最終更新日:

第二新卒の転職市場は規模が大きい?第二新卒が転職を成功させるコツとは

第二新卒の転職市場ってどれくらい?市場規模や転職時の注意点を解説!

「第二新卒の転職市場って規模はどれくらい?」「本当に第二新卒はニーズがある?」

これから第二新卒として転職活動を始めようとしている人には、このような疑問を持つ人も少なくありません。

同じ「新卒」が入っていても新卒と第二新卒の市場価値は同じではないため、事前の準備が必要です。

本記事は、第二新卒の転職市場がもつ規模や第二新卒を採用する企業にとってのメリットなどを解説。

第二新卒での転職をスムーズに成功させたい方は要チェックです!

第二新卒におすすめの
転職エージェントはコチラ

第二新卒の転職市場は一定の規模がある

そもそも第二新卒とは、新卒で入社した会社を3年未満で辞めた人を指します。

一部の限られた少数の人向けの小さい市場規模をイメージするかもしれません。

しかし、実は第二新卒に特化した転職エージェントなど、多くの第二新卒向け転職サービスが存在します。

第二新卒を採用したい企業が一定数存在し、高いニーズを持っているのが伺えるでしょう。

第二新卒の転職市場規模

具体的な市場規模に関しては、平成27年の3年目までに離職した人の割合は就職者数に対して全部で31.8%となっています。

この年の就職者数441,936人に対して3年目までに会社を離職した人は140,660人。

第二新卒として転職する人材は数多くいるのが分かる結果です。

参照:新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況

第二新卒は転職市場で有利ではない

第二新卒向けの様々な転職サービスがあると言っても、第二新卒は転職市場において決して有利な訳ではありません

第二新卒としての採用でも即戦力を求められる場合があり、半年以内など実務経験が少ない状態なら新卒を採用した方が良いと考える企業も多いです。

第二新卒の強みは大まかに言うと「新卒より実務経験や社会常識がある」「中途採用より柔軟に仕事を覚えられる」の二点。

自分の強みと市場価値を理解し、転職活動をするのが第二新卒では重要となります。

↓自分の市場価値を知りたい方はこの記事をチェック!↓

転職市場での第二新卒・既卒の違いは?

第二新卒向けの転職情報を探していると、一緒に「既卒」という言葉もよく見かけるかと思います。

第二新卒と既卒の違いは以下の点です。

第二新卒
一度社会人として就職した経験がある求職者
既卒
大学を卒業してからまだ一度も就職した経験がない求職者

2年程度の実務経験があれば、既卒より第二新卒が有利になる可能性も高いですが、基本的に第二新卒と既卒の条件は同じと考えていいでしょう。

既卒でもアルバイトとして責任ある仕事を任されている人や、専門的な知識・技術を使って仕事をしている人もいます。

持っている経験は面接でもアピールできるため、既卒で社会人経験がなくても転職活動に成功している例は多くあるようです。

企業が転職市場で第二新卒を選ぶメリット

第二新卒として転職するなら、企業側がなぜ第二新卒を採用するのか知っておきましょう。

企業側が感じる第二新卒のメリットが分かると、魅力的な自己アピールがしやすくなります。

企業が第二新卒を採用するメリット

企業が第二新卒を採用するメリットは大きく分けて以下の3つです。

  1. 採用にかかるコストが低い
  2. 柔軟性が高い人材が多い
  3. 将来性に期待できる

1. 採用にかかるコストが低い

1つ目のメリットは、採用にかかるコストが低い点です。

経験豊富な人を採用する時よりもお金をかけずに採用でき、新卒よりは社会人経験もあるので、研修などの教育コストを抑えられます。

2. 柔軟性が高い人材が多い

2つ目は、より柔軟性の高い人を採用できる点です。

第二新卒は前の会社に勤めていた期間がまだ短く、特定の価値観に染まっていないので、新しい会社でも適応できる可能性が高いからです。

ベテランで経験豊富な人は、即戦力で知識・スキルも十分ありますが、新しい会社のやり方や文化に適応できないリスクがあります。

若さゆえの柔軟性の高さは、第二新卒の大きな武器の一つといえます

3. 将来性に期待できる

3つ目は、将来的なポテンシャルに期待できる人材である点です。

第二新卒は、新卒時の転職で失敗した原因を分析・対策すれば、実際の仕事でも自分で考えて成長できる可能性が高いでしょう。

この点は新卒にはない、第二新卒ならではの有利なアピールポイントになります。

第二新卒は企業から「すぐに辞める可能性が高いのでは」と考えられやすいです。その心配を払拭するには、前回の失敗・経験から得た前向きな考えをアピールしましょう。

第二新卒として転職市場に入るメリット

  1. ポテンシャル込みで採用してもらえる
  2. 仕事の適性や将来のキャリアをイメージしやすい

ポテンシャル込みで採用してもらえる

第二新卒として転職をする最大のメリットは「ポテンシャルが重視される」点です。

転職では前職での経験や仕事内容をベースにして採用を検討するのが一般的でしょう。

未経験の仕事にチャレンジしたい方は、希望やポテンシャルを鑑みて判断してもらえる第二新卒での転職がおすすめです。

仕事の適性や将来のキャリアをイメージしやすい

最初の早い段階で一度就職に失敗しているのは、第二新卒の強みです。

もちろんプレッシャーもありますが、新卒の時とは違って仕事を一度経験した上で振り返りや改善ができるのは強みでしょう。

第二新卒で転職していない人であってもこれからつまずく可能性は大いにあります。

第二新卒での転職も、早い段階で壁に遭遇して対策を考えるタイミングができたと、前向きに捉えて転職活動を進めましょう

第二新卒の市場価値を活かせる転職サービス

第二新卒は最初の就職から3年以内に離職しているため、通常の中途採用より経験が少ないのは事実です。

また、第二新卒の市場価値に魅力を感じている企業の求人を探すのも簡単ではありません。

まずは第二新卒に特化した転職エージェントを併用し、自分に合ったサービスを探すのがおすすめです。

第二新卒が転職エージェントを利用するメリット

  1. 書類添削や面接対策、給料交渉などの手厚いサポート(無料)
  2. 非公開求人を紹介してもらえる

第二新卒に特化した転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)
DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

第二新卒の転職市場は小さくない!適切なサービスを利用して転職を成功させよう

第二新卒は、新卒や経験者と比べて、明確に有利になるわけではありません。

新卒よりは採用ハードルが高いと考え、第二新卒を企業が採用するメリットを考えて動いてください。

短期離職を繰り返さないよう前回の失敗や経験を整理し、前向きに考えるのも重要です。

一人での転職活動が不安な方は、第二新卒に強い転職エージェントを利用するのも一つの手になります。

転職エージェントをはじめとした様々な手段で情報収集をし、転職活動を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事