最終更新日:

転職エージェントにはお礼をするべき?最適なお礼の方法と確実な転職成功法

転職エージェントにお礼を伝えて良い関係を!

「転職エージェントにお礼を言いたい」「転職エージェントにお礼するタイミングは?」「面接してくれた企業にもお礼した方がいい?」

転職エージェントとの面談後や企業との面接後、内定決定後にお礼を言うべきか悩む人は少なくありません。

転職エージェントにお礼を伝えて良好な関係を築ければ、手厚いサポートで効率よく転職が成功します。

本記事では、転職エージェントにお礼をするべき理由、転職エージェントや企業にお礼を伝える方法、お礼のタイミング、確実に転職を成功させる方法を解説していきましょう。

転職を確実にする併用すべき転職エージェントもご紹介します。

転職エージェントにお礼をするべき理由

転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業を全て無料でサポートしてくれます。

求職者の採用が決まると企業から成功報酬が支払われるため、転職エージェントへのお礼は必須ではありません

しかし、転職活動の状況に合わせてその都度お礼を言えば担当者と良好な関係を築けます。

より手厚い転職サポートを受けられ、その後の転職活動が効率的です。

手厚いサポートへの感謝を素直な気持ちでお礼すると担当者との関係を深められるわ☆

転職エージェントや企業にお礼を伝える方法

転職エージェントへのお礼は直接メールか電話で

転職エージェントへのお礼は担当者に直接伝えます。

電話でのお礼はメールより誠意が伝わりやすいですが、忙しい担当者ならタイミングが合わない可能性が高いです。

メールでのお礼は電話より誠意は伝わりにくいですが、相手の都合に合わせて確認できるので担当者とすれ違いがありません

企業へのお礼は転職エージェントを通して

転職エージェント経由で応募して面接した企業へのお礼は、直接ではなく転職エージェントの担当者に電話かメールで伝えましょう。

入社への熱意や意欲まで詳細に伝えておけば、転職エージェントの担当者が企業にお礼と共にアピールしてくれます

企業と直接やり取りできないため、転職エージェントへのお礼のケースとは逆でメールの方が誠意を伝えやすいです。

メールなら履歴が残るので求職者の想いを相違なく伝えてもらえるでしょう。

転職エージェントへのお礼のタイミング

転職エージェントへのお礼は、転職決定後はもちろん転職活動中にもマメに伝えておくと転職意欲や熱意、企業への志望度の高さのアピールになります。

転職エージェントへのお礼のタイミングは下記の通りです。

  1. 転職エージェントの担当者との面談後
  2. 企業との面接後
  3. 入社決定後

転職エージェントの担当者との面談後にお礼

転職エージェントの担当者との面談後には、当日中にお礼を伝えると効果的です。

時間を割いて面談してもらった感謝の気持ち、面談を通しての気づきや学びを改めて担当者に伝ておくとその後のやり取りがスムーズになります。

企業との面接後にお礼

企業との面接後にもなるべく早めに、できれば当日中に転職エージェントを介してお礼を伝えましょう。

経歴やスキルの伝え漏れやアピール不足などの面接の失敗があれば、併せて転職エージェントにフォローしてもらえます。

入社決定後に転職エージェントにお礼

入社が決定したら転職活動をサポートしてくれたお礼を丁寧に担当者へ伝えましょう。

将来的にまた転職する可能性があり、同じ転職エージェントを利用したいなら入社後も良好な関係を築いている方が賢明です。

入社後のアフターフォローがある転職エージェントもあるから、お礼を伝え関係を良好に保っていると何かあった時に助けてもらえるわ☆

転職エージェントへのお礼と転職成功法

転職活動の要所要所で担当者にお礼をすると、転職エージェントと良い関係性で転職活動が円滑に進みますが、お礼以外にも転職成功率を確実にアップさせる方法があります。

転職エージェントへのお礼+ビジネスマナーを守る

企業との面接だけでなく、転職エージェントとの面談時にも最低限のビジネスマナーを意識しましょう。

普段からビジネスマナーが身についている求職者は転職エージェントの担当者にも信頼されるためサポートを優先されやすくなります。

転職エージェントへのお礼+転職時期を早めに設定

転職希望時期が遠いほどサポートの優先度が低くなり、対応を後回しにされやすいです。

優先的に手厚いサポートを受けるためにも、転職希望時期は早めに設定しましょう。

3カ月~半年以上先に転職を検討しているなら、時期が近づいてから転職エージェントに登録するとスムーズにサポートを受けられます。

転職活動の基本だけど押さえておかなきゃ上手に転職エージェントを利用できないわ。

併用するなら全ての転職エージェントにお礼を

転職エージェントを併用すると転職活動がより効率的になります。

複数の転職エージェントを同時に利用すればどの担当者にお礼をしたか把握が難しくなるので、自分の管理できる範囲で併用しましょう。

全ての担当者にお礼をして良好な関係でサポートを受けられるのが望ましいです。

特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、下記から自分に合う転職エージェントをピックアップしてください。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントへのお礼を活用して転職効率アップ

転職エージェントにこまめにお礼を伝えれば、良好な関係を築けて優先的に手厚いサポートを受けられます。

    転職エージェントにお礼を伝える方法

  1. 電話は誠意が伝わりやすいがタイミングが合わない可能性も
  2. メールは誠意が伝わりにくいが担当者とすれ違いがない
    企業にお礼を伝える方法

  1. 転職エージェントの担当者を介す
  2. 履歴が残るメールがおすすめ

転職エージェントのお礼を活用して他の求職者と差をつけ、希望の転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事