最終更新日:

転職しまくる看護師は危険?転職ばかりのリスクと不利にしない転職術

転職しまくる看護師は危険?転職ばかりのリスクと不利にしない転職術

「転職しまくってるけどまた転職できるかな」
「もう転職ばかりしたくない、次は続けたい」

転職回数がネックになり人間関係や雰囲気など条件が合わないけど再転職に踏み出せない看護師は少なくありません。

転職ばかりしている看護師でも、転職の目的を明確にして転職回数の多さを強みにすれば希望通りの転職が可能です。

今回は、転職ばかりしている看護師のリスクと多いとされる転職回数の目安・転職回数を不利にしない転職術を解説。

1つの職場で長く働きたい・次こそは良い職場に出会いたい人は必見です。

看護師が転職しまくる転職時のリスク

転職市場で見ると看護師は転職しやすいですが、転職回数が極端に多い・数か月での転職が続いていると知識やスキルがあってもスムーズに転職できません

  1. 転職の難易度が上がる
  2. 知識/スキルが身につかない

転職の難易度が上がる

看護師は採用から教育まで多額のコストがかかるため、入職後すぐに退職すると採用側の損失が大きいです。

数か月や3年未満など短い期間で転職を繰り返している看護師は書類や面接でまたすぐに辞めないかをじっくりと判断され、転職の難易度が上がります。

専門知識/技術が身につかない

知識やスキルがつかないうちに転職を繰り返すと、専門知識・技術が身につきません。

新人や20代はポテンシャルや将来性を期待して採用されやすいですが、年齢を重ねていくたびに即戦力が期待されるため看護師を辞めざるを得なくなる人もいるようです。

看護師は未経験分野でも新卒ではないだけで入職直後から活躍を期待されます。

我慢できる程度ならその職場にとどまるのがベストでしょう。

【年代別】多いとされる転職回数

JILPTの調査では、看護師の平均勤続年数が8.7年の結果がでています。

看護のお仕事が調査した各年代転職回数では、下記の結果になりました。

0回 1回 2回 3回
以上
20~24歳 81% 15% 0% 4%
25~29歳 55% 29% 12% 4%
30~39歳 29% 21% 13% 36%
40~49歳 8% 12% 17% 62%
50~59歳 6% 12% 12% 70%

※1

20代看護師は転職2回でも不利になる

20代では転職未経験者が多く平均勤続年数が8年を超える点から、転職経験のある20代は長く続かないと懸念されます。

HOP!看護師ナビの調査では採用担当者・キャリアアドバイザーが「20代の転職は3回目までを基準にしている病院が多い」と回答。

転職回数が多い20代看護師は、転職回数の多さを踏まえ今後のやる気とキャリアプランを伝えマイナスイメージを回避しましょう。

20代看護師は転職回数が2回でも多いと判断される

30代~は転職回数より勤続年数重視

転職回数が多いとされる基準はあるものの、妊娠や出産・育児などライフステージの多い30代からは転職回数より勤続年数が重視されます。

■ 多い印象を持たれる転職回数の目安
・30代:6回以上
・40代/50代:8回以上

40代・50代の看護師転職では、年収・キャリアアップなど明確な目的の転職が少なくありません。

40代からは今までの経験や役職・人柄などが基準となり、転職回数が多いだけで採否は左右されなくなります。

■ 採用されやすい30代~看護師
・今後結婚や出産のライフイベントの予定がない
・転職回数や経験/スキルを踏まえて応募先や条件を変更する
・今までの看護師経験にこだわりすぎない/謙虚な態度で挑む

転職回数を不利にしない転職術

■ 転職回数を不利にしない転職術
・自己分析/転職の理由・目的を明確にする
・転職回数の多さを強みにする
・転職エージェントを利用する

自己分析/転職の理由・目的を明確にする

結婚や引っ越しなどに伴う転職回数の多さは、マイナスイメージにつながりません。

職場に合う・合わないは感情や希望条件が大きく関わるため、今まで辞めた理由や求める条件・何を目的とした転職なのかを明確にし転職回数ばかりを増やさないようにしましょう。

現在の経験やスキルが希望年収や条件に見合っていない点に気づかず、転職を繰り返す看護師もいます。

自身の適正年収がいくらかを把握し、転職時から入職後のギャップを減らすのが得策です。

■ 看護師におすすめ年収診断

マイナビ看護師適正年収診断
※1

マイナビ看護師の年収査定は、簡単な質問10問に答えるだけで現在のスキルや経験に適した年収を割り出してくれます。

希望年収と大きくかけ離れていないか、目標年収まであとどれくらいかを確認し転職活動に活かしましょう。

結果の適正年収はあくまでも目安です。はっきりとした市場価値を知りたいなら転職のプロである転職エージェントに相談しましょう。

転職回数の多さを強みにする

転職回数の多さは、裏を返せば多くの職場を経験したと強みに変換できます

様々な職場の経験と志望動機・今後どんな看護師になりたいかを関連付けると説得力が増し、スムーズな転職活動が可能です。

転職エージェントを利用する

看護師専門の転職エージェントは求人紹介から書類添削・面接対策など、転職回数を不利にしない転職術を伝授しながら看護師転職をトータルサポート。

転職エージェントは病院の内部情報を把握し惜しみなく提供してくれるため、紙面では知れない情報からも応募・入社承諾を判断できます。

看護師向けの転職セミナーを開催している転職エージェントもあるため、自信をもって転職活動に挑みたい人は利用してみましょう。

≫転職エージェントを利用するメリット
  1. 転職のプロにアドバイスをもらえる!
  2. 企業に精通しているので転職が有利!
  3. 独占求人や非公開求人の紹介も!
  4. 面接の失敗も担当のプッシュで挽回!
  5. 雇用のミスマッチが少ない!

転職サイト・エージェントを利用する注意点

転職サイト・エージェントでは看護師の転職活動を徹底的にサポートしてくれますが、まかせっきりは厳禁です。

納得できない・違うと感じたらしっかりと希望を伝え直したり遠慮なく断り、満足のいく転職にできるよう心がけましょう。

看護業界に特化した転職エージェント

マイナビ看護師 看護のお仕事
サイト
雇用形態
正社員
対象者
看護師資格保有者
実績 4年連続認知度No.1 友達に勧めたいサービスNo.1
看護
求人数
約5万件 約12万件
退職交渉
あり
施設訪問 現場職員から職場の状況をヒアリング 年間4,000回以上の訪問取材実績あり
業界への
強み
求人の質が高い
転職セミナー開催
業界最大級の求人数
高年収求人多数
LINEで求人確認可能
公式
サイト
ナースで
はたらこ
キララサポート看護
サイト
ナースではたらこ
キララサポート看護
雇用形態
正社員
対象者 正看護師資格保有者 20代~40代
正看護師資格保有者
対応地域 全国各地の医療情報を網羅 札幌市/埼玉/千葉/東京/神奈川/大阪/兵庫/福岡
実績 対応満足度No.1 利用満足度93%
看護
求人数
約9万件 約4千件
施設訪問 現場職員から職場状況をヒアリング
業界への
強み
キャリアアドバイザーが回答するお悩み相談掲示板開設 入職後サポート
ブランクありの看護師もOK
医療/福祉業界対応
公式
サイト

看護師が転職ばかりする理由

■ 看護師が転職ばかりする理由
・簡単に転職できる余裕な気持ちがある
・新しい職場に馴染めない
(人間関係/業務内容/環境)

看護師が転職ばかりする理由には、すぐに転職先が見つかる余裕な気持ちや人間関係・仕事内容への不満が多いです。

2021年看護師の有効求人倍率は全職業の平均1.09倍に対し、看護師を含む保健師・助産師等は2.15倍。
※参考:厚生労働省令和3年2月一般職業紹介状況

1人当たり2件以上の病院・医療施設が募集をかけていると言い換えられます。

転職を繰り返している看護師でも、比較的簡単に転職先が見つかるようです。

看護師が転職先を間違えたと感じる理由

看護師転職で失敗したと感じる理由
※1

看護師が転職を失敗と感じる理由は、「募集条件と契約が違う」1位、2位は「人間関係が悪い」と断トツ多い結果になりました。

転職先を間違えたと感じる時期は入職半年以内までが7割。

入職前から違和感を感じながらも入職した看護師が一定数いると分かります。

転職失敗と感じた時期
割合
入職前
8.16%
1週間以内
24.49%
1ヶ月以内
24.49%
半年以内
22.45%
1年未満
6.12%
1年以上
14.29%

※3

転職ばかりの看護師も対策すれば不利ではない

転職ばかりを繰り返している看護師でも、自己分析し繰り返す原因と転職の目的・次に求める条件を明確にすれば転職先のミスマッチを回避できます。

転職回数の多さを強みに変換し、前向きな志望動機を伝えるとマイナスイメージを払拭できるでしょう。

短期間に転職を繰り返している人は、また辞めるのではないかと懸念され転職のハードルが上がるのも事実です。

転職エージェントは扱う求人企業に精通し内部情報に詳しく面接同行サポートもあるため、転職を繰り返していても不利にならない転職活動が可能になります。

■ 看護師におすすめ転職エージェント
マイナビ看護師
看護のお仕事
ナースではたらこ
キララサポート看護


※1 参考:看護のお仕事 看護師は転職回数が多いってホント?|ナースの転職意識調査
※2 引用:マイナビ看護師 看護師のための年収診断
※3 参考:ナース専科 看護師の転職失敗理由1位は?
※4 参考:HOP!ナビ看護師 転職に失敗ばかりの看護師が間違いやすい10の実例談、5つの対策

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事