最終更新日:

ワークライフバランスが取れる仕事や業界は?働きやすい業界への転職成功法

ワークライフバランス 仕事 とれる

「ワークライフバランスが取れる業界は?」
「ワークライフバランスが取れる仕事は何?」
「プライベートと仕事を充実させるには?」

ワークライフバランスが取れる働き方をしたいと思っていても、どんな仕事や業界が適しているか分からず、迷う人も少なくありません。

ワークライフバランスを取れる業界・仕事の探し方を把握して転職エージェントを活用すれば、効率良く希望の転職が成功します

今回はワークライフバランスが重要視されている理由やメリット、バランスの取れる仕事の探し方や具体例を詳しく解説してきましょう。

ワークライフバランスとは?

ワークライフバランスってよく耳にするけど、どういう意味なの?

ワークライフバランスはプライベートも充実させて仕事の生産性を上げようって言葉よ♡

ワークライフバランスの概要

ワークライフバランスとは、仕事だけでなくプライベートの時間も充実させて、両方のバランスを取るライフスタイルを指します。

厚生労働省も推進していて、2007年には「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」及び「仕事と生活の調和推進のための行動指針」を策定。

国民がプライベートを充実させて、仕事へのやる気を引き出し生産性の高い働き方を実現させる目的で様々な取り組みを実施しています。

>>>ワークライフバランスが取れる仕事を探す

近年ワークライフバランスが重要視

仕事は暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらしますが、仕事と生活の間で問題を抱える人が多くいます

現代の労働条件による問題
・安定して仕事に就けず自立できない
・仕事に追われ、心身を害した
・仕事と家庭の両立に悩む

人口が減少している現代では、社会全体として高齢者や女性の労働も求められているものの、労働条件が限られ働きにくい状態です。

仕事と家庭の両立ができ長期にわたって働きやすくするため、ワークライフバランスは年々重要視されています。

>>>ワークライフバランスが取れる仕事を探す

ワークライフバランスが取れる業界で仕事効率UP

ワークライフバランスは国も推奨してる働き方なんだね!実際に仕事にはメリットがあるの?

ワークライフバランスの向上で生産性アップ

PRTIMESによると日本国内の会社員の働き方とストレスの関係の調査結果は下記の通りでした。(※1)

ワークライフバランスが取れる業界

基本的に労働時間に比例してストレス値も上昇しています。

同調査によると、「どれくらい効率的に働けているか」の質問への回答は下記の通りでした。

ワークライフバランスが取れる業界

労働時間に比例して効率的でないと感じている人が増えています。

米ペンシルべニア大学医学部などの研究チームによると睡眠時間と脳の働きの関係は下記の通りでした。(※2)

ワークライフバランスが取れる業界

横軸:実験開始からの時間経過
縦軸:注意力、集中力テストへの反応速度

十分に睡眠時間が取れている人ほど、注意力・集中力が高い傾向にあるようです。

ただし、6時間睡眠では脳の働きの衰えを自覚していない人が多く、テスト13日目には徹夜した人の1日目と同等まで衰えています。

労働時間が増えるとストレスを感じやすく睡眠も不十分で仕事の生産性が下がるのは間違いありません。

仕事とプライベートを両立させて安定して長期的に働くためにも、ワークライフバランスの重要性は高いでしょう。

仕事のスキルアップの時間が取れる

ワークライフバランスが取れている人は自由に使える時間が長いため、資格取得などのスキルアップをしやすいです。

専門性のある分野や業務の知識やスキルを磨けば、企業からも評価されやすくなります。

自分の強みが増え市場価値が高まり面接でアピールできるため、転職活動が有利に進められるでしょう。

趣味や家庭に時間を使える

ワークライフバランスが取れず、プライベートを疎かにしてしまう人も少なくありません。

家族のために働いて仕事で成果を出せても、家族との時間が少なければ本末転倒です。

ワークライフバランスが取れると趣味にも家族にも十分に時間を使えるため、プライベートが充実して仕事へのモチベーションも上がりやすくなります。

ワークライフバランスは重視するべき?

ワークライフバランスが取れると自由に使える時間が増えて、仕事のモチベーションも上がるんだね!

基本的には誰もが重視するべき考え方なんだけど、当てはまらない子も一定数いるわ★

ワークライフバランスを重視するべき人
・家庭を大事にしたい
・プライベートの時間を大事にしたい
・効率よく仕事をしたい
・同じ会社で長く働きたい

プライベートも仕事も両立したい人はワークライフバランスを重視して業界を選び、キャリアを構築していきましょう。

ワークライフバランスが重要ではない人
・ストイックに仕事をしたい
・仕事を最優先したい
・仕事が大好き過ぎる
・会社に長時間居たい

長時間労働が苦ではない人は、ワークライフバランスが取れる業界にいると物足りなさを感じるでしょう。

ワークライフバランス◎の仕事の探し方

ワークライフバランスが取れると物足りない人もいるんだ!働きやすい仕事はどうやって見つけたらいいの?

ワークライフバランスを取りやすい制度が導入されてるか、制度の利用率を確認するといいわよ♬

ワークライフバランスを取れる制度

ワークライフバランスを取りやすい企業では柔軟な勤務体制や福利厚生が充実しています。

ワークライフバランス◎の制度
・フレックスタイム制
・在宅勤務
・時短勤務
・夏季休暇
・アニバーサリー休暇
・産前産後休暇
・リフレッシュ休暇

求人の募集要項に上記の記載があれば、ワークライフバランスへの意識が高い企業と考えて良いでしょう。

ただし、制度や福利厚生があっても利用できないと意味がないので利用率の確認は必須です。

転職エージェントに確認すれば求人に記載がない内部情報まで確認可能。

ワークライフバランスを取れる業界

医療・福祉業界

令和5年5月の厚生労働省の毎月勤労統計調査で、所定外労働時間が短い産業トップ4は下記の通りでした。(※3)

ワークライフバランス 仕事 とれる

医療・福祉業界は月の所定外労働時間が4.9時間と一番短いのが分かります。

医者や看護師などの専門職以外にも、病院の受付、保健所の職員、介護職など未経験から転職できる仕事も多いです。

所定外労働時間が短い医療・福祉業界はワークライフバランスが取りやすいでしょう。

Web業界

Web業界はスキルがあれば場所を選ばずに業務に取り掛かれるため、ワークライフバランスを保ちやすい業界です。 

2020年4~5月のデジタルハリウッドSTUDIOの調査によると、緊急事態宣言中のWebデザイナーの70%が在宅勤務をしていました。(※4)

ワークライフバランス 仕事 とれる

コロナ収束後も引き続きテレワークを導入している企業も多く、育児や介護などで、自宅から離れられない方でも活躍しやすいでしょう。

大手メーカー業界

ホンダ・住友生命保険・森永乳業などの大手メーカーでは、次の勤務までに必ず休息を入れる勤務間インターバル制度を導入しています。

厚生労働省では、9~11時間以上のインターバルの設置を推奨しており、導入する企業は補助金を受け取れる仕組みです。

例えば、インターバルを11時間に設定したとすると、午前9時就業なら午後10時までしか残業できません

睡眠が取れない程の勤務体制にならないので、多くの従業員を抱える大企業に転職すれば、健康を害す働き方にはならないでしょう。

ワークライフバランスが取れる仕事

社内SE

社内SEはプログラミングの知識を活かして、社内のシステムの開発・保守・運用などをする仕事です。

自社のシステムの開発をするため、スケジュール管理がしやすい傾向があります。

他のSE職と比較すると仕事に対するプレッシャーも少なく、勤務地の変更もないためワークライフバランスを保ちやすいでしょう。

事務の仕事

事務はルーチンワークが多く、スケジュールを上手に管理すれば、退社時間をコントロールしやすい仕事です。

座り仕事が多く、体力に自信がなくても働けるのもメリット。

基本的に残業がなく、ワークライフバランスを重視したい人に最適な仕事でしょう。

カスタマーサポートの仕事

カスタマーサポートは電話やメールで顧客からの問い合わせに対応する仕事です。

顧客の疑問や悩みへの対応が多く、適切な対応をすれば感謝してもらいやすくやりがいを感じやすいでしょう。

営業時間が終わると新規の電話は通じなくなるため、定時退社がしやすいです。

受付の仕事

受付は来客の対応・訪問者の管理・代表電話の応対をする仕事です。

一日に多くの人とコミュニケーションを取るため、人付き合いが好きな人に向いています。

企業受付はほぼ定時に業務が終わり残業がないため、ワークライフバランスを保ちやすいでしょう。

仕事を探す前に判断基準を把握

ワークライフバランスを取りやすい業界を探す前に、求人を選ぶ判断基準を明確にすると効率的です。

判断がブレて本来の目的とは違う企業への就職を防げます。

    求人を選ぶ判断軸の見つけ方

  1. なぜワークライフバランスを
    取りたいと思ったのか書き出す
  2. 理想の働き方を明確にする
  3. 優先順位を明確にする

自分の判断軸が決まったら、スキルや経験・強みを書き出して、自分の市場価値を客観的に判断しましょう。

    スキルの棚卸方法

  1. スキルや経験を書き出す
  2. 自分の強みを書き出す
  3. 将来的になりたい理想像を書く
  4. 足りないスキルを把握

将来的になりたい理想像に何が足りないか把握し、ワークライフバランスとの兼ね合いを考えつつ転職先を探すとスムーズです。

転職エージェントを活用する

悩んだり、迷う時は転職エージェントがサポートしてくれるわよ☆

ワークライフバランスを取れる企業を1つ1つ探していくのは時間がかかり大変です

転職エージェントを利用すれば、転職を希望している企業の制度や休暇、有給消化率や就職経験者の意見などを教えてもらえます。

ワークライフバランス 仕事 取れる

転職エージェントは多くの経験からワークライフバランスを取りやすい業界・求人を紹介し、内定まで手厚くサポートします。

20代の既卒・第二新卒向け

マイナビジョブ20’s 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 24~29歳、24歳未満の既卒 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒、フリーター 学歴職歴不問
支援実績 利用者数累計
37万人突破
利用者累計10万人超
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

経験が浅い20~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、既卒、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~50代向け

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率62%
面談を断らない
簡単登録
(無料)

ワークライフバランスを取れる業界・仕事を探す注意点

ワークライフバランスを保ちたいと思った要因を忘れずに、自分のスキルに合う仕事選びが重要なんだね!

ワークライフバランスを重視しつつも転職活動で注意する点があるから教えるわ♬

バランスを保ちつつキャリア形成

ワークライフバランスばかりに気が取られた状態で就職先を探すと、入社後に転職を後悔しやすいです。

入社後の後悔例
・会社の方針に合わない
・研修がない
・キャリアップができない

労働条件や社風、キャリアプランも視野に入れて仕事を探せば、ワークライフバランスを保ちながらも着実にキャリアを築けるでしょう。

仕事のやりがいも判断材料に

仕事は1日の内で多くの時間を占めるので、業務にやりがいを感じられなければ辞めたいと思い始める人も少なくありません。

仕事のやりがい例
・目標を持てるか
・誰かに感謝されるか
・役に立っていると思えるか

仕事選びでは、やりがいがあるかも判断の材料にすれば、プライベートだけでなく仕事中もやりがいを持て長く働けるでしょう。

今までの経験を活かせる業界を選ぶ

ワークライフバランスを取るための未経験の業界への転職は、業務の内容をよく把握していないと早期退職してしまいかねません。

未経験の業界への転職で辛い理由
・覚える内容が多くついていけない
・前職と社風が違い過ぎて馴染めない
・高い評価を得るまで時間がかかる

未経験でも業務に慣れやすい業界に転職すれば、ワークライフバランスを取れるでしょう。

ワークライフバランスを取れる業界・仕事に転職成功

ワークライフバランスが取れる業界に就けば、生産性がアップしプライベートも充実、スキルアップや趣味・家族に使える時間が増えます。

医療・福祉業界やWeb業界、大手メーカーはワークライフバランスが取りやすい仕事です。

転職エージェントのサポートを受ければ、求人票にない内部情報まで知れるので、上手に活用して転職を成功させましょう。

(※1 引用:PRTIMES 労働時間とストレスの関係性 )
(※2 引用:NHKスペシャル「睡眠負債が危ない」取材班/編集=Yahoo!ニュース 特集編集部)
(※3 引用:厚生労働省 毎月勤務統計調査 令和5年5月分結果速報)
(※4 引用:デジタルハリウッドSTUDIO 緊急事態宣言中のWebデザイナーの働き方)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事