最終更新日:

転職エージェントで面接辞退はOK?面接辞退後に希望の転職を実現する方法

転職エージェントで面接辞退できる?

「転職エージェントで面接辞退はできる?」「転職エージェントの面接辞退の方法は?」

転職エージェントで求人応募後、再考して希望と異なった、他社で選考が進んだなどで面接辞退を検討する人は少なくありません。

転職エージェント経由の応募でも面接辞退は可能、不要な面接は穏便に辞退して効率よく転職活動を進めれば希望の転職が成功します。

本記事では、転職エージェントでの面接辞退の実情、面接辞退する注意点、転職エージェントでの正しい面接辞退の方法を詳しく解説していきましょう。

面接辞退後に転職をより確実にする併用おすすめの転職エージェントも併せてご紹介します。

転職エージェントでの面接辞退の実情

転職活動ではいろんな求人に応募した方が効率が良いから、仕方なく面接辞退しないといけない状況になる求職者は多いと思うよ。

面接辞退せざるを得ない状況になったとしても穏便に済ませれば、その後も問題なく転職活動を進められるわ☆

転職エージェントで面接辞退の経験がある人

転職活動で企業の面接を受けたユーザー9,066名を対象とした『エン転職』のアンケートによると、面接辞退の経験がある人は全体のおよそ3割です。

転職エージェントで面接辞退できる?(※1)

安易な面接辞退は避けた方が無難ですが、希望と異なる企業と無理に面接をするのは非効率。

転職エージェントを利用した場合でも、求人応募後に再考して不要だと判断した面接は辞退しても問題ありません

今後の転職活動を踏まえてベストな決断をすべきね。

転職エージェントで面接を辞退するタイミング

同アンケートで面接辞退の経験がある人が面接辞退を決めたタイミングは、応募後から面接日の前日が大半です。

転職エージェントで面接辞退できる?(※2)

面接日当日にドタキャンした求職者も一定数いますが、面接辞退する場合は出来るだけ早く転職エージェントに連絡を入れましょう。

転職エージェントで面接辞退する理由

同アンケートで面接辞退の経験がある人が面接辞退を決めた理由は、「応募後に再考し、希望と異なると判断した」が最も多く、次いで「他社で選考が進んだ・内定を得た」でした。

転職エージェントで面接辞退できる?(※3)

転職活動の進行状況によって基準や考え方が変わるのは当然です。

しかし、応募前から転職エージェントの担当者と転職の希望条件をしっかりとすり合わせておけば、ミスマッチは未然に防げます。

転職エージェントを利用する場合は、担当者と密な連絡を取りましょう。

不要な面接辞退を避けて効率よく転職活動を進めるのよ☆

転職エージェントで面接辞退する注意点

病気や事故などよほどの事情がない限り、無断で面接辞退をするのはNG。

面接直前(当日や前日)に面接辞退の連絡をするのも、社会人としてマナー違反です。

面接先の企業にも転職エージェントにも多大な迷惑がかかります。

「この人を企業に紹介するのはリスクが高い」と担当者に判断されれば、最悪の場合、転職サポートを受けられなくなるでしょう。

何度も面接辞退をしてたら、信用がなくなって求人紹介がなくなりそう…

やむを得ない面接辞退も多すぎては企業や転職エージェントに迷惑がかかるわ。面接応募前に調整しましょ☆

転職エージェントでの正しい面接辞退の方法

    転職エージェントで穏便に面接辞退する方法

  1. 早めに転職エージェントに連絡する
  2. 面接辞退の理由はありのまま伝える
  3. 面接辞退を伝えるにはメール・電話のどちらでもOK

早めに転職エージェントに連絡する

面接先の企業と転職エージェントは求職者のために面接の予定を押さえています

面接辞退する可能性が少しでも出てきた場合は、その時点で転職エージェントに相談しておきましょう。

面接辞退の理由はありのまま伝える

やむをえない事情で面接を辞退する場合は、他に良い求人が見つかった、希望の企業から内定が出たなど、嘘偽りなくありのまま状況を伝えればスムーズに面接を辞退できます。

もし、転職エージェントの担当者と合わずに面接を辞退したいなら、担当の変更や別の転職エージェントを利用するのが賢明です。

面接辞退を伝えるにはメール・電話のどちらでもOK

転職エージェントに面接辞退を伝える手段は、メール・電話のどちらでもOKですが、今後の関係性をより良くしたいなら電話の方が良いでしょう。

営業時間内の始業直後やお昼の時間は避け、連絡が夜になる場合は「夜分遅くに失礼します」と一言を添えれば失礼にあたりません。

転職活動の基本中の基本よ。絶対に押さえておいて!

転職エージェントの併用で面接辞退後の停滞を防ぐ

一つの転職エージェントで面接を辞退した後、良好な関係を築けなければ、求人紹介やサポートが後回しにされます。

面接辞退後の停滞も考慮して転職エージェントは2社以上併用しましょう。

転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

転職エージェントを併用すれば効率よく転職が可能です。

転職エージェントを複数利用すれば、もしトラブルがあった時でも問題なく転職活動を継続できるわ☆

面接辞退後の停滞を防ぐおすすめの転職エージェント

経験が浅い20代におすすめ

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、フリーター 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代におすすめ

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


女性におすすめ

doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントでも不要な面接は辞退して転職効率アップ

転職エージェント経由の応募でも面接辞退は可能です。

その後の転職活動をスムーズに進めるためにも、面接辞退を決めたら電話で早めにありのまま状況を伝えるようにしましょう。

転職エージェントを複数併用していれば、面接辞退後の転職活動の停滞も防げます。

不要な面接は辞退して、効率よく希望の転職を実現しましょう。

(※1 ※2 ※3 出典:9000人に聞いた「面接辞退」実態調査)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事