最終更新日:

孤独な転職活動に終止符!第二新卒が転職相談できる3つの場所

孤独な転職活動に終止符!第二新卒が転職相談できる3つの場所

周囲や大学に相談しながら進める新卒の就職活動と、個人ですべて活動しなければいけない転職活動とはまったく異なるものです。

初めての転職活動でどのように進めたら良いか分からないと戸惑う第二新卒者も少なくありません。第二新卒者が転職活動の相談をしたい場合には、どこを頼りにすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、第二新卒者が転職の相談ができる場所についてご紹介します

出身大学のキャリアセンター(就職課)に相談する

在学生の就職支援を行うところが大学のキャリアセンター(就職課)です。新卒の就職活動のときにお世話になったという方も多いのではないでしょうか。

大学のキャリアセンターは、基本的には在学生に向けての就職活動を支援していますが、大学によってはその大学の出身であれば、既卒者の就職や第二新卒者の転職の支援、アドバイスをしてくれるところもあります

とはいえ、既卒者や第二新卒者の受け入れをしていないキャリアセンターもたくさんあります。せっかく大学まで足を運んだのに無駄足になってしまうようなことがないように、事前に問い合わせをしておくと安心です

キャリアセンターを利用するメリット

大学のキャリアセンターは、ほかの相談窓口よりもメリットになる点があるのでしょうか。メリットをまとめてみました。

通い慣れているため相談しやすい

1番のメリットとしては、通いなれた大学であるため相談しやすいという点です。初めての転職活動で、ストレスに感じることも多々あるなか、リラックスして相談できるということは、大学のキャリアセンターの大きなメリットだと言えるでしょう。

非公開求人に出会えることがある

大学と深いつながりのある企業であれば、稀に一般に公開していない求人が出ているケースもあり、お宝求人に出会える可能性があります。科目を履修していた教授が企業との繋がりを持っているケースも多く、転職活動が予想以上にスムーズに進むこともあります。

キャリアセンターを利用するデメリット

キャリアセンターならではのデメリットもあります。利用する前にデメリットをチェックしておきましょう。

新卒求人ばかりでがっかり感が強い

デメリットとしては、やはり圧倒的に新卒者対象となる求人が多いという点です。特に掲示板などに掲げられている求人は在学生向けですので、新卒募集が100%と言っても過言ではありません。キャリアセンターに相談して、そのなかから第二新卒でも受けられる求人がないか、調べてもらうことをおすすめします。

後輩に合う可能性がある

卒業してから数年が経過している場合には、仲の良かった後輩が卒業しているかもしれませんが、就職後1年程度で離職した場合には、顔を知っている後輩がまだ多く在学している可能性があります。ばったり会ったときに、少し気まずい思いをすることがあるかもしれません。

ハローワークに相談する

国によって運営されている職業紹介の事業所がハローワークです。ハローワークといえば、失業等給付の受給手続きや雇用保険の資格変更、求人の紹介というイメージが強い方が多いかもしれません。

しかし、ハローワークの機能はそれだけではなく、職業訓練に関する相談や就職・転職相談窓口も開設されています。都道府県によっては、一般のハローワークと若年層向けのハローワークに区別して設置しているところもあります。

若年層向けのハローワークでは、第二新卒に向けたキャリアカウンセリングやセミナーなどの就業支援も行われていますので、積極的に活用したいところです

ハローワークは、ブラック企業が多いという噂を耳にしたことがある方もいるかもしれません。ハローワークでは、求人を出したい企業からの依頼を受けて、無料で求人票を掲載しています。

その際に、掲載企業について詳しい調査が行われることがないため、いわゆるブラック企業と呼ばれるような処遇の良くない企業が混ざっていることがあります。

しかし、大手広告会社に掲載を依頼していないような優良中小企業も多く、ハローワーク=ブラック企業というイメージだけで、相談窓口として利用しないのはもったいないことだと言えるでしょう。

ハローワークを利用するメリット

ハローワークを利用する場合にも、メリットやデメリットがあります。まずはメリットをチェックしてみましょう。

地元企業の情報に強い

ハローワークの求人へは全国どこからでも受けることができますが、各都道府県で担当している情報は、地元の企業からの求人掲載依頼が圧倒的に多いです

住まいの近くで転職したいと考えているときには、地元のハローワークは転職先を探す有力な手段となり、転職相談を行うときでも細かな情報が相談しやすいと言えます。

転職活動と雇用保険などの手続きが同時にできる

失業保険の手続きや、失業保険を受給している期間中に就職が決まった場合に支給される再就職手当など、各種手続きと転職相談・転職活動を同時に進めることができて便利です。これはハローワークだけのメリットでしょう。

ハローワークを利用するデメリット

ハローワークは他の相談窓口よりも、どのようなデメリットを抱えているのでしょうか。ハローワークのデメリットを紹介します。

第二新卒に特化していないケースがある

一般向けと若年層向けとでハローワークの設置を区別していない自治体では、幅広い世代の人が利用しているため、情報や対応が第二新卒に特化していないことがデメリットとなります

一般的な転職市場については動向を把握していたとしても、第二新卒の場合は?と聞くと、明確な回答が得られないことが考えられます。

職員によって対応や技量が異なる

ハローワークでは多くの職員が働いています。転職の相談をしても個別で担当してもらえるわけではないため、相談のたびに対応が異なるケースや、相談員の技量によって支援活動にも差が生まれることが考えられます

何度か相談窓口を利用し、自分が信頼できると思える相談員に当たった場合には、次回からその方を指名させてもらえるように交渉してみましょう。

転職エージェントに相談する

公的ではない民間の転職支援サービスも増えてきました。転職エージェントにはスマホやPCから気軽に登録ができるため、利用者も多いのが特徴です。

転職エージェントは、企業と転職希望者の間に立ち、面接のセッティングを行うほか、転職希望者の履歴書の添削や模擬面接、各種相談に応じるなどのサービスがあります

転職エージェントにもさまざまなタイプがあり、最近では、第二新卒者に特化したものも登場しています。ひとくちに転職エージェントといっても、抱えている企業の数や担当者の対応、受けられるサービスなどもさまざまです。

内容をしっかりチェックして利用することをおすすめします。複数に登録をして、相性の合うエージェントに絞っていくのも1つの手です。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントのサービスは各社によりさまざまですが、一般的に挙げられるメリットをまとめてみました。

第二新卒に特化した相談ができる

第二新卒に特化した転職エージェントを選べば、自分の立場にぴったりあったアドバイスを受けることができます。

第二新卒の転職市場に関する情報量も多く、第二新卒者が抱えやすい心配事についても的確なアドバイスをもらえることが期待できるでしょう。

2人3脚で転職活動が進む

転職活動は新卒の就職活動とは異なり、自分1人で動くことになるため孤独感を感じるという人もいます。転職エージェントの場合は個別に担当者がつくため、2人3脚で転職活動をしているような安心感が得られることでしょう

企業との面接の段取りなどもエージェントが行ってくれるため、自身の手間を省くこともできます。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントを利用する場合にもデメリットはあります。想定できるデメリットをチェックしておきましょう。

担当者とのやり取りが多く面倒

履歴書の添削や抱えている心配事についてのアドバイスを受けるときは、とても役立つ転職エージェントですが、面接の段取りやその他の日程を決めるとなると、担当者とのこまめな連絡が求められます。

連絡を入れても担当者が不在で再度連絡を入れるというケースもあり、やり取りが面倒になるという人もいます

担当者によって技量が異なる

ハローワークと異なり、転職エージェントは個人に専属の担当者がつくのが一般的です。そのため、同じ転職エージェントを利用しても、担当者によって技量が異なり、親身に相談に乗ってもらえないケースや知識の浅い担当者に当たる可能性もあります

担当者に疑問を抱える場合には、思い切って担当者の変更を申し出てみましょう

入社を急かされるケースがある

転職エージェントは、企業に誰かが就職することで企業から報酬を得るシステムになっています。そのため、希望と合致していない企業でも面接を受けるようにすすめられたり、ほかの企業もまだ検討したいという場合でも、入社の決定を急かされるというケースがあります

第二新卒者の場合は特に、初めての転職活動なので、しっかりと情報を自分で精査する目を持って利用することをおすすめします。

第二新卒におすすめの転職エージェント

転職エージェントのメリットとデメリットが分かった上で、それでも利用したいという方のためにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

マイナビジョブ20’s



『マイナビジョブ20’s』は株式会社マイナビワークスの20代・第二新卒向け転職エージェントです。大手の運営ならではの豊富な実績で採用企業からの信頼も厚く、転職活動を進めるにあたっての安心感が最大の魅力となっています。

また、第二新卒特有の転職市場を熟知している専門のキャリアアドバイザーがつくので、サポート力にも定評があります。第二新卒の転職で迷ったらまずここに登録することをおすすめします

JAIC(ジェイック)



『JAIC(ジェイック)』は社会人経験がない・少ない方に特化した転職エージェントです。既卒、フリーター、ニートなどこれまでの経歴は一切関係なく利用可能です。

JAIC(ジェイック)は通常の転職エージェントとは異なり、まず約5日間の研修に参加してビジネス基礎から面接対策まで、就職活動に必要なスキルを徹底的に学びます。研修後は書類選考不要の集団面接会が行われるため、就職成功率は81.1%以上といった高い数字を誇っています。

転職するにあたって基礎から学び直したい方にはおすすめですが、研修は終日かけて行われるため、有給が利用できる方、もしくは既に退職している方など、時間が確保できる方のみ利用した方がいいでしょう

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

第二新卒に特化した転職エージェントではないものの、その求人数の多さから第二新卒向けの求人も多数扱っているため登録しておいて損はない転職エージェントです。

まとめ:転職活動は孤独じゃない!相談しながらすすめよう

第二新卒者の場合は、何から進めたら良いのか分からない、退職理由の書き方が分からないなど、初めての転職活動にさまざまな不安や心配事を抱えることがあります。

周囲の転職経験者に相談するほか、大学のキャリアセンター、ハローワーク、転職エージェントなどさまざまな相談窓口を利用しながら、前向きに転職活動をすすめていきましょう


RECOMMEND

関連記事