最終更新日:

第二新卒と中途採用の違いはどこ?第二新卒の転職を失敗させないコツ

第二新卒と中途採用の違いはどこ?第二新卒の転職を失敗させないコツ

第二新卒と通常の中途採用の違いが分からず、どのタイミングで転職すべきか迷っていますか?

第二新卒は中途採用でありながら新卒に近い枠に位置する、中間的な扱いです。

本記事では第二新卒と中途採用者の違いとそれぞれのメリットを解説します。

第二新卒で転職するか、中途採用枠で転職するか迷っている方は要チェックです!

第二新卒と中途採用者の違い

学校を卒業後2〜3年程度勤務し、転職・就職活動をする層が一般的に第二新卒と呼ばれます。

とはいえ、明確な扱い方の定義があるわけではなく、転職市場では新卒の延長として扱われるケースが多いです。

中途採用の場合、他社での勤務経験がある人材を即戦力として採用します。

企業が中途採用を行うのは急な退職者に伴う欠員補充・事業拡大、新規事業立ち上げなどが理由です。

経験者や専門的なスキルが求められるため、経験の浅い第二新卒にとって中途採用はハードルが高いでしょう。

第二新卒と中途採用では求められる条件が違う

第二新卒と中途採用、どちらで転職活動をすべきかは条件の違いで考えましょう。

第二新卒での転職活動が向いているケース

入社してから2年以内など、短い期間で退職する場合は第二新卒で転職活動をするべきでしょう。

社会人として働いた経験としては少なくとも、新卒に近い年齢でビジネスマナーが身についている点は第二新卒の強みです。

また、全く別の業界でチャレンジしたい場合も第二新卒枠での転職活動がおすすめ

第二新卒の方が柔軟性をもって業種や職種を選択できるので新しい仕事にチャレンジするにはピッタリだといえます。

中途採用での転職活動が向いているケース

入社から3年近く勤務して実績を残しているケースでは、もう少し長く働いて中途採用枠での転職を目指すのも手です。

中途採用は即戦力の人材が求められるため、実績やスキル・技術を磨くのが重要になります。

また、同じ業界でキャリアを積んでいきたい場合も中途採用での転職がおすすめです。

実績や経験を強みに転職ができるため、特に同じ業界であれば能力をアピールしやすいメリットがあります。

第二新卒採用と中途採用が持つ強みの違い

企業から見た第二新卒のメリット

  1. 基本的なビジネススキルやマナーを備えている
  2. 企業の将来を任せやすい

第二新卒は基本的なビジネススキルを持つ人材が多いため、新卒よりも教育コストを削減できるのがメリットです。

一度社会に出た中途採用の人材の中では勤続年数がかなり浅いため、前職の仕事に染まりきっていません。

柔軟性や熱意のある働き方を期待されるため、将来的には新卒同様重要なポストをもらえる可能性もあるでしょう。

企業から見た中途採用のメリット

  1. 即戦力として求められる
  2. 「新しい」メソッドや知識を取り込める

すでに社会人としてある程度の業務経験がある同業種の経験者を募集するため、即戦力の補充ができます。

社会人として必要なビジネススキルやマナーも確実に身につけているため、教育コストも不要です。

また作業工程、モチベーションや価値観など今までなかった知識を得て、業務の効率化を図れます。

第二新卒・中途採用者におすすめな転職エージェントの違い

転職エージェントを利用するメリット

  • 転職活動に必要なノウハウを得られる
  • 非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントを利用すると、求人情報以外にも面接対策や自己分析などの情報を得られ、採用率が上がりやすくなります

また、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえるので、求人サイトでは見つからない求人情報を見て選択肢を増やせるのもメリット。

転職エージェントを活用すると転職活動に必要な情報収集が簡単になるため、利用して損はありません。

第二新卒におすすめの転職エージェント

第二新卒の転職では通常の中途採用とは違った転職エージェント選びが必要になります。

経験が浅くてもポテンシャルのある若手を採用したい企業と繋がりを持った、第二新卒向け転職エージェントを活用しましょう。

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)
第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)

中途採用者におすすめの転職エージェント

ある程度の経験を積んでから転職活動をする場合、まずは求人件数の多い大手転職エージェントを利用しましょう。

職種や志向ごとに適したサービスも存在するので、大手と合わせて自分に合った所を使ってください。

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は41万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

第二新卒と中途採用の大きな違いは経験年数と採用条件

第二新卒は学校を卒業して就職後3年以内に転職する人材を指すため、3年以降は通常の中途採用として扱われます。

第二新卒の転職ではポテンシャルや基本的なビジネススキルが重視されますが、一般的な中途採用は経験・スキル重視です。

転職活動において第二新卒が有利になるのは、未経験の業界・職種への転職でしょう。

今と同じ業界で働き続けたい方は実績を得て中途採用での転職を目指すのが効果的です。

第二新卒と中途採用の違いを理解し、それぞれに適した転職サービスを活用して転職を成功させてください。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事