最終更新日:

ブランク回避は下準備がカギ。30代が退職後の転職活動を有利に進める方法。

30代まで勤めていれば、経験も責任も積み上がっていきます。仕事と並行しての転職活動は時間も限られ、だからと言って退職後の活動はリスクが高い。身動きがとれない板挟みの中、スムーズに転職活動が進まない30代は珍しくありません。

今回は30代が退職後に転職活動するリアルなデメリットとともに、退職後だからこそ使える転職戦略の立て方をお伝えしていきます。

在籍中と退職後、手堅い選択はどっち?

在籍中の転職活動が一般的

null

出典:転職活動はどのような状態で行いましたか? /リクナビNEXT

どうして在職中に転職活動をする人がこんなに多いの?

大きな理由は転職がうまくいかなくてもとりあえず今の仕事が続けられるからよ。より良い環境や待遇を求める転職で、失業というリスクはできるだけ避けて通りたいもの。

退職後の転職者はネガティブな印象

退職後に応募してくる転職者は「辛くて嫌な状況から逃れることを優先した」と受け取られる場合があります。そんな姿勢で働かれるのは困る、嫌になったらまたすぐ辞めるのでは?と企業からマイナス評価されてしまえば、選考前からハンデを背負った状態です。これを補うにはそれ相応の労力を要します。

退職のタイミングで人となりを判断されるなんてあんまりよ。辞めるのもいろんな都合や理由があっての選択なのよ?

こういう傾向があることは、やるせないけど否めないの。リスクを考慮するなら在籍中の活動がベターね。

じゃあ退職してからの転職はあきらめないといけないの?

いいえ、決してそんなことはないわ!もう既に辞めていたり、辞めないと転職活動が難しい子には、その子だからこそとれる戦略があるんだから♡

退職後に転職活動する不利点

退職後の転職とはつまり、無職の状態で転職活動をすること。デメリットを具体的に割り出して対策をとり、ダメージを最小限に抑えましょう。

延びるほど悪印象な失業期間

状況が深刻で本格的な休養が必要な方以外は、失業期間が長いとスキルの低下や目的意識の低さなどを疑われてしまいます。特に働き盛りの30代は悪印象でしょう。失業期間はできるだけ長引かせないことが得策です。

休養期間はさくっと終わらせる

とはいえ退職して仕事の忙しさや責任という肩の荷が下り、ストレス過多の職場から解放された30代は体も心も休めたくなってしまうもの。休養期間を設けるなら、準備←応募←書類選考←面接←内定までの流れを逆算してなるべく短めに設定しましょう。

休養後にすばやく転職活動に取り掛かれるように、常にどんな環境で自分がどうなりたいのかを具体的にイメージしておくこともモチベーションを保つ方法です。

しんどい職場を辞めるための転職をつい考えがちだけど、希望をもった前向きな転職にしたほうが素早く動けて後々辛くないってことね。
けどレディ、失業期間が長いって思われるのはどれくらいから?選考を1つ終えるのに1か月くらいかかりそうだけど。

30代の転職は3か月はかかる人が多いの。企業も考慮してくれるから、そのくらいなら懸念材料にはなりにくいわ。失業期間を気にしすぎてもよくないから、テンポよくちゃきちゃきっと次へ動いちゃいましょ♪

転職活動中の出費はかなりの額

退職後は収入源が失われる一方で、絶えず支出が生じます。リクナビNEXTによると、退職後転職者の支出は平均およそ71万円です。
null

出典:転職活動でいくら使った? /リクナビNEXT

在職中転職者との差が倍近くあるのは、転職活動の長期化が影響していると考えられます。食費や生活費はもちろん、活動のための交通費や書類準備費用・服飾費などが意外とかさむことは念頭においてください。転職のために仕事をやめ、生活が成り立たなくなったら本末転倒です。

必要額の確保

必要な支出を計算し、転職が長引く場合も考えるとさらに多めの費用が必要です。在職中にできるだけ貯金しておく。退職後の転職活動に並行して短期のアルバイトなどで補う。生活を見直して出費を抑えられる部分を探すのも効果的です。

お金の心配は結構ストレスになりそう。経済的なことを考えても転職は早めの行動が懸命ね。

そういうこと。30代だと結婚して家族がいる子も多いでしょ?その場合は1人だけの問題じゃないから、相談とより綿密な計画を練らなきゃダメよ。

もしものときには雇用保険

転職が長引いてしまった場合にとても助かる制度です。自己都合退職は支給まで3か月間無職であることが条件なので、その間は自力での活動資金確保は必須。雇用保険をもらうには失業期間が3か月以上となるので、受給前に転職する方が無難ではあります。

退職後だからこその強み

時間の余裕は最大の武器です。時は金なり、活かせることはたくさんあります。

    退職後の転職活動ならではの強み

  • 転職成功の要、丁寧な準備ができる!
  • 転職後のミスマッチも防げる!
  • 入社や面接などの日程に柔軟に対応できる!
  • 知識を増やして意欲アピールにもつなげられる!

下準備で成功率が大幅にアップ

転職活動は応募する日に始まるわけではありません。むしろ事前の準備が結果を大きく左右します。入念な準備ができるこの状況は退職後ならではの強みです。
自己分析キャリアの棚卸し応募する企業の情報収集選考への対策。これまでの経験が20代よりも豊富な30代だからこそ、時間をかけることでよりアピールポイントが引き出せるでしょう。

一つ一つ取り組んで自分の中で整理しておくことで、魅力的な人材だと企業に伝えやすくなります。前職を辞した理由も面接対策として用意するのも忘れずに。

既に辞めている理由を上手く伝えるって難しいわよね。ポジティブに伝えられたらいいんだろうけど、具体的にはどうしたらいいの?

ネガティブにならない程度に正直に伝えるのも誠実さを見る手よ。例えば、
『在籍していた会社に迷惑で失礼だと思ったから』
『自分と向き合う時間を設けてじっくり決めたかったから』
とかね♪

ミスマッチも防げる

転職後のミスマッチは決して少なくありません。転職会議の調査では、4人に1人が転職に失敗したと回答。転職後にギャップがあったり、再度転職を検討している30代も2割以上います。
null
null

出典:なんと転職者全体の4人に1人が転職したことを後悔!!転職に失敗してしまう理由とは?/転職会議

原因は企業の情報収集や自己分析の不足です。ミスマッチは企業研究や自分の希望の優先順位をはっきりさせておくことで防げます。退職後の転職活動ならこの作業にじっくりと時間を費やすことが可能です。

入社、面接の日程に柔軟に対応できる

時間の余裕で柔軟に企業の都合に合わせられるという点も大きなメリットです。複数の企業の選考を同時進行でき、多くのチャンスを得られます。採用されれば即日勤務可能なことも、在職中の転職者よりも有利なポイントでしょう。

知識の習得でライバルの一歩先へ

希望の職種や業種に関しての知識を事前に習得することも可能です。入社後も新たな事に挑戦し早く職場に慣れる意欲、積極性が全面に押し出せることが企業にアピールできます。

30代で退職後に転職活動しても、強みを活かせば有利に戦っていけそう!

でしょ?焦らず冷静に取り組めば、かならず素敵な転職を実現させられるわ☆

時間の余裕を武器に、後悔しない転職を

  1. 今が嫌だから「辞める」ことを転職の目的にせず、「どんな人生を歩みたいから転職をするのか」を意識する。
  2. 仕事を辞めてからの転職活動に立ちはだかる壁は現実的で避けられないものばかり。素早く次につなげるためにも、入念な計画と対策を。
  3. 仕事を辞めたからこそ有利に進められる強みを追求していけば、長い目で見てやってよかったと思える転職になる。

人と違う転職方法を選んだからって弱気にならないで。リスクのある退職後だからこそ、用意周到にハイリターンをつかみましょ!


RECOMMEND

関連記事