最終更新日:

【第二新卒】転職の時期やアピールポイントを解説!第二新卒の転職を成功させるコツ

【第二新卒の転職】成功へのポイントと理想転職を具現化する方法

「新卒で入った会社から転職したい…」
「第二新卒って何が強みなの?」

20代の転職人生のターニングポイント。どのように転職すれば失敗しないか悩んでいる第二新卒の方も少なくありません。

第二新卒(卒業後三年以内の転職者)は自己分析で現状の不満や将来の目標を形にして活動をするのが転職成功への近道です。

本記事では第二新卒の転職市場や第二新卒の強み、転職のしやすい時期について解説。

転職を考えている第二新卒の方は要チェックの一記事です!

第二新卒は転職市場で人気

コロナ禍の影響で多くの企業が打撃を受けたとはいえ、人手不足を実感している経営者は多く、転職者にとっては売り手市場と言えます。

dodaが発表した情報によると、2022年10月時点での転職求人倍率は2倍を超えていて、求人数に対して求職者数が追い付いていません。

出典:doda 転職求人倍率レポート

少子化による需要増加

第二新卒の転職を歓迎する企業が増えた背景には、新卒の人材不足があります。

日本では少子化による影響で新卒者を十分に確保できず、新卒採用をしても約3割が3年目までに離職しているのが現状。

新卒の入社数が減少し、退職者は多いため、人材不足に拍車がかかっています。

大学卒業から期間が経っていない&社会人経験のある第二新卒は、人材不足の企業にとって教育しやすい面があるので、需要が高いです。

本当に3年以内で辞めても今後のキャリアに影響は出ないの?

確かに企業としては長くいてくれる子が欲しいわ。だけど、新卒時代に努力して入社した後にミスマッチに気づくのもあり得る話よ★

出典:新規大学卒業就職者の産業別離職状況

【おすすめ】第二新卒に強い転職サービス

転職エージェントを上手く活用すると、自分で転職サイトを使うよりもスムーズに転職活動が進みます。

応募書類の作成や面接対策の他、ビジネスマナーを教えてくれる転職エージェントもあるので要チェック。

第二新卒の方は、若手に特化した転職エージェントを中心に利用しましょう。

複数社を併用すると非公開求人を多く見られるようになるので、自分に合う所に登録してみるのがおすすめです。

【第二新卒向け転職エージェント】

ハタラクティブ
転職エージェント
主な年齢層 20代
主なサポート対象者 フリーター、高卒や中卒も◎
支援実績 6万人以上の支援実績
特徴 就職成功率8割
未経験職種への転職成功者多数
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)


【大手転職エージェント】

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の満足度
No.1
を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)

転職における第二新卒の強み

第二新卒の転職では経験・スキルよりも今後のポテンシャルや将来性が重視されます。

「その企業が第二新卒をなぜ採用したいのか」を考え、自分の持っている強みをアピールしましょう。

企業が第二新卒を採用するメリット

  1. 社会人経験があるので教育コストが低い
  2. 新しい環境に順応しやすい
  3. 将来性と熱意を持っている

第二新卒の強みは新卒よりも社会人経験があり、ベテランより柔軟な思考が出来る点です。

前職でのルールや失敗に囚われず、新しい職場に馴染んで努力する姿勢を見せましょう。

上記以外にも「忍耐力」「集中力」「コミュニケーション能力」など、職種を問わずに活かせるスキルは重宝されるので、積極的に自己アピールに組み込むのがおすすめです。

第二新卒の転職では自己分析が重要

第二新卒の弱点は3年以内に早期離職をしている点なので、「すぐに辞めてしまうのでは?」と考える企業側の疑念を晴らすのが大きな課題になります。

面接で聞かれて、上手く答えられなかった質問として、「今後のキャリアプラン」と「志望理由」が挙げられています。

「何がしたいのか分からない」と悩む第二新卒の方は、まず自分のなりたい将来像を考えてみましょう。

出典:学情「就職・転職活動に関するアンケート」調査レポート2018年3月版

船で大海原を目的もなく航海したら、まず迷っちゃうわよね。行き先を決めておけば遠回りでもいつかは行きたい場所に行けるはずよ☆

第二新卒が理想の将来像を考える方法

まずは5年先、10年先の自分はどのように働いているのが理想かを思い浮かべてください。

  • 「頼れる仲間と働いている」
  • 「生活と両立させながら働いている」
  • 「役に立つスキルを身に付けてキャリアを積んでいる」
  • 「楽しく働いている」など

どういう働き方をしていれば理想的な仕事を実現していると言えるのか、具体的に考えてみましょう。

30代以降の転職では即戦力が求められるので、若い第二新卒の時期にどうキャリアを積むか計画しておくのをおすすめします。

年齢 採用方法 評価ポイント
30代前半 即戦力採用 経験・スキル(専門性)、マネジメント
30代後半~ 即戦力採用、管理職採用 経験・スキル(専門性)、マネジメント
自分の望む働き方が想像できたら、紙やスマホのメモ帳などに書き出してみてください。後に残る情報として残しておくと、目的がブレにくくなります。

仕事の不満を整理する

転職のきっかけになった不満を分析すると、退職理由や志望動機の伝え方が見えてきます。

実際に働いてみて、やりがいを感じた点や不満を感じていた点を整理してみましょう。

不満の例

  • 人間関係・社風が合わなかったから
  • ワークライフバランスが悪かったから
  • やりたい仕事ではなかったから
  • 給料が低かったから
  • 大人の人間として接してもらえなかったから

求めていた部分が達成されなかった時に不満が生まれます。

不満に感じた点を全て書き出し、特に嫌だと感じるものを3つ並べると、自分が求める働き方が見えて来るでしょう。

自分が企業に求めている条件と照らし合わせながら求人情報を見ると、企業選びで失敗する可能性が低くなります。

自己分析が苦手なら専用のサービスを活用

自分の強みや仕事に求める要素を理解すると、企業選びや面接対策がスムーズに進みます。

「自己分析が苦手」「もっと手軽に自己分析をしたい」方は、転職者向け診断サービスを活用しましょう。

【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
バイアス診断ゲーム
グッドポイント診断
所要時間
25分
60分
30分
質問数
152問
105問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
先入観の強さ・意思決定の癖
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

第二新卒が転職に成功するコツ

4月・10月入社が狙い目

企業の求人が増えるのは、1月~と7月~の2シーズン。

前者は4月入社を狙い、新卒と同じタイミングで採用するのが目的です。

採用者の研修や手続きが一度にできるのでコストが低くなります。新人研修を受けられる可能性が上がるので、まずは4月入社を目指しましょう。

後者は10月入社が目安。多くの企業では人事異動があり、夏のボーナスをもらって退職する人も多いです。

会社はいなくなった人員を補うために求人を出します。4月入社のように研修を受けられない可能性は高いですが、早く仕事に取り掛かれるのはメリットです。

もちろん年間を通して求人がなくなることはないわ。あなたのタイミングで転職はできるから安心してね♪

出身大学を利用する

最近では第二新卒(卒業生)もキャリアセンターを利用できる大学も多いです。

基本的に対象者は卒業してからの3年間。主に求人の閲覧や個別相談などができます。

キャリアセンターでは一般には出回っていない非公開求人が紹介されるので、求人サイトなどと併用すればより多くの求人を見つけられるでしょう。

利用する際は公式サイトを見たり、直接確認を取ってみてください。

慎重な企業や学歴を重視する企業では、卒業証書の提出が求められる場面があるかもしれません。念のために準備しておくと良いでしょう。

面接の身だしなみは「清潔感」に注意

面接の際の服装はどうしたらいいのか悩む人もいるでしょう。

第二新卒の場合、ビジネススーツやリクルートスーツのどちらでも構いません。華美でないスーツを着用して面接に臨みましょう。

女性のボトムスについてはスカートでも、パンツでも問題ありません。

第二新卒の転職がうまくいかない3つのパターン

  1. 新卒の就活と同じ感覚で転職活動
  2. 退職理由を周りのせいにする
  3. 転職する前に退職

学生の頃に行っていた就活方法のまま転職活動をすると、同じように自分に合わない会社に入ってしまうリスクが高くなります。

転職を考えるきっかけとして会社への不満があっても、そのまま面接で口にするのは避けた方が良いでしょう。

環境のせいにする人だと思われると、主体性のない人と判断されて採用されにくくなってしまいます。

転職先を見つけるまでに退職すると収入がなくなり、焦って転職に失敗しやすくなるのも注意したいポイントです。

ネガティブな理由だけでの転職は成功しにくいし、転職回数が増えると次の転職が難しくなるのよ!

働きながら転職に時間を割けない場合や、ブラック企業での労働を強いられている場合は先に辞めて、心身の安全を確保した状態で転職活動をしましょう。

第二新卒の転職は難しくない!自己分析を深めて転職成功

第二新卒の転職で、経験年数・勤続年数が低いのを気にしている方は多くいます。

しかし、若さや柔軟性、ビジネスマナーを兼ね備えた第二新卒に魅力を感じる企業も少なくありません

第二新卒に強い転職エージェントを上手く活用すれば、転職に対する不安も含めて手厚くサポートしてもらえます。

後悔のない転職を実現するためにも、利用できるサービスはどんどん利用しましょ☆

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事