最終更新日:

発達障害でも転職エージェントを使える?自分に合う職場へ転職できる活用法

発達障害でも転職エージェントを使える?自分に合う職場へ転職できる活用法

「発達障害でも転職エージェントで転職成功できる?」「発達障害の人に適した転職エージェントは?」など、転職エージェントの利用に不安を抱える発達障害の方も少なくありません。

自分の強みや特性・仕事の適性を知り転職エージェントを活用すれば、発達障害に理解があり長く働き続けられる職場へ転職可能です。

本記事では発達障害の方が利用すべき転職エージェントと活用法を紹介します。

お悩み別目次一覧
※おすすめのページに飛びます※
お悩み内容 おすすめページ
発達障害の人に適した転職エージェントを今すぐ知りたい
自分の強み・仕事の適性を診断したい
とにかく今すぐ仕事を辞めたい

発達障害の人も転職エージェントを使える?

発達障害を抱える人も転職エージェントを利用できるのかな?

発達障害の子も転職エージェントを利用して転職活動ができるわ☆だけど経歴や転職エージェントが保有する求人によっては、「紹介できる求人がない」と言われるケースもあるのよ。

障害者雇用促進法により発達障害を含む精神障がい者の雇用が増加中です。

厚生労働省の「令和元年 障害者雇用状況」の集計結果によると、発達障害などの精神障害を持つ雇用者は78,000人を超えています。(※1)

今後も障がい者を積極採用する企業が増える見込みなので、発達障害を持つ方も転職エージェントを利用して転職できると言えるでしょう。

障害者手帳等を持っている/申請中の方向けの転職エージェントもあり、発達障害の人の障がい者枠での就職支援に特化しています。

発達障害の子は一般枠での転職に加えて、障がい者向け転職エージェントで障がい者枠で転職する道もあるわ☆

一般向け・発達障害を含む障がい者向けの転職エージェントの違い

一般向けの転職エージェントと発達障害の人も使える障がい者向けの転職エージェントにはどんな違いがあるの?

    一般の転職エージェント

  • 誰でも利用できる
  • 給与水準が高い
  • 転職先の選択肢の幅が広い
  • 発達障害への配慮・理解に欠ける場合も
    障がい者向けの転職エージェント

  • 障害者手帳等が必要
  • 給与水準が低い
  • 転職先の選択肢の幅が狭い
  • 発達障害への配慮・理解がある

障がい者向けの転職エージェントは発達障害に関する知識が豊富なコンサルタントがサポートしてくれて、発達障害への配慮や理解がある職場へ転職できます。

しかし、一般向けの転職エージェントと比べて給与の水準が低く転職先の選択肢も狭いので、キャリアアップやキャリアチェンジは難しいと言えるでしょう。

発達障害の人はどちらの転職エージェントを使うべき?

発達障害の人は一般向け/障がい者向けの転職エージェントのどちらを使うべきなのかな?

一般向けと障がい者向けの転職エージェント、それぞれどんな子におすすめか紹介するわ♪

一般向け転職エージェントの利用がおすすめな人

  1. 一般枠で働いた経験がある人
  2. 発達障害を上手くコントロールできる人
  3. 年収ダウンは避けたい人
  4. 転職の選択肢を広げたい人

一般企業に勤めていた経験がある人

大人になってから発達障害と診断される人は多く、発達障害が発覚してからも社会人として働き続けている方は少なくありません。

発達障害でも一般枠で働いた経験がある・働いている人は、一般向け転職エージェントの利用がおすすめです。

発達障害を上手くコントロールできる人

症状の度合いにもよりますが、発達障害は服薬や特性を理解し上手く付き合えば自分でコントロールできるケースもあります。

発達障害の対処法・自分の強みや特性・仕事の向き不向きを熟知している人は、一般向け転職エージェントの利用がおすすめです。

自分の強みや特性・仕事の向き不向きを
無料診断するならコチラ⇒

年収ダウンは避けたい人

発達障害と上手く付き合いながら「働いて自立している人」「結婚していて子供がいる人」は、転職して年収ダウンするのは避けたいと思う方がほとんどでしょう。

年収ダウンは避けたい」「むしろ収入アップを目指したい」方は、一般向け転職エージェントの利用がおすすめです。

障がい者向けの転職エージェントは給与水準が低い傾向にあるから、年収ダウンになってしまう可能性が高いわ。

転職の選択肢を広げたい人

発達障害の特性や自分の強みを活かせる適職を把握しているなら、転職の選択肢は広いに越したことはありません。

転職の選択肢を広げてキャリアアップ・キャリアチェンジを目指す人は、様々な業界/職種の求人を紹介してもらえる一般の転職エージェントがおすすめです。

障がい者向け転職エージェントがおすすめな人

障がい者向け転職エージェントは、発達障害で障がい者手帳を取得している下記のような子にオススメよ☆

  1. フルタイム労働が難しい人
  2. 発達障害に特化した支援を受けたい人

フルタイム労働が難しい人

重度の発達障害でフルタイム労働が難しい人発達障害に理解がある職場で働きたい人は障がい者向け転職エージェントがおすすめです。

発達障害に特化した支援を受けたい人

障がい者向け転職エージェントは発達障害に関する知識が豊富で、発達障害の人の支援実績が豊富な担当者からサポートが受けられます。

発達障害に特化した支援を受けたい人は、障がい者向け転職エージェントを利用しましょう。

発達障害の人に適した転職エージェントと活用法

発達障害の人が使いやすい転職エージェントはどこなんだろう?

発達障害の子に適した転職エージェントと活用法を解説するわ♪

発達障害の人に適した転職エージェント

spring転職
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 大手優良企業への紹介実績多数 年間転職成功者は1万人以上
特徴 専門分野に精通
年収UP率59%
IT系に強い
求人約10万件
非公開多数
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)


Spring転職エージェント面談申込を100%受け入れてくれる親身なサポートが強みです。

一般向けの転職エージェントに加えて、発達障害などの障害を持つ方向けの転職支援サービスソーシャルパートナーズ』もあります。

dodaの求人数は約10万件、様々な業種・職種を網羅しているので、キャリアチェンジ・キャリアアップを目指せるでしょう。

dodaには障がいを持つ方向けの転職支援サービスdodaチャレンジ』があり、発達障害の方の転職実績も豊富です。

社会人未経験の人におすすめ

ジェイック
転職エージェント
主な年齢層 18~39歳
主な対象者 正社員未経験、ニート
中退者もOK
支援実績 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
約20社と集団面接できる
研修は全て無料
全行程オンライン対応
就職成功率80%超!
簡単登録
(無料)

ジェイックは社会人未経験の発達障害の子でも、やる気があれば就職できるチャンスがある転職エージェントよ♪

転職エージェントの活用法と転職の流れ

発達障害の人に適した転職エージェントで、自分に合った職場に転職できる活用法転職の流れを解説します。

  1. 自分の強みや特性、適職を診断する
  2. 転職エージェントに複数登録
  3. 「発達障害」の事実を打ち明ける

自分の強みや特性、適職を診断する

発達障害の人は得意不得意分野の差が大きく、人間関係のトラブル・仕事に着いていけないなどの理由で転職を繰り返す傾向にあります。

自分の強みや特性・仕事の適性を理解するのが自分に合った職場へ転職する第一歩です。

自分の強みや仕事の適性を診断するならリクナビNEXTを利用しましょう。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は、簡単な質問に答えるだけで自分の強みが分かる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断(※会員登録完了後に診断できます)

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。

仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

自分の5つの強みが分かれば、どんな仕事に向いているかも判断可能です。

    発達障害の人に向いている仕事

  • 営業職・接客業
  • Webデザイナー
  • ITエンジニア
  • 企画職 など
営業職・接客業向き
社交性」「親密性」があると診断された人
Webデザイナー向き
親密性」「独創性」「自己信頼」があると診断された人
ITエンジニア向き
継続力」「柔軟性」「慎重性」があると診断された人
企画職向き
独創性」「柔軟性」があると診断された人

上記の様にたった数分で適性が見えてくるので、自分の強みや適職を知りたい発達障害の人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
    【適性診断の開始手順】
    ※会員登録が完了すると無料で利用できます

  1. リクナビNEXTに会員登録
  2. 仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

  3. 診断ページへ
  4. 仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

  5. 診断スタート
  6. 仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

適性診断の詳しい手順はこちら→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ

転職エージェントに複数登録

適性診断後は、本記事で紹介した発達障害の人に適した転職エージェントの中から2~3社登録して併用しましょう。

転職エージェントによって取り扱う求人やサポートをしてくれるコンサルタントも違うので、転職エージェントを併用するのには大きなメリットがあり、スムーズに転職成功できます

「発達障害」の事実を打ち明ける

発達障害の事実を伏せて一般向けの転職エージェントで転職しても問題はないけど、発達障害に理解のある職場で働くのに越したことはないわ☆

発達障害の事実を転職エージェントの担当者に打ち明ければ、発達障害に理解がある職場の求人を紹介してもらえる可能性があります。

発達障害の事実を伝えれば求人紹介が不利になる可能性も否定できませんが、求人のミスマッチを防ぐためにも発達障害の事実を打ち明けるのは有効です。

発達障害に理解がある職場の方がストレスなく働き続けられるし、発達障害の事実を打ち明けるのも自分に合った職場に転職する秘訣と言えるね!

今の仕事が辛い…すぐに退職するなら

発達障害の方の中には「職場で上手くコミュニケーションが取れない」「仕事でミスばかりする」など辛い思いをして、うつ病などの精神疾患を併発する方もいます。

「今の仕事が辛い・自分に合わないし我慢の限界」「今すぐにでも退職したい」と思う方は、うつ病などを併発する前に「退職代行EXIT(イグジット)」を利用するのがおすすめです。

    退職代行EXITのメリット

  • 相談から即日対応ですぐに退職できる
  • 深夜や休日でも対応可能
  • 会社とのやり取りは一切不要
  • 退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK
退職代行EXIT

メディア掲載実績No.1!退職成功率100%
業界最大手で累計2500人以上の退職を代行。
即日対応でスピード退職を実現

発達障害でも転職エージェントなら自分に合う職場へ転職できる

社会や企業の発達障害への理解は進んでいますが、発達障害の人が働きやすい自分に合った職場と出会うのは容易ではありません。

まずは適性診断を活用して自分の強みや特性、仕事の向き不向きを知りましょう。

そして本記事で紹介した転職エージェントを上手に活用すれば、自分にとって最適な職場へ転職成功できます

発達障害と向き合いながら、転職エージェントを活用して理想の転職を実現させましょう。

(※1出典:令和元年 障害者雇用状況の集計結果|厚生労働省)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事