最終更新日:

50代はリクルートダイレクトスカウトがおすすめ!50代向けの転職成功法

リクルートダイレクトスカウト 50代

「リクルートダイレクトスカウトの特徴は?」
「50代でも本当にスカウトが届く?」
「50代で効率よく転職する方法は?」

リクルートダイレクトスカウトの利用を検討していても、50代で利用できるのか分からず悩んでいる人は少なくありません。

リクルートダイレクトスカウトは年齢制限がないので50代でも利用可能で、他社転職サイトも併用すればさらに効率よく年収アップ・キャリアアップを実現できます

本記事では、リクルートダイレクトスカウトの特徴や50代にすすめる理由、メリットや注意点と転職成功法を詳しく解説していきましょう。

【50代が利用できる】
おすすめの転職サイト一覧はこちら

↓ ↓ ↓

リクルートダイレクトスカウトは50代も利用できる

年齢制限がある転職サイトが多いけど、リクルートダイレクトスカウトは50代でも使えるの?

リクルートダイレクトスカウトの特徴

スカウト型(オファー型)転職サイト「リクルートダイレクトスカウト」公式サイト【公式】https://directscout.recruit.co.jp/

【おすすめの人】
・ハイキャリア
現年収600万円以上の50代
・年収アップ/キャリアアップしたい50代
【サービス特徴】
完全無料のスカウト型転職サイト
・一流ヘッドハンターの指名可能
企業からの直接スカウト

リクルートダイレクトスカウトは2022年オリコン顧客満足度®調査の転職スカウトサービス第1位に輝いた審査無し・完全無料で登録できるスカウト型の転職サイトです。

管理職経験者やキャリアのある30~50代におすすめで、レジュメを見た4,300名以上の一流ヘッドハンターから、年収アップできる希望条件に合ったスカウトが届きます。

直接スカウトが届くだけでなく、自分から相談や指名もできるので効率良く転職可能。

忙しくて本格的に転職活動ができない人や自分の市場価値を知りたい人、年収アップ・キャリアアップしたい50代に向いています

リクルートダイレクトスカウトの利用条件

リクルートダイレクトスカウトは、下記の条件を満たす50代の転職成功率が高いです。

  • 現年収600万円以上の50代
  • 資格・実績・経験のある50代
  • 管理職の経験がある50代

リクルートダイレクトスカウトの公式サイトに掲載されている転職事例では、以下のような50代が転職成功しています。

【50代の転職事例1】

    転職前:精密機器メーカー(年収600万円)
    転職後:精密機器メーカー(年収600万円)
    介護のため、47歳で前職を退職し、5年半のブランクを経て転職
    (Mさん/転職当時52歳)

【50代の転職事例2】

    転職前:経営層、複数部門の本部長クラスや子会社トップなどの要職を歴任
    転職後:生産部門統括
    生産部門は5年程度のブランクがあったが、経験や専門性を評価されて転職成功。
    (Kさん/50代)

リクルートダイレクトスカウトでは、経験や実績があればブランクのある50代でも転職に成功してるわ♡

50代がリクルートダイレクトスカウトを使うべき理由

50代でもリクルートダイレクトスカウトを利用できるのはわかったけど、なんで利用した方がいいの?

厚生労働省の令和3年度「雇用動向調査結果の概要」によると、年代別入職率は下記の通りとなりました。

リクルートダイレクトスカウト 50代 入職率

厚生労働省/雇用動向調査結果の概要

50代は定年が近い・若手よりも人件費がかかるなどの理由から、20~30代と比べて転職成功率は低くなっています。

年齢を重ねるごとに転職成功率は低くなり、転職成功している50代の約40%は非正規雇用での入職です

50代で年収アップ・キャリアアップを目指すなら、50代の転職実績が豊富なリクルートダイレクトスカウトを利用すべきだと言えます

50代がリクルートダイレクトスカウトを使うメリット

50代になると転職成功率がかなり低いんだね。具体的にリクルートダイレクトスカウトを利用するメリットは?

50代がリクルートダイレクトスカウトを利用すれば、転職活動の負担を減らせて年収・キャリアアップを実現できるわ♡順番に見ていきましょ♪

年収・キャリアアップできる

リクルートダイレクトスカウトの、年収別求人数(※2022年11月21日時点)は下記の通りです。

求人数
600~699万
27,992件
700~799万
28,642件
800~899万
28,944件
900~999万
27,577件
1000万~
37,963件

年収によって求人数に大きな差はなく、50代の管理職経験者向けの1,000万円を超える求人もたくさんあります。

希望の転職ができるか気になっているハイキャリアの50代も、キャリアアップ・年収アップを目指せるでしょう

スカウトを待つだけで転職可能

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは匿名で公開されるレジュメを作成するだけで、ヘッドハンターや企業から声をかけてもらえます。

自分では探せなかった魅力的な求人を見つけやすく、転職活動をする時間がない50代にもおすすめです

あらかじめレジュメを確認したヘッドハンターが求人を紹介してくれるので、書類選考通過率も高くなっています

書類選考が免除されるスカウトもあり、スカウト以外で応募するよりも効率的です。

担当者を自分で選べる

リクルートダイレクトスカウトには、約600社、4,300名以上(※2022年5月時点)の優秀なヘッドハンターが在籍しています。

リクルートダイレクトスカウト ヘッドハンター1
リクルートダイレクトスカウト ヘッドハンター2
リクルートダイレクトスカウト ヘッドハンター3

在籍しているヘッドハンターの多くは、各業界でNo.1の実績を誇る転職のプロです。

リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターの実績や強みを公開しているので、自分に合う担当者を選んで転職活動を進められます

50代がリクルートダイレクトスカウトで転職を成功させる方法

50代がリクルートダイレクトスカウトを使えば年収アップ・キャリアアップを実現できるんだ!さらに効率を上げる方法はないの?

  1. レジュメを充実させる
  2. 他社転職サイトを併用する
  3. 自分の市場価値を再確認

50代はレジュメを充実させる

リクルートダイレクトスカウトで効率よく50代が転職を成功させるには、レジュメに記載している情報を見直すべきです。

    確認すべき項目

  1. 実績は数値で記載しているか
    → 具体的に数字で表せる指標を用いて記載。
    (例)売上〇〇万円/前年比〇〇%/達成率〇〇%
  2. 希望年収が高すぎないか
    → 希望年収は100万円アップまでが一般的。
    下限値から理想値まで書くのがおすすめです。
    自分の市場価値がわかる診断はこちら →
  3. 勤務地を全国にしていないか
    → 勤務地を全国にすると志望度が低いと捉えられるため、転勤可能でも特定の地域を記載します。
  4. 更新頻度が低くないか
    更新頻度の高い人が優先的にスカウトされる仕組みなので、定期的に更新しましょう。
  5. 注目されるキーワードが入っているか
    → 実績に関する「表彰」や「MVP」、リモートワークに関する「在宅勤務」や「オンラインマネジメント」などの言葉を積極的に記載しましょう。

リクルートダイレクトスカウトで50代がレジュメでアピールすべきなのはマネジメント経験よ♡

50代は他社転職サイトを併用する

50代がリクルートダイレクトスカウトを利用しながら転職活動を効率よく進めるには、他社転職サイトとの併用がおすすめです

それぞれ得意な求人やサポート内容は異なるので、自分に合うサービスを選びましょう。

リクルートダイレクトスカウトと併用向け転職サイト

JACリクルートメント doda X
転職
サービス
JACリクルートメント
doda X公式サイト
主な年齢層
25~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
年収600万円以上の転職者
実績 転職支援実績
約43万人
業界大手パーソルキャリア運営
特徴 年収600万以上の求人多数
専門分野に精通した担当者
外資系も◎
完全無料
高内定率のダイヤモンドスカウトあり
ヘッドハンター約4,500名
(2022年9月時点)
簡単登録
(無料)


ビズリーチ
転職
サイト
ハイクラス向けスカウト型(オファー型)転職サイト「ビズリーチ」
主な年齢層 25歳~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
入会審査 あり
サービス スカウト型(オファー型)
転職実績 年収1,000万円以上の人から支持される転職サイトNo.1
求人年収 求人の1/3が年収1000万円超
特徴 公開求人数12万件以上
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

リクルートダイレクトスカウトと併用向け転職エージェント

    転職エージェントのサポート内容

  1. 求人の紹介・応募・推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調整・面接対策
  4. 採用条件・給与・役職などの交渉
  5. 入社手続き・入社日の調整

転職エージェントでは、面倒な作業を全て代行してくれるので、転職活動の時間や手間が省けて大幅に効率が上がります

料金・費用は無料なので、特徴やサポート内容を比較して自分に合う転職エージェントを利用しましょう。

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主なサポート対象者 全転職者に対応 大卒以上
関東・東海・関西の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
6割が年収アップ
求人約10万件
非公開求人多数
丁寧なサポート
公式サイト


50代は自分の市場価値を再確認

リクルートダイレクトスカウトの利用を検討している50代は自分の性質や強み、転職市場価値が分かる診断サービスの利用がおすすめです

スマホやパソコンで最短15分で診断できるので、自己分析もかねて上手く活用しましょう。

【ミイダス】

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ転職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

登録すると条件にマッチする企業からオファーが届くので、転職活動が効率的です。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で転職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

50代でリクルートダイレクトスカウトを使う注意点

50代はレジュメの見直しやリクルートダイレクトスカウトと他社の併用が効率的なんだ!何か注意点は?

  1. 経歴や実績を詐称しない
  2. 情報収集を全て担当者に任せない
  3. 他社と併用せずに転職活動を進める
  4. 複数サイトから同じ求人に応募しない

転職活動で経歴・実績詐称は選考中止や内定取り消し、懲戒解雇、損害賠償などの重い処分の対象になります

50代は20~30代よりも転職活動の期間が長期化しやすいため、効率よく転職を成功させるためにも積極的な情報収集は不可欠です。

複数のサイトを併用して転職活動を進めるなら、二重応募を避けるためにも応募する企業は全て把握しておきましょう

50代はリクルートダイレクトスカウトで効率よく転職成功

リクルートダイレクトスカウトは利用に年齢制限がなく、現年収600万円以上の50代なら誰でも利用できます。

50代は転職が難しいと言われていますが、リクルートダイレクトスカウトでは50代も年収アップ・キャリアアップを実現可能

50代は求人の幅を広げるためにも、リクルートダイレクトスカウト以外の転職サイトも上手く活用して、希望の転職を成功させましょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事