最終更新日:

30代で年収400万円。転職でさらなる生活水準アップを狙う

「30代で年収400万円だけど普通なのかな」
「生活は出来ているけど、共働きじゃないと少しきつい」
「これから子どもが増えたらもっと厳しくなるかも」
「今よりお金に余裕が持てる生活を送りたい」
「今の会社じゃ出世も見込めなさそうだし、転職で年収を上げたい」

現在年収が400万円でこのように考える30代は少なからずいます。

結論から言うと、転職で400万円から年収を上げることは可能です。

しかし、そのためには事前の準備をきっちり行う覚悟が必要です。
今回は年収400万円から転職で給与アップを実現し、生活水準を上げるための方法をお伝えします。

30代で年収400万円は妥当なのか

30代で年収400万円は低くはないと思うけどなあ

30代だと妥当とはいえないわね。今後家族が増えていくと、なおさら余裕は持てない金額なの。

平均年収と比較すると少し低い

30代前半(30~34歳)の平均年収

全体 403万円
男性 457万円
女性 315万円

30代後半(35~39歳)の平均年収

全体 433万円
男性 512万円
女性 300万円

出典:民間給与実態統計調査(平成28年) – 国税庁

30代後半になるほどなおさら年収400万円は平均より低い数値と感じるわね。

2人以上子どもを持つなら妥当ではない

子どもが2人以上いる女性300名にマイナビが行ったアンケートによると、
2人の子育てをするために年収500万円は必要と答える人が最も多いことが分かりました。

Q.2人の子育てをするために、年収はいくら必要だと思いますか?

  • 1位 500万円(25.7%)
  • 2位 600万円(18.0%)
  • 3位 400万円(15.0%)
  • 4位 800万円(11.3%)
  • 5位 700万円(10.3%)

出典:子ども2人を育てるのに、必要な年収はどれくらい? – マイナビニュース

年収400万円は第3位であり、子どもを2人育てるのには少し足りないというのが実感のようです。

年収400万円に不満のある30代は転職を

そうか、30代は家庭を持ち始める年代だし、子どもの教育費は大変って聞くもんね。

そうなの。でも諦めちゃダメ。年収は転職で上げられるわ☆

約100万円年収アップする30代は多い

日経キャリアNETの調査によると、「50~100万円」と「100~150万円」の年収アップ転職をしたのは30代が最も多いことが分かりました。

出典:第24回 転職と年収の変化の実態 – 日経キャリアNET

これで子ども2人育てるための年収500万円も夢じゃないわね☆

30代に高い年収を払う企業が増えている

国税庁の調査によると、30代の平均年収は年々上がってきていることが分かります。

30代の平均年収推移(単位:万円)

出典:民間給与実態統計調査 – 国税庁

さらに2017年のエン・ジャパンの調査によると、37%の転職コンサルタントが「昨年よりも年収1000万円以上の求人は増えている」と回答しています。

その中には、「若手ポテンシャル採用をした企業が、若手を育て伸ばせる30代~40代の人材を欲しがっている。」と答えた人もいました。

Q.昨年と比較して、年収1000万円以上の求人は増えていますか?

出典:「年収1000万円以上の転職」調査 – エン・ジャパン

30~40代をターゲットにしたハイクラス求人数は増えていて、30代の平均年収が上がっているってことは、30代に高い年収を払っている企業の絶対数が増えているともいえるわよね♪
あなたの頑張り次第で年収400万円からの大幅なアップも狙えるのよ☆

中途採用市場での30代需要が高まっている

近年は景気回復の影響により、転職市場は空前の売り手市場となっています。

そしてその中でも30代は企業からのニーズが高いです。
詳しくはこちらをご参照ください。

つまり時代としては30代が転職をするチャンスが来てるわけね♪
年収400万円からアップさせるのなら「今」だと思わない?☆

30代が転職で400万円から年収アップを目指すデメリット

な~んだ、年収400万円から上げるのは簡単そうだね

あくまで実力のある30代が正当に評価されるようになっているだけであって、チャンスだけど簡単ではないのよ。
デメリットだってあるから頭に入れておきましょう♪

「年収」だけしか見ていないことによるミスマッチ

年収400万円からアップさせることばかり考えすぎていて、企業選びの際にその部分しか見えなくなってしまうことがあります。

そうなると、社風や実際の社員の声、年収、福利厚生あるいは仕事内容にいたるまでしっかりと確認できていないまま転職先を決めてしまう人がたまにいます。

しかし、実際に入社してみるとあまりの激務や長時間労働のために辞めてしまうことが起こりえます。

今より高い生活水準を求めて転職活動をしていくのはいいことですが、お金のために身体を壊してしまったのでは本末転倒です。

「年収」以外であなたがどうしても譲れない条件を決めておくことが大切よ☆

入社後に感じる活躍へのプレッシャー

企業が高い年収を払ってまで中途採用する30代というのは、「結果を出せる人」です。

あなたが高年収企業に採用され入社したなら、高い金額に見合った成果をコンスタントに上げ続けなければなりません。
企業はその「即戦力性」に対価としてお金を払っているため、このような期待を抱くのも当然でしょう。

年収400万円からアップさせるのなら、入社後も実績を残し続ける覚悟が必要です。

日々あなたの実力を試すチャンスだと思って、自信を持って入社しましょ☆

30代が年収を400万円からアップさせる方法

誰でも年収を400万円からアップさせられるわけじゃないんだね

そう。それに事前の準備をしないと年収アップ転職はなおさら成功が難しいのよ。

キャリアの棚卸しを徹底して行う

30代が年収400万円からアップさせるなら、事前に過去のスキルや経験・実績を洗い出す「キャリアの棚卸し」を徹底的に行うことが必要です。

企業の売り上げに確実に貢献できる能力の高い人であって初めて、高年収の職場に転職することができます。

自分の今までをすべて振り返り、応募する仕事に関係のある経験や実績を強調してアピールしていきましょう。

「キャリアの棚卸し」についての詳細はこちらを参考にしてください。

経験業職種や将来性の高い企業を選ぶ

どうしても譲れないこだわりでもない限りは、現在と同業種・同職種の仕事に絞って企業選びを進めていきましょう。

業界の動向や知識、あるいは即戦力性を活かすことで、年収アップ転職が実現する可能性はぐんと上がります。

また、めぼしい応募先が見つかったときに企業研究をしっかり行い、将来性があると判断できた企業にのみ応募していけば内定率も変わってきます。

これについての詳細はこちらを参考にしてみてください。

年収交渉をして希望額まで引き上げる

求人票や求人サイトに書かれた給与額を見て、端からあきらめてしまうのはもったいないです。

掲載額より高い金額で入社できるよう交渉していく方法があります。

面接中に、条件のすり合わせをする場合がありますが、そのタイミングで希望年収を明示していきましょう。
その際「自分はこれだけの実績を出すことができるから、これだけの金額をほしい」といったように希望額の根拠を必ず示すようにしてください。

その根拠こそ「キャリアの棚卸し」を通じて導き出した、あなたが「企業に貢献できること」です。

もしも面接でタイミングが見つからなければ、内定が出た後の交渉でもいいでしょう。

事前の準備と高い交渉スキルが必要なので、不安であれば転職エージェントに依頼する方法もあります。
⇒転職のプロであるキャリアコンサルタントが年収交渉まで対応してくれます。

高いプロ意識を持って転職活動を

全国平均に近い年収400万円からアップを目指す転職ともなると、多くの実績や高度な技術を求められます

単なるわがままや隣の芝生が青いからといった心持ちで実現できることではありません。

自分は「ある分野のスペシャリストだ」という意識を忘れずに転職活動を行えばきっとうまくいくはずよ☆
家族のためにも頑張りましょうね♪


RECOMMEND

関連記事