最終更新日:

転職したい!けど…方法は?おすすめの転職方法と転職活動の進め方

転職したい!けど…方法は?おすすめの転職方法と転職活動の進め方

転職をいざ思い立っても、何をすれば良いか悩んでしまう方も多いのではないのでしょうか。

一般的な転職活動の期間は、3~6か月。主に下記の3点から成り立っています。

≪転職活動の内訳≫

自己分析や情報収集、履歴書等の作成:2週間程度
応募から内定までの選考期間:1~2ヶ月
内定から入社:1~2ヶ月

本記事では、最新の転職方法から、転職活動を行う上での注意点まで丁寧に解説します。

これから転職を考えている方、そして現在転職活動を進めている方は是非、参考にしてみてください。

最新の転職方法

現在の転職活動は、下記のように多くの転職方法が存在します。以下項目では、それぞれの特徴を紹介します。

  1. 転職サイト
  2. 転職エージェント
  3. ヘッドハンティングサイト
  4. ビジネスSNS
  5. 求人情報検索エンジン

転職サイト

転職サイトの構造は、基本的に企業が広告費を払って求人広告を掲載、求職者が応募するという仕組みです。

転職市場の盛況を受け現在では多くの転職サイトが存在していますが、大きく分けて総合転職サイトと特化型転職サイトの2つに分類することができます。

    ≪総合型・特化型の違い≫

  • 総合転職サイト:地域を限定せず、幅広い業種・職種の求人情報を掲載しているのが特徴
  • 例:リクナビNEXTマイナビ転職エン転職など

  • 特化型転職サイト:業種や地域などに特化している
  • 例:エンジニア転職に特化したgreen、女性の転職に特化した女の転職typeなど

総合転職サイトでは、会社情報や労働条件は必ずチェックされてから公表されるので、求人情報の質が担保されています。入社後のギャップを感じる可能性は、かなり低いです。

特化型転職サイトは、業種・職種や地域に特化した求人が集います。専門性の高い情報が集中しているので、目標が定まっている人におすすめです。

転職エージェント

キャリアアドバイザーやキャリアコンサルタントが求職者一人ひとりを担当し、求人紹介から入社までサポートしてくれるサービスです。

転職エージェントも、転職サイト同様に総合型・特化型に分類されます。

特化型転職エージェントでは、業界出身のキャリアアドバイザーが在籍している場合が多く、業界ならではの動向や傾向を把握しアドバイスしてくれます。

ヘッドハンティングサイト

会員登録した求職者に対して、ヘッドハンターや企業が直接コンタクトを取る仕組みのサイトです。

最近では転職サイトもスカウト機能などを強化していますが、ヘッドハンティングサイトはスカウトに特化しているのが特徴となっています。

ハイクラス転職向けのサイトが多く、更なる年収・キャリアアップを狙えます


ビジネスSNS

WantedlyやLinkedInに代表される、ビジネス版のFacebookのようなサービスです。

Wantedlyでは、応募意思の有無に関係なく気軽に気になる企業に訪問することができます。フィーリングやカルチャーがマッチしているか事前に確認できるので、20代を中心に支持されている転職方法です。

求人情報検索エンジン

indeedをはじめとした、求人情報のGoogleやYahoo!といったサービス。転職サイトや企業のホームページから自動的に求人情報がクローリングされ表示されます。

気軽に検索でき、競争率の少ない狙い目の求人に出会えることもあるのが魅力です。

転職活動の進め方

一般的な転職活動の期間は3ヶ月~6ヶ月と言われています。

≪転職活動の内訳≫

自己分析や情報収集、履歴書等の作成:2週間程度
応募から内定までの選考期間:1~2ヶ月
内定から入社:1~2ヶ月

各項目について詳細をみていきましょう。

Step1:自己分析・情報収集

転職活動の初手として、まずは下記3点を行いましょう。

  • なぜ転職するのかを明確にする
  • 今までのキャリアから、自身の長所・短所を分析する
  • 退職時期を決める

この段階は、新しい転職先を探す方向性を決める部分です。より深く自己分析すると、企業に求める条件が知れると共に転職後のミスマッチ防止にもなります。

同時に、退職時期を決めておくと、退職日を逆算して集中的に取り組めるため在職中でも転職活動の長期化防止が可能です。

Step2:履歴書・職務経歴書の作成

転職活動中のあなたの顔とも言える、履歴書・職務経歴書を作成します。クリエイター職の方はこれにポートフォリオを追加してください。

企業の人事担当者との最初の接点となり、最終的な採用可否を左右する要因にもなります

転職先として希望する業種が複数ある場合、志望動機を何パターンが準備しておくと応募をスムーズに行うことができるのでおすすめです。

いずれの転職方法を選択しても必要となるので、正確、丁寧に作成するようにしましょう

Step3:応募・面接

企業と実際に接触をするフェーズが、応募・面接です。

転職サイトや求人情報検索エンジンでの応募は気軽に行えることもあり、ついつい数多く応募してしまいがち。応募する前に、Step1の自己分析・情報収集で行った方向性を確認しながら、希望に合致する企業か判断してから応募しましょう。

書類選考を無事に通過すれば、面接です。ヘッドハンティングサイトや転職エージェントのオファーの場合、ここからスタートします。

面接では、立ち振る舞いや言葉遣いなどの基本的な面接マナーを確認するとともに、髪型やスーツなどの身だしなみにも注意してください。

Step4:内定

内定連絡を受けたら入社承諾をすぐにはせず、労働条件をよく確認しましょう。労働条件通知書、もしくは内定通知書など名称が異なることはありますが、労働条件について企業は書面で提示しなければなりません。

小さな会社では書面がない場合もあるので、その際は労働条件通知書を作成するようお願いしてください。

Step5:退職

プロジェクトや顧客の引継ぎなど、会社に迷惑のかかることのないように、退社の手続きは余裕をもって行うようにしましょう。

法律では2週間前までに退職届を出せば良いことになっていますが、社内規定により1ヶ月前となっている企業が多いです。

名刺や入館証、支給されたスマホ、ノートパソコンなどは、綺麗にして返却しましょう。

転職活動を行う上での注意点

転職活動を行う上での注意点を紹介します。このポイントを抑えれば、転職活動をより成功させる可能性が高まるでしょう。

転職活動は在職中に行う

転職活動のため離職する懸念点は2点、離職期間中の金銭面とブランクです。

転職活動には、面接会場までの移動費など支出が多くなります。また、ブランクと呼ばれる空白期間が生まれてしまえば、企業からのマイナスポイントになる可能性もあるため、在職中での転職活動がおすすめです。

在職中での転職活動で、万が一希望通りの転職先が決まらなくても、焦らず納得いくまで企業選びができます。

自分を過小評価していない?職務経歴書をチェック

職務経歴書はフォーマットが決まっておらず、自分のこれまでの仕事や実績について自由にアピールすることができる書類です。今までの経験・スキルを全面に出し、充分に自慢しましょう

取得していない資格を詐称して書くのはNGですが、ここで自身を過少表現してしまうと、せっかくの年収・キャリアアップを逃してしまいかねません

表現に迷う場合は、転職エージェントに相談し職務経歴書の添削をお願いすると良いでしょう。

面接に備えて徹底的にシュミレーションする

面接本番で頭が真っ白になって、話したいことを話せなかった。そんな事態が起こることのないように、面接本番に備えて徹底的にシュミレーションを行うようにしましょう。

中途採用の面接において聞かれる項目は、「退職理由」「志望動機」など、ある程度決まっています。

面接に不安要素がある人は、転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントの中には、その企業の面接時の質問を過去から遡って一覧で出してくれるサービスもあります。

自身の市場価値を把握する

自身の市場価値(適正年収)に見合わない条件で企業探しをすると、転職活動の長期化の原因にもなります。

現在のスキル・経験で、市場価値はどの程度なのかを把握し、目指す年収や職種を明確にしましょう。

市場価値を知るには、診断サイトミイダスがおすすめ。適正年収やマネジメント資質など、市場価値だけでなくどんな職種があっているのかを診断できます。

転職に不安を感じているアナタには転職エージェントがおすすめ!

「転職方法はわかったけど、どれを選んでよいかわからない」そんなアナタには、転職エージェントを利用した転職方法を強くおすすめします。

転職エージェントでは、転職活動の始めから終わりまで手厚くサポートがあり、かつ無料で利用できるからです。

    ≪転職エージェントのサポート≫

  1. 自己分析・キャリアの棚卸しの相談
  2. 履歴書・職務経歴書のチェック
  3. 面接日の調整
  4. 面接対策(練習)
  5. 求職者に変わって企業に条件交渉

転職が初めてで不安なことも、転職エージェントなら転職のプロにアドバイスをもらえるため、有利かつスムーズに活動できます

また、転職エージェントが求職者を企業に紹介する際は、推薦状を提出することも内定率が格段に上がる理由です。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

全国、全業種・職種などあらゆる求職者に対応している、転職支援実績No.1のリクルートエージェント。

約34万件の求人数を保有し、内17万件は非公開求人、ここでしか取り扱っていない独占求人も数多く存在します。

リクルートエージェントは、面接対策も魅力的。実績に基づいたデータから算出した、面接の傾向などから個別の面接対策を立て転職成功に導いています。

マイナビエージェント

20代~35歳で中小企業を目指す人は、利用すべき転職エージェント。求人数は約4万件で、中でもIT・エンジニア系の求人を多く保有しています。

総合型転職エージェントにもかかわらず、各業界専門のアドバイザーが在籍。専門的なアドバイスをもらうことができます。

doda

転職サイト・エージェントどちらの機能も利用でき、スカウトも受け取れるいいとこどりの転職サービス

初めての転職で不安なことは、気軽にチャットサービスで問い合わせができるので安心して転職活動を進められます。

また、doda主催の転職フェアや個別相談会、セミナーを実施しているのでスムーズな活動も可能です。

転職成功への近道は、自身に合った転職エージェントを利用する・転職エージェントの掛け持ちをする2点です。

併用してサポートを受ければ、求人の幅が広がり、サポートのいいとこどりができるので、気になるエージェントを積極的に利用しましょう。

まとめ

おすすめの転職方法から転職活動の進め方、注意点をご紹介しました。

自身に合った活動方法で条件に合うツールを活用すれば、転職活動をスムーズかつ有利に進められるでしょう。

    ≪転職活動の注意点≫

  1. 転職活動は在職中にする
  2. 職務経歴書では過少表現しない
  3. 面接に備えてシュミレーションする
  4. ミイダスで自身の市場価値を把握する

転職活動が一人で不安な場合は、転職エージェントに相談しましょう。

転職のプロから、無料でアドバイスがもらえて一般では出回っていない非公開求人に出会える可能性もあります。

【おすすめの転職エージェント】
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事