動は、十分に求人を吟味できないまま転職先を決めてしまう恐れがあるので、求人が多い時期でも転職に失敗する可能性も。

在職中の転職活動のデメリットは転職エージェントの利用でカバーできます。

介護職転職に特化した転職エージェントを利用する

転職時期に左右されずに理想の転職を実現させるためには、介護職転職に特化している転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは求人紹介から入社完了まで、一連の転職活動を徹底サポートしてくれる存在です。

【転職エージェントの特徴】
適切な求人紹介・企業への推薦
・事前に選考企業の様子を教えてくれる
・介護業界に詳しいアドバイザーに相談可能
・書類添削/面談対策など無料でサポート
・企業との年収・待遇面の交渉で好条件になる
相談だけ・情報収集だけの利用もOK!

転職エージェントによって強みや特徴が異なるので、自分の状況や希望・スキルに合った転職エージェントを選びましょう。

介護業界特化型転職エージェント

きらケア かいご畑
転職エージェント
主なサポート対象 無資格・未経験
経験者も
幅広く対応
無資格・未経験の介護業界転職希望者
実績 幅広いニーズに対応可能 40代の転職成功実績あり
求人数 4万4000件
+非公開求人
1万件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート/アルバイト 正社員/派遣に強い
特徴 面接同行など抜群のサポート
無料資格支援制度あり
無料で資格取得を目指せるキャリアアップ応援制度がある
公式サイト
ミラクス介護 マイナビ介護職
転職エージェント
主なサポート対象 介護業界経験者
未経験者も可
介護業界経験者
実績 介護職がすすめる転職サイトNo.1 福祉・介護職専門 利用者満足度No.1
求人数 11万4000件 5万2000件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/パート 正社員/非常勤/パート
特徴 求人の5割が正社員求人
非公開求人は高年収が多い
介護求人の質が高い
転職活動を徹底的にサポート
公式サイト

介護職転職は時期にとらわれすぎずにまず行動

介護職では、転職しやすい時期にとらわれすぎない姿勢も大切です。

求人が多い時期は目安に過ぎないので、良いと思った求人があれば時期に関係なく転職活動を開始し、自分のタイミングで転職しましょう。

転職活動を始めたいと思ったら、まずは転職エージェントに登録・相談し、情報収集を始めると効率的です。

転職エージェントを上手に頼りながら、自分の理想の転職を実現させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事