最終更新日:

【介護職】ブランクがあると介護職復帰は難しい?ブランクからの再就職成功法

【介護職】ブランクがあると介護職復帰は難しい?ブランクからの再就職成功法

「介護職はブランクがあっても再就職できる?」「ブランクがある介護職の仕事復帰のコツとは?」

様々な要因で介護職としてブランク(離職期間)のある人が仕事復帰するのは、業務の面でも気持ちの面でも不安が大きいですよね。

介護職はブランクがある人でも仕事復帰は可能ですが、再就職の注意点や準備を的確に把握すれば、よりスムーズな仕事復帰が実現します。

今回は介護職でブランクがある人の仕事復帰の注意点やブランクありの人が介護職へ復帰する際の準備、介護職ブランクありの人がすぐに活躍できる方法を徹底解説。

介護職でブランクがある人の再就職サポートをしてくれる転職支援サービスも併せてご紹介しましょう。

介護職はブランクがあっても復帰できる?

ブランクがある人も介護職は復帰可能

介護職でブランクができちゃった人はもう仕事復帰は難しいのかしら…?

諦めるのは早いわサキ★介護職はブランクがある人でも再就職や仕事復帰がしやすい職種なの!

介護職はブランク期間がある人でも、再就職・仕事復帰が比較的容易な職種です。

業界最大手の求人数を誇るミラクス介護では、ブランク復帰歓迎の求人が公開求人のみで1万件以上

公開求人が約3万件なので、ブランク復帰歓迎求人は約3割を占めています。

ブランク復帰やしやすい一番の要因は介護業界の人手不足で、介護労働安定センターの調査によると、人手不足を感じている事業所は65.3%となっています。

介護職の仕事内容自体は大きく変わらないため、数年のブランクがあっても仕事復帰がしやすいです。

ただ、前回と異なる施設形態へブランクから復帰する場合は、仕事の進め方が大きく変わる可能性があるわ。

介護資格保有者は優遇されやすい

ブランクからの復帰に限らず、介護職は介護資格を保有している方が採用で優遇されたり、給与がアップする施設が多いです。

介護職の代表的な資格として【介護職員初任者研修】【介護福祉士実務者研修】などがあります。

介護職員初任者研修 ホームヘルパー2級相当。介護職としての基礎知識・技術を証明できる資格。最短1ヶ月程度で取得可能。
介護福祉士実務者研修 ホームヘルパー1級相当。より幅広い利用者にも対応できる知識・技術を証明できる資格。

介護職でブランクから復帰したい無資格の人は、技術を証明するためにも復職前に初任者研修の取得をしておくとより復帰しやすくなるでしょう。

派遣として働きながら資格取得を目指せる転職支援サービスがあります。
詳しくはこちら→

ブランクありの人が介護職へ復帰する際の準備

面接対策は入念に行う

介護職でブランクから仕事復帰を目指す人は、面接で自信を持って堂々と受け答えができるよう、面接対策はしっかりと準備しましょう。

面接でよく聞かれる質問と、受け答えのポイントは以下の通りです。

・志望動機
→HPや職場見学を重ね、共感した部分や自分と合うと感じた部分を整理する

・今後のキャリアプラン
→ブランク復帰後の直近の目標から長期的な目標まで順を追って簡潔に話す

自分の長所/短所
→自分の長所がどの部分で活かせるか・どのように活躍できるかを話せると好印象

ブランクからの復帰は、自分の今の長所や短所が客観的に捉えられない可能性があります。

自分の長所や強みが分からない人・自己分析が済んでいない人は、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」の活用がおすすめ。

グッドポイント診断は簡単な質問に答えるだけで、18種類の特徴の中からあなただけの5つの強みが明確になる本格診断サービスです。

自分の適性を診断できる「リクナビNEXT」のグッドポイント診断

簡単に適性が見えてくるので、自分はどんな強みが活かせるのか客観的に把握したい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

前職でのメモなどを読み返す

復帰した先の介護職員には「ブランクがあってもこの程度ならできるだろう」と思われ、仕事を割り振られる可能性の方が高いです。

少しでも仕事に慣れるためにも、以前介護職として働いていた際のノートやメモがある人は、読み返しておきましょう。

現場で働いていた時に気づいた点や注意すべき点をおさらいするだけでも、現場で役にたつ場面は多いです。

また、法律や制度面は改定している可能性もあるので、最新の情報をあらかじめチェックしておくと安心でしょう。

介護保険法の詳細はこちら→

体力面も鍛えておく

ブランクがあるのに、すぐに介護職として現場で働くと体力面できついと感じてしまう可能性が高いです。

夜勤が発生する職場の場合、生活リズムも不規則になり、ブランク復帰では対応できるまでに時間がかかってしまう人も。

事前に筋力トレーニングなどで身体を意識的に動かしたり、夜勤に対応できる生活リズム作りなどを無理のない範囲で準備し、身体を慣らしておきましょう

体力が回復していない状態で仕事をすると、集中力が切れて利用者さんに怪我をさせちゃう可能性もあるわ!体調管理にも力を入れて取り組みましょ!

小さな子どもがいる場合は預け先を確保

小学生以下の子どもがいる人は、仕事中のこどもの預け先を確保しておきましょう。

転職活動の前に預け先が決まっていると、転職活動もしやすくなり、企業側の懸念点も事前に払拭できます。

託児所付きの介護施設などもあるので、どうしても預け先が見つからない人は求人の条件を絞って探してみましょう。

介護職でブランクがある人の仕事復帰のコツ

ブランク期間の理由はポジティブに伝える

面接でブランク期間の説明を求められた時に、ブランクがある理由はなるべくポジティブに話すようにしましょう。

【ブランクができた理由別のポジティブ変換】
ライフイベント(結婚・出産など)・親の介護などが理由の場合
→ブランク期間に学んだこと・仕事に活かせる気づきなどを合わせて伝える

病気や怪我などが理由の場合
→回復し、今後心配がない点をはっきり伝える

前回の職場が合わなかった等の場合
→反省点と気づき・経験をどのように活かしていきたいかを伝える

ブランクがある不安から、嘘をついたり話を過大に伝えてしまうと、自分に合う職場への転職は難しくなります。

ブランクがあっても、前向きに業務に取り組みたいとの姿勢が伝われば採用につながりやすくなるので、なるべくネガティブな発言は避けるようにしましょう。

ブランクの有無より、一緒に働きたいと思ってもらえるかが大切なの。等身大の自分をアピールしましょ♡

現場のやり方に慣れる

以前に介護職として勤務していた時と、ブランク復帰で働く時では、もし同じ職場に復帰したとしても必ず環境は異なります

介護資格がある・介護職として長年勤めたキャリアがあるなど、プライドが高く、以前のやり方にこだわりすぎると仕事が上手く回らない可能性も。

ブランク復帰で介護職に従事する際は、今の職場のやり方に早く慣れるようにし、まっさらな気持ちで挑むようにしましょう。

経験やスキルがあっても、ブランク明けは周囲の意見やアドバイスも吸収しながら仕事を進めましょ★

再就職準備金制度の利用も検討

介護職としての技術やスキルを保有している人が、ブランクから復帰する際に、国が最大40万円サポートしてくれる制度があります。

【再就職準備金貸付事業】
・介護職の仕事復帰の費用最大40万円の貸付が可能
・2年間介護職員として業務に従事すると、返還が全額免除

ブランクから復帰したいけど、再就職活動の資金がない介護職希望の人は、積極的に利用しましょう。

利用するにはいくつかの条件を満たす必要があります。詳細はこちら→

介護職ブランクありの人は転職支援サービスで再就職効率化

ブランクから介護職として復帰するなら転職支援サービスを利用すべき

ブランク復帰を目指す介護職の人は、転職支援サービスの利用をおすすめします。

転職支援サービスは、一連の転職活動を徹底的にサポートしてくれるので、1人で転職活動をするより効率的です。

【転職支援サービスの特徴】
ブランクあり歓迎求人に絞って優先的に紹介
事前に選考企業の様子を教えてくれる
・介護業界に詳しいアドバイザーに相談可能
・書類添削/面談対策など無料でサポート
・企業との年収・待遇面の交渉で好条件になる
相談だけ・情報収集だけの利用もOK!

各転職支援サービスは特徴やサポート対象が異なるため、自分のスキルや状況に合わせて選びましょう。

ブランクのある全転職希望者向け

全転職希望者向け

ミラクス介護 カイゴワーカー
転職エージェント
主なサポート対象 介護職経験者
未経験も可
無資格・未経験、経験者にも幅広く対応
実績 介護職がすすめる転職サイトNo.1 年間5万人以上が利用
求人数 11万4000件 7万7000件
+非公開求人
雇用形態 正社員/契約社員/派遣/パート 正社員/パート
特徴 求人の5割が正社員求人
非公開求人は高年収が多い
全国16拠点で地域密着型サポート
好条件の非公開求人が豊富
公式サイト

有資格者向け

マイナビ介護職 介護JJ(ジャストジョブ)
転職エージェント
主なサポート対象 介護業界経験者 介護資格保有者
看護師・栄養士などの資格も可
実績 福祉・介護職専門 利用者満足度No.1 医療介護業界で10年以上の実績あり
求人数 5万2000件
+非公開求人
2万件
+非公開求人
雇用形態 正社員/非常勤/パート 正社員
特徴 介護求人の質が高い
転職活動を徹底的にサポート
報酬が貰える介護職応援プロジェクト実施中
医療系にも強い
公式サイト

介護職ブランクありの人がすぐに活躍できる方法

時短や派遣から始める

ブランクからの介護職復帰を目指す人は、最初は時短や日勤で働きやすいパートや派遣での就業も検討しましょう。

派遣会社によっては、働きながらから無料で介護資格が取れる制度を導入しています。

【介護資格の講座がある派遣会社】
派遣会社 取得できる介護系資格 詳細
かいご畑 初任者研修
実務者研修
介護福祉士
最大約16万円の講座費用が無料になる。サポート研修も充実。
きらケア 初任者研修
実務者研修
通信講座がメインで、通学は月2~3回。専門スタッフの個別サポートあり

前回は無資格で勤務していた人も、ブランク復帰を機に介護資格を取得すると、スキルアップや給与アップに繋がります。

子育てをしながらブランク復帰を目指す人は、仕事と家庭の両立ができる範囲で無理せず始めると、長続きするでしょう。

転職支援サービスは2社以上併用

転職支援サービスは2社以上の併用をおすすめします。転職支援サービスの併用を推奨する理由は以下の通りです。

    【併用がおすすめな理由】

  1. 各転職支援サービスの非公開求人を網羅
  2. 相性が良いアドバイザーに出会える
  3. 多角的視点で自分を分析してもらえる

リクナビNEXTの調査では、転職成功者は平均4.2社の転職支援サービスを利用しています。

ブランク復帰を目指す介護職の人は特に、就職活動の効率をアップのためにも各転職支援サービスの特徴を把握し、2社以上選んで登録しておきましょう。

【非公開とは?】
各転職支援サービスの登録者のみが紹介してもらえる求人。優良企業や大手企業の好条件の求人が多い。

ブランクがあっても介護職なら活躍できる!

介護職はブランクが理由で再就職が難しくなるケースは少なく、むしろ介護職経験者は重宝されやすいです。

ブランク期間の過ごし方や志望動機・自己PRなどしっかり準備・対策をすれば、ブランクからの介護職復帰はスムーズに成功します。

転職支援サービスやグットポイント診断をフルに活用して、ブランクからの介護職復帰を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事