最終更新日:

キーエンスに転職した方がいい?従業員の口コミでわかったキーエンスってこんな会社

キーエンスに転職した方がいい?従業員の口コミでわかったキーエンスってこんな会社

「日本一給料が高い会社」とも言われるキーエンスは、工業用センサーをはじめ、測定器や画像処理機器関連事業を手掛けている企業です。

現在のキーエンスでは、「グローバルダイレクトセールス」という直販システムを展開し、日本国内に留まらず世界数十カ国にサービスを提供しています。

気になる勤務時間・休日についてや将来性など、キーエンスで働く社員の口コミから、キーエンスとはどのような企業なのか探ってみることにしましょう。

株式会社キーエンスの概要


出典:https://www.keyence.co.jp/company/about-keyence/

キーエンスはこんな会社

正式名称 株式会社キーエンス
設立 1974年5月27日
代表者 代表取締役社長 山本 晃則
資本金 306億3,754万円
株式上場 東京証券取引所市場第一部上場
本社・研究所 〒533-8555 大阪市東淀川区東中島1-3-14
TEL:06-6379-1111
FAX:06-6379-2222

本社へは『新幹線の新大阪駅からも徒歩11分』とアクセスしやすい場所にあります。
また、研究所は東京にもあります。

昇給 年1回(4月)
賞与 年4回(3月/6月/9月/12月)
諸手当 業績、時間外、地域住宅補助、リフレッシュ、通勤手当、ほか
福利厚生 各種社会保険、借上社宅、社員持株、財形貯蓄、退職金制度(日本版401kなど)
キーエンスグループ健康保険組合 ほか
各種制度 自己申告制度、各種社内・社外研修ほか

賞与が年4回と他の企業と比べて多く、そのため年収が高くなる傾向があります。

キーエンスの主力事業は下記となります。

  • センサ、測定器
  • 像処理機器
  • 制御・計測機器
  • 研究・開発用 解析機器
  • ビジネス情報機器

キーエンスの従業員

従業員数 6,602名(2018年3月現在)
連結従業員数
平均年齢 36.1歳
平均勤続年数 12.4年
離職率 ここ5年で2~4%台で推移

20~40代の社員数が多く、平均年齢も若い特徴があります。

どんなタイプの人が多い?

キーエンスは個性溢れる社員が多いので一概には言えませんが、あえて言うと何ごとに対しても自分の意見をしっかりと持っている社員が多いように思います。これはキーエンスのオープンマインドな社風に惹かれて入社してくる人が多いことやユニークな面接方法を採用していることも関係しているのかもしれません。年齢・キャリアに関係なく自由に意見が言える風土の中で、切磋琢磨・自己成長し続けられる風土は今後も維持していきたいと考えています。

参考URL:https://www.keyence-jobs.jp/faq/

株式会社キーエンスの口コミ

年収や給与について

「業績賞与ありで年収はまずまず」

キーエンスは、入社後数年間の基本給はそれほど高額ではないようです。ですが、毎月の業績に応じた「業績賞与」が基本給に上乗せされるため、年収で考えた場合ではまずまず納得できるという口コミが多く見つかっています。

このシステムは他力本願志向が強い方の場合では少々厳しいと感じるかもしれませんが、実力主義志向が強い方にとってはやる気アップにつながるシステムという捉え方もできます。

「時給計算すると納得できなくなることも…」

少数派の意見ですが、勤務の拘束時間が長く、時給換算すると給与が低いという声が挙がっています。気になる口コミはこれぐらいですので、キーエンスの給与や賞与面に関しては大きな心配はないでしょう。

勤務時間・休日など

「長期休暇や有給休暇をとりやすい」

残業が多い、休日出勤があるなどの声も挙がってはいますが、GWや年末年始休暇が他企業よりも長いという声も挙がっています。また、有給休暇も消化しやすいようですので、休日に関しては特に問題はないと考えられます。

「残業削減の取り組みは行われているが、しわ寄せで困ることがある」

部署によっては、残業を削減したしわ寄せで早朝出勤になることがあるようです。また、「夜間の残業代はきちんと支払われるが、早朝出勤については給与に反映されないため納得できない」という声も挙がっています。

定時以外の勤務時間が給与に反映されないとなると、不満の声が挙がっても仕方がありません。この点については、キーエンス側で改善を試みる必要がありそうです。

また、産休や育児休暇などの制度は用意されていないようですので、子育て世代にとっては少々勤務しづらい環境かもしれません。

福利厚生

「リフレッシュ手当が嬉しい」

各種社会保険やキーエンスグループ健康保険組合などのほか、退職金制度も用意されています。また、GW前には社員全員にリフレッシュ手当が支給されますが、この手当には家族分もプラスアルファとして支給されますので、この点について満足している社員は多いようです。

その他、地域住宅補助も支給されますので、福利厚生についてはまずまずといったところでしょう。

「保養施設がない」

キーエンスの福利厚生制度自体は充実していると考えられますが、保養施設が用意されていないという点について不満を持つ社員がいます。保養施設は用意されているに越したことはありませんが、それがない分リフレッシュ手当が支給されているわけですから、この点については個人の考え方次第でしょう。

その他、福利厚生に関する悪い口コミは見当たりませんでした。

制度について

「スキルアップのための研修制度が充実」

新入社員から中堅社員まで、勤務年数に応じたさまざまな研修制度が用意されています。

キーエンスでは、パソコン関連やコミュニケーション関連、マーケティングなど、実にきめ細かい研修制度が用意されていますので、転職組であっても安心して業務に取り組むことができるでしょう。

ただし、キャリア採用の場合ではある程度の技術と経験が必要になりますので、もしも心配であれば、ひとまず転職エージェントに相談して詳細を確認してみてはいかがでしょうか。

「事業部ごとのカラーが極端に異なる」

やや古い口コミになりますが、事業部ごとのカラーが異なり、研修制度の内容にも差が生じているようです。ただ、教育制度や社内制度についての不満を訴える口コミはほぼありませんので、この部分についてはあまり神経質に考える必要はなさそうです。

将来性

「グローバル展開で将来性は十分に見込める」

将来性についての最も多い口コミは、「グローバル展開で業績を上げているため、将来性は期待できる」というものです。キーエンスにはさまざまな事業部がありますが、それぞれに業績は年々挙がっているようですので、よほどのことがない限り経営の危機に瀕する心配はないでしょう。

「個人的な成長については疑問」

キーエンスの将来性を案じる口コミはありませんでしたが、社内ルールが厳しく、個人的な成長ということになるとあまり期待できないという声が挙がっています。

この点については実際に入社してみないことにはわかりませんが、どの企業であっても社内ルールは存在していますので、個人の考え方次第といったところでしょうか。

全般的に将来性に期待するという声が目立ちますので、キーエンスの将来性についてはひとまず安泰と捉えておいて問題はないでしょう。


RECOMMEND

関連記事