最終更新日:

第二新卒の転職が「やめとけ」と言われる理由は?第二新卒で転職を成功させる秘訣

第二新卒の転職が「やめとけ」と言われる理由は?第二新卒で転職を成功させる秘訣

「第二新卒のうちに転職しようと思ったらやめとけと言われた」「第二新卒だと転職しにくい?」

上記のような不安を抱え、転職をためらう第二新卒の方は少なくありません。

結論から言うと、第二新卒の強みと弱みを理解した上であれば転職に成功できます。

転職を検討していてやめるべきか迷っている第二新卒の方は必見です!

第二新卒の転職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

第二新卒が「転職はやめとけ」と言われる理由

一般的に第二新卒は「学校を卒業して就職してから3年以内の人」を指します。

第二新卒での転職が「やめとけ」と言われがちなのは、一般的な転職より苦労しやすいから。

とはいえ、第二新卒が持つネックと強みを把握し、対策すれば後悔のない転職も実現できるでしょう。

新卒との違いは、正社員として働いた経験があるかどうか。一年未満の経験年数でも、中途採用として扱われる点には注意が必要です。

スキル・経験不足

社会人経験が短いのは第二新卒が持つ最も大きい弱みです。

企業によっては、第二新卒ではなく中途枠で転職活動をする年上の若手を採用したいと考える場合もあります。

社会人経験が少なすぎると、フレッシュな新人を雇うほうが育てやすくて良いと考える企業もあるでしょう。

第二新卒は経験では中途採用枠に勝てず、フレッシュさを求める企業からは新人より評価されにくい立ち位置に陥りがちです。

短期離職を懸念される

第二新卒の場合、新卒で入社した会社を3年以内に辞めているため、採用してもすぐに辞めてしまうのではと思われる可能性があります。

企業の採用活動にはコストがかかっていて、採用後も仕事ができるようになるまで教育しなければなりません。

教育中で辞められると赤字になってしまうので、早期退職をした第二新卒の採用には慎重な企業も多いです。

退職理由によっては、悪印象を避けやすくなります。退職理由がネガティブでも、ポジティブに言い換えましょう。

自分に合った優良企業に入りにくい

第二新卒は社会人経験・転職経験が少なく、業界の給与水準や待遇面の良し悪しが分からない場合も多いです。

第二新卒を採用しない会社も多く、選択肢が狭くなるため、優良な企業を見つけるのが難しくなるでしょう。

選考通過自体が難しく、転職活動へのモチベーションを維持できないとさらに選考に通過できなく負のスパイラルも存在します。

自力での転職活動は困難を極めるため、第二新卒をサポートしてくれる転職サービスを活用しましょう。

第二新卒に強い転職サービスをチェック

安易な第二新卒での転職は「やめとけ」

社会人として最低限のマナーや知識があり、新卒よりも経験がある人材として扱えるのが第二新卒の強みです。

新卒と全く同じ扱いをする必要があるほど経験が浅いと、新卒採用に勝るメリットがなくなってしまいます。

面接時間に遅刻したり、応募時の電話・メールの対応が丁寧でないと、前職で社会人としての経験を積んでいないと判断される可能性があるでしょう。

第二新卒として新卒やベテランの経験者と戦うには、「基本的な教育が不要な若手」として採用されるのが近道。

安易に転職をするのではなく、求められる能力を理解した上で転職活動に臨んでください。

第二新卒で転職する人自体は多い

厚生労働省が発表している「新規学卒就職者の離職状況」(2020年)によると、大卒で32.8%、短大で43%の人が入社から3年以内に退職しています。

離職者の割合も1年目~3年目にかけて大きな差はないため、在籍期間だけで退職すべきか簡単に判断するのは難しいです。

自分の求める条件が今の職場では叶えられないなら、持っているスキルを活かして転職を実現しましょう。

「新規学卒就職者の離職状況」(厚生労働省)

第二新卒の転職を成功させる方法

周囲から「やめとけ」と止められたとしても、転職に成功する第二新卒は数多くいます。

第二新卒の転職では、ハンデを補って強みを活かす振る舞いが大切です。

転職に求める条件を固める

職場環境や人間関係での不満から転職を考える人は多いですが、すぐに転職活動を始めるのは危険です。

業界研究をせずに企業名や会社規模などのステータスやイメージで応募先を決めてしまうと、入社後に後悔するかもしれません。

まずは自分が今抱えている不満や求める条件を見つめ直し、長く続けられそうな職場を探しましょう。

第二新卒が持つネックを理解する

第二新卒のネックは前職を3年以内の短期間で離職した(またはするつもりがある)前提で転職活動をする点です。

現在は転職へのハードルが低くなりましたが、ネガティブな印象を持つ採用担当者も少なくありません

しかし、第二新卒の転職は大手企業や未経験の職種・業種に応募するチャンスでもあります。

短期離職によるネガティブな印象をを補うために、自分に足りなかった点を見つめなおして努力・改善する姿勢を見せましょう。

第二新卒の転職を「やめる」時の注意点

社会人経験に比例してスキルを求められる

今の会社で勤続する決意をして、得られる経験をきちんと得ようと考えるのは良い選択です。

ただし、現在の職場では解消できない大きな不満がある場合、転職を先延ばしにするのはおすすめしません

第二新卒と新卒の差はわずかですが、20代後半になると能力・経験には差が生じます。

採用する側は年齢に応じた経験・能力を求めてくるので、スキル・経験不足だと選考に通過しにくくなるでしょう。

いつでも転職できるよう実績を作る

基本的に、転職先と前職で全く同じ仕事をするケースは稀ですが、社会人としてのスキルは今の職場でも得られるはずです。

将来的に転職したい場合でも、一旦は今の仕事で学べるものを吸収していきましょう。

転職を決断した際、応募先の企業に自分を売り込むための強みがあれば、転職活動が有利に進みます。

心身に支障をきたす前に転職・休職する

職場環境や対人関係のストレスから心身の健康を崩しそうな時は極力早く転職、また休職しましょう。

一度心身を壊すと回復までに長い年月が必要になり、取り返しのつかない状態になる可能性もあります。

そうなれば貴重な人生を浪費してしまう上、企業にとっても仕事の効率が悪くなるためデメリットが大きいです。

深刻な常態になる前に転職活動を始め、安定した職場環境を探すのをおすすめします。

第二新卒は若手に強い転職サービスを活用しよう

第二新卒の転職が「やめとけ」と言われるのは、通常の転職サイト・エージェントで応募できる求人が少ないからです。

中途採用では経験が浅いのはネックとして扱われ、企業によっては応募条件を満たせない場合もあるでしょう。

第二新卒が転職する時は、経験が浅くても応募できる求人を扱う転職エージェントを活用しましょう。

第二新卒に特化した転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒で「やめとけ」ではなく、よく考えて転職しよう

第二新卒の転職は「やめとけ」と言われがちですが、自分の強み・弱みを理解していれば問題はありません。

第二新卒の経験年数や短期離職に関するネックをカバーするには、若手に強い転職エージェントを利用するのが最善です。

今迷っている第二新卒の方は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事