最終更新日:

転職エージェントに見捨てられる人の特徴は?対処をして希望の転職を実現

転職エージェントに見捨てられる原因とは?

「転職エージェントに見捨てられるってどんな状況?」「転職エージェントに見捨てられる原因は?」

スキルに見合わない希望条件や転職意欲の低さ、面談でのマナーの悪さなどで転職エージェントのサポートが途中でストップしてしまう求職者が一定数います。

これは転職エージェントから“見捨てられた”と想定されますが、しっかりと対策すればサポートの継続は可能

転職エージェントを併用していれば、もし見捨てられるような状況になっても転職活動が停滞せず転職が成功します

本記事では、転職エージェントに見捨てられる原因や特徴、転職エージェントに見捨てられた時の対処法を詳しく解説していきましょう。

効率的に転職できる併用おすすめの転職エージェントもご紹介します。

転職エージェントに見捨てられる状況とは?

転職エージェントは転職活動を有利にしてくれるサービスですが、求職者なら誰でも利用できるとは限りません。

未経験NG、フリーターやニートでもOK、40代以上も歓迎など転職エージェントによって基準は様々。

求職者の経験やスキルが基準に満たないと「現在紹介できる求人はない」旨のメールが届き、サービスを利用できない場合もあります

面談での態度が悪い、転職意欲がうまく伝えられないような求職者も、求人紹介や連絡が途絶える可能性が高いでしょう。

転職エージェントに登録したにも関わらず転職サポートがストップしてしまうのが「転職エージェントから見捨てられる」状況です。

転職エージェントにせっかく登録したのに見捨てられたら困るよね。どうして見捨てられるんだろう?

転職エージェントに見捨てられる人の特徴

転職エージェントは転職が決定しないと報酬が発生しないため、すぐに採用が決まりそうな人材から優先してサポートします。

転職エージェントから見捨てられる状況に陥りやすい求職者は下記のとおりです。

  1. 年齢が高すぎる
  2. 現年収が低すぎる
  3. 学歴が低すぎる
  4. 正社員経験がない
  5. 現在フリーターや無職
  6. 転職回数が多い
  7. 希望条件が高すぎる
  8. 転職意欲が低い
  9. 転職希望時期が遠い
  10. 態度が悪い

基準を満たしていない

転職エージェントごとに多少異なりますが、年齢や年収、学歴、職務経歴、転職回数など求職者の状況次第では「求人がない」メールが届きます。

職業紹介事業所は求職者への利用拒否が法律で禁じられているため直接利用を断れないものの、これは実質断られたと同義

メール内には新たに紹介できる求人が増えたら連絡する旨が書かれていますが、そのまま連絡が来ない場合がほとんどです。

転職エージェントによって特色が違うから、経歴が不安な子は自分に合う転職エージェントを選ぶのよ♪

経験やスキルに見合わない希望条件

自分の市場価値を見誤って希望条件を高く設定しすぎると、マッチする求人は自ずと少なくなります。

いくら実績のある転職エージェントの担当者でも経験やスキルに見合わない厳しい条件では求人を紹介できないでしょう。

妥協できる条件と譲れない条件を面談前にしっかりと定め、最初は出来るだけ希望条件を低めに設定しておくのが得策です。

自分の市場価値がよくわからない場合は、転職アプリ「ミイダス(MIIDAS)」を利用すれば簡単に市場価値の診断ができます。

ミイダス

自分のキャリアを見いだす適性チェックができるアプリ。社会人だけでなくニートでも想定年収が算出され、自分の市場価値がわかる。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

転職意欲が低く、転職希望時期が遠い

面談時に曖昧な転職理由やふわふわした希望条件を伝えると担当者に転職意欲が低いと判断されてしまいます。

転職希望時期も半年以上先など遠すぎると転職への熱意も伝わりにくいです。

「自分が何のために転職するのか」転職の軸を定めて転職理由を事前に固めておきましょう。

転職エージェントには転職希望時期が3カ月以内に迫ってから登録するのがおすすめです。

担当者への態度が悪い

転職活動をトータルサポートしてくれる転職エージェントですが、担当者と実際に会う機会はかなり少ないです。

面談でのファーストインプレッションが悪ければその後のサポートに大きく影響します。

連絡なしでの遅刻や必要書類の不備、担当者とのやり取りで高圧的な態度などは言語道断。

せっかくエージェントの基準を満たして面談にまで進めても、面談後に見捨てられる状況になりかねません。

社会人として当然ですが、最低限のビジネスマナーや常識的な受け答えは必須です。

面談で担当者から好感を得られればスムーズにサポートが受けられます。

ビジネスマナーが身についている求職者だと転職エージェントも企業にプッシュしやすいわ☆

転職エージェントに見捨てられると生じる不利益

転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業を全て代行してくれる存在です。

サポートに期待して登録した後に見捨てられる状況になると確実に転職活動が停滞します

求職者の態度やマナーに問題があるならその転職エージェントを今後利用できなくなる可能性が高いです。

登録した転職エージェントから見捨てられ別の転職エージェントを利用する場合は、再度申込をして面談に臨みまた担当者との関係を構築していかなければなりません。

転職エージェントは転職活動の心強い味方よ。見捨てられる前に担当者と密なコミュニケーションを取るべきね。

転職エージェントに見捨てられた時の対処法

受け身にならず自分から連絡する

何らかの原因で転職エージェントからの連絡が途絶えたら、こちらからアクションを起こさなければ転職活動は前に進みません。

何故転職エージェントから見捨てられる状況になったのか?原因が自分にあるなら素直に謝罪してあらためて転職の意欲や熱意を伝えるとサポートの再開が見込めます。

経験やスキルに合わせて希望条件を見直す

これまでのキャリアと希望条件とのミスマッチで転職エージェントから見捨てられたと想定される場合は、自分の市場価値に見合った希望条件に設定し直しましょう。

例えば業界や職種の幅を少し広げる、希望年収を少し下げるなど妥協点を見つけ条件を緩めるとマッチする求人が多くなります

担当者を変更する

忙しすぎて手が回らない、能力が低い担当者だとなかなか求人紹介やその後の進行状況の連絡がきません。

すぐに採用が決まりそうなスペックの高い求職者にもかかわらず、どれだけ待っても連絡がない場合は転職エージェントの担当者に問題があります。

見捨てられたと想定されるほど放置するような担当者ならすぐに変更の依頼をしましょう。

転職エージェントと二人三脚で臨まないと転職活動は成功させられないわ。非協力的な担当者は変更すべきよ☆

転職エージェントに見捨てられる前に他社の併用でカバー

複数の転職エージェントに登録しておけば1社に見捨てられても、継続してスムーズに転職活動が可能です。

転職エージェントによってサポートの質や得意な業界・職種は異なるため、転職を確実に成功させるためにも転職エージェントは2社以上併用しましょう。

各転職エージェントの転職支援サービスに申し込むと様々な転職サポートが受けられます。

登録・利用は全て無料です。

併用おすすめの転職エージェント

経験が浅い20代におすすめ

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、フリーター 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代におすすめ

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


女性におすすめ

doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントに見捨てられる人も対処すれば希望の転職が実現

転職エージェントを活用すれば、一人での転職活動よりも転職が成功しやすいです。

    転職エージェントから見捨てられる人の特徴

  1. 基準を満たしていない
  2. 経験やスキルに合わせた希望条件
  3. 転職意欲が低く転職希望時期が遠い
  4. 担当者への態度が悪い
    転職エージェントに見捨てられた時の対策

  1. 自分に合った転職エージェントを選ぶ
  2. 経験やスキルに合わせて条件を見直す
  3. 自分から連絡して意欲や熱意を伝える
  4. 非が自分にあるなら謝罪、担当者にあるなら変更依頼

転職エージェントに見捨てられないように対策を取り、転職エージェントを併用して効率よく転職しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事