最終更新日:

第二新卒の入社時期はいつが最適?転職向けの時期や注意点を解説

第二新卒の入社時期はいつが最適?転職向けの時期や注意点を解説

第二新卒の転職活動で内定を得たい時、目指すべき入社時期がいつなのか悩んでいますか?

第二新卒は中途採用のため、必ずしも新卒と同じ入社時期ではありません。

しかし、第二新卒として入社できる時期には、具体的な期限があります

本記事では、第二新卒に最適な入社時期や転職活動を始める時期を決めるポイントなどについて解説。

いつ転職活動を始めるか悩んでいる第二新卒の方は必読の一記事です!

第二新卒の転職に特化した
おすすめ転職エージェントはコチラ

第二新卒の入社時期にベストなのは2~3年目の4月

第二新卒の入社タイミングは新卒と違って4月と決まっている訳ではありません。

しかし、実際に第二新卒向けの求人数が増えるのは4月入社の募集時期です。

教育が必要な社員は新卒と同じ入社時期のほうが扱いやすいのも企業側の本音なのでしょう。

4月入社の次におすすめなのは6月~9月に転職活動をして10月入社を目指す動きです。

年度の切り替わりとなるため、4月入社よりは少ないですが求人数が多くなります。

10月入社の場合、第二新卒も現場で経験を積むOJTでの教育が多いため、すぐに業務に取り組みたい方にはおすすめです。

2~3年目の4月入社が良い理由

  1. 4月入社の求人が多い
  2. 時期が遅すぎると求人数が減る
  3. 1年未満の転職はマイナス印象が強い

4月入社の求人が多い

企業の採用活動では、3月の年度末に決算時期を設定している場合が多いです。

1月~2月は決算に向けて多忙な企業も多く、3月になると一旦業務が落ち着いて採用活動を開始します。

多くの企業は新卒を含めた4月入社の人員募集が多いため、この時期に入社した第二新卒は教育を受けやすいでしょう。

その後は新人研修や翌年度の新卒採用が必要になるため、4月から6月までに欠員補充以外の求人が出る可能性は低いです。

また、半期末の9月で退職する社員は一定数いるため、10月入社の求人数は比較的多いでしょう。

10月以降は年末や年度末に向けて繁忙期になりやすいため、翌年4月まで採用活動は縮小傾向です。

そのため、最も求人数が増える4月入社が転職活動に最適だと言えます。

時期が遅すぎると求人数が減る

求人の多さは時期によって波があり、5月や1月などはそもそも求人数が少なかったり、採用難易度が高かったりします

募集が少ない時期の求人は、退職者や休職者に対する欠員補充のケースが多く、ポジションが限定されがちです。

パワハラなどで今すぐ転職したい場合はともかく、転職先や仕事内容を選びたい方は募集が活発な時期まで転職活動を待つと良いでしょう。

とはいえ、第二新卒として扱われる新卒入社後3年の期間を逃してしまうのもおすすめできません。

新卒入社後4~5年経過してしまうと、第二新卒枠では応募できない可能性が高くなります。

求人の条件にもよりますが、書類選考段階で通常の中途採用者と比較される可能性があるのは覚えておきましょう。

1年未満の転職はマイナス印象が強い

新卒で入った企業を1年未満で退職すると、根気のなさやストレス耐性の低さを懸念されて書類選考に通過しにくくなるケースが多いです。

また、第二新卒は新卒よりも社会人としてのビジネスマナーや知識を求められます。

1年未満の社会人経験だと、ビジネススキルもあまり身に付いていないと判断される可能性が高いです。

ある程度在籍期間のある第二新卒と比べると、業務能力やビジネスマナーを評価されにくいのは事実と言えるでしょう。

転職先でも早期退職の懸念を抱かれないようにする点においては、2~3年目が最も良いタイミングとなります。

第二新卒がベストな入社に向けて転職活動をはじめるべき時期は?

第二新卒にとって最適な入社時期は4月と言いましたが、転職活動を始める時期はいつが良いのでしょうか。

これについては、「なるべく早い方が良い」が答えです。

第二新卒が早く始めるべき転職活動

実際に書類選考や面接を受けるだけが転職活動ではありません。情報収集や自己分析も転職活動のうち。

入社前に想像していた仕事と、実際に任せられる仕事内容の違いを感じて転職を考え始める方は多いです。

自分が仕事に求める条件や働く目的を見直すためにも、まずは他社や別の業界の情報を集めてください。

ミイダスやリクナビNEXTなど転職向けの診断を利用できるサービスもおすすめです。

第二新卒の転職を遅らせるデメリット

転職活動のスタートが遅れるほど、第二新卒の特権ともいえるポテンシャル採用は受けづらくなるでしょう。

年齢制限が設けられる場合もあるため、未経験の業界・職種にチャレンジしたい方は早い段階で転職活動を始めるべきです。

もちろん、転職活動中に、やはり今の職場で働き続けたいと思ったなら、転職をする必要はありません。

転職したい気持ちがある第二新卒の方は、まず求人情報探しと自己分析を始めましょう。

第二新卒が入社時期を考える時に大事なポイント

転職活動の計画を立てる

理想的な時期に転職するには、自分で転職活動の計画を立て、期限を決めて行動するのが大事です。

転職活動に必要な期間は3ヶ月から長くて半年程度のため、内定を得たい時期が決まればある程度スケジュールは逆算できます。

もっとも求人が多い時期が4月とはいえ、自己分析や企業研究が不十分な状態での転職に後悔しては本末転倒。

転職活動の期間は余裕を持たせ、実現可能な範囲のスケジュールを組みましょう。

また、入社後3年を越えると第二新卒ではなく通常の中途採用者として扱われるケースが多いため、その期限も意識しておいてください。

転職エージェントを利用する

第二新卒の転職を成功させるには、転職エージェントの利用をおすすめします。

希望する入社時期の3ヶ月前には登録し、求人情報や面接内容などを事前に聞きましょう。

面接日程の調整のほか、第二新卒の経験・スキルではなかなか難しい条件交渉も代行してもらえます。

第二新卒に強い転職エージェントの一部では、書類選考が免除されるところもあるので要チェックです。

入社時期を定めた第二新卒におすすめの転職エージェント

転職エージェントは担当者の力を借りて、早く転職を達成したい方におすすめのサービス形態です。

第二新卒は、全ての社会人が利用する大手転職サービスより第二新卒や若手に強いサービスを複数社利用するのがおすすめです。

第二新卒をポテンシャル採用したい企業と繋がっている転職エージェントを利用すれば、転職を実現しやすくなります。

転職エージェントは入社時期をある程度定めた方が動きやすくなるため、転職の意思が固まるまでは転職サイトを主に利用しましょう。

未経験の仕事だと、年齢制限があるケースも少なくないから注意してちょうだい。

第二新卒に特化した転職エージェント

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

第二新卒の入社時期は4月以外にもある!期限を決めて転職活動を成功させよう

第二新卒の転職活動は、新卒とは違って4月入社しかないわけではありません

ただ、4月に求人数が最も多いのは事実で、新卒が多ければ教育も受けやすいでしょう。

最適な時期は4月、10月入社ではありますが、それ以外の時期でも採用は存在します。

まず業界・企業研究や自己分析など、自分ひとりでもできる転職活動を始めるのがおすすめ。

入社時期の希望が固まったら、第二新卒に強い転職エージェントを利用してください。

転職に適した時期やタイミングをしっかり計って、希望通りの転職を実現させましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事