最終更新日:

第二新卒は働きながら転職するべき?転職活動の成功率を上げる方法とは

第二新卒は働きながら転職するべき?転職活動の成功率を上げる方法とは

「転職活動は働きながらするべき?辞めてからするべき?」

第二新卒には転職活動の進め方に悩み、不安を持っている人も多くいます。

「働きながら」「退職してから」それぞれのメリット・デメリットがあるため、理解した上で選択するのがおすすめです。

本記事では第二新卒が働きながら(退職してから)転職するメリット・デメリットや注意点について解説します。

転職活動をスムーズに進めたい第二新卒の方は必見です!

第二新卒におすすめの
転職エージェントはコチラ

第二新卒の転職は働きながらやるべき?

転職活動で重視するポイントは人それぞれ。

例えば、時間をかけても自分にぴったりの転職先を見つけたい人もいれば、今すぐ辞めて新しい職場に移りたい人もいるでしょう。

働きながら転職活動をするか、転職先が決まる前に退職するのかは自分が何を重視しているかで決めるべきです。

第二新卒は新卒?中途採用?

一般的な「第二新卒」は、既卒の中でも卒業後三年目以内の人材を新卒扱いする枠として考えられています。

通常、中途採用であれば前職の経験や給与が考慮されますが、新卒採用だと基本的にゼロからのスタート

もちろん第二新卒への採用意欲は会社次第で大きく変わるため、中途枠として扱う場合もあるでしょう。

そして、採用枠の扱いだけでなく、長く働けそうな会社を探すのも第二新卒には重要です。

短期離職をくり返さないためにも、自分に合う会社を転職活動で吟味してください。

第二新卒が転職活動で期待される要素

第二新卒の転職では、現在のスキルよりも熱意や今後のポテンシャルが重視されます。

新卒よりも社会人としての一般教養を持ち、ベテランよりも柔軟性がある人材として第二新卒を積極的に採用する企業もあるほど。

面接担当者の期待に応えられるよう、応募時の連絡や応募書類、面接時の振る舞いには気を付けましょう。

ビジネスマナーに不安がある方は、転職エージェントなどが開催している書類添削や面接練習などのサービスを活用してください。

第二新卒におすすめの
転職エージェントはコチラ


第二新卒が働きながら転職活動をするメリット・デメリット

働きながら転職するメリット

  1. 収入面の不安がないので時間をかけて求人を選べる
  2. 今の仕事を続ける選択肢を持てる
  3. 空白期間がなく面接に通りやすい

働きながら転職先を探す最大のメリットは、経済面の安心感から急がず転職活動を進められる点でしょう。

仕事が決まってから退職するため、収入を途絶えさせずに転職活動ができます。

自分に合った仕事を長期間かけて探したい方や、現時点の預貯金に不安がある方におすすめです。

働きながら転職するデメリット

  1. 定時後や休日のみだと面接のスケジュール調整が大変
  2. 前職の会社の引き止めに遭う
  3. 平日の面接や選考会に行けない

働きながら転職活動をするデメリットとしては、現職によってはスケジュール調整が難しくなる点が大きいです。

転職先の選考に通っても退職交渉でつまずくケースもあるため、事前の根回しはきちんとしておいた方が安全でしょう。

第二新卒が退職後に転職活動をするメリット・デメリット

退職してから転職活動をするメリット

  1. 予定を立てやすく、自分のペースで転職先を探せる
  2. 辛い人間関係や仕事と関わらず、ゆっくり休める
  3. 短期間で転職する決意が固まる

転職先が決まる前に退職するメリットは時間や体力、精神的な余裕が生まれ、転職活動に集中できる点です。

現職の仕事が忙しすぎて転職活動ができない人や、耐えきれないストレスを受けている人はこちらの方法を選んでもいいかもしれません。

退職してから転職活動をするデメリット

  1. 貯金が切り崩され、金銭的な不安が生まれる
  2. 早く転職しなければならない焦りが出やすい
  3. 希望の条件に合う仕事が見つからない場合もある

デメリットはやはり収入が途絶え、経済的に追い詰められた結果生まれる「焦り」でしょう。

「早く転職できるならどんな会社でもいい」とブラック企業に転職してしまうのは避けたいところ。

退職してから転職活動をしたい方は、数か月収入がなくても生活できる程度の貯金をしておくのがおすすめ。

また、仕事を辞めてしまうと今の仕事と比べた良し悪しを判断しにくくなるため、転職の目的を見失ってしまうケースもあるようです。

第二新卒が働きながら転職するときに注意したいポイント

採用基準が緩すぎる企業には要注意

転職活動をしていると「早く仕事に就きたい」と焦る気持ちが生まれやすいですが、内定をもらえた企業にとりあえず入社するのはおすすめしません。

人手不足のブラック企業は多くの場合採用基準が緩く、入社自体は難しくないです。

もちろん、厳しい労働環境を下積み期間と考えて一旦受け入れるのであれば問題ありません。

しかし、すぐに退職してしまうと早期退職を繰り返していると判断され、次の転職が難しくなる場合があります。

基本的には様々な求人内容を冷静に見極め、本当に入社したいかどうかを考えましょう。

第二新卒が働きながら転職活動する時に利用したいサービス

仕事の合間を縫って第二新卒として転職活動をする場合、仕事内容によっては体力的に厳しいと感じる方も多いでしょう。

また、一人で転職サイトを見て第二新卒を採用しそうな企業を探すのにも限界があります。

そこでおすすめなのが、第二新卒に強い転職エージェントの利用です。

扱っているのは全て第二新卒が応募する前提で企業が納得している求人で、担当者も第二新卒の扱いに慣れています。

第二新卒として応募できる求人を多く見たい方は、複数の転職エージェントを併用するのが良いでしょう。

第二新卒に特化した転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)
DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

第二新卒で転職活動を働きながらするべきかは自分の状況次第

転職活動を働きながらするか、退職してからするかは、現在の状況や今後どんな姿勢で転職活動をしたいかで変わります。

働きながらの転職活動がおすすめな人

  1. じっくり自分に合う職場を探したい
  2. 今の職場を辞めるべきか悩んでいる
  3. 貯金額があまりない

退職後の転職活動がおすすめな人

  1. 時間を作って精力的に転職活動をしたい
  2. 今の仕事で心身を壊すおそれがある
  3. 貯金額に余裕がある

それぞれの選択が一長一短と言えるため、自分の状況に合った選択をしましょう。

第二新卒として転職活動をする場合、基本的に問われるのは勤続したい意思や熱意など、スキルよりもポテンシャルが大きいです。

現在特別なスキルを持っていなくても、第二新卒を雇用したい企業にとって大きな問題ではありません。

採用意欲の高い企業を探したい方は、第二新卒に特化した転職エージェントを併用して第二新卒向け求人に応募してください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事