最終更新日:

20代男性は手に職をつける!自身のスキルを伸ばし収入を上げる方法を伝授

20代男性は手に職をつける!自身のスキルを伸ばし収入を上げる方法を伝授
  • 手に職をつけたいけど、どうすればいいのか分からない
  • 手に職をつけるためには、どんな仕事を選べばいいのかな?

20代男性で上記のように悩んではいませんか?20代であれば転職のハードルは高くはなく、仕事を見つけるための苦労は30代以降に比べて少ないかもしれません。

しかし、誰でもできるような将来的に不安定な仕事や、将来的に高収入が期待できない仕事に就いてしまうと、不安になりますよね。

この記事では、20代男性が手に職をつけるための方法や注意点おすすめの職種もご紹介します。

    20代男性におすすめの職4選

  • SE・プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • 看護師

20代男性が手に職をつけるメリット

20代は自分の将来の方向性を決める大切な時期。特に20代の男性が手に職をつけると、以下のようなメリットがあります。

  1. 30代・40代になっても仕事に困らない
  2. 個人でも稼げるようになる

30代、40代になっても仕事に困らない

不安定な現代、仕事に就いていても会社の倒産やリストラの不安は拭えませんし、予期せぬ引っ越しや家庭環境の変化もあるでしょう。

30代や40代になって手に職をつけようと思っても、経験のある仕事しかできず選択肢は限られます。しかし、20代のうちに手に職をつけておけば、不測の事態が起きても仕事を見つけるのが容易です。

大企業への就職や公務員として働くのが安定といった考え方もありますが、何が起こるか分からない時代だからこそ、いつでもどこでも稼げるスキルを手に入れられると、本当の意味での安定と言えるのではないでしょうか。

20代は未経験でも働ける求人が多く選択肢が広いため、その間に自身が希望する職種の仕事を長く続けて手に職をつけられます。30代や40代、それ以降でも仕事に困らず安定した収入が得られる状況こそが、手に職をつける最も大きなメリットと言えるしょう。

歳をとってから後悔しないためには、20代のうちに手に職をつけておくのをおすすめします。

個人でも稼げるようになる

今や、お金を稼ぐ方法は会社に雇ってもらうだけではありません。

例えばクラウドソーシングなどを使って、個人でお金を稼ぐ人がとても増えています。手に職をつけておけば、クラウドソーシングなどを利用して条件の良い仕事を受注することができ、いつでもどこでも稼げるようになるでしょう。

誰でもすぐに個人でお金を稼げるわけではありません。

しかしコツコツと実績を重ねれば、20代のうちに手に職がつき、副業で収入を上げたりフリーランスとして会社に依存せずに収入を得られます

20代男性が手に職をつけるための方法

  • 会社で手に職をつける
  • 独学で手に職をつける
  • スクールに通って手に職をつける
  • クラウドソーシングなどで実践する

手に職をつけるための方法はいろいろありますが、自分に合った方法の選択が大切。以下を参考にして、自分に合った方法を見つけてみましょう。

会社で手に職をつける

会社で手に職をつける

実際に仕事をしてお金をもらいながら、手に職をつけられます。

コストがほとんどかからず、実践的なスキルを身に付けられるのが、この方法ならではのメリット。特に20代男性の場合は、未経験でも就ける職種が多いため、最もおすすめの方法の一つと言えます。

デメリットは身につくスキルが偏ってしまう恐れがある点です。そのため、より高いレベルを目指す場合は独学したり、スクールに通ったりして補わなければいけない可能性が出てくるでしょう。

既に希望の職種で働いている人や、手に職につけられそうな未経験OKの求人を見つけられた人は、会社の仕事を通じて手に職をつけるのがおすすめです。

独学で手に職をつける

20代男性が独学で手に職をつける方法

どんなスキルをつけたいのかにもよりますが、多くの場合は独学でも手に職をつけられます。

    独学で手に職をつける方法例

  1. 書店に並ぶ解説書本や参考書
  2. インターネット上の情報
  3. オンラインで配信される無料講座

これらの情報を上手に利用すれば、ほとんど金銭的なコストをかけずに手に職をつける基礎ができるでしょう。

ただし、独学は1人なので継続が難しかったり、無駄が発生してスキル習得に時間がかかったりといったデメリットもあります。

金銭面でのコストをかけず、じっくりと成長する時間がある人には最適ですが、コツコツと1人で努力を継続することが苦手な人や、手っ取り早く手に職をつけたい人には、あまり向いていない方法でしょう。

スクールに通って手に職をつける

    スクールに通うメリット

  • 独学よりも効率よく学べる
  • 必要なスキルを過不足なく学べる
  • 継続しやすい環境だから断念しにくい

希望する職でスキルアップや資格取得ができるスクールに通うのも手に職をつける良い方法です。

スクールはカリキュラムがきちんと組まれており、独学よりも効率よく学べます。

会社での仕事を通して成長するのも良いですが、その仕事で必要な偏ったスキルのみを身に付けてしまう可能性があるので注意が必要です。

その点、スクールなら体系的にまんべんなく必要なスキルのみを身につけられます。

多少のお金はかかりますが、短期間で確実にスキルを取得できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、同じスクールに通っている仲間もいるため、お互い刺激し合えるので継続がしやすいです。

効率的にスキルを身につけたい、お金に余裕のある人にはおすすめの方法といえるでしょう。

クラウドソーシングで実践する

実践する

以上の3つの方法である程度の知識やスキルを身につけた後は、クラウドソーシングで仕事を受注してみましょう。

スキルは知っているだけでは不充分。実際に仕事をしてお金を稼ぎ、経験と実績を積み初めて手に職がつけられたと言えます

この方法なら手に職がつくだけでなく、実際にお金を稼ぐことができるので、最も継続しやすいのもメリット。

副業での収入アップや、会社に頼らずにお金を稼げるようになるためにも、非常におすすめの方法です。

手に職をつけるときに注意するべきこと

  • その職業に将来性はあるか
  • その業界の年収は高いか
  • 個人でも稼げるか

20代の男性が手に職をつける方法をご紹介しましたが、最終的には自分に合った方法で、自分に合った職種を選ぶことが大切です。

一方で安易に選ぶと将来後悔する恐れもあるので、手に職をつける前に、以下の点には注意して選ぶようにしましょう。

その職種に将来性はあるか

    将来性のある業界例

  • IT業界
  • Webライターなど文章作成の業界
  • 看護師など医療業界
  • 営業職

せっかく手に職をつけても選んだ職種に将来性がなければ、やがてスキルを活かす機会がなくなって年収も下がるでしょう。

例えば、レジ打ちなどの単純作業の仕事や税理士や行政書士などの士業は、AIの台頭によって仕事が減ることが予想されています。

需要が伸びる業界や職種を選び、それに活かせるスキルをつけると、将来的に安定した手に職が得られるでしょう。

その業界の年収は高いか

年収が高い業界を選ばないと、手に職をつけても満足できる収入は得られにくいです。年収が高い業界としては、以下のようなものがあります。

年収の高い業種
業界・職種 平均年収
IT(SE) 551万円
IT(PG) 418万円
看護師 480万円
Webライター(記者) 788万円
営業(保険外交員) 423万円

参考:平成30年賃金構造統計調査|厚生労働省

クラウドソーシングなどで個人でも稼げるか

クラウドソーシングを利用すれば、副業での年収アップや、フリーランスになるのが可能。

年齢や場所、時間を問わず稼ぐことができるので会社に依存せずに収入を得られるのは、大きなメリットです。

働き方の多様化が進むにつれて、個人で稼ぐ働き方は今後主流になっていくでしょう。

クラウドソーシングで大手の「クラウドワークス」の発表によると、クラウドワークスで受注する仕事で月収20万円を超えている人の業種は、多い順に以下のようになっています。

クラウドワークスで月収20万円を超えている人の業種
ITエンジニア 38.3%
Web制作 27.7%
デザイナー 23.7%
ライター 3.6%

参考:2016年9月期 第1四半期決算説明資料|クラウドワークス

2016年に発表されたデータですが、その後も上記の業種をはじめとする在宅作業が中心になっています。最近では営業など外に出る案件も増えているようです。

企業など仕事を発注する側にとっても、手軽に業務委託ができるクラウドソーシングの利用がさらに進むと考えられます。そのため手に職をつけるなら、クラウドソーシングで稼げる職やスキルを選ぶ方が有利。

今後はさらに幅広い案件が登場してくる可能性もありますので、調査しつつ、個人で稼げるスキルを身につけると良いでしょう。

手に職をつけたい20代男性におすすめの“職”4選

手に職をつける20代男性におすすめの仕事

手に職をつけると安定して収入が得られる職種はたくさんありますが、20代でどの職種を選ぶかによって自分の将来の安定性が決まります。

20代男性が手に職をつけて安定を得るためには、以下の4つの職種がおすすめです。

    20代男性におすすめの職業

  • システムエンジニア・プログラマー
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • 看護師

システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニア(SE)もプログラマー(PG)も共にシステムやソフトウェアを構築する作業を行う仕事ですが、細かい違いは以下の通りです。

システムエンジニア
顧客からの要望に基づいて情報システムを設計する仕事
プログラマー
システムエンジニアが情報システムを設計した後で、プログラミング言語を使ってコンピューターを指令するコードなどを書く仕事

20代におすすめの理由

SEやプログラマーなどが働くIT業界は常に人手不足で、求人倍率が高い業界。

IT業界の転職求人倍率

参考:転職求人倍率レポート(2019年9月)|doda

IT業界の転職に強い転職サイト「doda」の調査によると、2019年9月のIT業界の転職求人倍率は「7.85倍」と全体の「2.81倍」よりも格段に高くなっていて、将来的にこの人手不足はさらに進むと考えられます。

この圧倒的な将来性と、人手不足による未経験OKの求人が多い点が20代男性におすすめな理由です。

平均年収
20代男性 367万円
プログラマー 551万円
システムエンジニア 418万円

参考:平成30年賃金構造統計調査|厚生労働省
参考:平均年収ランキング|doda

また、20代男性の平均年収とシステムエンジニアやプログラマーの平均年収を比較すると少なくとも50万円以上の差があり、比較的高年収が狙えるのもおすすめの理由。

プログラマーの年収が少し低いようにも感じますが、スキルによって年収に幅があるので、スキル次第で高収入を目指せます。

IT業界で働くためには高いスキルが必要ですが、20代なら未経験でも採用してくれる企業も多数存在。

転職エージェントのdodaの調査によると、年齢が若いほど異業種や異職種への転職者が多いです。

年代別の未経験の仕事へのチャレンジ

参考:未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?|doda

異業種・異職種での転職求人倍率者の割合は、20代の方が30代より多いです。つまり年齢が上がるほど未経験での転職は難しくなります

Webデザイナー

Webデザイナーとは、顧客から依頼されたウェブサイトが閲覧者の役に立つように、デザインを美しくかつ見やすく構築する仕事。SEやプログラマーと同じくIT業界の職種になります。

20代におすすめの理由

平均年収
20代男性 367万円
Webデザイナー 416万円

参考:平成30年賃金構造統計調査|厚生労働省

Webデザインのスキルに加え、プログラミングやSEOのスキルを身につけたり、さらに経験を積んでWebディレクターやWebプロデューサーになったりできれば高収入も目指せます。

Webデザイナーも資格よりスキルが問われる業界ですが、求められるスキルはSEやプログラマーほど高くはありません。

また業界の成長性と求人倍率の高さから、SEやプログラマーと同様に仕事が見つけやすいのも特徴。

20代のうちなら未経験でも企業に採用されやすいので、SEやプログラマーはハードルが高いと感じる方にもおすすめです。

Webライター

Webライター

Webライターとは、書籍や雑誌などの紙媒体ではなく、Webサイトに載せる記事を書く仕事です。

企業のWebサイトの解説記事やコラム記事、ネット広告で商品を紹介する記事などが代表的ですが、ありとあらゆるジャンルでさまざまな文章を執筆するのがWebライター。

企業に所属して専属のライターになったり、クラウドソーシングを使うなどして個人で仕事をしたりなど、さまざまな働き方ができます。

20代におすすめの理由

Webライターはさまざまな働き方をしている人がいるので、正確な有効求人倍率は不明で、平均年収はスキルによってピンキリ

ただ、どんな仕事でも書くスキルは必要なので、ライティング技術を身につけておけばWebライターだけにとどまらず、さまざまな職種や業界で活躍できます

20代のうちに書くスキルを身につけておけば、将来的に高収入を得られる可能性が高くなるのです。

書く力と稼ぐ力

参考:年収500万vs1500万の「書く力」と「稼ぐ力」|PRESIDENT Online

PRESIDENTとgooリサーチが「書く力」と「稼ぐ力」の関係を調査したところ、年収が高い人ほど書くのが苦手な割合が低いのが分かります。

語彙力と年収の関係

参考:世帯年収が高い人ほど、語彙力が高い?|マイナビニュース

また、ベネッセホールディングスによるれば、世帯年収1,200万円以上の人が最も語彙力が高く(80.3%)、400万円未満の人が最も語彙力が低かった(65.9%)とのこと。

これらのデータからも、文章力が高いほどそれに比例して年収が高くなる傾向があるといえるでしょう。

30代や40代になってから文章力を身につけようと思うと大変ですが、20代のうちは頭が柔らかいので最初は難しくてもすぐにスキルが身につきます。

クラウドソーシングを用いて個人で稼ぐこともできるWebライターは、「年収を上げたい」「会社で働くのが苦手」な20代男性におすすめの手に職です。

看護師

看護師

看護師というと病院やクリニックで働くといったイメージが強いと思いますが、それ以外にも幅広く選択肢があります。

  • 市町村の保健センター
  • 学校の保健室
  • 一般企業の医療部署
  • 訪問看護や介護
  • 高齢者向けの保険施設や福祉施設

上記以外の求人も増えてきており、看護師資格をとって手に職をつければ、どこに行っても仕事に困らないでしょう。

20代におすすめの理由

人手不足の看護業界は、全国どこでも豊富な求人があり仕事は見つけやすいでしょう。

高齢化が進むにつれて患者数も増加し、看護師の人手不足はさらに高まっていきます。

資格を取るためには学校に通う必要がありますが、卒業までに3年かかってもまだ20代であれば求人はたくさんあります。

平均年収も高く、厚生労働省の平成30年賃金構造統計調査では480万円ほど。

現状では女性看護師の方が圧倒的に多いですが、看護師の仕事には体力が必要な作業も多くあります。

夜勤や宿直など女性のみでは不安な業務も多いため、男性看護師の需要も高まると考えられ、これから手に職をつけたい20代男性にはおすすめの仕事の一つです。

まとめ

20代男性が手に職をつけるためのポイント

  • 後悔しないためには20代のうちに手に職をつけておくべき
  • 手に職をつける方法は予算や時間も考慮して自分に合った方法を選ぼう
  • スキルが重視される業界でも20代なら未経験でも採用してくれる企業は多い
  • 将来性があり、高収入を目指せる業界を選ぶことが大切
  • クラウドソーシングなどを用いて個人で稼ぐことも視野に入れるべき

どんな業界や職種に興味があるかは人それぞれ違って当然ですが、以上のポイントを踏まえて考えないと後悔しかねません。

手に職をつけたいとお考えの20代男性の方は、ぜひこの記事を参考にして、自分らしく豊かな将来につながる職を手にしましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事