最終更新日:

【一年目】保育士を辞めたい!一年目の保育士が後悔しない転職をする方法

保育士は人気がある職業ですが一年目から「辞めたい」と考えている方も少なくありません

保育士になって一年以内でも、適切なサービスを活用すれば転職は実現可能です。

本記事では保育士を一年目で辞めたくなる原因や退職理由を伝える時の注意点、保育士一年目での転職に便利なサービスを紹介。

保育士の仕事がつらいと感じている方は、この記事を参考にしてください。

保育士を一年目で辞めたい人は少なくない

憧れや理想を抱いて保育の世界に入った後、現実とのギャップに悩む人は多くいます。

保育士は短期間での離職率が高い職業です。

保育士の勤務年数

参考:厚生労働省「保育人材確保のための『魅力ある職場づくり』に向けて」

厚生労働省の調べによると、保育士の資格がある状態で他の仕事を希望する人の10%が1年以内に離職しています。

また、保育士全体のうち50.7%は保育士としての勤務年数が5年未満でした。

経験が浅いうちに保育士を辞めるのは、全然珍しい話じゃないのよね。

一年目の保育士が辞めたいと感じやすい時期

一年目の保育士が辞めたいと感じやすい時期は「年度の上半期」「長期休暇の後」など。

着任して間もない4月~5月、お盆休み明けの8月などに辞めたい気持ちが強くなる人は多いのではないでしょうか。

長期休暇があると休み明けの仕事量を考えたり、自分は本当にこの仕事がしたいのか?と悩んだりしやすくなります。

その他、体調を崩したタイミングや、友人・同僚の退職(転職)が辞めたいと思うきっかけになる場合もあるでしょう。

一年目かつ年度途中での退職は避けるのが無難ですが、3月まで耐えられない場合は大きな行事が終わった後に退職を切り出すと円満退職しやすくなります。
≫保育士からの転職に
おすすめの転職サービスをチェック

保育士を一年目で辞めたいと思う主な原因

年収と労働時間が見合わない

厚生労働省の調査によると、令和元年度の保育士の平均給与額(全国平均)は月収24万4500円、年収363万4,600円でした。

保育士の給与は近年増加傾向にあるとはいえ、日本人平均の年収436万円には届きません

新卒以外での採用であっても、一年目の手取りが月20万円に満たない保育士は少なくないのが現状です。

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」
   国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」

仕事量が多い

保育士は子ども相手の保育以外にも連絡長の記入などの事務作業や研修など多くの業務を行ない、残業や休日出勤もせざるを得ないケースも多々あります。

職場によっては土日に行事が入り、代休や有休が取れないため「保育士を辞めたい」と感じてしまう方も少なくありません。

勤務年数を重ねて昇進すればある程度改善されますが、あまりにも労働環境が悪い場合は早めに他の職場を探しましょう

求められる保育と理想とのギャップ

自分が理想とする保育のやり方を、一年目から実現するのはほとんど不可能です。

園の保育方針や規則が、理想の保育とは違ってギャップに苦しむケースもあります。

保育方針が問題であれば、理念に賛同できる他の保育施設へ転職できれば解決可能です。

他の保育施設に転職する際は、事前にWEBサイトなどで保育施設の情報を調べましょう。

先生や保護者との人間関係が良くない

保育施設は少人数で運営している所が多く、人間関係が悪化すると逃げ場がありません

また、信頼できる相手に子どもを預けたいと考え、新人の保育士に不信感を抱く保護者も一定数いるのは事実です。

接する保護者は数年で確実に入れ替わりますが、職場内の空気が良くない場合は時間による解決が難しいかもしれません。

心身に不調をきたしそうな場合は、早めに転職するのも手段の一つです。

覚える仕事が多く、責任も重い

保育士が覚える仕事は、日常的な保育業務から保護者対応、日々の掃除・整理整頓、書類作成などの事務作業など多岐に渡ります。

行事やイベントが加わると忙しさはさらに増しますし、一年目で全てを完璧に覚えるのは難しいでしょう。

業務の多さに加えて、保育業務では子どもの命を預かるプレッシャーが常に存在します。

プレッシャーを感じて、精神的にも体力的にもつらいと感じる人は少なくないの…。

保育士を一年目で辞めたらどうなる?

保育士を一年目で辞めても転職は可能

今の保育園を一年で辞めてしまうと、次の仕事がないのでは?と心配する方は多いです。

しかし、近頃は「第二新卒」と呼ばれる、新卒1~3年目の求職者を積極的に採用する保育園や企業も増えてきています。

ただし、採用面接では一年目で退職した理由を高確率で聞かれるので、前もって納得してもらえる理由を考えておきましょう。

≫第二新卒に強い転職エージェントをチェック

一年目は仕事ができなくて当然

「子どもと上手くコミュニケーションをとれなかった」「理想通りに動けない」と悩むのは、経歴のある保育士さんも同じです。

仕事そのものが嫌なのではなく、仕事が上手くいかないのが辞めたい理由なら、もう少しだけ保育士を続けてみてはいかがでしょうか。

一年目は「子どもの顔と名前を覚える」「掃除」など身近な仕事からこなしましょう。

できる仕事が増えれば自信を持てるようになり、周囲の人からの信頼にもつながります。

新人なんだから、ベテランより上手くできないなんて気に病む必要は一切ないわ!

一年目で保育士を辞めたい時の転職プラン

今の職場が辛く「辞めたい」とストレスを感じていなら、我慢して体調を崩す前に転職活動を進めましょう。

ただし、感情のまま急に辞めてしまうと収入面や今後のキャリアに支障が出やすいので、将来設計を考えてから転職するのがおすすめです。

  1. 職場を変えて保育士を続ける
  2. 保育士のキャリアを活かせる別の仕事を選ぶ
  3. 他業種の仕事にチャレンジする

職場を変えて保育士を続ける

保育士を辞めたい原因が「給料」「仕事量」「人間関係」なら、職務の内容自体より職場環境への不満が大きいのではないでしょうか。

厚生労働省の調べでも「現在抱えている不満が解消されれば、保育士として働きたい」と考えている人の割合が63.6%でした。

保育業界では転職が珍しくなく、保育園側も転職した回数より経験やスキルを重視するケースが多いようです。

まだ保育士の仕事に心残りがある方は、より良い条件の職場に転職するのをおすすめします。

他の保育施設に転職するなら、ホームページで保育方針や勤務体系、給与面をしっかり確認するのよ!

保育士のキャリアを活かせる別の仕事を選ぶ

子どもと接するのが好きな方は、保育士としての経験を活かして保育施設以外での仕事をする選択肢もあるでしょう。

企業の保育所・託児所、幼児教室、児童養護施設など、子どもと接する機会の多い仕事は一つではありません

自分のキャリアややりたいことを見つめ直し、保育士以外の道を探してみてください。

他業種の仕事にチャレンジする

保育士以外にやってみたい仕事がある方は、なるべく年齢の低いうちに他業種へチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ただし、未経験で一から始める場合は就職活動が難航したり、給与が想定より低かったりする可能性があります。

年齢が高くなるにしたがって未経験での採用が難しくなる傾向があるのは、業界を問わず基本的に同じです。

将来あなたがどんな働き方をしたいか……そこをよく考えて転職するのが大事よ。

保育士を一年目で辞めたい時の注意点

退職が難しいタイミングがある

保育士の職場では退職の相談をするのが難しい時期があるので、まずはその時期を避けてタイミングを見計らいましょう。

退職を避けたほうがいい時期

  1. 年度初めの4月
  2. 運動会や発表会の前
  3. その他、多忙で話し合う余裕がない時

新年度が始まったばかりの4月や大きな行事の前は園児だけでなく保育士も忙しく、人員確保が難しい状況です。

年度末の3月以外で退職を申し込むなら、運動会や発表会が終わって一息つけるタイミングが良いでしょう。

加えて、自分が働いている園の「就業規則」を確認して、何日前までに退職を申し入れる必要があるのか確認しておいてください。

規則に従う必要があるかは状況次第ですが、円滑に引き継ぎと退職をするなら従っておく方が無難です。

すでに心身に不調があり勤務が不可能な場合は、時期を考える必要はありません。すぐ上司に相談しましょう。

退職を伝える時は引き留めにくい理由にする

退職の意思は、上司や園長以外の先生や子どもの目につかない場所で伝えましょう。

保育士一年目だと、スキルアップなどを退職理由にしても「ここでも可能ではないか」と説得を受ける可能性があります。

かといって、「仕事がしんどい」「○○先生が苦手」などの理由を正直に伝えるのも「気の持ちよう」「配慮するから」と引き止められやすいのでおすすめできません。

心身の不調や引っ越しなど引き留められない退職理由にするか、他の業界に転職するなら転職先を先に決めてしまうのも手です。

年度途中で辞める場合、迷惑をかけてしまう旨についてはきちんとお詫びしましょう。

保育士一年目で複数担任なら、引き継ぎは基本的に同僚へ任せられます。自分の担当業務については、他の保育士に相談しながら引き継いでください。

保育士を辞めたい一年目向けのサービス

今の職場から一年以内で転職するなら、保育士を続けるかどうかにかかわらず転職エージェントを利用するのをおすすめします。

転職のプロに頼れば、新卒採用直後で社会人経験が少ない場合でも「第二新卒」として雇用してもらえる可能性があるでしょう。

転職エージェントはそれぞれ会社の強みや担当者との相性もあるから、3社以上を利用すると安心よ♪

他業界に転職する時に利用したいサービス

保育士以外の業界に転職したい方は、万人向けの大手転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

大手転職エージェントはさまざまな業種・職種の求人に対応可能で、キャリアに合わせた仕事を紹介してもらえます。

まずは業界最大手のリクルートエージェントdodaに登録してから、自分がどんな仕事に就きたいのか考えていくのをおすすめします。

おすすめの大手転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 全年代 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
求人数 総求人数
20万件以上
総求人数
10万件以上
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実

幅広い層の求人
転職フェア多数
スカウトあり
簡単登録
(無料)

また、未経験の業界にチャレンジするなら、ジェイック(JAIC)DYM就職など、未経験者前提の求人だけが揃っているエージェントも併用するのをおすすめします。

企業側も未経験の若年層の応募を待っているので、経験の少なさがネックになりにくいです。

未経験の若年層向け転職エージェント

ジェイック
(JAIC)
DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
支援実績 入社後の定着率91.5% 経験が浅い若年層を積極支援
求人数
非公表
求人
対応地域
全地域対応
特徴 正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
簡単登録
(無料)
マイナビ
ジョブ20’s
就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代~35歳
主なサポート対象者
既卒・第二新卒
フリーター
支援実績 年間約3万4000人が登録 利用者累計10万人超
求人数 約2000件
+非公開求人
非公表
求人
対応地域
関東・関西・東海 首都圏・関西
特徴 全ての求人が20代対象
ポテンシャル採用中心
書類選考なし
優良企業約8500社
早期就職可能
簡単登録
(無料)

他の保育施設に転職する時に利用したいサービス

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


一年目で保育士を辞めたい時におすすめの診断

保育業界以外の仕事では、基本的に保育士資格の有無が採用に影響しません。

とはいえ、資格が活かせなくとも保育士の経験や素質が活きる仕事はあります。

自分が持つ保育士資格以外の強みや特性を整理し、自己アピールを練りましょう。

自分の強みが分からない方は、転職サービスが提供する診断を利用するのがおすすめです。

自分の強みを知りたい人向けの診断サービス

サービス名 グッドポイント診断 ミイダス
主な年齢層
全年代
主な対象者
全転職者
特徴 18種類の中から強みを診断!
リクナビNEXTに登録で診断可能
3つの無料診断で自己分析と面接確定オファーを受けられる
簡単登録
(無料)

保育士一年目で辞めたい人は転職可能!

一年目の保育士が「辞めたい」と感じる原因の一部は、仕事に慣れるにつれて改善する場合もあるでしょう。

保育施設によって方針や環境は様々なので、保育士の仕事自体が嫌でなければもう一度別の施設で再スタートするのも一つの手段。

転職をする際は、大手だけでなく保育業界や若年層を専門にする特化型転職エージェントに登録すると、社会人経験が少なくても転職しやすくなります。

転職のプロと協力して、希望通りの職場で新しい道を歩むのよ!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事