最終更新日:

30代が退職後に転職すると不利になる?30代が転職に成功する方法とは

30代が退職後に転職すると不利になる?30代が転職に成功する方法とは

「今すぐに会社を辞めたい…」
「30代の退職後の転職活動は不利になる?」
「退職後の30代転職を有利に進める方法は?」

すぐに今の会社を辞めたいと考えている30代の中には、退職後の転職は不利になるのではないかと、なかなか退職・転職に踏み切れない人も少なくありません。

30代の転職は在職中が一般的ですが、退職後の転職活動でもしっかりと対策をすれば、スムーズに理想の転職が成功します。

本記事では、30代の退職後の転職活動のメリット・デメリット、30代の退職後の転職を成功させる秘訣を解説していきましょう。

30代が退職後の転職を
成功させる秘訣はこちら
↓↓↓

退職後に転職する30代向けエージェント

退職した30代におすすめのエージェントをご紹介★自分に最適なサービスで、効率的に転職を成功させましょ!

退職後3ヶ月以内の30代の転職向け

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約30万件 約1万7000件+非公開求人
特徴 業界最大手求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録(無料)


退職後3ヶ月以内でキャリアがある30代向け

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 20代後半
~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし
利用料金 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均950万円超 20~50代で年収200~400万UP実績あり
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)


退職後3ヶ月以上の30代転職向け

ジェイック
(JAIC)
DYM就職
エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
支援実績 入社後の定着率91.5% 経験が浅い若年層を積極支援
特徴 正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
簡単登録
(無料)


退職後より在職中の転職活動が一般的

在職中と退職後は、どちらの状態で転職活動をする人が多いのかな?

リクナビNEXTのアンケート調査によると、退職後よりも在職中に転職活動をする人の割合の方が圧倒的に多いです。

在職中と退職後、どちらの状態で転職活動を行いましたか?

在職中の転職活動は経済的な心配はありませんが、転職活動に充てる時間が十分に確保できないケースがあります。

一方で、退職後は転職活動に専念できますが、金銭面や長期化への焦りでよく考えないまま転職してしまい、入社後に後悔する人も少なくありません。

在職中の転職活動が一般的ですが、どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分に合った状態での転職活動を選択しましょう。

30代が退職後の転職活動するデメリット

一般的には在職中に転職活動をする人が多いんだね。

実は、30代が退職後に転職活動するのにはデメリットがあるの。

ブランク期間ができると転職が不利

平均的な転職活動期間が2~3ヶ月と言われる中で、退職後3ヶ月以上の離職期間(ブランク期間)が発生した30代は一気に転職が不利に。

ワークポートのアンケート調査によると、90%の採用担当者が「ブランク期間は不利になる」と回答しました。

退職後のブランク期間がある方が転職活動は不利になる

3ヶ月以上の離職期間があると、ブランクがある求職者に対して企業が抱く下記のようなイメージを払拭しながら転職活動を進めなければなりません。

【ブランク期間がある人に対する企業のイメージ】
・計画性がないのでは?
・仕事に対する意識が低いのでは?
・ビジネスの感覚が鈍っているのでは?
・入社してもすぐに馴染めないのでは?

30代は企業の中で中間管理職を担う層なので、役職付きの転職をしたい場合は、ブランク期間があると転職がより難しくなります。

3ヶ月以内のブランク期間は30代でも問題ないわ★離職期間がなるべく短くなるように行動しないとダメよ!

金銭面の不安と気持ちの焦り

退職後は社会保険などの支払いだけでなく、転職活動にも意外とお金がかかります。

転職活動に必要な支出
・交通費
・履歴書等の資料代
・スーツ等の身だしなみ代
・宿泊費(遠方での面接の場合) 
・移動先での飲食代    など

退職後は収入源がないので、十分な貯蓄がないと経済的にも精神的にもな余裕がなくなってしまうケースも少なくありません。

気持ちに余裕がないと冷静な判断ができず、内定が出た企業を十分に吟味しないまま内定承諾してしまい入社後に後悔する30代も。

退職後の転職活動は、長期化すると金銭面での不安や気持ちの焦りが常に付きまとう状態になるでしょう。

30代退職後に転職活動するメリット

退職後の転職活動はデメリットだから、在職中に行動する30代が多いんだね!

30代の退職後の転職活動はデメリットだけじゃなく、退職後だからこそのメリットもあるのよ♡

退職後はしっかりと準備ができる

30代の転職活動は、希望業界や選考企業の動向や特徴を的確に把握した上での自己PRや志望動機等の入念な準備が必要です。

退職後の転職活動は、株式の動き企業の成長率等の企業研究や面接対策などに充てる時間を確保しやすくなります。

転職活動の準備に時間を割ければ、より理想に近い求人を探せるだけでなく対策も万全にできるため、選考を有利に進められるでしょう。

30代までに得た知識やスキルをどう活かせるか・どう貢献したいかを伝える上で企業研究は最重要事項なの!

退職後の転職活動は1社1社丁寧に準備ができるから、選考通過率がアップしそうだね!

退職後は急募求人に対応できる

急な異動や退職による欠員補充などの急募求人は特定の経験や能力を求める求人が多いため、即戦力となる30代は有利

【急募求人の特徴】
・ピンポイントの能力を求める求人多数
・年収や待遇面が好条件
・応募が早い方が採用確率UP

急募求人は通常の求人よりも好条件で募集しているケースが多く、良い人材がいればすぐに採用されます。

退職後の転職活動なら、急募求人にすぐに対応できるので、在職中の転職活動よりむしろ好条件での転職ができる可能性も高いです。

転職エージェントでは急募求人を登録者の中から優先的に求人紹介をするケースが多いので、急募求人に応募するなら転職エージェントの利用が有益です。

退職後は時間の融通が利きやすい

退職後の転職活動は、面接時間や入社時期など先方の都合に合わせやすく、スムーズなやり取りができます。

転職活動と並行して、新たな知識習得に向けての勉強や通学も可能です。

30代の退職後の転職活動は、迅速な対応で信頼を得やすく、キャリアアップできる時間も確保しやすいでしょう。

退職後は時間を自由に活用できて、好条件求人に出会える可能性も高いんだ!メリットも多いんだね!

30代が退職後の転職を成功させる秘訣

30代はキャリアの棚卸しをする

30代が退職後の転職を成功させるには、これまでに経験した仕事内容や実績を整理する「キャリアの棚卸し」をしましょう。

キャリアの棚卸しで整理すべき項目
・業務内容
・受賞歴や実績、評価
・資格や専門知識、習得スキル
・力をいれて取り組んだ仕事
・自分の強みを発揮した出来事 など

30代は基本的に即戦力採用となるので、スキルや経験を選考企業に合わせてアピールできるよう、詳細に分析しておくと効果的

また、自分の市場価値を把握し、適切な自分の年収を認識しておくのが得策です。

キャリアの棚卸しをして、自分の市場価値も同時に把握できれば、求人のミスマッチを防げるわ!

でも、自分の市場価値ってどうやって判断すればいいの!?

【ミイダス】

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスは自分の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ転職市場価値や行動特性、適正などを診断。

登録すると条件に合う企業からオファーが届くので、退職後でも転職活動が効率的に進められます。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で転職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

30代は転職エージェントに相談する

30代が退職後に転職活動するなら、転職エージェントの利用が確実に効率的です。

転職エージェントは1人ひとりに専任のアドバイザーが就き、求人紹介だけでなく書類作成や面接対策・各企業とのやり取りなど、転職活動を徹底サポート。

【転職エージェントの特徴】
・適切な求人紹介・企業への推薦
事前に選考企業の様子を教えてくれる
・転職活動に詳しいアドバイザーに相談可能
・書類添削/面談対策など無料でサポート
・企業との年収・待遇面の交渉で好条件になる
相談だけ・情報収集だけの利用もOK!

各転職エージェントで力を入れているサポートや得意な業界・職種は異なるため、自分に最適なサービスを利用しましょう。

【退職後3ヶ月以内の30代転職向け】
サービス名 特徴
リクルートエージェント 業界最大手求人数No.1。採用成功実績は54万人超。
Spring転職エージェント 専門分野に精通年収UP率59%。大手優良企業への紹介実績多数。
【退職後3ヶ月以内キャリアがある30代向け】
サービス名 特徴
リクルートダイレクトスカウト 年収800万~2千万の求人多数。一流ヘッドハンター指名可能。
doda X 20~50代で年収200~400万UP実績。高内定率ダイヤモンドスカウト。
【退職後3ヶ月以上の30代転職向け】
サービス名 特徴
ジェイック
(JAIC)
就職成功率8割。入社後の定着率91.5%。
DYM就職 優良企業を厳選して求人紹介。人物重視の採用。

30代は失業手当(失業給付金)を申請

30代が退職後に転職活動をするなら、ハローワークにて失業手当と呼ばれる「雇用保険の基本手当」の申請しておくのが得策です。

手当を申請しておけば、万が一転職活動が長引いたとしても一定の手当が受けられるため、安心して転職活動を続けられます。

退職の経緯や雇用保険の加入期間・退職前の収入等によって、給付開始時期や給付額が異なるので、自分の状況と照らし合わせましょう。

30代退職後でも判断力/行動力で転職成功

30代で今の会社を辞めてから転職活動をするなら、ブランクが長くならないための計画と、自分の能力が最大限発揮できる冷静な企業選びが重要です。

退職後の転職は早めの行動が得策ですが、心身の不調で休養が必要なら回復を最優先し、医師と相談しながら転職活動を進めてください。

30代で退職後でも、転職支援サービスの有効活用や入念な準備をして、スムーズに理想の転職を実現させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事