最終更新日:

【営業が比較的楽な業界5選】営業が楽な業界と営業職への理想の転職成功法

営業 楽な仕事

「楽な仕事に転職したい…」
「営業で楽な仕事はある?」
「未経験からでも楽な営業職に転職できる?」

現職に不満があり、営業職への転職を検討している人の中には「どうせなら営業が楽な業界に転職したい」と考えている人は多いです。

楽な仕事と感じる条件は人によって様々ですが、自分が何を優先すべきか明確にすれば、理想の営業職への転職が成功します。

本記事では体力的・精神的に営業が楽な業界や楽な営業の特徴、転職のリスクと楽な業界に転職する際のポイントを解説していきましょう。

営業職への転職に強い
転職エージェントはコチラ
↓↓↓

体力的・精神的に営業が楽な業界5選

営業って忙しそうなイメージがあるけど、楽な仕事ってあるの?

一口に営業と言っても活躍できる業界が幅広いから、中には体力的・精神的に楽な営業職もあるわ♪

食品業界の営業

営業_食品メーカー

営業職の中でも、楽な業界としてよく挙げられるのが食品メーカーです。

基本的に主要な取引先へのルート営業が中心で、主な仕事内容は商品の売れ行きチェックや新商品の説明など。

食品メーカーには定番商品があり、新規営業をしなくても成果が出やすいため、精神的に楽な仕事でしょう。

食品業界の営業が楽な理由
・需要が安定している
・新規参入がし辛く競合他社が少ない
・ルート営業が中心

化学業界の営業

営業_化学品メーカー

営業職が楽な業界の一つとして、化学反応を利用して材料や製品などを開発し、製造・販売する化学業界が挙げられます。

各種製造業は原材料が無いと仕事が成り立たないので、商品が売れない心配はありません。

化学品メーカーと各種製造業は信頼関係を築いていて、長期的な契約を得やすいため、精神的に楽な営業と言えるでしょう。

化学業界の営業が楽な理由
・長期的な需要が安定している
・新規参入する会社が少ない
・商品に対するクレームが少ない

自動車業界の営業

営業_自動車メーカー

自動車業界は、自動車や関連部品の開発・製造・販売して、利益を上げている業界です。

自動車業界の営業の主な仕事は、カーディーラーとのやり取りや企業・官公庁向けの大量取引の対応など。

営業が頑張って仕事を取ってくる感じではないので、自動車メーカーも比較的に楽な業界と言えます。

自動車業界の営業が楽な理由
・法人相手の取引が中心
・基本的にノルマがない
・業界内での地位を
確立している会社が多い

インフラ(電気・ガス)業界の営業

営業_インフラ

電気会社・ガス会社のインフラ業界の営業職も楽な業界と言われます。

消費者に対する営業は外注している企業が多く、営業の仕事は外注先や工場系など大手顧客とのやり取りなどBtoBが基本

電気やガスは、生活していく上で無くてはならないもので競合が少ないため、契約が途切れる心配がありません。

自動車業界の営業が楽な理由
・需要がなくなる心配がない
・営業を外注している会社が多い
・ノルマがない
BtoB:「Business to Business」の略で、企業間で行われる取引のこと。

医薬品業界の営業

医薬品業界は医薬品の開発・販売する業界ですが、新規参入がしづらい分野のため競合他社が少ないです。

医薬品の開発には膨大な時間が掛かるので、他の商品にとって代わられるケースがほとんどありません。

また、厳しい審査基準を乗り越えた商品しか販売しないため、クレーム対応がほとんどない点も楽な業界と言われる理由でしょう。

医薬品業界の営業が楽な理由
・競合他社が少ない
・営業を外注している会社が多い
・ノルマがない

体力的・精神的に楽な営業の特徴

営業でも、競合他社が少なかったり、長期的な契約ができる業界だと楽なんだね!

上で紹介した業界以外にも以下のような特徴に当てはまる営業なら、楽な仕事の可能性が高いの♡

  1. ルート営業
  2. 法人営業
  3. 競合他社が少ない業界の営業
  4. 歴史が長い会社の営業

ルート営業

営業職には、大きく分けてルート営業と新規開拓がの2種類があります。

新規開拓は顧客との信頼関係をゼロから積み上げていく必要がありますが、ルート営業はすでに実績があるため、話がスムーズで契約に繋がりやすいです。

ルート営業は新規開拓より精神的に楽ではありますが、新規と比べて給料が安く、自身のミスで取引先を失った際の責任は重いでしょう。

法人営業

法人営業とは、個人ではなく企業などの法人に対しての営業。

法人営業は、一度に動く金額が大きい点や条件が合えば契約してもらえる点が精神的に楽と感じる人が多いです。

個人営業と比較すると契約を取るハードルが低いため、未経験から営業職への転職を考えているなら法人営業を選ぶのが得策でしょう。

競合他社が少ない業界の営業

新規参入がしづらく、競合他社が少ない食品・化学・医薬品業界などは、必然的に営業の成功率が高くなります。

競合他社の少なさは営業の仕事の楽さに直結するため、転職先を探す際はチェックしておきましょう。

歴史が長い会社の営業

歴史が長い、知名度がある会社の営業も、比較的に楽な仕事の一つです。

ロングセラー商品がある会社は、長期的な契約をしている取引先が多く、すでに信頼関係が出来ているため営業がしやすいです。

また、頻繁に新商品が出るわけでないので、新規で契約を取るための営業の仕事が増える心配がありません

営業が楽な業界に転職するリスク

営業が楽な業界への転職は精神的・肉体的な負担が少なくなるメリットがありますが、その分リスクもあります。

営業が楽な業界に転職するリスク
・営業としてのスキルアップが望めない
・転職の際に不利になるケースがある
・給料が下がるケースがある

ルート営業や法人営業などで何もしなくても売れる商品ばかり扱っていると、営業としてのスキルアップは望めません

今後、キャリアアップしたいと思って転職活動をしても、売り込みが難しい商品を取り扱っていた人の方が採用される可能性が高いです。

営業が楽な業界への転職を検討している人は、将来のキャリアプランも考慮した上で転職先を探しましょう。

営業が楽な業界に転職する際のポイント

営業で楽な仕事を探す際のポイントをご紹介。事前準備を怠らなければ、後悔しない転職が実現するわ♡

  1. 楽な仕事の定義を明確にする
  2. 需要・将来性を確認しておく
  3. 事前の情報収集でミスマッチを防ぐ
  4. 自己分析で適職を見つける
  5. 営業への転職に強いエージェント活用
  6. 求人数が豊富な転職サイトを活用

楽な仕事の定義を明確にする

ここで紹介した業界や楽な営業の特徴に当てはまる仕事先でも、必ずしも全員が楽な仕事だと感じるとは限りません

よく検討せずに楽だと言われている業界へ転職して、入社後に「想像と違った」と後悔する人も多いです。

人によって楽な仕事は異なるため、自分にとって何が楽だと感じるか、優先するかを把握しておきましょう。

需要・将来性を確認しておく

楽な業界の営業への転職を考えているなら、長く働ける職場選びが重要です。

どれだけ楽な仕事でも会社の存続が危ういと、リストラや最悪倒産などで仕事がなくなってしまいます。

応募前には雇用条件や社内の雰囲気だけでなく、会社の業績や業界の将来性も含めて、転職を検討しましょう。

事前の情報収集でミスマッチを防ぐ

楽な仕事だと思い就職しても、入社してからギャップを感じて転職を繰り返してしまう人も少なくありません。

事前に希望企業の具体的な就業規則や待遇、職場の雰囲気などをチェックしておきましょう。

実際に企業で働いている人の評判や口コミを確認しておけば、求人票だけでは分からないリアルな情報が知れます。

自己分析で適職を見つける

他の人にとっては楽な仕事でも、自分に適性が合っていないと辛いと感じてしまうケースがあります。

自己分析して優先すべき条件を把握し、自分に最適な業界の営業職を見つけましょう

自分の市場価値や自分に合う仕事が知りたいなら、適性診断がオススメ☆

【グッドポイント診断】

自分にとって「どんな職場が楽か」を知りたいなら、リクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」が有益です。

診断結果では自分ならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きをチェックできます。

グッドポイント診断

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
\無料で手軽に適性がわかる!/

【企業からオファーが届くミイダス】

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスは自分の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ転職市場価値や行動特性、適正などを診断。

登録すると条件に合う企業からオファーが届くので、転職活動が効率的に進められます。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で転職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

営業への転職に強いエージェント活用

営業が楽な業界への転職を検討しているなら、営業職の求人に強い転職エージェントの利用が有益です。

営業職に強い転職エージェントなら、幅広い選択肢から最適な求人の紹介や営業職に特化した面接対策や入社後のサポートも充実

転職エージェントの登録・利用は無料のため、登録しておいて損はありません。

営業の経験がない20代~30代向け

DYM就職 就職カレッジ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
強い業界 営業・販売・IT IT・広告・商社
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


営業の経験がある20代~30代向け

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
強い業界 IT・医薬・流通 営業・経理・人事
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録
(無料)


求人数が豊富な転職サイトを活用

営業職で楽な仕事を探すには、求人数が豊富な転職サイトの活用も有益です。

求人検索や応募後の企業とのやり取りなど1人でこなす必要がありますが、自分のペースで転職活動が進められます

求人数が豊富な転職サイト

リクナビNEXT doda
転職サイト
主な年齢層 全年代 26~35歳
主な対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 4万件以上! 5万件以上!
特徴 満足度No.1
丁寧なサポート
企業からの
オファーも

幅広い層の求人
スカウトあり
転職イベント随時開催
簡単登録
(無料)


営業が楽な業界への転職成功!

現職に不満があり、転職を検討している人の中には「楽な営業に転職したい」と考えている人は多いです。

楽な仕事と感じる条件は人によって様々ですが、自分が何を優先すべきか明確にすれば、理想の営業職への転職が成功します。

ただし、営業職が楽な業界へ転職するのはリスクもあるため、将来のキャリアも検討した上で転職活動を進めましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事