最終更新日:

転職回数の平均は何回?転職回数が多くても不利になりにくい方法を解説

転職回数の平均は何回?転職回数が多くても不利になりにくい方法を解説

「一般的な転職回数は平均で何回ぐらい?」「転職回数が多いと、採用で不利になる?」

転職を考える際、上記のような不安を持っている方は少なくありません。

転職回数の多さは不利になりやすい要素ですが、挽回する方法は存在します。

本記事では転職回数の平均や、転職回数がネックになりにくい自己PRの方法を解説。

自分の転職回数が多いのか気になる転職希望者の方は必読の一記事です!

転職回数の平均は30代から多くなる

20代の場合、平均的な転職回数は1~2回程度。

また、一般的にひとつの会社に3年以上勤めれば、「すぐ辞める人」だとは言われにくいです。

30代では転職経験がない人の方が少数派となる傾向にあり、30代での一般的な平均転職回数は2~3回程度。

年齢を重ねるごとにある程度の転職回数は許容されるようになるでしょう。

若手で転職回数が多い場合の影響

20代では3回以上、30代では4回以上の転職を経験すると、短期間で転職をしていると判断されます。

採用してもすぐ辞めてしまうのではないかと思われ、書類選考の段階で不合格になってしまう可能性が高くなるでしょう。

経験・スキルが高くない若手で転職回数が多いと不利になりやすいのは否定できません。

しかし、「1つの企業での勤務期間が3年以上ある」「そもそも転職が当たり前の業界」などの要素があれば気にせず採用してもらえる機会も多くなります。

30代後半以降の中途採用になると、スキルと経験さえあれば転職回数が採用に及ぼす影響が少なくなってくるでしょう。

転職回数の数え方

転職回数は、正社員や契約社員など、直接雇用で働いた会社を1社とカウントし、その間の数が転職回数となります。

例えば、3社の在籍経験がある場合は、転職回数は2回となります。

派遣社員は職歴に含まれますが、同じ派遣会社に在籍している限り派遣先が変わっても転職回数にはカウントされないのが一般的です。

直接雇用でもパート・アルバイトは転職回数に含まれませんが、正社員への転職時に役立つスキル・経験を積んだ場合は、職歴として記載すると良いでしょう。

転職回数が平均より多いときの注意点

職歴欄の大きさを事前にチェック

転職回数が多い時は、履歴書の職歴欄に全ての経歴を書ききれるか計算しておきましょう。

書ききれない場合、履歴書には社名と簡単な職務内容だけを1~2行ずつ短くまとめます。

職歴欄が大きめの履歴書を使うと余裕を持てるので、探してみてください。

職務経歴書には在籍していた会社の事業内容の他、積み上げてきた実績を全ての勤務先について詳しく記載しましょう。

ただし、可能な限り職務経歴書は全体でA4用紙2枚以内に収めるのがベストです。

転職回数はごまかさない

転職回数を少なくごまかすと経歴詐称にあたる可能性があるため、多くても職歴はすべて書くようにしましょう。

きちんと理由を説明すれば、転職回数が平均より多くても選考に通らない決め手になるわけではありません。

仮に書類選考や面接で転職回数をごまかして採用されても、雇用保険の手続きや源泉徴収のタイミング、年金手帳などで発覚する可能性があります。

経歴詐称をすると、最悪の場合懲戒処分を受ける可能性もあるため、嘘は禁物です。

転職回数が平均より多くても挽回できるアピール方法

転職回数が多いのが当たり前の業界・職種を除くと、転職回数は基本的に少ない方が優遇されます。

しかし、転職回数が多くても採用したいと思われる人材が存在するのも事実です。

転職回数が多くても採用されやすい人の特徴

  • 様々な会社を経験し、高いスキルを持っている
  • 各社で活躍していた実績がある

人事担当者が転職回数の多い人に対して懸念するのは「定着性」「ストレス耐性」「キャリアの一貫性」の3点。

転職回数が多くなっている場合、履歴書・職務経歴書などでマイナスの印象を払拭できるようアピールしましょう。

さまざまな会社を経験してきたからこそ身に付いた視点やスキルを応募先でも活かせる、と感じてもらえれば採用の可能性が上がります。

同じ職種で転職している時のアピール方法

  1. 職務に関するスキルの高さ、ポリシーを示す
  2. これまでの成果を客観的に伝える
  3. 職場に馴染む意思を伝える

同じ職種でいくつもの職場を経験した方は、職務上のスキルの高さや、特定の業務に特化している点が強みになります。

また、前職までで挙げた成果を数字と共に伝えられるとベストです。

経験の豊富さを笠に着ず、新しい職場に馴染む心構えも示しておくのも良いでしょう。

様々な職種で転職している時のアピール方法

  1. 今回の職種に生かせる経験をアピールする
  2. 軸を持って転職している点を強調
  3. 応募先と関係のない職業には極力触れない

これまでに様々な職種を経験してきた人は、一貫したキャリアビジョンがあり、今までの転職経験もそのためのステップだと主張するのがおすすめです。

また、多角的な視点・スキルをアピールすると良いでしょう。

多くの職種を経験している場合、話の本筋がズレないように直接関係のある職業の経験をメインに話すと安全です。

転職回数が平均より多い方におすすめの転職サービス

今までの経験職種やスキルに統一感がないと、各職種を選んだ理由・身についたスキルを説明する必要があります。

説明に妥当性がなければ不採用に直結するため、「転職回数が多いと不利」になりやすいのは否めません。

そこで活用したいのが、転職エージェントです。転職エージェントでは転職回数が多い人にも適切な自己アピールを一緒に考えてくれます。

転職エージェントを利用すれば書類選考に通過しやすい書き方や面接対策も分かるので、選考通過率を上げたい方にはおすすめです。

転職エージェントで受けられるサポート

  1. 希望条件のヒアリング、キャリア相談
  2. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  3. 応募書類の添削
  4. 面接日程の調整、面接対策
  5. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  6. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職回数が多い人も利用できる転職エージェント

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

経歴に自信がない人向けの転職エージェント

第二新卒に特化した転職エージェント

第二新卒エージェントneo 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、新卒 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 1万人を超える採用決定実績 利用者累計10万人超
特徴 5千件の正社員限定求人あり 書類選考なし
優良企業8千社
最短7日で内定
簡単登録
(無料)
DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

転職回数が平均以上でも適切なサービスを利用すれば転職可能

転職する業界や求職者のスキル・経験によって変わりますが、転職回数が平均より多いと不利になる傾向があるのは事実です。

しかし、これまでの経験や実績、転職した理由を説明できれば、逆に強みとしてアピールするのも可能になります。

転職活動の成功率を上げたい方は、転職エージェントを活用して協力者を得ましょう。

適切なサービスを利用して、転職回数をネックにしない転職を実現してください!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事