最終更新日:

社会人1年目女性は転職可能?転職しやすい理由と転職リスク・転職成功方法

社会人1年目女性は転職可能?転職しやすい理由と転職リスク・転職成功方法

「社会人1年目だけど会社をやめたい」
「最低3年は続けないといけないのか」

思い描いていた社会人生活と異なり、転職や退社を考えている方も少なくありません。

企業は社会人1年目にポテンシャルを求めるため、経験やスキルが浅くても転職可能。第二新卒を積極的に採用したいと答える企業は多く、転職しやすいと言えます。

本記事では、社会人1年目でも転職可能な理由と転職すべきでないケース・1年目で転職するリスクをご紹介。

働きやすい職場に就職しなおしたい・転職したい人は必見です。

社会人1年目女性でも転職可能

社会人1年目はポテンシャルが重視されるため、経験やスキルが浅くても転職可能です。

社会人1年目で10人に1人が退職している

厚生労働省が実施した”学歴別就職後3年以内離職率の推移”の調査結果によると、平成28年3月大学卒業者の1年目の離職率は11.4%。10人に1人が、1年以内に退職している計算です。

2年目では10.6%、3年目で10.0%と推移しており、社会人3年間で32.0%の人が退職しています。

厚生労働省 学歴別就職後3年以内離職率の推移

出典:厚生労働省 学歴別就職後3年以内離職率の推移

社会人1年目は企業からの需要が高い

マイナビ転職が行った調査では、”今後1年間で、第二新卒を積極的に採用したい”と答えた企業が多いと発表。

調査結果から、企業からの需要が高いため第二新卒にあたる社会人1年目は転職しやすいと言えます。

第二新卒 需要

出典:マイナビ転職 第二新卒って一体なに?

”経験不足”が武器になる

社会経験が短ければ短いほど業務の進め方が型にはまっていないため、自社のやり方を早く吸収できると期待。

スキルや経験がなくても若さや謙虚さ・熱意ややる気など、社会1年目だからこそ兼ね備える魅力に企業は惹かれます。

社会人1年目 転職での男女差

社会人1年目の女性は、20代半ば頃からライフステージが変化しやすいため女性はすぐにやめるのではないかと懸念されがち。

結婚や出産・育児を望む女性は、将来のライフプランを意識した企業選びが必須です。

産休・育休取得の意思などを伝え、企業側の不安を解消しましょう。

好印象を与えるアピール方法

企業が第二新卒を求めているとはいえ、前社を3年未満でやめていることに企業は疑問を持ちます。

自社に採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないかと懸念しているため、社会人1年目の転職活動には下記の3点が大切です。

  1. 退職の原因を理解する
  2. 自身に反省点が無いか振り返る
  3. 在職中に身についたことをどう活かすか前向きに考える

事前に面接で伝えると反省点を受け入れる素直さや前向きに行動する力をアピールできるでしょう。

1年目女性が転職すべきでないケース

社会人1年目でも転職可能ですが、転職すべきでないケースとすべきケースがあります。

転職すべきでないケース

「仕事が嫌」と漠然とした思い

何に対してどんな不満があるのかを明確にし、解消できる企業に転職できなければ同じことを繰り返しかねません。

転職では今後何がしたいか・キャリアビジョンを見据えるのも必須。

目標実現のために転職をした場合と、転職自体を目的とした場合では、前者の方が成長できる可能性が高いです。

目的の有無で、転職の結果・質は変わります。

この仕事にむいてない

社会人1年目で仕事の向き不向きを判断するのは、早いです。

向いていない要因の一つとして「思い通りの結果が出せない」ケースは多いですが、社会人1年目の段階で自分の思い描いた通りの仕事をして活躍できる人はほとんどいません。

そんな時は、思い描いていたビジョンと現状を書き出し、どこにギャップがあるのか・どうすれば近づけるのかを把握しましょう。

客観的に考えれば、今できないこと・これからやるべきことが見えてきます。

自身の課題を1つずつ達成していくごとに、仕事に対する楽しさややりがいが感じられるようになるでしょう。

転職すべきケース

≪転職してもいい例≫
1.セクハラやパワハラを受けている
2.サービス残業、休日出勤、給料未払いなどブラック企業に勤務している場合
3.やりたいこと、目標が明確な場合

1、2に当てはまる場合は、転職すべき人です。最低3年は続けないといけないと考え、我慢して勤務すると心身ともに疲れてしまいます。


職場が原因のうつ病”職場うつ”が増加

厚生労働省が調査したみんなのメンタルヘルスでは、1996年のうつ病患者数は43.3万人だったのに対し、2008年には104万人と著しく増加しています。

2006年にはomronが職場うつが増えていると発表。

218社中6割超の企業が「過去3年間で、心の病は増加傾向にある」、7割強の企業で「心の病で1カ月以上休んでいる社員が社内にいる」というデータが出ています。

仕事に対する悩みや不安がある場合は過度なストレスを抱え身体を壊す前に、休暇・転職の選択肢も視野に入れましょう。

給与に不満がある

給与が低く見合っていないと感じている人は、現在のスキルや経験ならどの程度の給与なのか自身の市場価値の把握が重要。

転職すべきかの判断や無理のない範囲で年収・キャリアアップができます。

自己診断ツールミイダスなら、自身の市場価値(適正年収)や適性度の高い職種・個人の強みが診断可能です。

≫ミイダスの診断内容
■ 市場価値診断
―現在の経験やスキル/資格から市場価値(適正年収)を算出
■ コンピテンシー診断(総合適性検査)
―適性度の高い職種や個人の強み/ストレス要因
■ パーソナリティ診断
―生まれ持った個性や今のコンディション
 ※精神医学を基にした「PSA」を基にした診断で信頼度”高”
    ミイダス診断のメリット

  • 結果が公開され面談確約スカウトが届く
  • 市場価値が知れて適した求人に応募できる
  • 性格など自己分析ができる

社会人1年目の女性が転職をするリスク・注意点

社会人1年目でも再就職は可能ですが、転職時のリスクや注意点を把握しておけば入社後のミスマッチを防げます。

キャリアダウンを覚悟

キャリアアップを目的として転職を考えるなら、社会人1年目では経験やスキルで判断されるため必ずしも成功するとは限りません。

しかしやりがい・プライベート重視など仕事に何を求めるかを理解したうえで転職するなら、年収は下がるリスクはあるものの納得のいく職場に巡り合える可能性が高いです。

転職活動は在職中にする

転職活動は在職中に進め、退職は内定取得後がおすすめ。

転職先を決めずに退職すると、ブランク(離職期間)がうまれます。

ブランクが長くなると企業は仕事への意欲が無い・仕事への、印象が悪くなり再就職が困難に。転職活動をスムーズにおこなうためにも、在職中から転職活動をはじめましょう。


社会人1年目転職はエージェント利用がベスト

社会人1年目での転職活動は、新卒時と同じようにすると失敗する恐れがあります。

転職エージェントは、職場に求める条件や雰囲気や現在のスキルや経験を綿密にヒアリング。

一人一人に合った求人紹介から書類・面接対策まで転職を徹底サポートしてくれるため、スムーズに転職活動が進められます。

第二新卒に強い転職エージェント

マイナビエージェント 第二新卒エージェントneo
サイト マイナビエージェント
実績 20代に信頼されている転職エージェントNo.1 就職転職相談しやすさ・満足度No.1
特徴 各業界専任アドバイザー在籍、大手ならではの転職ノウハウで手厚くサポート 第二新卒やフリーターなどの20代限定エージェント、大阪/東京求人が多数
公式


就職Shop DYM就職
サイト
実績 最短1週間で内定獲得 サービス満足度90%
特徴 9割が20代
書類選考なし
求人元への訪問取材100%で内部情報を把握
研修付きの求人を多数保有
優良企業2,500社以上
公式


社会人1年目の女性におすすめ転職エージェント

パソナキャリア リクルートエージェント
サイト
対象者 東名阪エリア
管理部門
経理職
全国
実績 顧客満足度調査2年連続1位 転職支援実績
No.1
女性サポート 女性転職の特化チーム発足 あらゆる転職者の実績あり
女性アドバイザーも多数在籍
特徴 67%が年収アップ
経理などの管理部門求人が豊富
転職者の60%以上が年収アップ
全業種・職種の求人を網羅
公式


社会人1年目女性の転職はエージェントで効率化

1年目で感じている不満や悩みによっては、転職すべきでない人も少なくありません。1年目の転職にはリスクが伴うため、今転職すべきかを考えましょう。

社会人1年目の転職は、転職したい理由や目的・次の職場に求める条件を明確にすれば、求人のミスマッチを防止できます。

転職エージェントを利用すれば、個人では入手できない内部情報や書類・面接対策までサポートしてくれるため、「1年目」を不利にせずスムーズな転職活動が可能です。

■ 社会人1年目におすすめ転職エージェント
マイナビエージェント
第二新卒エージェントneo
就職Shop
DYM就職
パソナキャリア
リクルートエージェント
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事