最終更新日:

転職エージェントの断り方は?穏便に断って希望の転職を成功させる方法

転職エージェントの断り方は?

「面接辞退したい時の断り方は?」「他社で内定が出た時の断り方は?」「メールで断っても大丈夫?」「穏便に済ませるためにはどうやって断れば良い?」

様々な理由で転職エージェントのサポートや選考を断る求職者は少なくありません。

サポートや選考の上手な断り方を把握し転職活動の不要な手間を省ければ、効率よく希望の転職が成功します。

本記事では、書類選考や企業との面接、内定などのシーン別の断り方、断る状況にならないための対策、断った後に転職活動の停滞を防ぐ方法を詳しく解説していきましょう。

転職をより確実にする併用おすすめの転職エージェントも併せてご紹介します。

転職エージェントの断り方を知っておく

転職エージェントを利用していると、求職者の転職活動の状況によって現在進行中のサポートを断らざるを得なくなる場合があります。

メールまたは電話で担当者にありのままの理由を伝えて丁寧に断りを入れなければ、その後の転職活動が停滞する可能性が高いです。

断りにくいからって無断で辞退したらその転職エージェントを今後利用できなくなるかもしれないわ。そんな事態にならないように上手な断り方を知っておきましょ♪

転職エージェントのシーン別断り方

転職エージェントを利用していて断りを入れるシーンは下記のとおりです。

  1. 転職エージェントとの面談
  2. 求人応募後の書類選考
  3. 面接辞退
  4. 内定辞退
  5. 入社辞退
  6. 転職エージェントの退会

それぞれのシーンに合わせた断り方で対応すれば穏便にサポートを中断できます。

転職エージェントとの面談の断り方

転職エージェントに登録して面談の日程を調整した後に状況が変わったら「面談をキャンセルする」旨と「キャンセル理由」を一言添えて担当者にメールしましょう。

  • 他社で希望の求人が紹介されたのでサポートが必要なくなった
  • 再考した結果他社の方が自分の経歴にマッチしていた
  • 転職活動を一旦ストップするため面談が必要なくなった

現状をありのまま伝えておくとトラブルになりにくく、もし転職エージェントをまた利用したくなった場合もスムーズに再開できます。

面談のキャンセルではなく日程を変更したい時は、第三希望までの日時をメール文面に記載して面談の日程変更を依頼しましょう。

転職エージェント経由の書類選考の断り方

書類選考中に状況が変わったら「書類選考を辞退する」旨を担当者に伝えましょう。

求人に応募した後も引き続き転職活動を進めていれば、他に魅力的な求人が見つかる場合も多いです。

他社で第一希望の企業の書類選考に通過すれば保険で応募していた求人には魅力を感じなくなるかもしれません。

いずれにせよ辞退を決めた時点ですぐに状況を担当者に伝えると問題なく書類選考はストップできます。

求人に応募する時は本当に転職したい企業に絞り込みましょ。書類選考中に状況が変わるのは仕方がないけど、軽い気持ちで何度も断ってたらサポートを打ち切られる場合もあるわ。

転職エージェント経由の面接や内定、入社の断り方

余程の事情がない限り、無断での辞退はNG。

書類選考通過後は企業とのスケジュールも調整しているため、フォローがないと担当者との関係が悪化します。

断る場合は出来るだけ早く担当者にメールで連絡し、その後に電話でも謝罪を述べましょう。

面接辞退の場合の断り方

面接の日程を調整した後に辞退したい場合は「面接を辞退する」旨とサポートしてくれた担当者に「感謝と謝罪」の意思を伝えましょう。

本来なら面接の日程が決まる前に断りを入れるのが礼儀ですが、他の企業の選考状況によっては日程が決定した後に辞退する場合もあります。

内定辞退の場合の断り方

企業から内定が出た後に辞退したい場合は、面接辞退同様に辞退する旨と感謝、謝罪に加え「内定辞退の詳しい理由」を伝えましょう。

  • そもそも志望度が低い企業だった
  • より好条件の企業から内定をもらえた
  • 幹部クラスとの最終面接で印象が悪かった

転職エージェントの担当者は企業に内定辞退の理由を話さなくてはならないため、状況をありのまま率直な言葉で伝えましょう。

入社辞退の場合の断り方

企業からの内定を承諾した後に入社を辞退する場合は、転職エージェントとの関係の悪化は避けられません。

同じ転職エージェントでは今後これまでのようなサポートは受けられないでしょう。

面接、内定辞退と同様に入社を辞退する旨と感謝、謝罪、入社辞退の詳しい理由を伝えてください。

謝罪と辞退理由は特に丁寧にフォローを入れ「なぜ内定を承諾したのに入社辞退に至ったのか」を明確にするのが賢明です。

内定受諾後の入社辞退は非常に重い決断よ。最悪の場合、損害賠償請求に発展する可能性もあるわ。入社意欲のない企業に入社しても仕方ないけど、事前に避けられるなら避けるべきよ。

転職エージェントの転職サポート(退会)の断り方

転職エージェントを退会したい場合は、退会手続き用の窓口やお問い合わせフォームに連絡すればOK。

直接担当者に連絡する必要はありませんがお世話になった感謝を伝えたい場合は一言メールをしておきましょう。

転職エージェントを断る状況にならないための対策

いずれのシーンでも現在進行中のサポートを断ると、今後同じ転職エージェントでの転職活動に何らかの弊害が生まれやすいです。

事前にしっかりと対策をしておけば転職エージェントを断る状況は避けられます。

    サポートや選考を断らないための事前対策

  1. 転職エージェントの特徴を把握してから登録する
  2. 転職可能時期や妥協できる条件、譲れない条件を決める
  3. 担当者と密なコミュニケーションを意識する

転職エージェントの特徴を把握してから登録する

自分のキャリアを活かせないミスマッチな転職エージェントだと進行中のサポートを断る状況になりやすいです。

転職エージェントに登録する前に特徴を十分に把握し、自分にとって有益なサポートを受けられるエージェントなのかを見極めましょう。

転職可能時期や妥協できる条件、譲れない条件を決める

妥協できる条件と譲れない条件をあらかじめ決めて応募する企業に優先順位を付けます。

転職可能時期から逆算して志望度の高い企業から選考を進めていけば、選考の辞退を減らせるでしょう。

担当者と密なコミュニケーションを意識する

転職エージェントの担当者とはメールや電話で積極的に連絡を取り合うのが得策です。

初回面談で希望条件や転職活動の進め方をすり合わせるのはもちろん、連絡を取るたびに改めて希望条件のすり合わせ、現状の確認をすると効率よく転職活動ができます。

せっかく転職エージェントに登録したのに、断る状況になるのは悲しいわ。遠慮せずに担当者と密にコミュニケーションを取って、転職エージェントを存分に活用しましょ♪

転職エージェントを断った後に転職活動の停滞を防ぐ方法

サポートや選考を断って、転職エージェントが利用しづらくなると転職活動が停滞します。

転職エージェントは2社以上併用すれば断る状況になった場合でも効率よく転職が可能です。

併用すべき転職エージェント

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、フリーター 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 書類選考なし
優良企業2千社
就職率96%
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


女性向け

doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20~30代 25~35歳
主なサポート対象者 全転職者、女性にも好評 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントの断り方を知って効率よく転職を成功

転職エージェントは転職活動を有利にしてくれますが、入社や内定に近づくほど辞退しづらくなります。

転職活動を進めていくうちに希望条件や求職者の状況は変わって当然です。

不要な選考は断り方を覚えて、穏便に済ませるとスムーズな転職活動が可能。

転職エージェントを併用すれば、一社の転職エージェントと関係が悪化しても転職活動が停滞しません。

不要な選考は断って、効率よく希望の転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事