最終更新日:

社会人1年目の女性の転職成功法は?需要が高い理由と転職すべきではない人

社会人1年目女性の転職方法は?需要が高い理由と転職すべきでない人・転職成功方法

「社会人1年目だけど会社をやめたい」
「最低3年は続けないといけないのか」

思い描いていた社会人生活と異なり、転職や退社を考えている方も少なくありません。

企業は社会人1年目にポテンシャルを求めるため、経験やスキルが浅くても転職可能。第二新卒を積極的に採用したいと答える企業は多く、転職しやすいと言えます。

本記事では、社会人1年目でも転職可能な理由と転職すべきでないケース・1年目で転職するリスクをご紹介。

働きやすい職場に就職しなおしたい・転職したい人は必見です。

社会人1年目は企業からの需要が高い

マイナビ転職の調査(※1)では、“今後1年間で第二新卒を積極的に採用したい”と答えた企業が多いと発表されました。

調査結果から、企業からの需要が高いため第二新卒にあたる社会人1年目は転職しやすいと言えます。

第二新卒 需要

”経験不足”が武器になる

社会経験が短ければ短いほど業務の進め方が型にはまっていないため、自社のやり方を早く吸収できると期待。

スキルや経験がなくても若さや謙虚さ・熱意ややる気など、社会1年目だからこそ兼ね備える魅力に企業は惹かれます。

社会人1年目で10人に1人が退職

厚生労働省の「学歴別就職後3年以内離職率の推移(※2)」によると、平成30年3月大学卒業者の1年目の離職率は11.6%でした。

10人に1人が社会人1年以内に退職している計算です。

2年目は11.3%、3年目は8.3%と推移していて、社会人3年間で31.2%が退職しています。

社会人1年目の離職率

社会人1年目女性の転職成功法

今転職するべきか考える

エン・ジャパンの調査(※3)では、「面談に来る3人に1人は転職すべきでない人」と答えた転職コンサルタントが42%でした。

現在の職場にとどまり、時期を見て転職する方が向いている人も少なくありません

転職活動を始める前に、現在のスキル・経験で本当に転職すべきかを考えましょう。

転職相談をした何割が今の仕事にとどまるべきか?

転職相談に来た3割以上の人は転職しない方がいい人

■ 転職した方がいい人
・やりたい仕事や業務/目標が明確
・現在の職場では今後のキャリアに影響がある
・適正年収より年収が低い
・転職しなければ解決できない問題がある
・現在の職場で働き続けると健康上の問題がある
■ まだ転職しない方がいい人
・自己分析ができていない
・年収の高さや知名度の高い企業への転職を漠然と希望
・客観的に自身を見ず憧れのみで転職を考える
・長期的なプラン設計ができていない

転職の目的・希望条件を明確にする

「仕事が嫌」「向いていない」など漠然とした悩みで転職しても根本的な解決にはならず、転職しても同じことを繰り返しかねません。

何に対してどんな不満があるのかを明確にし、今後何がしたいか・キャリアビジョンを見据えるのも重要です。

自己分析をする

社会人経験が浅い1年目の転職では、自分の強みや・適性度の高い職種の把握が鍵。

自己分析には、簡単な質問に答えるだけで結果が分かる自己診断ツールがおすすめです。

おすすめの自己分析ツール

\強みに特化/
リクナビNEXT
\強み・適職OK!/
ミイダス
サイト
対象者 全年代・転職者に対応
診断 18種類中5つの強みを診断
※15分程度で完了
3つの診断
※強みや個性・適性度が高い職種診断あり!
特徴 求人応募時に診断結果貼り付け可能 登録後面接確約オファーが来る
簡単登録
(無料)


転職活動は在職中にする

転職先を決めずに退職しその後就職先が決まらなければブランク(離職期間)が生まれ、長くなる程転職が不利になります。

転職活動に必要な期間は、一般的に3か月。3か月を過ぎる程、転職難易度が上がります。

焦って転職しても入社後に失敗と感じる人も多いため、転職活動は在職中に進め内定取得後に退職しましょう。

在職中なら転職活動を中断するのも可能。転職先を決めてからの退職がベストです。


企業調査を徹底

社会人1年目で辞めたいと感じた原因が応募先の企業に無いか、事前調査を徹底すれば転職の失敗を防止できます。

社風や業務内容の基本情報だけでなく、会社の口コミサイトで現場の雰囲気や有給取得率・残業時間など詳細まで調べましょう。

転職のプロの力を借りる

転職エージェントは、経験やスキル・強みに合った求人紹介や書類・面接対策など転職活動を徹底サポート。

業界・企業に精通しており、個人の転職活動では入手困難な内部情報まで惜しみなく提供してもらえるため、一人で就職活動するより安心で圧倒的に効率が上がります

エージェントを利用すれば、最短7日での内定獲得も可能です。

≫転職エージェントのメリット
  1. 希望条件に合った求人紹介
  2. 一般非公開求人も紹介してもらえる
  3. 企業の内部情報も惜しみなく提供
  4. 企業目線の書類/面接対策
  5. 書類審査不要のエージェントあり
  6. 利用は完全無料

経験が浅い社会人1年目向け

DYM就職 ジェイック
就職支援サービス
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性も歓迎 フリーター、ニート、中退者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
マイナビジョブ20’s キャリアスタート
就職支援サービス
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 東名阪の既卒、第二新卒 既卒・第二新卒・フリーター
支援実績 利用者数累計
32万人突破
年収100万円以上UP実績多数
特徴 20代対象の求人のみ。ポテンシャル採用中心 定着率92%
コロナ特別支援
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

経験がある社会人1年目向け

リクルートエージェント doda
就職支援サービス
主な年齢層 20~40代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東、関西、東海の大卒以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
求人が幅広い
営業職に強い
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

転職の目的に特化したサービスを利用

転職初心者の社会人1年目は、自分の求めている条件や目的が明確に定まっていません。

転職活動を進めながら様々な企業を比較検討していくうちに、徐々に絞り込まれていくのが一般的です。

転職活動の中盤で目的がはっきり定まったら、目指す業界・職種に特化した転職エージェントも活用しましょう。(※4)

特定の分野に精通しているためより専門的なアドバイスと目的に応じた優良求人を紹介してもらえます。

社会人1年目女性の転職はエージェントで効率化

1年目で感じている不満や悩みによっては、転職しない方が良いも少なくありません。1年目の転職にはリスクが伴うため、今転職すべきかを考えましょう。

社会人1年目の転職は、転職したい理由や目的・次の職場に求める条件を明確にすれば、求人のミスマッチを防止できます。

転職エージェントを利用すれば、個人では入手できない内部情報や書類・面接対策までサポートしてくれるため、「1年目」を不利にせずスムーズな転職活動が可能です。

参考
※1 マイナビ転職:第二新卒って一体なに?
※2 厚生労働省:学歴別就職後3年以内離職率の推移
※3 エン・ジャパン:転職相談に来る3人に1人は、転職すべきでない人。
※4 Career Journal:【第二新卒】転職エージェント/サイトおすすめランキング10選 | 公開求人数も比較

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事