最終更新日:

看護師転職するか迷う?後悔しない転職方法と転職に踏み切れない理由

看護師転職するか迷う?後悔しない転職方法と転職に踏み切れない理由

「転職するか迷う」「転職したいけど後悔したくない」と考える看護師は多いです。

現状の不満や不安を整理したうえで転職の目的と条件を明確にすると問題を客観的に捉えられるため、転職への迷いも消え後悔しない転職ができます

本記事では、仕事を辞めたい看護師の割合と転職後に後悔した看護師の事例・後悔しない転職方法をご紹介。

現状維持か転職で迷っている・転職に失敗したくない看護師は必見です。

辞めるか転職するか迷いながら働く看護師の割合

2017年医労連の「看護師の労働調査」では、「仕事を辞めたい」と思いながら働いている看護師は74.9%。

辞めたい理由は、「人手不足」や「年収の低さ」「休暇が取れない」が多く見られました。

看護師が仕事を辞めたい理由

2019年に日本看護協会が調査した「2019病院看護実態調査」では、看護師の離職率が10.7%です。

辞めるか・転職するか迷いながらも働き続ける看護師は、6割以上いると分かります。

看護師が転職に踏み切れない理由

はたらきナースの「看護師を辞めたいのに辞められない理由」調査では、「給料が良い:38%」に続いて「転職先が決まらない・決まるか不安:24%」。

転職への悩みや不安を抱えている看護師も少なくありません。

看護師が仕事を辞めたいのに辞めない理由

※1

■ 辞めたいのに辞められないその他の理由
・転職活動をする時間がない
・人手不足で辞めたら迷惑が掛かる
・今転職すべきかわからない
・退職の意思を伝えたが引き留めに合っている

看護師が転職後に後悔した理由

ナース専科が「看護師が転職して後悔した理由」を調査した結果、「募集条件と契約が違う」が断トツで多く「人間関係が悪い」が2位でした。

看護師転職で失敗したと感じる理由
※2

看護師が転職後に後悔した時期

HOPナビ看護師が調査した「転職に後悔したと感じた時期」では、入職後半年以内までが7割を占めています。

転職失敗と感じた時期
割合
入職前
8.16%
1週間以内
24.49%
1ヶ月以内
24.49%
半年以内
22.45%
1年未満
6.12%
1年以上
14.29%

入職前から感じる後悔は、条件交渉や内定辞退で対処可能

後悔したと感じたまま入職すると、モチベーションが続かない・何度も転職を繰り返す原因にもなるため入職前に違うと感じたら早めに断るのが得策です。

転職時に得られる情報は不足している

QLIFEの看護師転職調査では、転職時に得られる情報が不足していると9割が感じています。

看護師転職では知りたい情報が不足している
※3

転職後の後悔は、事前に内部情報や職場の雰囲気を知れない事実が原因と言えるでしょう。

看護師が後悔しない転職方法

転職先が決まらない・決まるかが不安、転職後に後悔したくない看護師は転職方法の見直しが必要です。

■ 後悔しない転職方法
・今転職すべきか改めて考える
・自己分析をする
・転職の目的/条件を明確にする
・様々な方向から情報収集する
・職場見学に行く
・転職エージェントを利用する

今転職すべきか改めて考える

エン・ジャパンが転職コンサルタントに行った「転職相談をした人で今の仕事にとどまるべき人の割合」アンケートでは、3割以上と回答したコンサルタントが最多でした。

転職相談に来た3割以上の人は転職しない方がいい人
※4

経験・スキル不足での転職や突発的な転職活動では、入職できたとしても後悔する看護師が少なくありません。

現職への不満やなぜ転職したいのかを書き出して可視化すると、問題を客観的に捉えられ転職するかの迷いを解決する近道になります。

転職活動を始める前に、本当に転職すべきかを改めて考えましょう。

■ 転職すべき人
・やりたい仕事や業務/目標が明確
・現在の職場では今後のキャリアに影響がある
・適正年収より年収が低い
・転職しなければ解決できない問題がある
・現在の職場で働き続けると健康上の問題がある
■ 現職に留まるべき人
・一時的な感情で転職する
・自己分析ができていない
・漠然と年収の高さや知名度の高い病院への入職を希望する
・客観的に自身を見ず憧れのみで転職を考える
・長期的なプラン設計ができていない

自己分析をする・転職の目的/条件を明確にする

転職の目的や条件を明確にすると、職場に何を求めているのかが分かり転職するかの判断材料にもなります。

入職先が見つかるか不安で転職を悩んでいる看護師は、現時点でのスキルや経験・看護師の適性などを書き出し自己分析をしましょう。

アピールポイントが見つかると共に希望条件や応募できる求人が絞れ、後悔しない転職が可能です。

■ 看護師の適性
・体力がある
・コミュニケーション能力/協調性
・臨機応変な対応力
・共感力
・向上心
・メンタルの強さ
・ストレス耐性
・観察力

看護師におすすめ適性診断

ミイダスには3つの診断があり、「看護師への適性」「現在の経験やスキルの価値」が分かります。

どの診断も質問に答えるだけなので、転職に不安を感じている看護師は利用してみましょう。

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断
≪条件が悪くなるかで転職を迷っている看護師向き
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
≪転職後に人間関係で後悔したくない看護師向き
・パーソナリティ診断
≪看護師の適性がわかる

市場価値診断では、職務経歴や実務経験・資格などから自身の市場価値(想定年収)が分かり、無理のない範囲での年収アップが可能です。

コンピテンシー診断は、ストレス要因や部下・上司としてのタイプや相性が分かります。

人間関係形成のヒントも得られるため、「新しい職場に馴染めるか」が不安で転職するか迷っている看護師におすすめです。

パーソナリティ診断は8種の「生まれ持ったタイプ」から、当てはまる上位2種を算出。

患者に寄り添う姿勢が求められる看護師は「平和主義」「芸術肌」が出ると、自己アピールになるでしょう。

想定年収は本来より高めに表示されます。あくまでも目安として捉えましょう。

様々な方向から情報収集する

情報不足や入職後のギャップは転職前にある程度回避できますが、求人情報だけでは限界があります。

入職後でしか分からない人間関係や休暇取得状況は、Lighthouse(旧カイシャの評判)や個人の情報網・利用者(病院)の評判など様々な方向から情報収集をしましょう。

■ 入職前に知りたかった情報:QLIFE調べ
・職場の雰囲気や人間関係:53.9%
・給与条件:40.3%
・休暇制度:33.8%
・仕事のやりがい:29.9%
・勤務体系:27.3%
・福利厚生:22.7%
・病院の評判:20.8%

職場見学に行く

雰囲気や人間関係・衛生面に加えて働くイメージが掴める職場見学は、転職後の後悔を防ぐ有効な手段の一つ。

事前に調査した情報(求人情報や評判)と現場で相違点がないか、見比べましょう。

■ 見学時のチェックポイント
1.看護師の人数/足りているか
2.看護師同士の表情
3.雰囲気や環境
4.衛生面/管理体制

その場で浮かんだ疑問は納得するまで質問すると、入職後のギャップが無くせると言っても過言ではありません。

現場の状況は職員に聞くと分かります。師長や主任・職員にインタビューできるか・見学に付き添ってもらえるかを確認しましょう。

転職エージェントを利用する

転職活動する時間が取れない・個人の情報網が無いなど、転職活動に不安を感じている看護師も多いです。

転職するか迷う看護師は、相談だけでもOK。転職するタイミングか、自身に合った求人があるかを探してもらうといいでしょう。

看護師に特化した転職エージェントは、病院や施設の内部情報を把握し惜しみなく提供。

紙面では分からない情報からも、応募するかを判断できます。

退職の相談や交渉付きの転職エージェントもあるため、退職の意思を伝えても引き止めに合っている・人手不足で辞めるか迷っている看護師は利用してみましょう。

入職前の条件交渉も代行してくれるため、「条件が悪くならないか」で転職するか迷っている看護師にもおすすめ。

転職エージェントを利用する注意点

転職サイト・エージェントでは看護師の転職活動を徹底的にサポートしてくれますが、まかせっきりは厳禁です。

納得できない・違うと感じたらしっかりと希望を伝え直したり遠慮なく断り、後悔のない転職にできるよう心がけましょう。

看護師におすすめ転職エージェント

マイナビ看護師 看護のお仕事
サイト
雇用形態
正社員
対象者
看護師資格保有者
実績 4年連続認知度No.1 友達に勧めたいサービスNo.1
看護
求人数
約5万件 約12万件
施設訪問 現場職員から職場の状況をヒアリング 年間4,000回以上の訪問取材実績あり
業界への
強み
求人の質が高い
転職セミナー開催
業界最大級の求人数
高年収求人多数
LINEで求人確認可能
公式
サイト
ナースで
はたらこ
キララサポート看護
サイト
ナースではたらこ
キララサポート看護
雇用形態
正社員
対象者 正看護師資格保有者 20代~40代
正看護師資格保有者
対応地域 全国各地の医療情報を網羅 札幌市/埼玉/千葉/東京/神奈川/大阪/兵庫/福岡
実績 対応満足度No.1 利用満足度93%
看護
求人数
約9万件 約4千件
施設訪問 現場職員から職場状況をヒアリング
業界への
強み
キャリアアドバイザーが回答するお悩み相談掲示板開設 入職後サポート
ブランクありの看護師もOK
医療/福祉業界対応
公式
サイト

転職するか迷う・後悔したくない看護師は現状を整理する

転職するか迷っている・転職後に後悔したくない看護師は、現職への不満や転職の目的・条件を明確にすると、現状を整理できます。

転職の目的や条件を明確にしたうえで現在のスキルや経験・適性など自己分析を徹底し、様々な角度から情報収集しましょう。

転職エージェントを利用すると、求人紹介だけでなく内部情報の提供・条件交渉まで転職をトータルサポートしてもらえます。

転職するか迷う看護師は転職のプロにアドバイスを貰うといいでしょう。

■ 看護師におすすめ転職エージェント
マイナビ看護師
看護のお仕事
ナースではたらこ
キララサポート看護


※1 出典:はたらきナース―看護師で職場を(辞めたいのに)辞められない理由アンケート調査
※2 参考:ナース専科―看護師の転職失敗理由1位は?
※3 出典:QLIFE―看護師の就職活動に関する意識調査分析
※4 エン・ジャパン―転職相談に来る3人に1人は、転職すべきでない人。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事