最終更新日:

30代未経験からの営業職転職!メリット・デメリットを解説!

転職したいけど、自分は特別なスキルがない30代。営業職なら30代未経験の募集も多いけど、ブラック企業なのでは?自分の適性的に営業職が勤まるのか?と不安を抱えている・・・

このような方多いのではないでしょうか。現職がどうしても辛いときは、辞めることも一つの手段です。しかし、食べていくためには次の職を探す必要があります。同業他社に移るのもありですが、そもそもその業界・職種に嫌気がさしている人も多いはず。

そこで、未経験からでも転職しやすいのが営業職です。ただし上記のような不安があるので、このページでは30代未経験からでも営業職に転職できるのか、実際に転職する際はどのようなポイントに注意すべきか、といったことを解説していきます。

具体的な内容に関しては後述しますが、早速最初に結論を書きます。

「30代未経験から営業職への転職は可能だが、自分の適性や業界選びはよく考えた方が良い。」

これが結論です。30代未経験でも営業職に転職できることは事実ですが、自分の適性や業界研究をしっかり行わないと、失敗します。その他にも注意すべきポイントがあるので、説明していきます。

30代未経験からの営業職転職にはどのようなデメリット(大変さ)があるのか?
以下では、30代未経験から営業職に転職するに当たって大変なポイントや、対策について解説します。

30代には即戦力が求められる

これは営業職に限った話ではありませんが、基本的に30代の社員には即戦力としての働きが求められます。営業未経験だからといって、一から丁寧に教えてもらえるわけではありません。営業職のノウハウ等は自分で学ぶ必要があるのです。当然受け身の姿勢はNG。

職場で周囲を見て自ら動くことはもちろん、プライベートでも業界や取り扱う商品に関する勉強、コミュニケーションスキルアップやプレゼンテーションスキルアップのための勉強を行う必要があります。

20代の若手に営業成績で負ける

未経験だから仕方がないのですが、年下社員に負けて肩身の狭い思いをする可能性が高いです。転職先の企業には、新卒から営業職をやっている20代や、転職組でも前職から営業職一筋でやっている20代もいることでしょう。

30代である分自分の方が人生経験は豊富かもしれませんが、営業経験では年下の20代社員の方が先輩です。営業成績で大差をつけられ、社内での風当たりに悩む可能性があります。

営業職の適性がないと苦しむ可能性がある

対人スキルは特に重要で、何より人と関わることが嫌いだと営業職は辛いです。無理して合わせているとストレスも溜まることでしょう。システム化が進んだ現代においても、営業の基本は対面的なコミュニケーションです。

もちろんメールや電話で済む場面が昔よりも多くなっていますが、直接顔を合わせてのコミュニケーションを避けることはできません。そして、営業職は比較的対人コミュニケーションが得意な人が集まる傾向にあるので、顧客だけでなく社内でのやり取りも活発です。

飲みに行ったり、社内の人とも積極的に関わることが重要になります。表面的なコミュニケーションが得意なだけでなく、人と深くかかわることに抵抗感を持たない方が良いでしょう。

ブラック企業の可能性も

30代未経験を採用する企業はブラックの可能性も高いです。私自身IT業界でエンジニアや技術営業の経験がありますが、ホワイトな企業ほど年齢に対して求められるスキルレベルは高い傾向にあります。

IT業界は業界全体が上流工程から下流工程までピラミッド構造になっているのでわかりやすいのですが、下層に位置する下請け企業ほどブラックな傾向です。そして、「30代未経験」という条件でも募集している企業は最下層に位置する下請け企業が多かったです。

上流に位置する企業が「30代未経験」で募集しているところは、営業職でも技術職でも見たことがありません。

こういった事情から、30代未経験から営業職を志すには業界・企業選びが重要となるでしょう。業界・企業研究を進めていけば、ホワイトな優良企業ほど30代未経験の募集が少ないことがわかってきます。

このような状況を目の当たりにすると、「30代未経験から営業職に転職する」という当初の目標から挫折しそうになるかもしれません。実際に転職活動を始めてから気付くよりは、今のうちに「30代未経験での営業職募集はブラック企業に多い」ということをあらかじめ覚悟しておいた方が良いでしょう。

もちろん一概に当てはまるわけではありませんが、30代未経験の人を募集するくらいなので人手不足の可能性が高いです。賃金、労働時間、社内の人間関係、どこに問題があるのかは企業によりますが、人が抜けていくからにはどこかしらに問題はあることでしょう。

転職活動の際に外からわかることばかりではありませんが、「ブラック企業の可能性がある」という意識を持った上で企業研究を行うことをおすすめします。誤ってブラック企業に入社してしまった場合、退職できないよう圧力を掛けられる、退職しても短期職歴が付いて経歴にマイナスになる、といったデメリットが生じます。

失敗したら終わりというわけではありませんが、ある程度慎重に決めた方が良いでしょう。

30代だからこその経験が活かせる!

ここまで「30代未経験で営業職に転職」する際のデメリットや注意点について紹介してきました。その理由は、もちろんデメリットを知った上で注意すべきことがあるからです。しかし、30代未経験で営業職に転職することはデメリットばかりではありません。

たしかに営業職は未経験かもしれませんが、30代なら他の職種で経験を積んできていることでしょう。営業職は専門スキルよりも、人当たりの良さやコミュニケーションなどの汎用的なスキルが求められます。

つまり、今までに培ってきた社会人経験が活かせる可能性が高いのです。どのような職種であっても人間関係は不可欠なので、その過程で身に付けてきた「人と関わるスキル全般」が役立ちます。

現実は甘いことばかりではありませんが、営業職は今まで生きていく過程で得た対人スキルを中心とする人間力そのものが活かしやすい職種です。営業経験そのものがなくても人間力でカバーできるので、チャンスの多い職種でもあります!

営業職のオススメ記事












RECOMMEND

関連記事