最終更新日:

20代でキャリアアップ!20代からハイクラスを目指すための方法を解説

20代でキャリアアップ!若いうちにハイレベルな人間になるための方法とは

気力と体力、そしてなにより吸収力が豊かな20代は、将来設計の基礎固めには絶好のタイミング。新しい知識や技術をスムーズに習得しやすく、多少の失敗もフォローしやすいのでチャレンジ&リトライが容易です。

しかし、具体的にどのようにしてキャリアアップしたらいいのか分からない人もいるのではないでしょうか?

ここでは、20代がキャリアアップを成功させるための考えやその方法を解説していきます。

20代をキャリアアップへ導く3つのポイント

20代でキャリアアップする方法

将来何を目指すのかを明確にする

エンジニアや工芸職人、営業職に料理人。様々な職業がある中で、何らかの目的があって今の仕事を選んだはずです。

家業を継ぐため仕方なく… といったケースもあるでしょうが、どんな理由の就職にせよ、そこで得た社会経験は将来の目標への足がかりになります。

新卒就職のエントリーシートでは「社会経験のない新人の自分」を起点に夢や目標を書きます。その起点を「社会経験を経て大まかな方向性が見えた今の自分」に置きかえるのです。

数年間を社会人として過ごした今、自分が本当にやりたいことや、将来の夢をかなえるために足りないものが少しばかり見えてきたはず。

進むべき将来の絞り込み未来の自分へたどり着くのに必要なものの明確化がキャリアアップの第一歩です。

自分の理想像から逆算してステップを導き出す

将来なりたい理想の自分をゴールとし、そこから逆算して途中のステップを考えるとスムーズです。

    自分のゴールの立て方

  • あなたの目指すゴールは何か?
  • その職歴や実績に求められる基本的な知識・スキルは何か?

このように大まかなステップを書き出したら、それを下から上へたどるように先々の予定を立てていきます

ゴールから逆算するこのやり方は、手探りでスタートラインから考えるよりも途中の道筋をハッキリと出しやすく、様々な場面で使える思考ロジックです。

最初に習得すべきスキルや知識を特定する

なりたい自分とそこに至るまでのステップを明確にできたら、総仕上げは「最初の一歩をどう踏み出すか」が大切です。

スキルや知識の習得を初めの一歩にするのなら、例えば以下のようになります。

  • 将来どんなスキルがあると役に立つのか?
  • どんな知識を増やせば実務や出世で有利になるのか?

先ほど立てた自分のゴールへ行くのにもっと詳しく掘り下げてください。必要なものが何かを一つ一つ特定していくのがキャリアアップに繋がります

20代でキャリアアップを実行する方法

必要なステップを明確にしたら、実行に移りましょう。

キャリアアップにはいくつかの方法があり、進みたい将来に合ったやり方を見極められるかどうかが成功のカギになります。

    キャリアアップの方法例

  • 知識やスキルを習得・向上する
  • ハイレベルな企業に転職する
  • 入選狙いでコンテストなどに応募する
  • 普段の生活の中で工夫や努力をする

知識やスキルを習得・向上する

  • 資格試験へのチャレンジ
  • スクールで勉強
  • 成功者からインスピレーション獲得など

資格取得の場合、例えばコンピュータ系のエンジニアを目指すなら「情報処理技術者」「基本情報技術者」などのIT系関連資格が思い浮かぶかもしれません。

サービス業界で輝きたければ、「接客サービスマナー検定」「レストランサービス技能検定」など、接客マナーを実用レベルで学べるものが良いでしょう。

検定を受ける以外にも、進みたい業界の成功者のインタビュー記事やコラムなどを収集するのも有効。

一般の人には思いつかない奇抜な発想や、旧来の常識をくつがえすような手法で成果を挙げた人も多く、たくさんのヒントが詰まっています

ハイレベルな企業に転職する

ハイレベルな企業ほど、転職のハードルも高くなるのはお約束。ですが今の自分よりワンランク上の企業に転職できれば自身の成長やスキルの向上が見込めます

今のあなたが持っている知識やスキルの質に加え、入社時の自己アピールをどれだけ分かりやすくできるかもポイント。

数年の社会人経験を持つ第二新卒者は、多少の教育は必要だとしても、すぐに役立つ即戦力として期待される割合が増えるでしょう。

特に20代後半ともなれば、チームリーダーを任されても珍しくない年代。

  • 自分の能力を応募先企業の業務にどう活かせるのか?
  • さらにそこで何を学び、どのように成長していきたいのか?

上記の2点をはっきり固め、何を聞かれても納得のいく返答を返せるように準備しておくと良いです。

キャリアアップを考えている今の自分は「数年の社会経験に裏打ちされた知見を持つ」立場なので、より具体性のあるアピールが出来れば、企業の心を動かすのは難しくないでしょう。

キャリアアップしたい20代向け転職エージェント

doda JAC Career
転職支援サービス
主な年齢層 20~30代 20代後半
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 大手企業で就業中の大卒以上
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
支援実績 業界30年の採用成功実績 経営層と密接に関わる非公開案件を紹介
特徴 求人約10万件
面接確約オファーあり
20代のIT・デジタル領域/管理部門に特化
簡単登録
(無料)

コンテストなどに応募し入選する

広告業界へのアピールになるキャッチコピー系、あるいはIT業界への足がかりになるプログラミング系など、関連分野コンテストに挑戦する方法もあります。

入選や大賞など受賞歴のある応募者は、野に埋もれた有能人材を欲している企業関係者にも注目されやすくなるからです。

コンテストの受賞をきっかけに有名企業からスカウトがくるチャンスもあったりして、キャリアアップの足がかりとしては充分と言えるでしょう。

普段の生活の中でできる工夫や努力をする

生活の中での勉強

新聞や雑誌などに使われる文章を分析する

職場の力を借りなくても、日常生活でキャリアアップのヒントを得る機会は多いです。例えば広告業界やマスコミ業界では文章能力が必要になります。

新聞や雑誌などのプロが書いた文章から、素人レベルのネット投稿まで、普段目にする文章や言葉について自分なりにあれこれ分析するクセをつけるのです。

上手な文章の書き方・言葉遣いの習得ができる上に語彙の数を自然と増やせるので一石二鳥のキャリアアップトレーニングと言えるでしょう。

広告・製品のデザインなどを考察する

  • いつも目にするあの製品はどこが使いやすいのか
  • あの配色が見る人にどんな印象を与えているのかなど

デザイン関係の業界を目指す人なら常日頃から上記のように周りに意識を向けておくと、より深く広い知識やノウハウが身につくようになります。

プロが仕上げた作品は「最高レベルの良いお手本」に触れるチャンスなので、良いものをたくさん見て、触れて知見をどんどん貯めていきましょう

アマチュアによる何の価値もないような作品も、「やってはいけない悪い見本」がたくさんつまった宝の山。

進みたい業界の成功者のインタビュー記事や、コラムなどを収集するのもキャリアアップを助けます。

完成度の高い作品をお手本とし、評価を受けないものは反面教師として見渡し続けると知見がどんどん貯まるでしょう。

そうした普段の蓄積が武器になり、知識とスキルの正確性や客観性を高めるヒントになるのです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事