最終更新日:

保育士の志望動機は何を書くべき?志望動機・転職理由を整理して転職成功!

保育士の志望動機には何を書く?志望動機・転職理由を整理して転職成功!

保育士から転職を考える場合、選考を通過するために転職理由や志望動機を固めておく必要があります。

志望動機を考えるには、まず転職する理由を自分の中で整理するのが大切です。

本記事では保育士を転職・退職する際の主な理由付けと、好印象を与える志望動機の考え方を解説。

今の職場を辞めてスムーズな転職活動を実現したいと考えている方は必見です!

保育士が志望動機を考えるのに
おすすめの診断サービスはコチラ

保育士の転職で志望動機が重要な理由

応募時の書類には、ほとんどの場合志望動機を記入する欄が入っているはずです。

志望動機は、求職者に対応する施設側にとって非常に重要な要素で、面接の際にも必ず話題にのぼるでしょう。

採用した保育士にはなるべく長く働いてほしいので、志望動機によって本気度をチェックするのです。

納得できる志望動機でなかったり、適当に考えた嘘だったりすると、面接中に追及された場合困る可能性が高いです。


自己PRと志望動機の違い

自己PRも、志望動機と同じくほとんどの応募書類で記入が必要な項目です。

違いがあまり分からないと感じる方もいるかもしれませんが、こちらには仕事に活かせる長所や仕事での実績などを書きましょう。

志望動機には「なぜここで働きたいか」「どんな働き方を実現したいか」などを記入します。

できれば、「自分の強みである〇〇を活かして、△△な特徴があるこの施設で働きたい」のように、自己PRと志望動機にも繋がりを持たせておくと面接時に話しやすいです。

保育士の志望動機を考える際にチェックしておきたいポイント

保育園の理念や保育方針を理解する

転職したいと考えている保育施設が定まったら、まずは保育への理念や保育方針、特徴などを調べていきましょう。

子どもをのびのび育てる、英語教育に力を入れているなど、施設ごとの特色から賛同できる部分を見つけます。

面接時に「きちんと下調べしている」のが伝わると好印象になりやすいので、求人情報や施設のホームページには一通り目を通しておくのがおすすめです。

単に書類上で志望動機としてまとめるだけでなく、面接時に自分の言葉でどう共感したのか、どうしてそう思ったのかを伝えられると良いでしょう。

保育士の仕事で活きる経験・スキルをまとめる

志望動機を書く前に、保育士を含めた今までの仕事などで培ってきた経験・スキルをまとめてみてください。

事務作業を効率的にこなせる、複数人間での意見の折衝が得意など、保育に直接関係しない内容でも大丈夫です。

スキル以外にもどのような保育をしたいのか、保育観にまつわる部分も理由と共に考えておくとすり合わせがしやすくなります。

転職を希望している保育施設に合う経験・スキルを当てはめて志望動機を作ると、納得しやすい仕上がりになるでしょう。

転職後に実現したい展望

転職が成功し、その保育施設で働く場合に自分が何をしたいか、どのような保育士になりたいかをアピールするのも重要です。

実力をつけて運動会などの行事で企画を立てたい、英語スキルを活かした保育をしたい、など前向きな内容を述べてください。

志望動機は自分の熱意を伝えるだけでなく、転職先にとってどんなメリットがあるかを提示する側面もあります。

熱意を伝えようと独りよがりだったり現実的でなかったりする希望を書かないよう、細心の注意を払っておきましょう。

前の職場を辞めた理由

面接では、志望動機と同様に離職理由を聞かれる可能性が高いです。

離職理由を聞くのは、「今後この職場で続けられそうか」「同じ理由で辞める可能性はないか」などを探りたいから。

退職を決意した理由を伝えて良いかどうかは、担当者が好印象を抱くかどうかで決まります。

正直に話すとマイナス印象を与えそうな場合は、上手く隠してポジティブな理由に変換しましょう。

保育士が志望動機を考える時におすすめな自己診断ツール

納得感のある志望動機を作るには保育施設の下調べに加えてキャリアの棚卸し、自分の強み・働き方への希望などを見直すのが大切です。

自分の経験やスキルを客観的に見づらい場合は、周囲の友人知人・家族などに相談してみましょう。

また、ミイダス(MIIDAS)・リクナビNEXTなどの自己診断ツールが充実している転職サービスも役立ちます。

診断や客観的な意見で自分を見つめ直し、志望動機作成に役立てましょう。

おすすめ診断コンテンツ】※2021年1月時点
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

保育士の志望動機で書いてはいけない内容

条件の良さ

給与が上がる、家から近いなど、働くにあたっての条件を重視するのは応募者にとっては当然です。

しかし、採用する側は「条件が良いならうちでなくても働きたいのか」と感じる可能性もあります。

学びや成長への期待を強調するのもこれと同様に自己都合を重視していると取られやすいので、第一の志望動機には挙げないようにしてください。

定型文に終始する

「○○についての保育方針に共感しました」などの定型文は志望動機として使いやすい反面、具体的でないため多用しないほうが良いです。

こういった内容に触れる際は自分自身の考え方や保育観、目指している保育士像などと絡めて自分の言葉で伝えるのをおすすめします。

また、自己PRのようにスキルや資格、自分の長所を多く書こうとするのもおすすめしません。

もちろん、応募先の理念・保育方針に絡めて少しアピールする程度なら問題ないでしょう。

「自分がここに転職したいと思った理由」を整理し、応募先の情報に合わせた自分だけの志望動機を作成してください。

現職・前職のネガティブな情報

保育士が転職を考えるのは、給与の低さや持ち帰り残業、人間関係の不和などネガティブな理由である場合も多いでしょう。

より待遇の良い保育施設に移りたいと考えるのは自然な心理ですが、そのまま採用担当者に伝えるのはおすすめしません。

特に上司や保護者の込み入った話は個人情報保護の観点から見ても印象が悪くなるので、やめておいた方が無難です。

志望動機は働く意欲や自分を採用するメリットを伝えるためにあるので、なるべくポジティブに表現するのをおすすめします。

面接時は志望動機に加えて退職理由を聞かれるケースが多いですが、愚痴や悪口を言うのはNG。前向きに受け取られる退職理由を考えておきましょう。

【理由別】保育士が面接で転職理由と志望動機を伝えるコツ

保育士が同職種に転職する場合、「どうして以前いた保育施設からうちに移りたいのか」と聞かれるタイミングは必ず来ます。

保育士の転職自体は珍しい話ではなく、重要となるのは今持っている保育士としての経験やスキルです。

「自分のスキルを転職先でどう生かしたいか」「どのような保育士になりたいか」を明確にしてから、転職理由としてアピールしましょう。

保育施設ごとに方針や雰囲気は大きく異なるので、事前にWEBサイトなどでチェックして対策するのをおすすめします。

転職理由の例

  1. 保育方針の不一致
  2. 人間関係の不和
  3. 体調不良・持病の悪化
  4. 給料や労働環境が悪かった

保育方針の不一致

職場で指示される保育方針と自分の考えが大きく違っていると、業務自体がストレスになってしまいます。

別の保育施設に転職する場合、理由としてそのまま伝えて問題ないですが、必要以上に前の職場を貶めないように気を付けましょう。

賛同できなかった方針を批判するよりも、志望している保育施設の子どもたちへのかかわり方や理念のどこに共感したのかを意識して伝えてください。

人間関係の不和

先生同士のパワハラ・いじめや保護者とのトラブルが原因で辞めたケースは、正直に伝えない方が無難でしょう。

状況を知っていれば「原因はあの人だな」と推測できる話でも、面接の場で話を聞くのは初対面の人間です。

自分が一切悪くない状況だったとしても、コミュニケーション能力や人間性を疑われてしまう可能性があります。

人間関係が転職理由の場合は、「保育方針の不一致」を主な理由として説明しておくのがおすすめです。

体調不良・持病の悪化

ハードな勤務や人間関係による体調不良・持病の悪化などで以前の職場を辞めた場合は正直に伝えましょう。

そのまま伝えるのではなく、「治療を受け、現在は回復している」「今後は心機一転して頑張りたい」とアピールするのが大切です。

その際、以前の職場に対する悪口や苦労話を喋るのはおすすめできません。

出来る限り前向きな理由に言い換え、マイナス感情が伝わる話は控えめにしておくと面接時の印象が良くなります。

給料や労働環境が悪かった

収入や待遇など、労働条件への不満も退職の大きな理由の一つです。

しかし、これを正直に伝えると「うちより収入が得られるところがあればすぐにそちらに行くのでは?」と受け取られるかもしれません。

収入面が好待遇の職場では、保育士としてのスキルや経験がより重視されやすいです。

転職先でいかに自分の能力を活かして働けるか、こういったスキルを活かしたい、などの方向から理由を考えるのが良いでしょう。

志望動機に迷うなら保育士に強い転職エージェントに相談

志望動機や自己PRの作成に困っている方は、転職のプロである転職エージェントに頼るのもおすすめです。

転職エージェントは、書類作成や面接へのアドバイス、企業側へのアピールなどを行なってもらえる場合があります。

保育士業界に特化した業界専門エージェントも複数存在するので、自分に合った求人が見つかる所を選んでください。

担当者や転職エージェントとの相性が合わない場合もあるので、複数社のエージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェント利用時に自分の強みや希望を言語化するのが難しい時は、ミイダス(MIIDAS)の診断ツールを利用しましょう。

保育業界のおすすめ転職エージェント

マイナビ保育士
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、愛知、福井
保育士求人数(公開) 約1.6万件
特徴 利用者満足度/認知度3年連続No.1
簡単登録
(無料)
保育士WORKER(ワーカー) 保育士バンク!
転職エージェント
主な年齢層 全年齢層 全年齢層
主なサポート対象者 保育士資格保持者 保育士資格保持者
主なサポート地域 東京、千葉、神奈川、埼玉 東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知
保育士求人数(公開) 約5万件 約4万件
特徴 業界最大級の求人数、保育士が認めた支持率No.1 非公開の優良求人多数、保育士求人転職サービス6部門No.1
簡単登録
(無料)


保育士の志望動機では自分の経験・スキルを前向きにアピールしよう

保育士の転職では、応募先の保育施設が掲げる保育への理念や方針に賛同できるかがかなり大きな要素です。

まずはホームページなどで保育施設についてよく調べて、どの部分に自分自身が賛同・共感できるかを考えましょう。

そこに自身の経験やスキル、保育への熱意などを絡めていくと、オリジナリティのある志望動機が完成します。

志望動機の作成に困ったら、自分の強みを確認ができる診断サービスや保育士に強い転職エージェントを活用するのもおすすめです。

納得のいく志望動機を作成して、転職活動を成功させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事