最終更新日:

20代の看護師の平均年収は?20代でスムーズに年収をアップさせる方法

看護師年収20代

「20代の看護師の平均年収はどれくらい?」「他の人の年収が気になる…」
「このまま働いていて収入は上がる?」

現役の看護師やこれから看護師を目指す学生の中には、仕事量と収入面のつり合いが気になっている人も少なくありません。

20代の看護師の平均年収は、勤続年数や資格の有無、勤務先の規模によって変動しますが、働き方や転職などで年収アップは可能です

本記事では、20代看護師の平均年収や看護師が効率的に年収アップさせる方法を解説していきましょう。

20代の看護師の平均年収は高い?

20代の看護師の平均年収って、他業種と比べて高いのかな?

厚生労働省の『令和3年賃金構造基本統計調査』によると、20代の看護師と全職種の平均年収は以下の通り。※1

看護師 全職種
20歳~24歳 約390万円 約314万円
25歳~29歳 約452万円 約390万円
20代の平均 約421万円 約352万円

※収入の主な内訳:基本給/夜勤手当・残業代/ボーナス/資格手当

全職種と20代前半の看護師との平均年収は約80万円、20代後半では約60万円の差。

20代後半になると、20代前半よりも任される業務が大幅に増え、プリセプターとして活躍する立場になるため年収がアップします。

看護師の初任給は約20万円とそれほど高くはないですが、夜勤や時間外手当、資格手当などで同年代よりも高収入になるケースが多いです。

正看護師と准看護師の収入差

正看護師と准看護師との間でも年収に差があるの。

厚生労働省の調査によると、20代の看護師と准看護師との平均年収は以下の通り。※1

20代の平均年収
正看護師 約423万円
准看護師 約317万円

正看護師と准看護師の業務内容は基本的に同じですが、100万ほどの年収差があります

20代の看護師が年収をアップさせる方法

20代看護師が今より収入をアップさせたいと思ったらどうすればいいの?

同じ施設で働き続けたり、より専門的な資格やスキルを身に付ければ効率的に年収がアップするわ☆

同じ職場で働き続ける

厚労省の調査によると、看護師の年間平均ボーナスは約85万円で年代別・男女別のボーナスは以下の通り。※1

女性 男性
20~24歳 約45万円 約38万円
25~29歳 約74万円 約76万円
30~34歳 約76万円 約90万円
35~39歳 約86万円 約95万円

20代前半のボーナスの平均は約49万円20代後半になると約76万円と大幅に増加

30代になると女性は結婚や出産などで、ボーナスの上がり幅は緩やかになりますが、復帰後の30代後半になると90万円近くなります。

看護師は勤続年数を重ねていくにつれ、基本給だけでなくボーナスも増加するため、20代のうちは経験を積み将来に備えておきましょう。

夜勤がある職場に転職・残業を増やす

看護師の年収で大きな割合を占めるのが、夜勤手当や残業代(時間外手当)※2

二交代制 三交代制
夜勤 準夜勤 深夜勤
平均手当 11,286 円 4,154 円 5,122 円
平均回数 4.7 回 7.7 回
※手当額は深夜時間帯(22時~翌5時)の割増賃金を除いた定額部分のみ。
※新型コロナウイルスに係る危険手当等を除く。

上記によると毎月約3~5万円、年換算すると約36万円~60万円の夜勤手当があり、看護師の年収の10%ほどを占めている計算になります。

また、病院や施設によっては緊急対応などの時間外労働が多く残業代も発生しやすいです。

夜勤手当や時間外手当の支給額は勤務先によりますが、働けば働くほど年収アップに繋がるでしょう

身体を壊したら元も子もないから、自己管理を怠らず無理のない範囲で働きましょ。

年収アップに役立つ資格を取得する

病院や施設によっては、保有資格に対して資格手当が支給される場合もあります。

資格を取得すれば収入が上がるだけでなく、看護師としてのスキルアップにも繋がるため、取得しておいて損はありません。

20代の看護師が資格の取得を検討しているなら、勤務先に資格手当の規定があるのか、取得するメリットを確認しておきましょう。

看護師のスキルアップに繋がる資格
・特定看護師
・認定看護師
・助産師
・保健師
・ケアマネージャー など

給与の高い地域、職種に転職する

看護師の年収は働く地域によっても大きく変動します。※1

2022年トップ3 2022年ワースト3
東京都 542万 宮崎県 380万
滋賀県 541万 大分県 410万
山口県 534万 鹿児島県 420万

病院の規模によっても変動しますが、一般的に首都圏・都市部は年収が高く、最大で年収約162万円の差

同じ勤続年数、同じ仕事量でも地域による年収差は大きいため、年収を上げたい20代の看護師は給与が高い地域への転職も検討しましょう。

20代で看護転職するならエージェント

20代の看護師が収入アップするために転職するなら、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、自分に合った求人の紹介だけでなく、以下のような手厚いサポートが受けられます

就職・転職エージェントのサポート内容
・希望に合う求人紹介
・企業への条件交渉
・リアルな内部情報の提供
・面接対策/日程調整
・応募書類の添削 など

自分に最適なサービスを選んで、効率的な看護転職を成功させましょ♪

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。
マイナビ看護師 レバウェル看護(旧 看護のお仕事)
転職支援サービス
対象者
看護師資格保有者
実績 5年連続
認知度No.1
友達に勧めたい
サービスNo.1
看護
求人数
約8万件 約13万件
施設訪問 現場職員から職場の状況をヒアリング 年間4,000回以上の訪問取材実績あり
特徴 求人の質が高い
面接対策が充実
高年収求人多数
LINEやり取り可
簡単登録(無料)


ナースで
はたらこ
医療ワーカー
転職支援サービス
ナースではたらこ
医療ワーカー公式サイト
対象者
正看護師資格保有者
実績 対応満足度No.1 支持率
4年連続No.1
看護
求人数
約9万件 約6万件
施設訪問 現場職員から職場状況をヒアリング
特徴 キャリアアドバイザーが回答するお悩み相談掲示板開設 正社員/夜勤バイトなど雇用形態・施設の種類が豊富
簡単登録(無料)


看護師は20代のうちに経験を積む

20代の看護師の平均年収は約421万円で、他業種の同年代より高収入ですが、基本給はそれほど高くはありません

年収をアップさせたい看護師は20代のうちに経験を積んだり夜勤や残業を増やす、資格取得を目指しましょう。

転職を検討しているなら、看護職特化の転職エージェントなどを有効活用すれば理想の働き方が実現します。

(※1 引用:厚生労働省/ 賃金構造基本統計調査)
(※2 参考:日本看護協会「2020年病院看護実態調査」)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事