最終更新日:

看護師転職サイトの選び方は?失敗しない選び方と一枚上手の活用法で転職成功

看護師転職サイトの選び方は?失敗しない選び方と一枚上手の活用法で転職成功

「看護師転職サイトの選び方は?」
「どれを使ったらいいかわからない」

看護師転職サイトを利用したいけど、どれが良いのか悩んでいる人は少なくありません。

看護師転職サイトは、求人数やサポート内容などで選ぶと効率の良い転職活動が可能です。転職サイトを併用すると、相性の良い担当者が見つかり適切なサポートが受けられます

本記事では、看護師転職サイトの選び方と看護師におすすめの転職サイト・看護師転職サイトの活用方法をご紹介。

自分に合った転職サイトを見つけたい・転職サイト選びで失敗したくない人は必見です。

看護師転職サイトの失敗しない選び方

この前、看護師の友達がどの転職サイトを使えばいいのかわからないって言ってたけど、ぶっちゃけどれ使っても一緒なんじゃないの?

看護師向けの転職サイトは数多くありますが、自身に合わないサービスを利用すると転職活動の長期化・転職失敗が懸念点です。

■ 看護師転職サイトの選び方
・求人数
・求人元の内情把握有無
・対応地域
・面談スタイル
・サポート
・連絡手段
・口コミ

求人数

看護師向け転職サイトでも各社で求人数や取り扱う求人の種類が異なり、独自のパイプを活かし特定の転職サイトのみで応募できる独占求人・一般非公開の求人も存在します。

独占求人や非公開求人は、大病院や日勤のみ・高年収など好条件求人が多いです。

紹介されれば年収・キャリアアップが可能な職場に転職しやすいでしょう。

求人元の内情把握有無

取り扱う求人元に訪問取材・現場職員にヒアリングしている転職サイトでは、雰囲気や人間関係などの内情を惜しみなく提供してくれます。

紙面では分からない情報からも応募の判断をしたい人は内部情報に詳しいサイトを選ぶと、入職後のギャップを無くせるでしょう。

対応地域

転職したい地域の求人が扱われていなければ本末転倒。

また、希望地域や周辺に転職サイトの拠点があれば、地域性を理解したうえでのアドバイスが貰えます。

利用する前に希望地域の求人・拠点があるかを確認しましょう。

面談スタイル

転職サイトへ登録後、現在の経験やスキルや転職先に求める条件をヒアリングするためアドバイザーとの面談が必須。

面談は、登録後にかかってくる電話か拠点に出向き対面で行うかを選択できます。

対面での面談は電話面談と比べ資料を使った説明で説得力がある他、アドバイザーの表情やしぐさが分かるため担当者の人柄や対応力を重視したい人におすすめです。

今は新型コロナウイルスの影響で電話面談のみのサイトも多いの。各サイトで面談方法を確認しておきましょ。

サポート

どの転職サイトであっても、求人紹介や書類添削・面接対策など基本的なサポート内容に大幅な違いはありません。

しかし求人の逆指名や面接同行など、独自のサポートを展開する転職サイトも多いです。

転職の目的や特に受けたいサポートに合わせて転職サイトを選択すると、効率良く転職活動が進められるでしょう。

■ 看護師転職サイトで受けられるサポート
・求人紹介
・履歴書/職務経歴書などの書類添削
・面接対策
・日程調節
・条件交渉
・退職相談
・入職後のアフターフォロー

連絡手段

求人の案内・日程調節など担当者からの連絡は、メールや電話が主流です。

LINEでのやり取りや24時間電話相談が可能な転職サイトもあるため、勤務時間やライフスタイルに合う転職サイトを選びましょう。

LINEやメールなら忙しくても自分のタイミングでチェックできるからいいわね!

連絡希望時間を事前に伝える・連絡手段をメールかLINEと伝えておくと、ストレスなく転職サイトを活用できるはずよ♪

口コミ

利用者のリアルな感想が分かり、登録するかを判断できます。

しかし、同じ転職サイトでも担当者によって相性や対応が異なるため、口コミを全て真に受けるのはNG

アドバイザーへの不満がある場合、担当変更の依頼も可能で、担当変更後に適切なサポートを受けられた人も少なくありません。

公式HPの「よくある質問」で担当変更について触れてある転職サイトなら、柔軟に対応してくれる可能性が高いです。

看護師におすすめ転職サイト

マイナビ看護師 看護のお仕事
サイト
対象者
看護師資格保有者
対応地域 全国
実績 4年連続認知度No.1 友達に勧めたいサービスNo.1
看護
求人数
約80,000件 約120,000件
施設訪問 現場職員から職場の状況をヒアリング 年間4,000回以上の訪問取材実績あり
LINE対応 ×
転職ノウハウやコラム配信のみ

担当者への相談/求人確認
業界への
強み
求人の質が高い
転職セミナー開催
業界最大級の求人数
高年収求人多数
LINEで求人確認可能
公式
サイト


ナースで
はたらこ
キララサポート看護
サイト
ナースではたらこ
キララサポート看護
対象者 正看護師資格保有者 20代~40代
正看護師資格保有者
対応地域 全国 札幌市/埼玉/千葉/東京/神奈川/大阪/兵庫/福岡
実績 対応満足度No.1 利用満足度93%
看護
求人数
約90,000件 約4,000件
施設訪問
現場職員から職場状況をヒアリング
LINE対応 ×
登録後の連絡で選択可能
業界への
強み
24時間電話サポート
求人の逆指名が可能
入職後サポート
ブランクありの看護師もOK
医療/福祉業界対応
公式
サイト


医療ワーカー
サイト
医療ワーカー公式サイト
対象者 正看護師資格保有者
対応地域 全国
※関東/関西/東海求人が豊富
看護
求人数
約60,000件
施設訪問
LINE対応 ×
業界への
強み
正社員/夜勤バイトなど雇用形態・施設の種類が豊富
「紹介従事者講習」を受けたキャリアアドバイザー多数在籍
公式
サイト

転職サイトが原因で失敗しないための活用方法

確認事項に沿って転職サイトを選んだら完璧ね!

せっかく選んだ転職サイトで転職成功できるように、上手な活用方法も見ておきましょ♡

全任せにしない

転職サイトは病院と看護師をマッチングさせる役割を担っているため、病院側の見方でもあります

担当した看護師が採用になれば病院から報酬が支払われ、担当者にもインセンティブが入るため希望条件から外れた求人紹介をするアドバイザーも少なくありません。

≫転職サイトの仕組み

転職エージェントの報酬発生の仕組み

転職活動をトータルサポートしてくれると過信し全任せにすると、転職に失敗する恐れも。

個人での転職活動を主軸として、アドバイザーをつける感覚で利用するのが得策です。

条件に沿わない求人を紹介してきたら要望を伝え直す・担当変更をするなど臨機応変に対応すると、転職を成功させられるでしょう。

転職サイトを併用する

転職サイトを併用すると求人数やサポートの幅が広がり、条件に合った職場が見つかりやすいです。

何社かの転職サイトを併用・比較すると相性・対応の良い担当者に出会える可能性も高くなります。

転職サイトは担当者によって使用感が変わると言っても過言ではないわ。手っ取り早く相性がいい担当者を見つけるなら、何社(何人)かを見比べて相性の良い人を探すのがおすすめよ♡

確認事項に沿って転職サイトを選んで転職成功

転職サイトを選ぶ時は、希望条件に合った求人・受けたいサポートがあるかを確認すると効率の良い転職活動が可能です。

しかし転職サイトは病院側がクライアント。全任せにすると転職活動の長期化・入職後のミスマッチが懸念されます。

転職サイトを併用すると求人の幅が広がる他、相性の良い担当者が見つかるでしょう。

同じ看護師向けの転職サイトでも、自分に合ったものを見つけるには選び方があるのね…。早速友達に知らせてあげなきゃ!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事