最終更新日:

20回転職した看護師でも転職可能?確認事項と他職種・看護師への転職成功方法

20回転職した看護師でも転職可能?確認事項と他職種・看護師への転職成功方法

「20回転職した看護師でも転職できる?」
「看護師を続けていくか悩む」
転職回数がネックで転職に不安を感じている人は少なくありません。

20回転職を経験した看護師は転職回数が少ない人と比べて不利ですが、職歴詐称はNG

転職回数の多さを強みに変え応募先の情報と絡めた志望動機を作成すれば、一貫性が生まれ書類・面接通過率が上がります

本記事では、20回転職した看護師の確認事項や看護師を続ける人・異業種/職種へ転職する看護師の転職術をご紹介。

20回転職後も看護師を続けていけるのか悩んでいる人は必見です。

年代別看護師の平均転職回数

JILPTの「医療従事者の働き方とキャリア調査」では、看護師の平均勤続年数は8.7年。

看護のお仕事が調査した「年代別転職回数」では、20代は0回・30代~50代は3回以上の看護師が多いです。

0回 1回 2回 3回
以上
20~24歳 81% 15% 0% 4%
25~29歳 55% 29% 12% 4%
30~39歳 29% 21% 13% 36%
40~49歳 8% 12% 17% 62%
50~59歳 6% 12% 12% 70%

※1

どの年代で見ても転職回数が20回は多いため、看護師としての転職は不利になります。

20回転職した看護師は適性を確認

人間関係や給与・勤務条件への不満から転職を繰り返す看護師が多い中、看護師としての適性が無いケースも。

20回転職した原因を振り返り、今後も看護師を続けるか考えるのも重要です。

20回転職した看護師は適性を確認する

「看護師の適性」「看護師に向いているか」など適性が転職回数の多さに関係しているかを確認しましょう。

■ 看護師の適性例
・体力がある
・コミュニケーション能力/協調性
・臨機応変な対応力
・共感力
・向上心
・メンタルの強さ
・ストレス耐性
・観察力

自己分析ツールミイダスなら、簡単な質問に答えるだけで「看護師としての適性」「現在の経験やスキルの価値」が分かります。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断
≪適正年収や自分の市場価値を知りたい看護師向き
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
≪適性度の高い職種/人間関係で失敗したくない看護師向き
・パーソナリティ診断
≪自分の個性/現在のコンディションがわかる

市場価値診断

市場価値診断では、職歴や実務経験・資格などから自身の市場価値(想定年収)が分かります。

入職できたとしても希望年収や業務内容がスキルや経験に見合っていないと、辞める原因になるため市場価値の把握は必須。

想定年収は本来より高めに表示されます。あくまでも目安として捉えましょう。

コンピテンシー診断

ストレスによる健康リスクが高い業種3位の医療業界では、ストレス耐性や人間関係の築き方が看護師を続ける鍵と言っても過言ではありません。

コンピテンシー診断は、ストレス要因や部下・上司としてのタイプや相性・人間関係形成のヒントが得られます。

人間関係が理由で転職を20回繰り返している看護師は診断してみましょう。

パーソナリティ診断

パーソナリティ診断は8種の「生まれ持ったタイプ」から、当てはまる上位2種を算出。

患者に寄り添う姿勢が求められる看護師は「平和主義」「芸術肌」が出ると、看護師としての適性があると言えるでしょう。

今後も看護師として働くかを考える

20回の転職を経験した看護師は、下記を改めて考えると今後どう働いていくかが分かります。

■ 改めて考えるべき事項
・今後も看護師として働くか(転職するか)
・看護師としてどうなりたいか
・体調を崩していないか
・転職を繰り返して生活(収入)が苦しくないか
・異業種に活かせる能力はあるか

短期間での転職を繰り返していると、安定した収入が得られず生活が苦しい看護師も少なくありません。

「看護師を続けてきたから」「今から異業種に行くのは遅い・しんどい」と看護師を続けてきた人は、収入や生活面・健康面など現状を見直しましょう。

看護師を続けていくとどうなるか将来を見据えたうえで行動すると、今後どうすべきかのヒントになります。

ハラスメントで離職する看護師は多い

エムスリーが調査した「医療現場の人間関係」では、「現在いじめや無視・ハラスメントがある」と答えた看護師が30.5%。

「以前あった」を含めるとハラスメントがある職場は少なくないと分かります。

≫現在いじめや無視・ハラスメントがあるか

看護師内でのハラスメントがあると感じる割合
※2

都道府県ナースセンターの「看護職の再就業実態調査」では、いじめや嫌がらせを理由に離職した看護師が多いです。

看護師の離職理由
※3

いじめや無視・いやがらせなどのハラスメントで20回の転職を経験している看護師は、トラブル対策している職場や雰囲気の良い職場への転職がおすすめ。

入職前から内部情報を探るには、職場見学に行ったり転職エージェントを利用すると現場の雰囲気や対策内容が分かります。

人間関係に疲れた看護師は、休職や人と関わらない仕事も検討しましょう。

20回転職後も看護師を続ける人の転職術

20回の転職を経験後も看護師を続けたいなら、転職前の準備をしっかりする・自身の強みを前面に出した転職活動を意識しましょう。

■ 転職20回経験者の転職方法
・転職の目的/条件を明確にする
・条件に優先順位をつける
・働き方の視野を広げる
・企業情報/能力を繋げた志望動機にする
・職場見学をする
・転職エージェント

転職の目的/条件を明確にする

前職のどこに不満があったのか・辞めた原因を書き出し、客観的に問題を捉えると転職の目的や希望条件が見えてきます。

転職先に何を求めるのか・どう活躍したいのかを明確にすると入職後のミスマッチが回避できるため、長く勤められる職場が見つかりやすくなるでしょう。

条件に優先順位をつける

希望条件に優先順位を付けると、何を重視して転職したいのかを確認できます。

求人探しは希望条件を詰め込んで検索し、徐々に優先順位が高い条件のみで絞りましょう。

希望を維持したまま選択肢が広がり、限りなく理想に近い職場が見つかります。

企業情報/能力を繋げた志望動機にする

20回の転職は、裏を返せば様々な職場を経験している強みに変換可能。

志望動機には応募先の情報を盛り込み、経験やスキル・強みをどう活かして活躍したいかを関連付けると、一貫性が生まれ書類・面接通過率が上がります

働き方の視野を広げる

結婚や出産・引っ越しなどやむを得ない理由を除いて、20回の転職は転職回数が少ない人と比べて有利とは言えません。

正社員としての転職はハードルが上がるため、書類審査や面接に通らない・転職回数に触れられるのが怖いなど転職回数が気になる看護師は派遣やパートも視野に入れるといいでしょう。

職場見学をする

職場見学は、入職後のミスマッチを無くせる手段の一つ。

入職前から現場の状況を確認できるため、人間関係や雰囲気など職場の環境が原因で転職を繰り返している看護師は職場見学が必須です。

■ 見学時のチェックポイント
1.看護師の人数/足りているか
2.看護師同士の表情
3.雰囲気や環境
4.衛生面/管理体制

見学時に浮かんだ不安や疑問点は、現場で働く看護師に聞くと分かります。

師長や主任・職員にインタビューできるか、都度質問できるよう見学に付き添ってもらえるかを確認しましょう。

転職エージェント

看護師専門の転職エージェントは、現在の経験やスキルに合った求人紹介だけでなく書類添削や面接対策・条件交渉まで転職をサポート。

取扱う求人の病院や施設には直接訪問し内部情報まで把握しているため、紙面だけでは分からない情報からも応募するかの判断ができます。

転職20回の看護師におすすめ転職エージェント

マイナビ看護師 看護のお仕事
サイト
対象者
看護師資格保有者
対応地域 全国
実績 4年連続認知度No.1 友達に勧めたいサービスNo.1
看護
求人数
約80,000件 約120,000件
施設訪問 現場職員から職場の状況をヒアリング 年間4,000回以上の訪問取材実績あり
LINE対応 ×
転職ノウハウやコラム配信のみ

担当者への相談/求人確認
業界への
強み
求人の質が高い
転職セミナー開催
業界最大級の求人数
高年収求人多数
LINEで求人確認可能
公式
サイト


ナースで
はたらこ
キララサポート看護
サイト
ナースではたらこ
キララサポート看護
対象者 正看護師資格保有者 20代~40代
正看護師資格保有者
対応地域 全国 札幌市/埼玉/千葉/東京/神奈川/大阪/兵庫/福岡
実績 対応満足度No.1 利用満足度93%
看護
求人数
約90,000件 約4,000件
施設訪問
現場職員から職場状況をヒアリング
LINE対応 ×
登録後の連絡で選択可能
業界への
強み
24時間電話サポート
求人の逆指名が可能
入職後サポート
ブランクありの看護師もOK
医療/福祉業界対応
公式
サイト


20回転職後、異職種に転職する看護師の転職術

マイナビ転職の調査では、看護師が異職種で発揮できるスキルが「コミュニケーション・接客対応力」「医療・看護知識や経験」が60%超と多いです。

≫異業種で活かせたスキル

看護師から異業種転職で発揮されるスキル
※4

同調査によると、看護師を辞めた人は「飲食店員」や「営業」などコミュニケーション能力や業界知識を活かした職種で活躍しています。

■ 看護師からの転職:異職種ランキング
1位:飲食店員
2位:一般/営業事務
3位:営業(MR・MS以外)・介護士
4位:教員/教官/講師
5位:MR/MS
6位:アパレル販売員/CRA・CRC
7位:その他サービス/接客
8位:医療事務
9位:養護教諭
10位以降:エステティシャン/経理・財務/人事・採用/保育補助/薬剤師/セラピスト

異職種への転職は、看護師で培ったスキルをどう活かせるかを見出しアピールすると有利に転職できるでしょう。

個人での異業種・職種転職では、転職市場や業界知識に限界があるため、転職エージェントの利用がおすすめです。

異職種転職する看護師におすすめ転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
サイト
年齢層 20代~30代 26~35歳
サポート
対象者
全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
支援実績 採用成功実績54万人超 年間転職成功者1万人超
求人数 約26万件 約11万件
医療/医薬業界の求人 約14,000件 約5,000件
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人約10万件
丁寧な添削やサポートが好評
公式
サイト


リクナビNEXT フーズラボ
(Foods Labo)
サイト
年齢層
全年代
サポート
対象者
全転職者に対応 飲食業界経験者/未経験者
求人数 約5万件 約5万件
医療/医薬業界の求人 約7,000件
特徴 満足度No.1
丁寧なサポート
企業からの
オファーも
利用者の60%が年収アップ
好条件・好待遇の求人が豊富
公式
サイト


20回転職した看護師は今後を見据えて行動する

20回転職を経験した看護師は現状を再確認し、今後も看護師として働くか・異業種・職種へ転職するかを判断しましょう。

看護師を続けていく人は、現在のスキルや経験・適性など転職回数を強みにした志望動機にすると、書類・面接通過率が上がります。

通過率は上がりますが、転職回数が少ない看護師より不利になるのは事実。看護師に特化した転職エージェントを利用し、転職のアドバイスを貰うといいでしょう。

■ 看護師におすすめ転職エージェント
マイナビ看護師
看護のお仕事
ナースではたらこ
キララサポート看護

看護師を辞め異業種・職種に挑戦する人は、今までで培った経歴やスキルをどう活かせるかを見出し、アピールすると有利になります。

未経験業種・職種への転職は、個人の情報網や知識には限界があるため、総合エージェントの利用がおすすめです。

■ 異業種・職種転職におすすめ転職エージェント
リクルートエージェント
doda
リクナビNEXT
フーズラボ(Foods Labo)


※1 参考:看護のお仕事 看護師は転職回数が多いってホント?
※2 出典:m3.com 上司によるパワハラ、若手いじめ…医療現場の人間関係
※3 出典:都道府県ナースセンター 看護職の再就業実態調査
※4 出典:マイナビ転職 看護師辞めたいけど不安……経験者が語る辞めて良かったこと・転職後の仕事

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事